2014 1022

英警察、小児性愛の疑いで660人拘束
AFP=時事 7月17日(木)9時34分配信


英国内で訓練中の「国家犯罪対策庁(NCA)」職員ら(撮影日不明、2013年10月7日公開)。
【AFP=時事】英国家犯罪対策庁(National Crime Agency、NCA)は16日、インターネット上でわいせつ画像を閲覧した人々を対象にした半年間にわたる捜査の結果、英国全土で小児性愛の疑いがある660人が拘束されたと発表した。中には、医師や教師、介護士などが含まれているという。

英政治家の児童虐待疑惑、報告書144点が行方不明

 捜査では、容疑者らの「保護や拘束、管理」下にあった子ども431人も特定。うち127人はすぐにでも危害が加えられる危険にさらされているとみなされた。子どもたちは現在、安全な状況にあるというが、それ以上の詳細は明らかにされていない。

 容疑者はすべて、子どもの性的虐待画像のダウンロードや配布などの疑いで逮捕されたが、それ以降にかけられた容疑には、重大な性的暴行も含まれている。

 英国はこのところ、2年前に英国放送協会(BBC)の元人気司会者だった故ジミー・サビル(Jimmy Savile)氏の連続性的暴行疑惑が明るみになって以来、相次ぐ小児性愛スキャンダルで揺れている。

 イングランド(England)、スコットランド(Scotland)、ウェールズ(Wales)、北アイルランド(Northern Ireland)の警察官45人が参加した「先例のない」捜査では、833か所の所有地、9000台以上のコンピュータや電話、ハードドライブが対象とされた。

 NCAの捜査により逮捕された容疑者の中には、ボーイスカウトガールスカウトのリーダーや元警官など、職務を通じて監視のないところで子どもに接することができる者が含まれていた。

 拘束された容疑者のうち、警察が以前から把握していた人物は、わずか39人だった。
【翻訳編集】 AFPBB News
.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000006-jij_afp-int


.
--------------[監視中サイトなど]--------------------

USAMRIID [ U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases ]

生物学的犠牲者の医学的管理(MMBC)
生物の死傷者のフィールド管理(FCBC)
病院管理-化学、生物学、放射線、核、爆発(HM-サッダーム)
生物兵器脅威エージェントのフィールド Id(FIBWA)
生物学的エージェントの識別やカウンターのテロ訓練(

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FUnited_States_biological_defense_program

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FU.S._Army_Medical_Research_Institute_of_Infectious_Diseases

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FBioterrorism

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FUnited_States_biological_defense_program