2014 1022

英警察、小児性愛の疑いで660人拘束
AFP=時事 7月17日(木)9時34分配信


英国内で訓練中の「国家犯罪対策庁(NCA)」職員ら(撮影日不明、2013年10月7日公開)。
【AFP=時事】英国家犯罪対策庁(National Crime Agency、NCA)は16日、インターネット上でわいせつ画像を閲覧した人々を対象にした半年間にわたる捜査の結果、英国全土で小児性愛の疑いがある660人が拘束されたと発表した。中には、医師や教師、介護士などが含まれているという。

英政治家の児童虐待疑惑、報告書144点が行方不明

 捜査では、容疑者らの「保護や拘束、管理」下にあった子ども431人も特定。うち127人はすぐにでも危害が加えられる危険にさらされているとみなされた。子どもたちは現在、安全な状況にあるというが、それ以上の詳細は明らかにされていない。

 容疑者はすべて、子どもの性的虐待画像のダウンロードや配布などの疑いで逮捕されたが、それ以降にかけられた容疑には、重大な性的暴行も含まれている。

 英国はこのところ、2年前に英国放送協会(BBC)の元人気司会者だった故ジミー・サビル(Jimmy Savile)氏の連続性的暴行疑惑が明るみになって以来、相次ぐ小児性愛スキャンダルで揺れている。

 イングランド(England)、スコットランド(Scotland)、ウェールズ(Wales)、北アイルランド(Northern Ireland)の警察官45人が参加した「先例のない」捜査では、833か所の所有地、9000台以上のコンピュータや電話、ハードドライブが対象とされた。

 NCAの捜査により逮捕された容疑者の中には、ボーイスカウトガールスカウトのリーダーや元警官など、職務を通じて監視のないところで子どもに接することができる者が含まれていた。

 拘束された容疑者のうち、警察が以前から把握していた人物は、わずか39人だった。
【翻訳編集】 AFPBB News
.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000006-jij_afp-int


.
--------------[監視中サイトなど]--------------------

USAMRIID [ U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases ]

生物学的犠牲者の医学的管理(MMBC)
生物の死傷者のフィールド管理(FCBC)
病院管理-化学、生物学、放射線、核、爆発(HM-サッダーム)
生物兵器脅威エージェントのフィールド Id(FIBWA)
生物学的エージェントの識別やカウンターのテロ訓練(

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FUnited_States_biological_defense_program

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FU.S._Army_Medical_Research_Institute_of_Infectious_Diseases

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FBioterrorism

http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FUnited_States_biological_defense_program













啓蒙啓発動画ゾーン この記事は常に上から2番目に表示されます。 最新記事はこの下からです。

この記事は急激な世界の変化について心の準備として必要とされる動画や啓蒙拡散すべき動画のみの記事となります。
またこの記事内の動画はTOPページのパソコンの動作を軽くするためと、緊急に視聴すべき情報が含まれる重要動画への更新のために常に置きかえられます。

置きかえられた古い動画でも重要だと感じる動画は
[日本国 内戦・テロ 未成年閲覧禁止カテゴリ年齢的に成人の方も閲覧注意!]
及び[視聴拡散するべきだと感じるYOUTUBE/記事など ]のどちらかのカテゴリに移動されます。








米空軍の宇宙往還機X-37B、22か月のミッションを終え地球に帰還sorae.jp 10月18日(土)10時0分配信


米空軍の無人宇宙往還機X-37Bが米太平洋夏時間2014年10月17日9時25分(日本時間2014年10月18日1時25分)、3回目のミッション(OTV-3)を終えて、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地の滑走路に着陸した。飛行期間は22か月にも及んだが、宇宙空間でどのようなミッションを行っていたのかは謎に包まれている。

 X-37B OTV-3は米東部標準時間2012年12月11日13時3分(日本時間2012年12月12日3時3分)、アトラスV 501ロケットに搭載され、フロリダ州にあるケープ・カナベラル空軍ステーションから打ち上げられた。

 X-37Bは米空軍が運用する無人の宇宙往還機(スペースプレーン)で、製造はボーイング社が担当した。完全な自律飛行が可能で、またスペースシャトルのように再使用ができるように造られている。

 これまでに2機が製造され、1号機は2010年4月22日に打ち上げられ、同年12月3日に着陸した。また2号機は2011年3月5日に打ち上げられ、2012年6月16日に着陸している。今回のミッション(OTV-3)は、1号機の2回目の飛行であった。

 この3回のミッションに関して、その内容は明らかにされておらず、軌道上で何を行っていたのかは不明だ。こうした宇宙往還機を飛行させること自体が主目的であることは確かだろうが、おそらくは背中にあるペイロード・ベイに何らかの装置や機器を搭載し、宇宙空間で試験や実験などを行っているのではと言われている。また、軌道上の衛星を観測することを趣味にしている愛好家らによれば、飛行中に何度か軌道変更をしていることが確認されている。

 また、カタログスペックでは、X-37Bの軌道上での滞在可能期間は270日とされているが、前回のOTV-2ミッションでは469日、そして今回はさらに上回る674日間、約22か月間にも及んだ。

 米空軍によれば、2015年に4回目となるX-37Bのミッションを行う予定であるとのことだ。おそらくは2号機の2回目の飛行になると思われる。また今月8日に米航空宇宙局(NASA)が発表したところによれば、退役したスペースシャトルが使用していた格納庫を、X-37B向けに改装する計画があるとされ、米空軍としては今後も長きにわたってX-37B計画を進める意向のようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00010000-sorae_jp-sctch

US.AIR FORCE = illuminati

謎の任務? また悪しき巨大なテロのための巨大で広大な仕掛けの下準備をしてきたのは想像に難くない。

.

46 alvideo 2015