2015/06/04 あくまくだらね絵~枯葉モドキ

pic 011







pic 324



pic 112



20150521pic 027



pic 314



pic 329



pic 316















pic 333



pic 174



pic 170



pic 164



pic 412







pic 386



pic 351







ん~。

六月も早くも4日目が過ぎようとしているものです。

六月といえばジューンブライドだったか、そんなイメージが一般的であるものでしょうか。

ま、調べてみると日本ではバレンタインと同じく、グリコがはじめてCMで「バレンタインには男の子にチョコを送ろう」だったか企業キャンペーンの様子であるものでしょうか。
http://matome.naver.jp/odai/2133552734845365401

興味のある方はさらに奥があったので調べてみるのも楽しいものでしょうか。

ま、こんなクダラナイ世界ではね、何月に結婚しようともね。

そんなのは本人たちしだいであるものだと感じるものですが、みなさんはどう感じられているものでしょうか。

「お! 志村のハゲ! とうとう彼女もいないからってジューンブライドにケチつけだしたぞ!」

「わ! キモ! 僻みだね!」

などと思われている方もいるかも知れないものですが。

結婚しようがしてまいが、幸せは常に目の前にいつも在って、それを感じられるかどうかだと思考するものですがね。

ま、ひとそれぞれで、ましてや別にジューンブライドにケチなんかつけていないものですよ。

ま、ね、ゲンを担ぐのは別に悪いことでもないし、ま、別にといいますか、僻み根性なんて根元から存在しないものですよ、わたしはね。


それにしても一弦が数日ほど前にきれたので、それで1弦だけヤマハのバラ買いで以前に数個購入していたものを張替えたものなのです。

そして日曜の帰りにはABCマート?大分のに偶然に入ってみたなら、なにやらCDとか楽器もあったので、それで写真のジェームスとかいう中華製造ギターメーカーの弦を見つけたものです。
愛知にいたころはSヤイリの弦はハードオフでかなり安かったのに、数年くらい前から1SET300YEN 消費税込みで324YEN? は亞~?

というものなのです。

だったらカワセ買えば亞?というのは、わたしから言わせれば賢明な判断とは言えず、それ故に合理的判断ではないものなのです。

そのようなことを考えながらお店のギターなどを店員さんに「これ、強制乾燥ですか亞~?とか、どこの国の製造ですか亞~? とか、 このJAMESっていうギター工房の、10万円もするけれど、ひょっとしてこれも材料は強制乾燥?ですか亞~?・・・」

「ええ、これも強制乾燥になります」

・ ・・・十万のギターで強制乾燥させた材料で、それで10年後はたぶんバルサみたいにボロボロ自然崩壊してしまうものでは亞~?

どちらにしても7~8年でようやく鳴るように味がでてきたらギターの構造がスカスカだったら悲しいものですが?


いや~、ちょっとね。

でも、JAMESの弦を発見!

3SETで691円なので。

「あ、店員さん! このジェームスっていう弦ですけどね、カワセよりはマシ?でしょうか? ようするにSヤイリくらいのラベルでしょうか亞~?」

と訊いたものです。

すると「それなら間違いなく買いです!」というので、信用して購入して本日始めてわたしの愛するギターさんに張り替えたものなのですよ。

ま、一弦だけは先に切れて替えたばかりなのでヤマハの1弦となるものですが。

それで弾いてみた感じは、6弦だけSヤイリの弦よりも少しだけ太い設定のジェームスのアコギ弦、ま、問題なく、良くも悪くもないそれ相応のクオリティーとなるものです。

これからはジェームスのものにしようかな亞~。

でもまだ張ったばかりの音の感想なので、あんまり参考にはならないものでしょうか亞~。

特に6弦が太い分だけあるなというくらいの感覚で、6弦の音はSヤイリよりもパンチがあるかな亞~まで。


世界の光の優しき人々にとって、それはそれは素晴らしい世界がやがて現れるように

そのように今日も悪魔へと臨むものです。

きょうはお月さんでてる~?かなッ!

反射! 反射~!

