TOPページ 5























----------------------------------------






исходный код
плоским или ЖК
S S
нацистскойнацистской







ノーベル平和賞のマララも演技 

[ 1998/10/21 13:01 ] TOPページ   | TB(-) | CM(0)

TOPページ 4




----------------------------------------------------------------------------

























創造してごらん、素晴らしい世界だけを

それは奇跡ではなく あなたが望むなら あなたの目の前に

あなたが望むなら あなたは其処に在るだろう

Try to image for only a wonderful world.

If you create ,wonderful world are in front of your eyes.

It is not a miracle.

If you want, you will there in that place.


To dear everyone, from Guerrilla boy & ECHØ ØNE.


[ 1998/10/20 08:20 ] TOPページ   | TB(-) | CM(0)

TOPページ 3








移動された以前の記事にも書き込みましたが、ここにUPされている動画がすべて真実であるとは限らないものです。

中には99%真実の中にもっとも知られたくない事柄だけを捏造したりして、そのもっとも知られたくない真実に視聴者を近づけないようにする昔からあるイカサマ手法を踏襲している悪質な動画もあるものです。

また、100%の真実をあえて暴露して語っているものの、暗にその真実に触れたり探ろうとすれば仕事や命などが脅かされるぞ!と暗に巧妙に脅迫しているものもあるものです。

それがあえてどの動画かは言いません。

なぜならそれを判断するのは視聴者でなければ意味がないからです。

この動画の中にもその手法を用いたものもあり、また不満をつのらせる視聴者のガス抜きをしているものも含まれるものです。

それらを見極めてこそ、本当の自立した人類への道を進むための本当の敵を間違えない的を射る行動ができると思考するものです。
地球人類の裏切り者であるイカサマを逆に利用して真実にさらに近づけば良いのです。

さまざまな情報の中から、日々の日常と照らしあわせて、感じて、「これは本当ではないのか、何かがおかしい!」そう思ったなら、自ら調べてください。

わたしたち個人個人のためだけでなく、ブログやフェイスブックで知り合った人も含めて大好きな友人や家族やネコさんやワンちゃんや、植物や、すべての価値ある生き物のために、多様性のあるお互いを尊重しあう国々のために、未来の人類に一部の傲慢な金融ギャングや凶悪残忍で傲慢な利己的な存在などに囚われた存在が誰一人存在しないためにも。





アルシオン・プレヤデス ビデオニュース最新




アルシオン・プレヤデス最新

----------------------------------------------------------------------------
以下、アルシオン・プレヤデス5 アメリカの連邦準備制度の糸を動かすのは何者か? の説明から抜粋。


ビデオは、以下の言語にも翻訳されています。スペイン語、英語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ギリシャ語、ハンガリー語、オランダ語、中国語、ヘブライ語

タイタニック号沈没の陰謀と11という数の下の侵害
http://alcyonpleiades-jp.blogspot.com...
このビデオ第5部において、人類に対する「闇の者達についての恐ろしい露見
の中にあるものについて、掘り下げ続けることが大いに重要だと私達は考えている。ここでは、なぜ名高い大西洋横断船「タイタニック号
が海に沈むはめになったのかについての「秘密の原因」について、お知らせしたい。
大衆に向けて「公式に述べられた」こと以上の、決して知らされなかった何かがあったのだろうか?だが、世界最大の太平洋横断船に、本当には「何が起こった」のか?実際のところそれは、実によく計画された「ニビル人−爬虫類人種」による陰謀の企てであったのだ。
これは、一群の「建築家、銀行家、金融業者」といった富裕な企業家達に対し為された「強烈な陰謀の企て
であった。これらの企業家達は、3名の大変な実力者達と共に、「連邦準備銀行」の創設に断固として反対していた。というのも、その創設により、「銀行が中央集権化し、世界経済を支配することになる
からだ。
同じく、これは社会全般にも大きな影響を及ぼした。というのも、亡くなった人達の中には、当時「最も裕福な男」ジョン・アスターがいたからだ。彼は、「フリーエネルギーと無限のトロイド」の発見者であるニコラス・テスラの大いなる「友人かつ財政支援者」であった。そして「ニビル人−イルミナティ達」は、何としてもこれを人々に知らせたくなかったのだ。そうして、私達が新世界秩序(New World Order)とその残酷な作業に「依存し続ける」ためである。
では、11という数字にまつわる特定の日付における、これらの陰謀の奇妙な一致について、そして人類に衝撃を与えてきた他の出来事についてもくり返し、このカギとなる日付に起こっていることについては、何と言えるだろうか?
どうやら、スペインのマドリードにおける「2004年3月11日」のテロ事件や、あるいはやはり11日に起こった「ニューヨークのツインタワー」の破壊についての本当の真実は、決して知らされなかったようだ。これらは、犠牲になるのが群衆であれ、あるいは選ばれた人々であれ、「彼らの人身犠牲の儀式」のために、あるいは「戦争の開始または終焉」のために作られた行動計画の一部なのだろうか?







[ 1998/10/19 22:08 ] TOPページ   | TB(-) | CM(0)