現実的テロ 手口1

日本ではアダルトビデオ製作会社=イルミナティーのポルノセクションにより、米軍が開発したとされる通称[愛の爆弾]LOVE BOMBに搭載されている人間の性本能を刺激し、性衝動を強制的に増大させる化学物質の雛形を用いて、それらで全国で化学物質による強姦犯罪を犯し続けている。

これらの犯罪はすべて記録され、それらはただの民間組織であるイルミナティーの傘下の倫理審査機関をパスする手法で倫理審査をパスしたポルノビデオとして、公然と書店やメディアショップなどで陳列され販売されているという。

では何故これらの事実を取り締まる側の機関は黙認しているのか?
そんなことは在り得ないとみなさんの多くは未だに思われていることでしょう。
世界中の多くの市民はすでに気づき始め、またこれらについて反対し反抗の意思表示を示し始めています。

残念なことに日本のメディアは、主に日本ではこれら在日半島人組織を通したイルミナティー組織の構成員によりほぼ完全に支配されており、これらを支配していく過程において用いられた手法が、先に述べた薬物による職員、家族などの強姦、そしてその記録を元にした脅迫、さらには洗脳、またはお金や法に拘束されない無逮捕特権、これらの犯罪で薬漬けや、性的暴力や目前の殺人儀式を見せるなどし、その強烈なトラウマにより思考を制御支配している小学生から成人を含む娼婦や男色嗜好者用の男性娼婦、高級娼婦[芸能人・アイドル・モデル・客が指名した普通の素人を工作により娼婦に]などをあてがうことで買収されているからです。

またこれらをしても買収できないと判断した者たちは自殺に見せかけて抹殺したり、工作員[これらの手法で操る小学生から成人までの男女]を使い被害者を演じさせた冤罪事件などにより社会的に抹殺しているのです。

これらの薬物を飲食物などに仕込まれた被害者は何も知らないうちに貶められ、この中には性的な玩具として人身売買され、その被害者たちの不動産を含む財産が奪われ、それらは新たなる犯罪資金として、またはその被害者たちが消えたあと、その被害者になりすました侵略者たちがそこに居住し、新たな犯罪の拠点としています。

一家が乗っ取られて殺害され、またマインド支配され家族同士で殺し合わされるような事件が在り得るでしょうか?

みなさんはこのような事件を知っていますか?

少なくとも真実を隠蔽したかたちで、またはその犯罪実行者を口封じする形で事件の核心から遠ざける手口を用いて、実際に起きていた残忍残虐非道な事件内容とは異なる形でお茶の間のTV報道で報道された事件が過去になかったでしょうか?たとえそれらが氷山の一角だとしても。

アメリカのこれらに気づいた人々がCFR[外交問題評議会]のビルの前で、近親交配により構成された変態一家ロックフェラー及びロスチャイルドや英国王立国際問題研究所やCFRやビルダーバーグ、911自作自演テロや新世界秩序への抗議デモの中で、何故「NO MORE RAPE」と彼ら彼女たちは叫び続けたのか、それがその答えです。

またオウム真理教内で密に行われていた麻薬密造や、その薬物の開発は過去にアメリカで問題になったMKウルトラやMKナオミなどの、人間を洗脳し、最終的に支配者層の完全な操り肉人形として、世界中の一般市民を家畜化奴隷として支配するためのシステム構築のための人体実験の場として、カルト宗教団体という別の顔で運営されていた。

そしてこれらの現在進行の凶悪な人類に対する犯罪は、超国家的グローバル犯罪組織の傘下組織のひとつであるイルミナティーなどを実行部隊として、その組織の性質上において世界中で行われている。

このような変態的な手法であるからこそ、「在り得ない」と思わせることのできるという点において、これらの犯行手口は国民の盲点であり、このようなアナログ的な手口の継続こそ、本当に国家を破壊する強力な力となることを彼らは知っていて、そして実に広範囲に継続的に機械的にそれらの犯罪を継続しているのです。

もちろん他にも情報を隠蔽したり歪曲・加工などして支配するメディアを通してみなさんのお茶の間のTVや雑誌・新聞などで偽の世界を見せているために、未だに多くの人々が今まで犯されてきた犯罪、そして現在進行形の犯罪を知らずにいるのです。

インターネット[もちろんネットにも情報操作撹乱が日々行われています]がいかに普及しても、大手メディアが発信するTV放送の影響力が未だに根強いことを支配者側は知っています。

なぜ無数のその他のイルミナティーを通して犯される他の犯罪よりもわたしがこれらの猥褻凶悪犯罪を啓発するのかというのは、まだ日本国内で行われていないアメリカや中東の無人攻撃機ドローンによる個人の殺害などよりも、みなさんの、またはみなさんの家族やその財産などに対して差し迫っている、誰にでもおこりえる現実的な脅威であるからです。
[ECHØ36]

拡散すべき動画の格納庫1





Where can I find the truth?


