マルシンSAA45 MODEL GPの樹脂グリップの強化 

ピースメーカー プラスティックグリップの強化

このグリップ、中身が詰まっていないのでフロントヘビーな金属製SAA45だとグリップを握った時に撓んでしまったり「ギュッ」という音がして情けないので強化しました。

空洞部分に衝撃に強い強固に固まる樹脂パテを埋め込み対処します。

*盛りすぎるとピッタリ装着できないのでパテの盛りすぎに注意。

これで削り出しの強度が出て上記のおもちゃっぽい感触は克服できるものです。

実銃のモデルはおそらく象牙だと思いますが、さすがにアイボリーのグリップは高価すぎなので予算がない方はこのように対処すればパテ代金だけですぐに対処できるものです。

改造防止のためにシリンダーが肉抜きされているのと、同じく改造防止のため銃身が塞がれている影響でおそらくは実銃よりもモデルガンの方がフロントヘビー気味なはずなのでフロントヘビーを少しでも軽減したい人はパテ埋め作業の時に真鍮や鉛などの比重の重い金属をパテと一緒に埋め込むと良いでしょう。