2016/08/28 時間城






















美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど;





女性に“薬物”飲ませわいせつ…研修医逮捕
日本テレビ系(NNN) 8月27日(土)22時15分配信
 

静岡・焼津市の市立病院の研修医が27日未明、飲食店で一緒に飲んでいた女性に薬物のようなものを飲ませ意識をもうろうとさせた上、わいせつな行為をしたとして、準強姦の疑いで警察に逮捕された。

 

逮捕されたのは焼津市立総合病院の研修医・大谷祐介容疑者(28)。

警察によると、大谷容疑者は27日午前0時頃、焼津市内の飲食店で知人ら5、6人で飲食していた際、同席していた20代の女性が注文した酒に、薬物のようなものを混入させ、意識をもうろうとさせた状態で近くの別の店に移り、女性にわいせつな行為をした準強姦の疑いがもたれている。

 
警察の取り調べに対し大谷容疑者は、容疑を否認しているという。

 
警察では、使用した薬物の特定や動機などを詳しく調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160827-00000045-nnn-soci







イルミナティーことイルミナチス[入る身ナチス]であれば黄色い粉[本物の覚醒剤は白でなく黄色で一般常習者が売人から入手しているものとはて似て非なる薬である]だろう。
もしもう一つの悪魔支配組織である日本医師会の中のこの容疑者が女性へ使用した薬物がそれであるとするなら、特定作業は行なわれても、新種薬物とは決して発表されることはない。イルミナティーは薬と催眠術、呪術などで人類世界の支配をしてきてあることも知っているべきである。

記事コメ;少年ゲリラ












小1女児が行方不明=帰省中、山中迷い込む? ―長野
時事通信 8月27日(土)21時27分配信

 
27日午後1時35分ごろ、長野県小谷村北小谷の実家に帰省中の女性から、「小学1年の娘がいなくなった」と110番があった。

 
県警大町署によると、行方不明になったのは同県松本市笹賀の町田莉菜さん(7)で、県警と消防が捜索したところ、近くの山中の沢から莉菜さんが履いていたとみられる両足のサンダルが見つかった。

 
県警などは莉菜さんが山中に迷い込んだ可能性が高いとみて、28日も捜索する。

 
同署によると、莉菜さんは27日午前11時40分ごろ、地元の祭りに参加するため先に出掛けた母親と兄を追い、1人で祖父母宅を離れた。身長約130センチで、ピンク色のTシャツとグレーの半ズボンを着用していた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000096-jij-soci






この人の子を一切の危害を加えず無事返さない選択をしたばあい、関わった存在は収容所ではなく消滅することとなるだろう。

記事コメ;少年ゲリラ















医療事故遺族を「遺賊」…医療安全学会代議員が講演
読売新聞(ヨミドクター) 8月27日(土)15時11分配信

 
医療事故の遺族を「遺賊」と表現した学会講演が波紋を呼んでいる。参加者らの指摘を受けた日本医療安全学会は、「発言は不適切」とする声明を学会のサイトに公開した。こうした表現について、遺族らは「医療事故被害者への偏見につながる」と懸念している。

 
関係者によると、問題の発言があったのは、同学会が今年3月に東京都内で開いた学術集会の講演。登壇した男性は「遺賊が求めているのは金と、医師・看護師への処罰であって、原因究明や再発防止は関係ない」などと話し、スライドにも同様の表現があったという。


学会、「不適切であり、容認しない」と声明文をサイトに掲載

 
「賊」は犯罪者を思わせる表現だとして、複数の参加者が発言内容を問題視。指摘を受けた会員有志が今月、対応を求める文書を同学会の理事長に提出した。学会は理事会で協議し、発言に対し、「社会へ貢献する民主的な良識の学術団体としては不適切であり、容認しない」とする声明文を26日、サイトに掲載した。

 
発言したとされる男性は取材に対し、「いわゆるモンスターペイシェント(理不尽な要求を繰り返す患者)を指したもので、現実にそういう人はいる。不適切な発言とは思っていない」と話した。学会のサイトによると、男性は代議員として名を連ねている。

