BEN TOUBEN その②

BEN TOUBEN 2


みなさんこんにちはー。

今日はバイトはおやすみなものです。

正確にはあとで一箇所に小物を配達するのですが、それがわたしのご近所ということでノンビリしているものです。
この前は西米良の山奥だったのでかなり迷ったりしてガソリン代をかけてしまったのが痛いものでした。

わたしは元プロドライバーでもあったので、配達はゆっくりしてきていいよーと言われても、最短最速安全で燃料はできるだけ消費しないという矛盾したことを成し遂げる癖が染み付いているので、完璧に配送できないと悔しい気持ちになるものです。

とは言っても配送はたまにで、バイト内容は商品の棚卸や整理や倉庫内の掃除や・・・まあなんでもやるものです。倉庫にはタケボウキのほかに、なんと小学生のときに学校にあった懐かしい自在ボウキがあーるではありませんかッ!

そういえばこんな素晴らしい道具を忘れていたッ!

この自在ボウキって、なぜか家庭では見かけないものですが、こんど買ってこよッ!

なんかこのホウキは学校でしか使っていけないような、といいますか、なんだか学校専用の道具みたいなイメージがあるのか、今まで気付かなかったものです。

みなさんも自在ボウキ忘れていませんかぁ?



先ほど観たYOUTUBE;

「Sheriff arrested」保安官タイーホ!

http://www.youtube.com/watch?v=WBlrVouKRmo


「Police Brutality - Woman Beaten Off Camera」残忍保安官、監視カメラに女性殴打の一部始終!

http://www.youtube.com/watch?v=5KiOhTYxUjU

MKウルトラばりの暴行ですが、映画ランボーファーストブラッドのランボーが受けた暴行よりもダメージが酷いものです。
女性の眼球のまわりの青タンはまさに亀田が浴びた分厚いグローブ越しのパンチよりも酷い。
唇の裂傷から見て歯にも骨折の縦筋くらいは軽く入っているのでしょう。

いちいち警官を洗脳マインドコントロールしなくても、このように普通に暴力をふるえるクオリティー。
それともこの警官も良心の呵責を超越する儀式を受けた結社メンバーでしょうか。
女性に、しかも手錠をかけた状態で。
自分のいいなりにならなければ即暴力。

これがこの世界の市民を男女とわず奴隷化するために履き違えた男女平等とか自由と平和という綺麗な言葉を利用して、実は女性の権利など全く考えずに物としかみていない社会をズタズタにしている輩の正体の一部分であるというものでしょう。

まさにこういう人間こそ危険人物であり、無人偵察機で爆撃を受けるべきではないでしょうか・・・などと思いたくなってしまうような今日のYOUTUBEだったものですが、この保安官も猛省して生まれ変わっていただきたいものです。







[ 2013/07/27 11:07 ] | TB(0) | CM(2)

これが100円のベントウベンのおやつ

Lunch of BEN TOUBEN


これ、かなり硬く固められているものです。

どれくらい硬いかといいますと、ちょうどキャラメルを凍らせたものより少しだけ軟らかいくらいなものです。

これで百円は高いのか安いのかはわからないものですが、馬の食べる様子は一見の価値があるものです。
そう考えると1000円分買ってあげても決してお高くはないものですよッ!

今日観たYOUTUBE;

http://www.youtube.com/watch?v=7AvAmEVWkpk

NEW WORLD ORDER(NWO金融カルテル独裁カルト世界政府)と書かれたもの。[11:09~11:19]



http://www.youtube.com/watch?v=xADqBnrVNBU 
珍しく日本の国旗[逆▽ですが]描かれた宇宙船が出ていることに気づくでしょうか。[3:16~3:23]

[ 2013/07/24 20:02 ] | TB(0) | CM(2)

Lunch of Ben Touben

100en de kae ru NUKUMORI


みなさんこんばんはッ!