[Project MKNAOMI] From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation, search
Purported declassified MKNAOMI & MKULTRA documentsMKNAOMI was the code name for a joint Department of Defense/CIA research program lasting from the 1950s through the 1970s. Unclassified information about the MKNAOMI program and the related Special Operations Division is scarce. It is generally reported to be a successor to the MKDELTA project and to have focused on biological projects including biological warfare agents—specifically, to store materials that could either incapacitate or kill a test subject and to develop devices for the diffusion of such materials.[1][2][3][4][5]

During the first twenty years of its establishment, the CIA engaged in various projects designed to increase U.S. biological and chemical warfare capabilities. Project MKNAOMI was initiated to provide the CIA with a covert support base to meet its top-secret operational requirements. The purpose was to establish a robust arsenal within the CIA's Technical Services Division (TSD) and of which was to consist of various lethal and incapacitating materials. This would enable the TSD to serve as a highly maintained center for the circulation of biological and chemical materials.[citation needed]

Surveillance, testing, upgrading, and the evaluation of special materials and items were also provided by MKNAOMI so as to ensure that no defects and unwanted contingencies emerged during operational conditions. For these purposes the U.S. Army's Special Operations Command (SOC) was assigned to assist the CIA in the development, testing, and maintenance procedures for the biological agents and delivery systems (1952). Both the CIA and SOC also modified guns that fired special darts coated with biological agents and various poisonous pills. The darts would serve to incapacitate guard dogs, infiltrate the area that the dogs were guarding, and then awaken the dogs upon exiting the facility. In addition, the SOC was also designated to research the potentials for using biological agents against other animals and crops.[citation needed]

A 1967 CIA memo which was uncovered by the Church Committee was confirmed to give evidence of at least three covert techniques for attacking and poisoning crops that have been examined under field conditions. On November 25, 1969, President Richard Nixon abolished any military practice involving biological weapons and Project MKNAOMI was dissolved. On February 14, 1970, a presidential order was given to outlaw all stockpiles of bacteriological weapons and nonliving toxins. However, despite this presidential order, a CIA scientist was able to acquire an estimated 11 grams of deadly shellfish toxin from SOC personnel at Fort Detrick. The toxin was then stored in a CIA laboratory where it remained undetected for over five years.[6]

[日本語]プロジェクトMKNAOMIFromウィキペディア、フリー百科事典

機密解除で明らかにされたMKNAOMI & MKULTRA documentsMKNAOMIは1970を通じて1950から継続する私設機関の国防総省/ CIAの研究プログラムのコードネームだった。 MK.NAOMIプログラムおよび関連特殊作戦部門について分類されていない情報が不足している。これは、一般的にMK.DELTAプロジェクトの後継であるとし、被験者を無力化または殺すための実験をして、このような物質の拡散のための装置を開発する可能性のどちらかの物質を保存するために、生物兵器を含む生物学的なプロジェクトに焦点を当てていると報告されている。

その設立の最初の20年の間に、 CIAは、米国生物·化学兵器の能力を高めるように設計された様々なプロジェクトに従事。プロジェクトMK.NAOMIは、その極秘運用要件を満たすために秘密の支持基盤でCIAを運営するために開始された。目的は、 CIAの技術サービス部門( TSD)内およびその様々な致死と身体の自由を奪う材料などの研究、強固な対人武器を確立することであった。これは[要出典] 。TSDは生物·化学物質の循環を高度な次元で維持するセンターとして機能するために設置された。

欠陥や不要な不測の事態が動作可能状態の間に出現していないことを確実にするために、監視、テスト、アップグレード、および特別な材料やアイテムの評価もMK.NAOMIによって提供された。これらの目的のために米軍の特殊作戦コマンド( SOC )は、生物剤およびデリバリーシステム( 1952 )のための開発、テスト、および保守手順にCIAを支援するために割り当てられていた。 またCIAとSOCは生物学的薬剤、様々な有毒薬でコーティングされた特殊な矢を発射する銃を開発しました。ダーツは、番犬を無力するのに役立つ犬が守ったエリアに侵入し、その後、施設を出るときに犬を目覚めさせるでしょう。また、 SOCが、他の動物や作物に対する生物学的薬剤[麻薬/媚薬/致死薬]を使用するための可能性を調査するように指定された。

教会委員会が明らかにした1967年のCIAのメモによると、フィールド条件の下で検討されている作物を攻撃し、中毒のために少なくとも三種類の秘密の技術の証拠を与えられることが確認された。 1969年11月25日に、リチャード·ニクソン大統領は、生物兵器やプロジェクトMK.NAOMIが溶解を伴う軍事実務を廃止した。 1970年2月14日に、大統領令が細菌学的武器と非生物毒素のすべての備蓄を禁止するために発令された。しかし、この大統領令にもかかわらず、 CIAの科学者はフォートデトリックで、SOCの担当者から致命的な貝毒を約11グラム入手することができた。毒素は、それが5年間未検出のままCIAの実験室で保存された。