スクスク

Grow
みなさんこんばんはー!


こちらは昨日くらいから寒さが少し和らいでいるものです。

今夜はまた帰りに別のハードオフへ。

むかしのジャンク品扱いの無数のCDのBOXを全部探しても、BLACKのワンダフルライフのCDは見つからなかったものです。

持っていたのですが、愛知から宮崎に引越しする過程で他の大切なものとともに紛失してしまったものです。

ま、YOUTUBEで聴けるので別にCDを買う必要はないものですが、レコードバージョンなんてものがあればCDよりもほしいものです。

昨夜にプレヤデスの例の動画を観ていたら、沖縄に最近に墜落したUFOを自衛隊が回収したとあったものです。
まあこの手のプレヤデスとかチャネリングとかは全ては99%の真実の中に1%の最も知られたくない情報だけ嘘で塗り固めて発信するという手口があるかも知れないので鵜呑みにはしていないものですが、かなりの部分が当たらずも遠からずというのは、いろんな企業施設やら神社仏閣やら、あえてブログではお知らせしていないわたしに対するさまざまな工作員の工作などなどで決してマユツバモノや絵空事という類のものでないと、すくなくともわたしは確信に至るものです。

もしこれらが本当ならば、そう仮定してみたなら、みなさんはこの世界に絶望するでしょうか。

人間がただの俗にいうエリート層とその支配者側の嗜好を満たすための玩具と奴隷としてDNAレベルから遺伝子操作されて、そして今まで二千年なのか、三千年なのか、それより多いのか、だまされてデタラメの世界の仕組みの中でまんまと踊らされてきたとしているなら、みなさんはそれらが真実だとしたら、それを受け入れられるでしょうか。

少なくとも冷静になって俗に市販されている近代史を調べてみたとしても、それらの歴史の過程を俯瞰するように冷徹なまでに細胞の隅々までをつつきまわすようにしてみたなら、あきらかにこれらの歴史は少なくとも表面上の薄っぺらい部分であり、そしてそのスライスされた薄っぺらいわたしたちが知り得る情報でさへも権力サイドの都合のいいような加工が施されていることに気づくものです。


残念なことにもしこれらがほぼ事実だとすれば、人類は一度だけ全ての思考を、そしてすべての活動を完全停止するような機会を得る必要があるかも知れないものです。
ほかに方法があるかも知れないものですが。

真の暗黒の中でしか、おそらくは人類は目覚めてやり直すことはできないと考えるものです。
もしその真の暗闇が来て、そしてその暗闇から光が生まれたなら、その光がどんなにか弱く、小さなともし火だとしても、その光こそが人類が真に自立して与えられるのではなく、自らが創造して歩き出す果てしない道を照らす希望となるのだと考えるものです。

今夜もまたこの奇妙なブログ主がたわごとを吐いたものですが、まあ、ハゲた頭皮を寒風にさらしている分だけ体温がみなさんよりも余計に奪われる身なので、よしとしていただきたく思うものです[爆ッ!]

それにしてもどうでしょう、写真、もうすぐ食べられるものですッ!

TOPページ 7








[ 2014/01/31 22:54 ] TOPページ   | TB(-) | CM(0)

TOPページ 6






















[ 2014/01/31 20:13 ] TOPページ   | TB(-) | CM(0)