大分県のオートポリス付近で出会った白い犬

siroi inu


熊本に行く途中のオートポリスというサーキット(レーシング場)付近で喉が渇いたのでお水を飲んでいたら、側道の道からこちらを覗き込むように見ていた白い犬がいたものです。
緊急用に車内に保管していた魚肉ソーセージをあげたらおいしそうに食べていたのですが、飼い犬なのか捨てられた犬なのかはわからなかったものです。
けっこう人懐っこい犬だったのでおそらくは以前に飼われていたのでしょう。
レトリバーと何かの雑種?かな。
めちゃくちゃ痩せてもいなかったので、おそらくはサーキット関係者やそこに来る地元の走り屋のお兄さんたちにいつも何かをもらっているのかも。
けっこう大きな立派な犬だったのですが、捨てられたのなら寂しいだろうなとか、そういうことを考えながらしばらく一緒に座って撫でていたものです。
おとなしくておりこうさんな犬だったのを見ると、飼い主さんも捨てるような人とは考えられず、ひょっとしたらはぐれてしまったのかな。

もしも万が一この犬を知っている人が見ていたら教えてあげてください。

場所はオートポリスサーキットの入り口ゲート前の上り坂にさしかかって二つ目くらいの曲がり角付近です。

何日かして福岡・熊本から大分に戻った日にもまた出会ったので、そこにずっといると思うものです。

九州は山ばかりなので、他県に行く時は峠や山を越えて最短で大きな国道に出たほうが渋滞もなく近道になることが多いものですよッ!

でも思わぬ事故を避けたければ普通に大きな国道を走って行った方が無難なものです。

それにしても本当に九州は陸の孤島かも。

[ 2013/06/30 08:39 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

ニボシ三毛ネコさんハイ、チーズッ!

nibosi neko mike neko

にぼし三毛ネコさんをさきほど撮影したものです。

けっこうハンサムだと思うのですがどうでしょうか。

黒い網戸越しの撮影なので画質は悪いですが、いつもはカメラを向けると逃げるのに今日はなぜかカメラ目線で撮影させてくれたものです。

今日は雨で少し肌寒いのか丸くなっているものです。

もう一匹薄いグレーと白の色のお顔がスマートで首がすらっとした美人ネコさんも一緒に来ることがあるのですが、今日は一匹で食べに来たものです。

ニボシ三毛ネコさんと言っても最近は銀のスプーンという小粒のスナック菓子みたいなものを食べさせているものです。

これが結構おいしいのか、最近は食べた後もペロペロと手とかを舐めながら満足顔で帰っていくものです。

たしか体にたまった毛?を排出させるようなことが銀のスプーンの袋に書いてあったものです。

毛づくろい?というのでしょうか、これをすると毛を一緒に食べてしまうのでしょうか。

そうは言ってもヒトミシリの激しい三毛ネコさんなので未だに撫でたこともないものですが、わたしが宮崎を離れる時にはそれがお別れになるのかも知れないものです。

しかしこのネコさんはオスなのかメスなのかも知らないのですが、なんとなくオスのような気がしているものです。

確かメスネコは甘えん坊とかどこかのブログ、チャイさんのブログだったかわすれましたが、そう書いてあった記憶があるので、ヒトミシリが激しいのでオスだと勝手に思っているものです。

そういえば小説の三毛ネコホームズに出てくる三毛ネコもこんな感じなのかも。

昔のCDが見つかったけど

HAMMER MUSIC

UP BEATのCDが押入れのダンボールから見つかったものです。
たしか17歳か18歳かに購入したもの。
もう働いて社会人でしたが、やっぱりこういうところは普通の高校生と同じだったものです。

このアルバムの中の最後の曲、遠い空が聴ける!と思いきや、なんと音が飛んだり・・・
ディスクの裏を見るとやはり傷が多くて、そしてポリカーボネイトだと思うのですが少し樹脂も劣化している感じなものです。
研磨すれば元に戻るレベルなのでこのまま持っておくものです。

でもYOUTUBEにこの曲があったので聴けてよかった!

UP BEATでもう一曲好きな曲があって、それはシングルCDのB面の勝手な話(WHAT AM I?)だったか、曲名は記憶違いかも知れないですが、なんか聴きたくなったものです。
ですがこのCDシングルは紛失していて見つからないものです。
この曲はYOUTUBEにもアップロードされていなかったのが残念なものです。

当時は半永久的と言われたCDですが、結局は樹脂にも経年劣化も存在し、それにレコードの音を知っているわたしにとってはCDの音はまるでココロに響かない。
レコードがすたってCDばかりになった頃には、わたしは好きな曲はラジオでエアチェックしたり、そのまま録音して聴く音の方が好きなものでした。

今でもデジタル音は欠陥品だと感じるものです。

CDの方が音がキレイじゃんとかよく言われたものですが、そうではないものです。
胎児がお母さんのお腹の中で聴いている音は雑音でしょうか?
わたしが大好きな曲がすべてレコードで販売されていたとしたら、きっとわたしは今の何十倍もの安らぎを感じられていたに違いないと、そう思うものです。

最近のラジオはもううるさい下品なパーソナリティーが耳障りに加えて、さらに音楽も流れたと思いきやすぐに途中でカット。
けっこう大きなスポンサーがついている割にはケチな流し方をしているものです。
中学の頃はまるまる一曲なんていっぱいあったものですが、今のラジオのスタイルはそういう金銭的な理由よりも他の意図があってのことなのでしょう。


[ 2013/06/28 21:24 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)