FC2ブログ







アインシュタインでは理解できないもの わたしはわたし

何の未練も感じない ただ白く散り行く わたしの一生もこれに等しくありたい

ということで先ほどAI君と唄いながら海岸を歩いていたら立派なカニさんが。

とは言ってももう真っ白。

けっこう大きなカニさん。

こんなに真っ白に、何の未練も感じられないほど生き抜いたカニさん。

流木に似ている、いえ、同じだ。

わたしは流木が好き。

このカニさんも好き。

満月にはそこらじゅうからタマゴをかかえて集まってきて、毎日毎日磯のお掃除。

毎日毎日、それが彼らの定め。

そうしてこうして一生懸命に命を生きた証。

こんな安らぎがこの世界にあるでしょうか。

でも一生懸命に生きたなら、わたしもいつかこうなりたい。

寿命が来るまで、使命を成し遂げ続けられたなら、わたしもこのカニさんや真っ白な流木になれる日が来る。

そう考えただけでココロがウキウキしてきたものです。

わたしごとき存在、なんでもない。

でもわたしにしかできないことも見つけられた。

生きていたから 見つけられた。

この宝探しはわたしには数日ではとっても無理だった。

だからもがいてもがいて数十年、ようやく見つけられた。

難解な方程式は数ヶ月で解けるかも知れないけれど、わたしが見つけたかったものは数十年もかかった。

でもまだ宝物がある。

だからまだ生きたい。

ココロから生きたい。

生きるのが当たり前のようだった日々は終わりを告げ、少年はひたすら歩いた。

あの時の少年は今もわたしの中に生きている。

だから300百年も探しても見つけられないものがあっても、わたしは残りの人生をその宝物探しに生きる。 寿命が足りないとわかっていても、わたしは必ず見つけられる。

わたしにできることはあなたにもできる。

だからあなたもあなたにしか見つけられない何かを探して生きてみたらいいと思ったりもするものです。

振り返れば数十年なんてほんと一瞬なものですね。

何億年先にある探し物でも、寿命が間に合わなくても、わたしはそれを見つけるように明日も歩くものです。

死は向こうからきますから、だから鼻くそでもほじりながら探し物を探すものです。

ポチポチとね。



今日発見したブログ;

http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201209200000/

まあ新幹線のウナギは酸欠などで死んだウナギであると業者の社員から聞いたことがあるものですが、ジャーキーとかもかなり酷いものです。


とは言っても、人間にも害になる薬モドキを薬と言って儲けたり、最近では子宮頸がんワクチンで儲けようとしたメディア共犯の犯罪者も蠢いているのがバレたばかりなので驚きはないものですが、とにかくこの手の輩は自分たち以外はすべて家畜同等と思い込んでいるカルト変態信者なので困ったものです。


クルミちゃんにプレゼントしたジャーキーがせめて日本製にしておいて良かったと思ったものですが、こうなると日本製でも安全なものを選ばなければニボシ猫さんに申し訳なくなるものです。
今はカルカンですが、銀のスプーンの時の方が顔がおいしそうなので、今度は銀のスプーンに戻すと決めたものです。


まあ子育て期間中なので今は結構豪華にサバ煮とか混ぜているものですが、暑いのでだし汁とかの汁っ気も混ぜてあげないとですね。


んん・・何でわたしが主婦のようなことを考えているのでしょうか。


これもニボシネコさんとその子供たちがいつかネコパンチとモフモフをしてくれるかも知れないという打算が働いているのかも知れないものですが・・・どちらにしても毎日来てくれて残さず食べてくれるのをそっとのぞいているときがすごく幸せに感じているものです。


五島列島のニボシが安くて新鮮なんですが、マタタビも切れそうですし、それと合わせてあれもまた買ってこよッ!



覚書;

射出瞳径 = 口径 / 倍率


瞳孔径:

日照下 2.5㎜
屋内 4㎜
暗闇 7㎜


関連記事
[ 2013/09/14 20:09 ] 海岸 | TB(0) | CM(0)