出てたらわたしの頭もピッカピカ~の様子であるものでしょうか亞~。

それでは~。




今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;

アダルトビデオ撮影、盗撮…風紀乱す行為絶えず 塩原温泉「不動の湯」1日閉鎖 自治会が苦渋の決断

 那須塩原市の塩原温泉にある共同露天風呂で、温泉ファンに人気を集めていた「不動の湯」が1日、閉鎖される。管理・運営する福渡自治会などによると、約1年前から男女十数人のグループが週末に集まり、風紀を乱す行為をしているところなどを観光客らが目撃。行政や観光協会などに苦情が相次いでいた。
 
当面、露天風呂の湯を全て抜く。「不動の湯」は箒川から散策道を約50メートル山に入った森の中にある人気スポット。管理人はおらず、利用料200円は、入り口の料金入れに投入する。
 
塩原温泉には集落ごとに共同風呂があり、「不動の湯」もそうした施設の一つだったが、明媚(めいび)な景色の中にあり、最
近は温泉ファンの人気も高まり、週末には1日50~60人が利用していた。定期的に不適切な行為をしていたのは1グループだが、ほかにも盗撮やアダルトビデオの撮影に関する苦情もあった。

茨城県つくば市から夫婦で来た自営業の男性(45)は「森の中にある露天風呂の雰囲気が好きで、年に何度か来ている。これまでも、財布や女性の下着が盗まれた話を聞いていたが、残念。温泉ファンは本当に迷惑している」と怒り気味に語った。
 
田代茂樹自治会長は「県のポスターでも紹介されている観光資源だけに苦渋の決断だった。しかし、このまま放置すれば、観光地のイメージダウンにもつながりかねない」と話し、警察とも協議した上で決断したという。(伊沢利幸)

http://www.sankei.com/affairs/news/150531/afr1505310022-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/150531/afr1505310022-n2.html

あ?まだまだあるぞ?
糞イルミナティーポルノセクションのBLACK部落近親相姦被害妄想マッチポンプ変質者どもがレザーフェイスで特に日本人の人間に扮装してな亞~。
麻薬と催眠術。
もしわたしと共に悪に臨むならば、最低でも日米共同開発[日本は侵略者に脅されて]LOVE BOMBを調べて来てね~。

テロは身近なところから。

いくらハイテク兵器が存在しても、人海戦術トロイの木馬やらが効果的であるので、それを奴らがずーとマメに麻薬しながら長い間に日本人の家族、企業単位でもテロ小鳥箱乗っ取り麻薬催眠術宗教タイムボカーンとタイムマシーンまでね。


サタンとバビロンの娼婦とルシファー確認済み。


あ~クダラナイものですね~。


仏軍の性暴力、放置か=中央アフリカで子供犠牲、調査へ―国連
時事通信 6月4日(木)14時34分配信

 【ニューヨーク時事】
政情不安が続く中央アフリカで、治安回復のために派遣されたフランス軍が現地の複数の子供に性的暴力を働いた疑いが持たれていることに関し、国連が問題を把握していたにもかかわらず対応を怠った可能性があるとして、潘基文事務総長は3日、外部チームによる独立した調査を行うと発表した。

 数日内に調査の責任者が発表される。中央アフリカに展開していた仏兵が2013年12月~14年6月、避難民施設で複数の子供に対し、食料を与える見返りに性行為を強要した疑いがあり、仏当局は兵士14人を捜査している。
 
中央アフリカには国連の平和維持活動(PKO)部隊も派遣されており、国連に性暴力に関する報告が上がっていたにもかかわらず、適切に対処しなかった疑いが強まっている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000094-jij-int




慰安婦記念館、10月開館=抗日戦施設の構想も―台湾総統
時事通信 6月4日(木)12時20分配信

 【台北時事】

台湾の馬英九総統は3日夜、抗日戦争勝利70周年の記念フォーラムに出席し、台湾初となる慰安婦記念館を10月25日に開館することを明らかにした。
 
馬総統は慰安婦問題に強い関心を持ち、「人権侵害の重大な戦争犯罪だ」と指摘してきた。支援団体によると、台湾の元慰安婦の生存者は現在4人、平均年齢は90歳を超えるという。
 
馬総統は昨年7月に「慰安婦」と「抗日戦争」に関する二つの施設を2015年中に設置する意向を表明していた。馬総統は3日、抗日戦争の展示も含む軍事博物館の建設構想を改めて示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000072-jij-cn