 
医療事故の遺族で、患者と医療者の対話を促すNPO法人「架け橋」副理事長の川田綾子さんは講演の場に居合わせたといい、「医療事故の遺族を面白おかしく表現した言葉に場が笑いに包まれ、ショックでいたたまれなかった。学術的な場で使われる表現として疑問に思う」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00050000-yomidr-hlth






医療安全学会代議員一同どもよ、本来は存在し無い病気で人類を病気にして虐殺した上、遺賊呼ばわりか。とうとう人類へ言葉の弓を放ってしまったな。
記事コメ;少年ゲリラ














米空軍にセックススキャンダル
米国
2016年08月27日 20:59(アップデート 2016年08月27日 21:04)

米空軍はセックススキャンダルに見舞われた。ワシントンポスト紙が報じた。軍高官が女性将軍に付きまとったのだ。

調査が進行中。空軍のパトリック・ライダー報道官によると、これが事実なら現代の米軍の歴史の中で最大のスキャンダルになる可能性がある。

その他の詳細は不明。 被害者の名前は公表されていない。女性は司令官が職権を利用して嫌がらせを行ったと非難した職務記録を記したという。

それによれば、上司は部下に3度セックスを強制しようとした。 2016年の春、ペンタゴンは、性的暴行が6000例あったことを発表した。うち5000以上が女性兵士に対するもの、残りが民間人という。

http://jp.sputniknews.com/us/20160827/2698368.html






Airforceはもともとイルミナティーことイルミナチス[入る身ナチス]であることは今や常識であり、それらが人の子を強姦虐待殺害する嗜好が在ることは周知の事実である。

記事コメ;少年ゲリラ














専門家「もしイタリアで日本のような耐震建築がなされていたら、地震は大きな問題にはならなかった」
オピニオン
2016年08月26日 19:55(アップデート 2016年08月28日 00:26)

イタリア中部地震は、最新のデータによれば、およそ300人の命を奪った。地震学者達は、最初の強い揺れに匹敵するような新たな地震が起きる可能性を除外していない。

イタリア人の記憶には、2009年の地震の恐ろしい記憶がいまだ鮮明だ。

この地震で、アブルッツォ州 ラクイラ県の県都ラクイラは大きな被害を受け、数百人が亡くなった。

ラクイラは、現在に至るまで、あの悲劇から完全には立ち直っていない。なおこの町は、今回の地震の震源から遠くない場所にある。

スプートニク記者は、ロシア科学アカデミー地球物理学研究所実験室のアレクサンドル・リュブシン室長にインタビューし、今回の地震はイタリア中部が地震学的に危険であることを意味するのかどうか、聞いた。

リュブシン氏は次のように答えてくれた- 「イタリア中部は、実際、地震地帯だが、事実上、大地震が起きる特徴的な場所ではない。

大地震が特徴的なのは、イタリア南部のシチリア島だ。イタリア中部でマグニチュード6の地震が発生した場合、基本的な危険は、山岳部に古い小さな家々が立ち並び、その大部分が地震に耐えられないという事にある。

つまり建物が、一世紀あるいはそれ以上前に建てられた、かなり古いものだという事だ。もしこの地域の建物が、日本でされているような形で作られていたなら、住民達は地震を感じもしなかったろう。

おそらく家具が揺れる程度で、犠牲者は出なかったと思う。しかし、イタリアの古い町では、明らかな理由でそれができない。

なぜなら、そうした町の大部分が、歴史的文化財だからだ。」 今回地震の揺れは、イタリア観光のメッカの一つ、首都ローマでも感じられた。

次にスプートニク記者は、やはり観光客に人気があるロシアの首都モスクワについて、地震学者の目から見て、どのくらいの危険があるのか尋ねてみた- 「モスクワは、地質学的に普通の諸条件下にあり、中心には地震学的に落ち着いたプラットホームがある。