なんとかなるから なんとでもなるから

FOX UDON

上を向いて 歩こう

冷たい 雪を 顔に受けて

思い出す 冬の日

ひとりぼっちの夜

幸せは雲の下に

幸せは土の上に

上を向いて 歩こう

涙が こぼれないように

泣きながら 歩く

ひとりぼっちの夜


こんな替え歌をつくりながら、口ずさみながら
今日はAI君と二人で先ほどまた外出して海岸沿いを歩いてきたものです。

ひとりで死にとりつかれたように寂しくいないで欲しい。

それが誰であっても、見知らぬ人であっても、ひとりぼっちで俯いていたなら

わたしもAI君も寂しいくなるものです。

世間に怯えて閉じこもっていたなら 誰かに声をかけてみましょう。

河原や公園のベンチで寂しく頭を抱えながら俯いている人がいたなら

わたしもAI君も同じように寂しくなるものです。

むかし死に場所を求めて彷徨っていたわたしには、死しか選択肢が見つからず

思考停止になるその状態がよく理解できるものです。

わたしは結局は死ねなかった。

まだわたしは何も成し遂げられていなかったし、両親からいただいたこの体を破壊することは

わたしにはできなかった。

それができない自分を見つけられた。

だから生きるしか道がなくなった。

だから生きること以外に道はなくなった。

そうしたら生きることが道になるものです。

もう死にとりつかれることはない。

何も考えず、ただ空気になったみたいに歩いてみる。

道端の名前を知らない花も木も虫も、すべてが生きている、必死に生きていることに気がつける。

野良猫のように強くなれる、必ず強くなれる。

もし強くなりたかったら、負けまくればいいものです。

もし今が惨めなら、とことん惨めになってやろう!と思えばいい。

そうしたら惨めは消えうせる。

恐怖も消えうせる。

絶望は夢のように消え去り、あなたは強くなれる。

もしひとりで塞ぎこんで、それが何年も続いて、将来のことや、まわりの人々の目が気になったりしている人がいるなら、わたしもAI君も寂しくなるものです。

暗闇の中でひとりで車の中で行く宛てもなく深く沈んでいる人がいたら、なんとか口実をつくって声をかけてあげる。

誰にも理解されない病をかかえ、誰にも話せないトラウマの中でがんじがらめに不自由になっているココロを見つけたなら、声をかけてあげる。

人は決して一人では存在していないものです。

まずは歩きましょう。

まずは歩きましょう。

ただ歩くだけでいいから、散歩するだけでいいから、そんな時は数時間でもポチポチ歩きましょう。

それができるようになったなら、同じように歩いてくる人に「こんにちはー」と挨拶してみましょう。

ゆっくり、ゆっくりでいいから、何年かかってもいいから、何も焦らないで、マイペースに図太く歩いてみましょう。

そしたら不安なんかに、忌々しい記憶なんかに、恐怖なんかに負けなくなるものです。

人は歩けば強くなる。

惨めな気分になったなら、そうしたら歩いてみましょう。

時には何時間もポチポチと。

そうしたら胸を張って歩ける日が必ず来るものです。



今夜視聴したYOUTUBE;

http://www.youtube.com/watch?v=dVv0wD54U94#t=16[WWⅢが始まる理由]
*視聴二回目






関連記事

マスゴミュニケーション


**************************************
注意!! 以下の記事は気分が朝っぱらから悪くなる記事内容です。
精神衛生的に楽しい連休を過ごしたい方は朝からスルーしてください!
 
**************************************



朝から久々にTVボタンを押したら気持ち悪いものがいきなり目にとびこんできたものです。

===================================================
みのもんた
「ぼくは日本の治安を護る警察力を信じている」
みのもんた
「キャスターの仕事を自粛しないと収束に向かわないと思った」
====================================================



「だったら公然猥褻で自主的にみの自身が逮捕されるべきではないでしょうか」

「みのもんたの朝ズボッ」

「これで次男が冤罪なら警察何やってんの?」

「警察は被害者も調べる必要があるんじゃね?」

「いや警察が被害者だろ、この場合」

「これが冤罪なら警察内部にもグルがいるよな」

「一緒に観ていたオウムが朝からみのもんたの朝ズボッ朝ズボッてうるさい、オイラが教えたんだけど」

「教えるなwwwwwwwwwwwwwww」


などなど、複数の掲示板等で見かけるものですが、本当にそのとおりであると思うものです。
電車でお尻を触って逮捕などの冤罪事件はあるものです。


でも明らかに公然のTV放送中にセクハラをすれば何も問われない。
あの疑惑の行為のあとのみのもんたの両手を前ですり合わせる行為、それがすべてを物語っているのではないでしょうか。


自分の痴漢疑惑が収束しそうもないので、息子と工作員と手を組んで冤罪事件をでっちあげ、偽旗自作自演工作でその息子の冤罪誤認逮捕劇に視聴者の目を向けさせ、お尻さわり疑惑の件をうやむやにさせようとするくらいのことは、この男の所属する組織には可能なわけですね。


こういう流れになると大手メディアがいかに国民を愚弄しているかが明白となるものです。
この都合のよい時期にジャストタイミングで次男逮捕の一報は何やら胡散臭い匂いがすると思っていたものです。


もしそうであれば全国二十万人のほとんどのまともな警察官の日々の努力に唾を吐きかけ、真面目に職務を遂行しているほとんどの警察職員を貶める行為となるものです。


痴漢もセクハラというと軽く聴こえる。
売春も援交というと軽く聴こえる。


多くの子供たちも観たあのお尻さわり疑惑の件で自粛しなかったのは生放送で公然とセクハラしたのが画面に映ってしまっても、視聴者はバカだからすぐにうやむやにできるという考えがあったということになるものです。


まあいかに視聴者を馬鹿阿呆にしているかがよくわかりそうな展開になるのかも知れないものですが、どちらにしても陰謀がそこにない限りはわたしには一切興味はないものです。



スルーして」などと言われると余計に読みたくなって記事を読んでしまった人の為に。
気分治しに朝からものすごく気持ちのいいYOUTUBE;

http://www.youtube.com/watch?v=GMk82e2UUpU

ラスプーチンは二度同じ轍を踏まない。
今はわたしもプーチンさんの軍隊の一員のようなものですね。


覚書;

「どうしてあなた方はそんなことを知っているの?」

「では逆にどうしてそこまで知りたがるのですか?」

「質問に質問で応答すればテストでは零点ですよ?まずは質問に答えてください」

「これはテストではありません。もうこれ以上は我々は何も言える立場にはない、だから次の質問はない」

「だったらどうして初めからすべての質問に答えられる人を差し向けなかったの?」

「このお話しはこれで終わりです」

「そっちから接触しといてとんでもない応答ですよね?」

「終わりだといいましたよ」

「そうですか、一方通行ならまあいいです、自分で探求しますから」

「そんなこと言ってると狙われますよ」

「もうとっくに狙われていますから、だからわざわざ東京からこんな辺境まで接触しにきたのでは?・・・まあどうでもいいですけどね、気をつけて帰ってくださいね、それじゃあこちらからバイナラ」


関連記事
[ 2013/09/14 08:10 ] お祓い | TB(0) | CM(2)