米国、沖縄県知事に対し、抗議を無視して基地を拡大すると宣言
2015年06月04日 16:59

米国の国務省および国防総省は、「住民の反対はあるが、既存の基地は移転するのでなく、むしろ拡大する」と宣言している。米国務省より。

国務省日本担当局長ジョー・ヤング氏および国防総省次官補カラ・アバクロンビー氏が水曜、翁長雄志・沖縄県知事との会談で述べた。

米国務省および国防総省代表は翁長知事に対し、普天間における新基地建設について説明した。
国務省の発表によれば、「両人は、新基地建設で、米国と日本は既存の基地の能力を補強するのだ、と指摘した」。

米国側は日本の知事に対し、新基地建設は「地域における同盟の威力を示し、脅威を抑止し、平和と安定を支えることに資する」とした。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150604/416936.html




米国企業 米国が課した制裁に反しロシア企業と契約 さて欧州は?
2015年06月03日 01:55

ドイツの雑誌Spiegelによれば、欧州の企業が、ロシアに対し導入された制裁に今も苦しんでいるのに対し、彼らの米国のライバル企業は、ロシアと新しい契約を次々に結んでいる。

同雑誌は「米国経済にとってそれが重要な場合は、西側の超大国である米国は、新たなロシアとの冷戦の中で、制裁も一休みする」と指摘した。

[以下雑誌Spiegelの報道を元に、お伝えする]
米テキサス州の企業、ヘリコプター・メーカーのBellは、エカテリンブルグの企業ウラル民間航空工場と契約した。

このロシアの企業は、プーチン大統領の信任が厚いセルゲイ・チェミェゾフ氏が率いる「ロステック」社の傘下にある。チェレゾフ氏と彼の会社は、米国が作成した制裁リストに入っている。しかしBell社は、そんなこと全く心配していないようである。

モスクワの欧州ビジネス協会のフランク・シャウフ会長は「米国は、欧州に強い圧力をかけ、厳しい制裁を求めている。その一方で彼らは、昨年ロシアとの貿易高を増やした」と指摘した。

雑誌Spiegelは、米国とロシアの間のほかの契約についても言及している。例えば昨年、航空機製造メーカーのボーイング社と

ロシアのチタン・メーカーであるアヴィスマ社は、相互の協力契約を2022年まで延長したし、今年1月には、ロシアのエネルゴマシ社は、米国の宇宙機器・運搬用ロケット製造企業Orbital Sciences社と、Antaresロケット用のエンジン60基製造に関する契約を結んだ。

一方、ドイツの大企業はどうかというと、現在「二重の圧力」の下に置かれている。彼らは一方でEUの制裁と戦いながら、他方でロシアの政策の転換、東方重視策にさらされている。

特にSiemens社のスポークスマンは、雑誌Spiegelの取材に対し「ロシアと中国の間で結ばれた、モスクワとカザン(ロシア連邦タタールスタン共和国の行政の中心地)を結ぶ高速鉄道建設に関する契約は、ウクライナ危機前は、Siemens社が受注する可能性があった。

今やそれを望むのは、夢物語となった」と述べている。

http://jp.sputniknews.com/business/20150603/410881.html




米国務省:ウクライナにおけるボーイング機墜落についての新データ、提出しない
2015年06月04日 16:21

米国政府は昨年ウクライナでマレーシア航空のボーイング機が墜落した事故についての追加データを提出する気はない。水曜、国務省のマリー・ハーフ報道官が述べた。

「我々は、適切と判断した情報は、全て捜査機関に提出済みである」と報道官。具体的には「事件の現場と思わしい地点を含む地図」が提出済みであるという。

「我々は適時に十分な情報を提出した」と報道官。続けて、米国は「事件についての評価を」変更してはいない、とも。
ロシア外務省は水曜、米国に対し、事故現場を写した衛星写真を公開するよう、米国側に求めていた。

アムステルダムとクアラルンプールを結ぶマレーシア航空のボーイング777型機が昨年7月17日、ドネツク州で墜落した。オランダ市民193人を含む298人の乗員・乗客が死亡した。米国はこの事件の責任をロシアおよびドンバス義勇軍に負わせている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150604/416771.html




[ 2015/06/04 19:49 ] 洗脳解除 | TB(-) | CM(0)

2015/02/01 スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ

スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ

スミソニアン博物館は20世紀初頭、「人類進化理論を守るために」、米国各地で見つかった巨人族の骨格標本数万点を廃棄した疑いがある。そのことを示す書類が公開されることになった。

