カレイ臭

カレー臭

今日は朝と昼にカレーを食べたのでカレー臭がするものです。

わたしは気づきませんでしたが、事務のおばさんが「志村君朝からカレー食べてきたでしょ?」

「はい、昨日の残りのカレーをぶっかけて食べてきたものです」

「カレーの匂いがすごくするけど歯磨いた?」

「え?歯磨きは毎朝するものですよ、それも朝は食前食後に」

「あっ、なんかズボンに染みがあるわよ」

「あっ、たぶん朝にカレーこぼしたのかも」

「それでよ、カレーの匂いがするもの」

「えっ、臭いですか?」

「いえいえ、そういう意味じゃないのよ、ただ今日のお昼の弁当がカレーだからどうかなと思って」

「大丈夫ですよ、カレーは好きなので毎日でも」

この事務のおばさんとはいつもこういう会話ばかりしているものですが、加齢臭でなくて良かったなどと思ったものです。

そもそも加齢臭とかいいますが、わたしはそんな匂いを嗅いだことがないものです。

だいたい人の匂いをクンクン嗅ぐほうが変だと思うものですが、ニンニク食べた後のほうが臭いのではないかと思うものです。

ニンニク食べたあとの口臭はさすがに意識しなくても臭ってくるものです。

まあ高齢化社会なのでみんな加齢臭になれば誰もそんな匂いは気にしなくなるのでしょう。

まあお孫さんがいらっしゃる方は「おじいちゃん臭い!」などとお孫さんに言われると軽くショックを受けるらしいですが、そんなに気にすることもないように思うものです。

だいたい大先輩にむかって「おじいちゃん臭い!」なんて正面から言えるのも子供くらいなものでしょう。


そういえばむかしあるお店のカウンターでお食事していたらものすごく強烈な屁の臭いがしてきたものです。

瞬時にその犯人が隣の若い茶髪のお姉さんだと気づきましたが、わたしは相手が女性ですし、その臭いに気づかないように配慮していたのですが、なんとそのお姉さんは「あの、オナラしました?」と初対面のわたしに平然と言ってきたのでした。

なんと初対面でしかも面識もなにもないわたしに罪をなすりつけてきたものです。

「えっ、わたしじゃありませんよ」と言うと、なにやら明らかに顔をひきつらせながら、「エッ、じゃあ誰この臭い」と言ってきたのです。

誰かに指摘される前に、早々とわたしに罪をなすりつけようという魂胆が顔ににじみ出ていたものです。

わたしは自分が屁をする時は「あっ、屁が出る!」とあらかじめ宣告したりするものです。
しかもすかしっ屁なんてしないものです。

だいたい屁の臭いを最初に指摘した人間が一番怪しいものです。

それをしゃあしゃあとわたしに罪をなすりつけてきたのには正直言って唖然としたものです。

わたしは本当に犯人じゃないものです。

こんな冤罪事案は日常にはよくあることですが、していないことをしたと言われるのは気分が悪いものです。


結局ほかのお客さんやお店の店員さんはわたしを明らかに疑っている様子でしたが、なぜにわたしが犯人に仕立て上げられなければならなかったのか、まずは第一発見者を疑うのが犯罪捜査のセオリーであるのは交番のおまわりさんに訊かなくても誰でもわかるものです。


あの何を食べたらこんなに臭うのかというくらい強烈な臭いをわたしは一生忘れないものです。



また同じ屁のお話しですが、こんなこともありました。


それもまた同じく料理屋さんでのことです。

そのお店は夫婦でしているのですが、結構その奥さんが美人だったものです。

そして閉店間際、わたしはおしっこがしたくなったのでトイレにいこうとしたら、ちょうどその奥さんが兼用のトイレにそそくさと入って行く時だったので、出てくるのを我慢していたものです。

もうかなり漏れそうなくらい我慢していたのですが、やはり女性が入ったすぐ後に入るのは失礼かと思い、それで奥さんが出てきてからしばらく約五分くらい待ってからトイレに行こうとしたら「あっ」とその奥さんが言うのを聞いたものです。

ですがそのままわたしはトイレに入りました。
そのお店のトイレはかなり広く、大の便器と小の便器がわかれているのですが、トイレに入った途端にこの世のものとは思えない大便の悪臭がするのでした。

わたしは何とも経験したことのない本当に吐き気がするほどの悪臭に食べたものを戻しそうになり、顔がひきつって眉間にシワがよったものです。

このままカウンターに戻ったらこの悪臭を嗅いだことが奥さんに悟られ、奥さんもかわいそうなので普段は見たこともないトイレの洗面台の鏡で自分の顔をみながら普通の顔を演じる練習までして何事もないようにカウンターに戻ったものです。

しかし女性とは恐ろしいものです。

おそらくは普段から屁を我慢しているので臭いが腸内で凝縮され、その凝縮され熟成されたものがあれほどまでの強烈な臭いを放つのだと後でいろいろ考えたものです。

そういえばむかし、「わたしのおならの匂いはバラの香り」などという一年したの女の子がいたものですが、本当なのかと真剣に考えたことがあるものです。

いやはや、今夜は女性だと思って気を使いすぎると、「この男はお人よしだから利用できる」などと足元を見られるこの世界にわたしは存在しているのだと、そんなことを思い出していたものです。



[ 2013/08/27 21:16 ] 怖い体験 | TB(0) | CM(2)