2014 08/18 666



隔離施設を武装集団が襲撃、エボラ患者17人逃亡 リベリア

AFP=時事 8月18日(月)7時4分配信

西アフリカ・リベリアの首都モンロビアで、エボラ出血熱患者の隔離施設として使われている学校の前を通る人々(2014年8月17日撮影)。
【AFP=時事】西アフリカ・リベリアの首都モンロビア(Monrovia)にあるエボラ出血熱患者の隔離施設が16日夜、こん棒で武装した若者集団の襲撃を受け、患者17人が脱走、現在も行方不明となっている。


 目撃者によると、襲撃犯らはエレン・サーリーフ(Ellen Sirleaf)大統領を侮辱する言葉を口にしたり、「エボラなど存在しない」と叫んだりしていたという。エボラ熱の流行地域の住民らの間ではパニックと不信感が広まっており、エボラウイルスは「西洋によって作り出されたもの」または「でっちあげ」だとの噂も広く出回っている。

 匿名で取材に応じた保健省職員によると、若者らは高校の校舎を利用して設置された隔離施設から医薬品やマットレスなどの寝具を略奪した。

 リベリア医療保健事業者協会(Health Workers Association of Liberia)のジョージ・ウィリアムズ(George Williams)会長によると、同施設ではエボラ熱患者29人を収容し、病院に運ぶ前の予備処置を行っていた。

「患者29人のうち、17人が昨晩(襲撃後に)逃亡した。4日前に9人が亡くなり、昨日は3人が家族によって無理やり連れ出された」

 エボラ熱流行の中心地とされるモンロビアでは、保健当局による隔離施設の設置に地元住民らが反発していた。匿名を条件に取材に応じたある若い住民は「彼らにキャンプを(設置)しないよう伝えたが、聞き入れられなかった」「私たちはこのエボラ騒動を信用していない」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News
.
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00000000-jij_afp-int




安否への懸念強まる=過激派の敵に同行―シリア邦人拘束時事通信 8月18日(月)17時21分配信

 【アンマン、カイロ時事】内戦が続くシリアの北部アレッポでイスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜さんとみられる男性の安否や所在をめぐり、在シリア日本大使館(内戦激化のため隣国ヨルダンで業務中)に設けられた現地対策本部は18日、引き続き情報収集を進めた。インターネット上では、男性が「神の判断で処刑された」との書き込みも出ており、身の安全が懸念されている。
 男性をめぐっては、イスラム国の構成員らしき人物が拘束した際、組織への忠誠を強要する動画がネット上に投稿されている。拘束時には銃を携行していたとされ、現地でイスラム国と敵対し、交戦を続ける反体制派武装組織「自由シリア軍」や「イスラム戦線」に合流していた可能性が濃厚だ。
 湯川さんは、これまで繰り返しシリアや隣国イラクを訪問。5月上旬、フェイスブックに自由シリア軍に厚遇されたと記載する一方、7月下旬にはツイッターで「イスラム国は一応僕から見ると敵ですね。仲間たちが戦っている」と書き込んでいた。
 在シリア日本大使館の馬越正之・臨時代理大使は18日、「戦闘が激しい地域の一つなので情報収集に苦労している」と明かした。本人の安否や所在に関する有力な手掛かりは得られておらず、拘束に関する犯行声明や身代金要求も届いていないという。現地対策本部は、馬越氏以下大使館職員5人に加え、在ヨルダン日本大使館職員も合わせて約20人態勢で事実確認を急いでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00000070-jij-m_est




みなさんこんばんはー!


イラクで邦人拘束・・・民間軍事会社のCEO? そんな日本人は知らないものですね。

ま、中東では半島人が拘束されたときには「日本人です」というのがお決まりとなっているので、拘束されたものが何者かは疑わしいものですね。

YOUTUBEに始めに動画をUPした人も怪しい・・・マッチポンプの臭いがプンプンするものです。




とにかく自衛隊を戦争へと導きたいものどもの蠢く様が、このようなかたちで露呈してきたものでしょうね。

それにしてもどこかで見た顔ですね・・。

あ、そうそう、写真は昔のギターによくついていたペグであるものです。

これは巻く時の負荷を大きくしたり小さくしたりできるようになっているものです。
[ 2014/08/18 19:53 ] Acoustic guitar | TB(-) | CM(2)