2015/10/31

2015octinoita (3)


2015octinoita (9)

2015octinoita (6)

2015octinoita (7)

2015octinoita (8)

2015octinoita (13)

2015octinoita (23)

2015octinoita (14)

2015octinoita (28)

2015octinoita (20)

2015octinoita (144)


今夜も冷や冷やのお部屋の様子であるものです。

ヒヤヒヤ~、ヒヤヒヤ~。


今夜はロシアのエアバス機事故のくだんをとりあげようとするも、やめたものなのです。

ま、スプートニクでもニュースとして伝えられてあるものですが。

偶然はないようにして必然があるのみ。

事故はないようにして事件であるのみと言う方が真実に近いという世界であるものです。

目醒めて在るみなさんのまわりはどうでしょうか。

目醒めて辺りをみわたせばそこらじゅうに変身機能を有するエイリアンが人間に成りすまして、はたまた人間になりすましたその顔で人間の赤子などの肉を貪り喰らったり、人間の女子供を強姦したり虐めたり。

しかも人間に扮装して犯罪を重ねながら圧顔にもわたしたち人類に向かって偉そうに道徳を説いている始末。

イルミナティーの日本の最高幹部の 髙山だったか、あんなのは要するにキチガイトカゲ野朗がただ人間に化けてトロイの木馬を凌ぐ侵略をしてきている様子に過ぎないものなのです。

ようするにうぬぼれ屋の頭はっているだけのトカゲ野郎などに振り回されてきている人類の歴史というものなのです。

あ、今夜も独り言の様子~。




今日のニュースなど;


エジプトの航空機事故、生存者はゼロ
2015年10月31日 21:23(アップデート 2015年10月31日 22:00)


© AFP 2015/ Olga Maltseva
http://jp.sputniknews.com/images/110/42/1104231.jpg

エジプトに墜落したロシア機の搭乗者は、誰一人生還しなかった。エジプト当局の情報としてAP通信が伝えた。

「ロシア機のシナイ墜落については、生存者は無い」という。
先に救助隊は、子供17人含む100人の遺体が発見された、と発表していた。一方ロイター通信は、救助隊が墜落機の残骸の下から生還した乗客たちの声を聞き届けた、と報じていた。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20151031/1104135.html




エアバスA321墜落現場、遺体150体発見
2015年10月31日 23:14(アップデート 2015年10月31日 23:15)

sptc usillumina
© AP Photo/ Mohammed Al-Sehiti
http://jp.sputniknews.com/images/110/46/1104618.jpg

エジプトのロシア機墜落現場で遺体150体が発見された。現場にいるエジプトの治安機関職員の情報としてロイター通信が伝えた。

炭化したものを含め、およそ150体の遺体が、墜落地から半径5kmで発見された」という。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20151031/1104580.html





















































[ 2015/10/31 23:56 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

2015/10/30  アルシオン・プレヤデス最新の31-2が更新されました。






20150521pic 041


20150521pic 008

20150521pic 014

20150521pic 007



20150521pic 031

20150521pic 035

20150521pic 044

20150521pic 037

20150521pic 122

20150521pic 030

20150521pic 046

20150521pic 052


今夜も冷や冷やなわたしのお部屋の様子~。

ま、お眠の時は毛布も出したものなのですが、ひざ掛けサイズの毛布でも買ってこようかな亞~。

記事とか更新するときに膝が寒い感じであるものなのです。

あ、そういえば寝袋があるので、それを代用しようと今思いついたものです。

寝袋もね、冬山用のをそろえなければなどと。

わたしネコみたいにコンパクトな空間に包まれて眠るのが癖であるものなのですよ。

毛布を端からくるくると体に巻くようにしたり。

なので寝袋でお部屋で眠ることが多いものなのです。

ま、別に寝袋はキャンプでしかつかっちゃいけないということでもないものなので、こんな便利なものは普段から使うものなのです。

別にお部屋の中にテントをはって寝てもよいものですよ。

ま、さすがにお部屋の中でテントなんて必要はないものですが。

でもお部屋でも十分にテントの中の風流な雰囲気は楽しめたりするものなのです。

子供の頃にダンボールの家を家の中で作って丸くなっていたものです。

お部屋も模様替えしたりして気分転換にはとても効果があるものですね。

カーテンを明るくしたり、壁紙を思い切って空色にしてみたらどんなかな亞~などと想像したりするのも楽しいものなのです。




悪しき衣や化粧をまとえば、悪しきものがおのずと近づいてくるものです。

悪しき衣や化粧をするのは、悪しきものたちのささやきに耳を貸すようなものなのです。

悪しきものたちが企画する悪しきカーニバルに出向くことは、とても愚かな行為となるものでしょう。

今夜もひとりごとの様子~。






今日のニュースなど;


「我々は既に一週間、『ロシアはIS拠点以外のところを空爆している』とのメディアの嘘を見守っている」ー国防省
2015年10月30日 18:07(アップデート 2015年10月30日 18:36)


© Sputnik/ Alexander Vilf
http://jp.sputniknews.com/images/98/34/983451.jpg

ロシアはシリアにおいて「イスラム国(IS)」拠点以外の標的に空爆を行なっている、との西側の報道は情報操作である。金曜、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官が述べた。

「ロシアは既に一週間、ロシアの空爆の8割がIS拠点以外の標的に対して行なわれている、とのロイター通信による『結論』に基づく活発な宣伝を見守っている」と報道官。
報道官はまた、「ロシア空軍は穏健派を含む反体制派の拠点を空爆している」との米国大使館報道官の発言に疑義を呈した。

