落書きが幼い

omoide


蒐集している人はきっと今でも続けているのでしょう。
わたしは小学生卒業と時を同じくするように切手あつめはやめてしまったものです。
今ならけっこう珍しい切手もあるかも知れないものです。

切手は=お金と同じなのでそのまま残していたのかも知れないものですが、ほかにも当時20円だったガチャガチャの消しゴム玩具とかも集めていたものです。
わたしが小学生の頃は50円玉を持っていけば駄菓子屋で本当に遊べたものです。

そういえば駄菓子屋さんは今もあれど、なんだか子供がささやかな夢を見るには値段が高すぎるものです。

わたしの頃はそういう意味では恵まれていたものですね。

銀玉鉄砲やゴムのヘビやクモやムカデとか、フ菓子や一すくい5円のスナック菓子とか。

駄菓子屋のおばあちゃんがわたしたちを優しく見守っていてくれていた。

駄菓子屋にコンビニのように警察官は立ち寄らなくても、治安はしっかりまもられていた。

駄菓子屋強盗なんて聞いたこともない。

コンビニ強盗はよく聞くものですね。

愛知県にいたころは名古屋の西区だったか北区に駄菓子の卸問屋街があって、そこに行けば昔の値段で買えるようなことを聞いた記憶があるものです。

わたしからすればコンビニで駄菓子を買うなんてありえないものです。



今日聴いたYOUTUBE:

http://www.youtube.com/watch?v=p1H-4gJz8WE







[ 2013/06/28 18:42 ] コレクション | TB(0) | CM(0)