米最高裁が長い審理のすえ、決定を下した。
古典文献や経典に語られる巨人族の痕跡は人類の誕生と発展に関する伝統的理論を守るためだけに無残に破棄された。事実と理論が齟齬をきたしたとき、彼らは考え直すこともなく、また単に隠すのでもなく、隠滅したのだ。
スミソニアン博物館は長らく全面否定していたが、のち、一部職員が、証拠隠滅の証拠が存在することを認めた。加えて裁判所に1.3mもの長さの大腿骨が提出された。かつて博物館から盗み出され、ゆえに破棄を免れたものだ。この骨は長らく盗み手(救い手)たる同館元上級職員の手元に保管されていた。その元職員こそがこの骨の何たるかについて、また博物館で秘密裡におこなわれていた作業について、物語ったのだ。この骨が法廷に提出された瞬間は、いわば裁判の華であった。
裁判所の決定で、スミソニアン博物館は、指定された書類を2015年のうちに公開し、公表する義務を帯びた。しかし特別委員会が公表の時期を微調整することは許された。それもそのはず、未知の巨人族がかつて存在したことを認めると、現代の歴史学は根幹を破壊され、ほぼ絶滅されてしまうのだから。


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281578926/

http://worldnewsdailyreport.com/smithsonian-admits-to-destruction-of-thousands-of-giant-human-skeletons-in-early-1900s/

[worldnewsdailyreport.com]



Smithsonian Admits to Destruction of Thousands of Giant Human Skeletons in Early 1900′s

December 3rd, 2014 | by Bob Flanagan

Archeology107 79.4kShare908Share0Share577Share0Share0Share
A US Supreme Court ruling has forced the Smithsonian institution to release classified papers dating from the early 1900′s that proves the organization was involved in a major historical cover up of evidence showing giants human remains in the tens of thousands had been uncovered all across America and were ordered to be destroyed by high level administrators to protect the mainstream chronology of human evolution at the time.
The allegations stemming from the American Institution of Alternative Archeology (AIAA) that the Smithsonian Institution had destroyed thousands of giant human remains during the early 1900′s was not taken lightly by the Smithsonian who responded by suing the organization for defamation and trying to damage the reputation of the 168-year old institution.

During the court case, new elements were brought to light as several Smithsonian whistle blowers admitted to the existence of documents that allegedly proved the destruction of tens of thousands of human skeletons reaching between 6 feet and 12 feet in height, a reality mainstream archeology can not admit to for different reasons, claims AIAA spokesman, James Churward.

«There has been a major cover up by western archaeological institutions since the early 1900′s to make us believe that America was first colonized by Asian peoples migrating through the Bering Strait 15,000 years ago, when in fact, there are hundreds of thousands of burial mounds all over America which the Natives claim were there a long time before them, and that show traces of a highly developed civilization, complex use of metal alloys and where giant human skeleton remains are frequently found but still go unreported in the media and news outlets» he explains.

A giant human femur uncovered in Ohio in 2011 by the American Association for Alternative Archeology, similar to the evidence presented in court
A turning point of the court case was when a 1.3 meter long human femur bone was shown as evidence in court of the existence of such giant human bones. The evidence came as a blow to the Smithsonian’s lawyers as the bone had been stolen from the Smithsonian by one of their high level curators in the mid 1930′s who had kept the bone all his life and which had admitted on his deathbed in writing of the undercover operations of the Smithsonian.

«It is a terrible thing that is being done to the American people» he wrote in the letter. «We are hiding the truth about the forefathers of humanity, our ancestors, the giants who roamed the earth as recalled in the Bible and ancient texts of the world».
The US Supreme Court has since forced the Smithsonian Institution to publicly release classified information about anything related to the “destruction of evidence pertaining to the mound builder culture” and to elements “relative to human skeletons of greater height than usual”, a ruling the AIAA is extremely enthused about.

«The public release of these documents will help archaeologists and historians to reevaluate current theories about human evolution and help us greater our understanding of the mound builder culture in America and around the world» explains AIAA director, Hans Guttenberg. «Finally, after over a century of lies, the truth about our giant ancestors shall be revealed to the world» he acknowledges, visibly satisfied by the court ruling.

The documents are scheduled to be released in 2015 and the operation will be coordinated by an independent scientific organization to assure political neutrality.

http://worldnewsdailyreport.com/smithsonian-admits-to-destruction-of-thousands-of-giant-human-skeletons-in-early-1900s/

.
[ 2015/02/01 01:18 ] 洗脳解除 | TB(-) | CM(0)