あなたをお祝いにきました・・・

evil of v


これは現在、広島県に住む知人T君の体験談です。



それはまだわたしが中学生の頃のできごとでした。

当時は有名人の自殺が流行っていて、世の中もそんな暗い空気が漂っていたように思い出します。

わたしのクラスは男女合わせて40人くらいで、わたしはクラスの室長を担当していました。

TVではちょうど岡田有希子さんの自殺報道が流れていて、今も昔も相変わらずのマスコミ報道陣がこれでもかというくらいに毎日のように彼女の死の真相を究明するという名目で死者を利用した報道合戦が繰り広げられていました。

そんなことがあってからしばらくして、わたしはいつものように学校へ登校するために朝食をとりながらTVニュースを観ていたのでした。

なんでもない人事のようなニュースがいくつも流され、それをぼんやり眠たい顔でみていた時です。

「昨夜、○○○市立○○○○中学校に通うAさんが、○○市の雑居ビル屋上から飛び降り自殺をはかり、間もなく死亡しました・・・」

「?嘘!! なんで・・・」

それはわたしと同じ中学に通っていたAさんのことだったのです。

わたしは目と耳を疑うような、まだ呆然としたまま朝食をそのままにして学校へと急いだのです。

もう教室にはみんながほとんど登校していて、教壇で肘をついて頭を抱えてうなだれる担任の先生の姿がそこにはありました。

「先生・・・」

「おーーー、何でやー・・・ああああ・・・」

クラス中が静まり返って、その中の数人の女子が泣き出していました。

自殺した子の教室も静まり返って、面白おかしく野次馬のように集まってきた下級生に怒鳴りつけるものもいました。


それからしばらくして、その自殺のことを忘れでもしたかのように、わたしたちはまた受験戦争へと神経を集中していきました。

そして色んなことがあった中学を卒業し、みんなまたバラバラにそれぞれの進路へと歩き始めたのです。

それは高校に入学した最初の夏休みの出来事でした。

わたしの家は平屋の母屋と、小さな小屋のような平屋があり、わたしは勉強に集中できるという名目でその小さな離れの小屋を自室として使っていました。

ある朝早く、飼っていた犬が普段は誰にも吠えないのに、その朝に限って「ワン!ワン!ウー!ワン!・・」とかなりのうなり声で吠えていたのです。

わたしはまだ早朝で眠たいのもあって、それほど気にせずにまた眠りはじめました。

そして夏休みということもあり、怠けて10時くらいに起きて母屋にいきました。

すると父が「おまえ、女の子を部屋に連れ込んで何しとった!!」といきなり怒り出したのです。

わけもわからずに「え? 女の子?」

それからしばらくわけもわからず父の説教をきかされたのです。

わたしは全く身に覚えが無いので、その女の子はどんな子だったのかを父に訊ねました。

すると「今朝早くから犬が鳴くから窓を開けてみたら、おまえの部屋の前に紅白の花を持った女の子が立っていたんだよ」

「・・・え???」

わたしは何故かハッと感じて、卒業アルバムを持ってきて、「この中に今朝の子はいる?」と父に訊くと

父は百人以上の中学の女子の顔写真をひとりづつ確かめるように探し始めました。

「この子だ、間違いない、この子」

「・・・・お父さん、その子、自殺した子だよ・・・・」


あとで知ったのですが、その子はわたしに好意を持っていたそうです。

でも彼女の自殺の原因はわかりません。

ただ当時付き合っていた男子との間で妊娠していたという噂が流れていたのを思い出します。

あとはわたしと同じクラスの女子の数人が、クラブ活動でその子を虐めていたという事実もありました。

彼女が自殺した時と同じくして、全国で岡田有希子さんの自殺に連鎖するように中学生の自殺が相次いだ時代。

死の真相は本人しかもはや知りえないのかもしれないですね。

そして紅白の花の意味も・・・・でも今はひょっとしたらわたしの高校入学をお祝いに来てくれたのかも知れないと・・・そんな風に考えるようにしています。




このようなお話を訊かせていただいたものですが、祝うと呪う・・・なんでしょうかね・・・。

ひとの幸福を祝う影に、妬みや僻みやらが表裏一体として存在するような人間をわたしは数多く目の前にし、また対峙してきたものです。

どうしてここまで人間という生き物が劣化してきているのか、その原因がはっきりわかった今では、それらを哀れむ唄も言葉もありません。



あ、そうそう、昨日は悪の教典という映画をレンタルで観たものです。

なぜ観たのかというと、たまには西湖波巣の声も聴いてやろうかというようなことであるものです。

最近はこういうくだらない映画が量産体制の中で多く存在するものですが、こういう映画をつくって何を訴えたいのでしょうかね・・・・宅間守そのまんま、サイコパスなんてない、それがやつらの本性なだけ。

まさにハリウッドや東宝やらもマスターベーションで自己完結状態であるものです[爆ッ!]

[ 2014/08/13 13:41 ] 怖い?お話し | TB(-) | CM(0)

時間が止まったままのトモダチ

仏の道に使える者は何をしている!