昨日は眠ってしまったものですが、最近はお布団に寝転がって本を読んでいるとウトウトしてしまい、そのまま眠ってしまうことがあるものです。

お布団といっても、わたしの場合は関西間の柔道畳(柔道競技用)の上に薄いキュルトの敷き布団を敷いたものです。

かけ布団は夏はタオルケットのみで、お腹だけ冷やさないように眠るものです。

枕は昔から必要ないといいますか、あると普段は眠れないので本を読むときに高さの低い枕を用いるくらいで、そのまま眠ってしまっても目覚めると枕は横に移動されているものです。

しかし最近では美白などと謳う化粧品で白くなりすぎる被害が出ているそうですが、そんなに白くなってどうしたいのでしょうか。

白人へのコンプレックスでしょうか。

逆にガングロとかいうわざわざ紫外線LEDだか紫外線蛍光灯で肌を焼く人がいたりして何を考えているのか、まさに儲けたいだけの消費者の健康は二の次三の次の企業から言うとすれば、洗脳CMの賜物というものでしょうか。

白くなくちゃいけない強迫観念。

痩せていないといけない強迫観念。

男性で言えば毛深いと嫌われる強迫観念など、まさにそういうCM広告キャンペーンをすることで
その対処商品が売れて儲けている犯罪者たちに踊らされてはいないでしょうか?などと考えるものです。

その結果、拒食症や過食症、日焼けを過度に避けることによって白い肌のまま有害な紫外線が直接細胞を傷つけて逆に皮膚ガンになったり・・そもそも黒人はどうして黒いのでしょう?

それは紫外線による害から肌を守るためにカラダがその過酷な環境に適応した結果として黒いのではないでしょうか。

眉毛はなぜ生えるのでしょう?

まつ毛は?

腋毛の役割は?

あと大事なのは、お日様の光を適度に浴びないと体内のビタミンDだったかができず、結果的にカルシウムが吸収されにくくなって高齢になってから骨が脆くなるものです。

これで儲かる企業は?
・・・こんなところにも陰謀の・・いえいえ、わたしは陰謀はもう語らないものですよッ!

まあわたしは頭の毛がハゲなので特に炎天下では帽子を被らないと日射病や日焼け[頭皮を日焼けするとみなさんが想像するよりもチクチク痛い]になるので、そういう意味からは帽子が売れて帽子産業にはうれしいハゲなのでしょう。

とはいってもハゲていなくとも炎天下では先に書いたように日射病や熱射病、ツバのある帽子を被れば目を保護するのにも効果があるので帽子はハゲのためのものではありませんが。

むしろわたしのようなハゲが存在することで儲かるのは、美白やダイエットで儲ける企業と同じなものでしょう。

まだわたしがハゲを気にしていた頃、どれだけの育毛剤がわたしの頭皮に皮膚から吸収され、そしてメーカーが謳う効果を全く果たさずに湯水のごとく蒸発していったというのでしょうか。

うらめしや~育毛剤企業~・・・うらめしや~・・・死んだら化けて社員全員ハゲにしてやるぞ~などと・・・というよりもあの頃に騙されて購入した商品代金返せッ! というものですねッ!

ハゲたわたしがいうのもなんですが、ハゲ薬が不可能ならばハゲる薬を開発すればいいのでは?

そうすればみんなハゲになって月明かりだけでもみんなのハゲ頭が月明かりを反射、その分だけ夜も明るくなってその分だけ街灯の照明を暗くでき、結果としてエコな社会が訪れるかも知れないものです。

一億二千万、いえ、世界60億人がみんなハゲになればその月灯り反射効果はとてつもないものになるのではないでしょうか。

以前にハゲのメリットを記事の中に書いたものですが、ハゲってデメリットがなくて本当に素敵なものですよ。

そういえばメリットなんていうシャンプーがむかしありましたが、シャンプーいらずのわたしから言わせると、そんなのお金払って買うだけデメリットだというものです。

安い半端な値段のシャンプー買うなら石鹸で洗うことをオススメするものです。

そうでないとハゲてしまうものですよッ!


[ 2013/07/24 19:55 ] | TB(0) | CM(2)