FC2ブログ









2018/10/20










[特へ視聴オススメ]
【武田邦彦】※知られざる超重要人物※ 日本の運命を激変させた一人の女性
https://www.youtube.com/watch?v=oUOZWEuSREk




介石料理を好む宋 美齢、隠れ痴漢民族爬化猿である。
習性は惨忍で卑しく、特へ力が在る者へ媚びを売る商いが得意で、その媚びを売る商いを無から金をうみだす様は、ハザールカザール爬化猿似非ユダヤが得意とする錬金術師でもある。またイルミナティーであり、各歴史で露骨へ暗躍してきていることは何も盾矛では無い。それはイルミナティーゆえ。
性癖は例へ漏れずソドの極み、自己中セルフィーで下衆の極みである。
嫌いなものは真実の鏡である。
それは酷い姿であるがため、真実の鏡の代用としてミミック用マジックミラーを使用する。これがコックリの狐であろうが狗であろうが狸であろうがわたしへ限ってはどうでもよいのであり、従って見つけたらわたしはこれを生きたまま皮を剥いで斬る。ひとおもいへ逝かせず生きたまま皮を剥ぐことへは意義がある。
これへよって貶められ陵辱の限りを尽されてきてある人類の御霊の代行として一矢報いるというわけである。

動画コメ;少年ゲリラ





This wallpaper can be used to expand freely33








[視聴オススメ]
サウジの皇太子が射殺されている!? 安倍内閣からの情報 ソフトバンクの株式が暴落、その経緯  社団法人「武士道」与国秀行氏が設立した理由
【NET TV】国家非常事態対策委員会 2018/10/18
https://www.youtube.com/watch?v=YgJZQmmXgEg



朝堂院大覚!  人の話しは黙って聴くことだ!

動画コメ;少年ゲリラ





[視聴オススメ]
一般社団法人「武士道」の設立  その理念について【NET TV ニュース】朝堂院大覚 武士道 2018/10/18
https://www.youtube.com/watch?v=8GORr7p1DVQ



わたしたちへとって愛とは無私である。
動画コメ;少年ゲリラ









「若い女性の〇イプは毎日」新疆ウイグル収〇〇設からの出所者明かす
https://www.youtube.com/watch?v=wL1lgRy7_8E






「行為に使ったものがそのまま……」“ブラジル移民の町”群馬県大泉町でサンバが中止されたワケ
10/20(土) 7:00配信


群馬県大泉町――。人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める日本有数の“移民の町”だ。なかでも最も多いブラジル人は4,221人に上る(今年8月末現在)。大泉町にブラジル人が移住してから、既に30年以上が経過している、日本における“移民先進地域”だ。


大泉町では2007年から毎年、サンバのイベント「大泉カルナバル」を開催してきた。ところが今年6月、大泉町観光協会は突如、今年度の開催中止を発表した。大泉町でいったい何が起きているのか。

 
実は大泉町における「サンバ」が中止されたのは今回が初めてではない。大泉町では、1991年から「サンバパレード」が開催されていた。町おこしとして大きな注目を集め、全盛期には20万人もの観光客が集まる大イベントだった。ところが、このサンバパレードも2001年に中止を余儀なくされている。

 
当時、町長を務めていた長谷川洋氏は中止の理由についてこう説明する。


「パレードの当日はいたるところに違法駐車の車が溢れ、観光客で身動きが取れませんでした。私も警備に駆り出されて、観光客が路上に飛び出さないようにロープを握っていましたが、その圧力は怖いくらいでした。ダンサーや観光客の安全性を考慮して中止になったんです」


ダンサー同士の性行為が……
 
だが大泉町商工会の茂木透会長は、中止された理由は安全性の問題だけではないと指摘する。日本人住民の中には、サンバパレードへの不満が充満していたというのだ。

「あるレストランの経営者が『ダンサーが着替える場所に使ってください』と、お店を提供してくれたんです。ところが、そこがダンサー同士の性行為の場として利用されたのです。後片付けもされず、行為に使った物がそのまま放置されていた」

「サンバパレード」中止の6年後から「大泉カルナバル」が行われるようになったが、今年中止された。観光協会のHPには、以下のように記されているのみだ。

<当協会各関係者と企画立案、調整を行ってまいりましたが、整が付かず、今年は中止という運びと相成りました。>(原文ママ)

 
大泉町関係者がその背景を解説する。

「元々、運営の一部に公費が充てられていた時期もありました。ただ『大泉カルナバル』は『サンバパレード』と比べて入場者数も少なく、『日系ブラジル人の小さなイベントのためになぜ公費を使うのか』という声が上がっていた。

他の国籍の住民もいるのに、なぜブラジル人だけを優遇するのか。カルナバルが中止された背景には、こうした日本人住民の不満があったのです。来年以降は企画を一新して開催するという声も上がっていますが、まだ見通しは立っていません」

 
日本人とブラジル人との「共生」について、村山俊明町長はこう漏らしている。


「共生というのはまだまだ。はっきり言ってかけ離れていると思う」


「文藝春秋」11月号に寄稿した「外国人比率トップ 群馬県大泉町の悲鳴」では、日系ブラジル人の生活保護や犯罪、子供たちへの教育など大泉町が抱える諸問題について詳しく書いた。


「文藝春秋」11月号 では、「亡国の『移民政策』」と題する特集で、“隠れ移民大国”日本が抱える様々な問題を検証しています。ぜひ他の記事もあわせてお読みください。

高橋 幸春/文藝春秋 2018年11月号
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00009401-bunshun-soci



人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める日本有数の“移民の町だって?

痛すぎて笑うしかないな。
サンバパレードって何だか知ってるのか?

カーニバルってのはそもそもカニバリズム音バアル悪魔教の人食い生贄儀式であり血祭りってことさ。

そんな外道レプティリアンの人肉レイプ血祭りを村興しっていう目先の興業利益のためにバアル神輿をかついでるっていうことさ。

しかもそれはむかしから土着へある地域をおさめてきたおまえたちが祭り上げた神々のお膝元を害人という人類へ擬態しているレプティリアンと共犯して汚しているってことさ。

そもそも移民って何だか知ってるのか?

グローバアル政府がいまだ思い通りへ支配できない国々を人道っていう奇麗事として人類の良心へ訴えかけるもっともらしい理由で受け入れさせ、それをまんまと受け入れたメルヘンどもや売国役人のお墨付きで大量へ入国させ、ターゲットの国を内部から破壊する生物兵器っていっても決して過言ではない災いそのものさ。

そしてその正体はもはや良心の呵責さへ無いならず者や先ほど言ったやつらやプロ工作員ってことだ。

村おこしだって?
売国っていう政を不様へやって悪魔教っていう酷い神輿をかついでキチガイ血祭りで裸へされて踊り狂ってきてさ、ましてやむかしからおまえたちがまつってきた地元の神々のお顔へ悪魔どもといっしょへ精液ぶっかけてるっていうだけだ。

自らのお家へ精液かけられて驚いて腹立ててる様子だけど、お部屋へ射精されたどころか、そもそも18%も人形兵器を受け入れてたら娘さんたちはもう体内へ射精されてるってことだろうよ。

記事コメ;少年ゲリラ





























¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦












20150521pic 011


[ 2018/10/20 21:28 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)