このお話しはECHØ33のメンバーのご好意で働かせていただいている今のバイト先で知り合いになったS君のお母さんの体験談です。

あまりに怖かったので了解を得て記事にさせていただくことになったものです。


S君の母親の実家は今の大分県は日田市にあるのですが、この体験をされたのはちょうど7年前の初夏のことでした。

S君はもともとは北九州市で、今は結婚相手の奥さんの実家である宮崎県で働くこととなり、それでわたしと知り合うことになったものです。

S君のお母さんは祖母の住む日田市へ仕事の都合で早めの夏休みもかねて帰省していたのですが、その奇怪な現象は白昼堂々とおこったのでした。

その日S君のお母さんは祖母を車に乗せて地元にある八百屋に夕食の食材を買いに出かけたのでした。

その八百屋さんは地元でも評判の新鮮な魚介類が購入できるということで、まだ当時は元気だった祖母と一緒に楽しい会話も交えながら買い物を楽しんだ帰り道、ちょうど祖母の実家から1kmくらいの歩道上を真っ白なワンピースを着た女性が車の進行方向からこちらに向かって歩いてくるのが目に入ったそうです。

でもよく見ると様子がなんだかおかしいことに気がつきました。
その女性はなにやら胸のあたりを手で押さえながら、苦しそうにして少し俯き加減であるいていたのです。

S君の祖母の実家は奥まった場所にあり、その道の行く先には他の民家は一軒も無く、どう考えても祖母に用事があって来たとしか考えられないのでした。

そこでS君のお母さんは車のスピードを緩めてその女性に声をかけようとしたのです。

その時です、助手席に座っていた祖母が突然「止まっちゃダメ! 早く行って!」とものすごい形相でS君のお母さんに言ったのです。

「どうして? なんだか苦しそうだし、それにお母さんに用があって来たひとじゃないの?」と言うと、

「いいからそのまま走り抜けて!」と祖母が言うのです。

わけがわからずそのまま一度緩めたアクセルを踏み込んでその女性を通り過ぎようとした時です!

なんとその俯き加減で苦しそうに歩いていた女性が急に顔をあげて助手席のほうに走り寄って来たのです。

その顔を見たS君のお母さんはその時になってその女性がこの世のものではないと直感したそうです。

もう必死で車のアクセルを踏み込んで祖母の家に向かって車を走らせようとしたそうですが、なんとその女性は60kmは軽くでている車の助手席に顔をつけたままついて来たのです。

祖母は下を向きながら「ああ・・止まっちゃダメ! 止まっちゃだめ!」と両手を合わせて拝むようにS君のお母さんに言い続けたそうです。

祖母の家の中に車がさしかかった時、その女性は姿を消したそうです。

あとで祖母から事情を訊くと、祖母は震えながらS君のお母さんに話してくれたそうです。

それは祖母がまだ若かった戦後まもない頃、友達だったK子さんという子がいたそうです。
病弱でしたが、体の具合が良い時はいつも祖母とお話ししたり、時には野原で遊んだりしていたそうです。

そんな時でした、そのK子さんは不治の病でこの世を若くして去ったそうです。
それはまだ18歳という若さだったそうです。

そうです、あの白いワンピースの女性は祖母の友人のK子さんだったのです。

S君のお母さんはその事情を聴いてようやく祖母がなぜ車を止めてはいけないと言ったのかが理解できたそうです。

若くして、それも青春真っ盛りの時に、幼い頃から病弱で友達も少なく、人知れずこの世を去ったK子さん、きっと無念で未だにこの世を彷徨っていたのでしょう。

わたしはこのお話しを耳にしたとき、背筋が凍りつくような恐怖を覚えたものですが、でもよくよく考えるとなんと切ないお話しなのでしょう。

死んでも生前の苦しみの中から解放されず、そして死んでも孤独でひとりぼっちで。

もし神がいるのなら、まッ先に手を差し伸べるべき人ではないでしょうか・・・このお話しをしていただきそう思ったものです。

[ 2013/08/24 21:00 ] 怖い?お話し | TB(0) | CM(2)

過去記事 怖いお話しのまとめ

gaooo-

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
トンネルは特定の日時に他次元への入り口に成りえる

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
東京小平市の魔の踏み切り・首絞めアクビちゃん

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
本物の落ち武者

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
淋しい人

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-115.html
設置されなかった街灯 妖怪ハエ男

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
エレベーターパニック真夏の惨劇

http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
鳴るはずのないインターホン


追加:2013/08/25;
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-464.html
時間が止まったままのトモダチ


みなさんこんばんはーッ!

今日はものすごく暑い!

今までで最高に熱の渦に包まれて生きているような感覚がするものです。

日向市では市の観測史上最高気温を記録したものです。

でも負けません!

120度のサウナに比べたら屁のカッパというものです。

でも帰りにおばあさんが営む小さな雑貨店でカキ氷食べてしまったものです。

シロップはCCレモン、これがまたカキ氷とマッチしているものです。

これならCCレモン凍らせて、それをそのまま削ってもおいしそうな感じがしたものです。

最近はスーパーとかで袋入りのカキ氷も売っているものですが、むかしみたいに家庭用のカキ氷マシーンでも購入しようかなぁなどと思ってしまうものです。

今日は湿度が50%前後だったのでまだ良かったのかも。

北海道みたいに湿度が低ければどれだけ猛暑でも日陰に入れば涼めるのですが、これで湿度が80%とかだったら熱中症にかかる人で病院が溢れてしまいそうな1日だったものです。

コピペしなくてもクリックしたらそのまま記事に跳べるように、あとでコメントに過去記事の怖いお話しのURLを貼っておくので、よかったら読んでみてくださいませませ。
[ 2013/08/23 19:30 ] 怖い?お話し | TB(0) | CM(5)