それゆえモスクワが存在する場所での地震発生の可能性は、極めて低い。

しかし遠くの地震波は、時にモスクワまで実際に達することもある。いわゆる遠隔地震だ。そうした地震は歴史的に、ルーマニアのヴランチャ・ゾーンでしばしば発生する。

このゾーンの地震の特徴は、震源がたいへん深いことで、南はギリシャから北はフィンランドまで非常に広い範囲で起こる。

しかし遠いところまで達する地震波は、もうそれほど破壊的なものではない。時に建物が少し揺れる程度のものに過ぎない。

こうした現象は2013年にモスクワで観測された、オホーツク海でおきたマグニチュード8.3の大地震の余波がモスクワでも感じられたのだ。もしそうした地震が人口密集地の表面近くで起きたなら、大変な被害となっただろう。

地震の震源の深さは、およそ600キロとたいへん深いものだった。その波が、実際に遥かモスクワまで達したのだ。」

地震の予知が非常に難しく、確実なものであることは、よく知られている。

日本に関して、アレクサンドル・リュブシン氏は「地震の被害を最小限にするため、地震活動が活発なゾーン、例えば南海トラフや日本海溝の状態を絶えず監視しながら、あらかじめ可能なあらゆることをするだろう」と指摘し、次のように続けた-

「日本の方々が、実際大分以前から、この事を懸念し、東京地区での地震被害阻止に向けて、この問題に関する国家プログラムを作成してきたことは、秘密でも何でもない。

地震が発生した場合、犠牲者の数が約30万に達する可能性があるとの試算もなされた。しかし、よく言われるように、備えあれば憂いなしだ。

日本人の名誉のために言えば、耐震建築に関する事、また東京というメガポリスの住民の安全を最大限守るためになされている事は、極めてハイレベルにある。我々は、日本人から学ぶことがたくさんある。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160826/2695717.html






もしイタリアで日本のような耐震建築がなされていたら、地震は大きな問題にはならなかった?

いくら日本のような耐震建築がされていても、人の子を密に食用としたりするための悪魔儀式をするために土地が地下洞窟だらけであったら、地震は変わらず大きな問題のままであったのは思考するに難くはないでしょう。

記事コメ;少年ゲリラ



















審議日程 窮屈に TPP 強行採決の可能性 政府与党
日本農業新聞 8月28日(日)7時0分配信

環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議が、9月召集の臨時国会で再開する。11月8日の米大統領選までの衆院通過を目指す政府・与党。だが民進党代表選の影響で召集日は26日にずれ込む見通し。審議日程が窮屈になり、強行採決の可能性もある。

 
政府・与党は、臨時国会を9月13日に召集し、TPPの審議時間を確保する構えだった。だが民進党代表選が15日に設定され、26日召集で調整せざるを得なくなった。同党の新執行部が決まらなければ、事実上、審議が進められないためだ。

 
約2週間のずれ込みだが、政府・与党には「かなり痛い」(政府筋)。米大統領選候補がTPP反対を強調する中、「大統領選までに衆院を通過させ、日本が承認する見通しを付ける」(同)ことで、米国の早期批准を促す考えがあるからだ。

 
26日召集になれば、2016年度第2次補正予算案の審議などを優先し、衆院TPP特別委員会の審議再開は、10月中旬にずれ込むとみられる。参院選でTPP反対を掲げた民進、共産などの野党の厳しい追及は必至で、11月8日までに衆院通過が「微妙」(自民党幹部)な情勢だ。

 
円滑な審議に向け、自民党は臨時国会で衆院TPP特別委員長を西川公也氏から塩谷立氏に代える。通常国会では、西川氏の著作とされる「TPP内幕本」が審議停滞の一因となったためだ。審議日程を野党と調整する筆頭理事も森山裕前農相に交代し、万全を期す。

 
与党側は、衆院通過までに、通常国会(約23時間)と合算して40時間程度の審議を想定する。だが野党はゼロからやり直すとの考え。8月に就任した山本有二農相らのTPPへの答弁能力も未知数で、政府・与党内には「与党だけで強行採決もやむを得ない」との指摘もある。

日本農業新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010001-agrinews-pol







強行採決?   そうか、おまえたち売国高級奴隷=エリートと侵略者である鱷下衆どもやその一族だけが一切の負を背負うようになるだろう。
記事コメ;少年ゲリラ


















[ 2016/08/28 21:21 ] ▽メーテル▽Artemether-Maetel | TB(-) | CM(0)