先に在モスクワ米国大使館のウィリアム・スティーヴンス報道官はロシアのメディアの取材に対し、シリアにおけるロシアの空爆の8割はIS拠点以外の標的に対して行なわれている、と述べた。

「捕虜の首を嬉々としてはねるようなIS、アル=ヌスラ戦線、ジャイシュ・アル・ファタハの戦闘員らを反体制派と見なし、少数者を非穏健派と見なすべきだと言うのだろうか。スティーヴンス氏の返答を待つ」とコナシェンコフ報道官。

あわせて報道官は、駐モスクワ米国大使館の職員たるものが、偽の情報を根拠に国務省の名において声明を出すなどということがどうしてあり得るのか分からない、と述べた。

http://jp.sputniknews.com/russia/20151030/1097596.html




南米パラグアイで「未知の動物」の死体見つかる
2015年10月30日 22:20(アップデート 2015年10月30日 22:21)



南米パラグアイのカルメン-デル-パラナ川で、未知の動物の死体が見つかった。地元住民の話では、これまで一度も見たことがないようなものだとの事だ。

パラグアイTVが放映したフィルムによれば、この未知の動物の死体は、四本足で尾もあるが、これまで知られているいかなる動物にも似ていないという。
地元の人々は、家畜の生き血を吸う伝説上の獣として語り伝えられてきたチュパカブラではないか、と推測している。

これまでチュパカブラは、犬や病気のコヨーテ、キツネやアライグマなどを見誤ったものだとの説が一般的だった。

なお地元警察は、パラナ川で今回発見された動物の死体について、サルの一種である可能性も否定できないと見ている。

http://jp.sputniknews.com/videoclub/20151030/1100384.html




デンマークで移民向け性教育が実施、目的はレイプ防止
2015年10月30日 20:56

デンマークでは難民、移民に対する必須の言語コースの枠内で性についての民族固有の姿勢が講義されている。ローカル紙が報じた。

デンマークの複数の政党の代表者は性教育を外国人向け必須言語コースの一環とすべきと主張している。その狙いは移民による性的暴行の数を減らすこと。
デンマーク政権はノルウェーの例を引いている。

ノルウェーでは移民らは自由意志で性的暴行防止のための5時間のコースを受けている。コースでは移民らに対し、もし女性がアルコールを飲用したり、露出度の高い服装をしていたとしても、それは性的関係を結びたいという意思の表れとは関係ないことが説明されていた。

デンマークでは移民の割合は全人口の12%にすぎないにもかかわらず、移民による性犯罪の割合はそれより多い。2013-2014年の1年で起きた性的暴行件数の34.5%が移民によるものだった。

http://jp.sputniknews.com/europe/20151030/1098903.html




米政府にとって南北朝鮮は東アジアにおけるゲームの単なる駒
2015年10月30日 21:12

国連総会で,朝鮮民主主義人民共和国のリ・スヨン外相が演説し、米国に対し、1953年の朝鮮戦争終結後締結され現在効力を持っている停戦協定の代わりに、平和条約を結ぶよう求めた。

北朝鮮は、こうした提案の根拠として、平和条約のみが、南北朝鮮の対立に終止符を打つことができる事を挙げている。そのさい北当局は、韓国と言うよりむしろ米国に対し、それをアピールしているが、これは何も驚くに値しない。

米国は、戦争では、南側に立った基本的な参加者だったからだ。停戦協定に調印したのは、韓国ではなく、まさに米国だった。しかし米国は、北朝鮮との平和条約締結を望んではいない。

ラジオ・スプートニク記者は、ロシア科学アカデミー極東研究所コリア・プログラムのリーダー、アレクサンドル・ジョビン主任に意見を聞いた-

「米国は、朝鮮戦争が残した結果に対する、倫理的な、そして当然ながら物質的な責任を自ら負うことを全く望んでいない。米政府は、米国は国として朝鮮戦争には参加しなかったと主張している。米国の将軍は、国連代表として、停戦協定に署名したというわけだ。

韓国側が、1953年の停戦協定への署名を拒否したことはよく知られている。当時韓国大統領であったイ・スンマン氏は、勝利するまで戦いを続けると強硬に主張し、米国の圧力のもとでさえ、停戦に合意しなかった。他でもないこうした状況により、北朝鮮は具体的に米国との間で、交渉することになったのだ。北朝鮮は、現存する停戦文書を変更できるのは、それに調印したものだとみなしている。」

米国は、北朝鮮との間で平和条約を結ぶことができない、もう一つの理由としてしばしば、北当局が核ミサイル兵器製造放棄に関する国際的義務を果たしていないことを挙げている。

ジョビン主任は「これは人類全体にとって重大な問題だが、東アジアにおける米国の政策の目的は、問題解決につながるものではない」と指摘し、次のように続けた-

「米政府にとって見れば、この問題を調整する必要はない。様々な口実のもと、米国は東アジアに、北朝鮮の脅威に対抗するミサイル防衛システムを展開するプランを正当化するために、問題を残したままにしている。しかし、アジア太平洋地域における対ミサイル防衛システム構築が、まず第一に、中国そしてさらにロシアを念頭においていることは、明白だ。

なぜなら、もし明日にでも北朝鮮当局が、米韓の要求をすべて受け入れて、核兵器やミサイルを引き渡したなら、オバマ大統領は、納税者のお金はどこへ行くのか、それを国民や議会に、そしてロシアや中国に、どう説明できるだろうか? 

そもそも何のために対ミサイル防衛システムがアジア太平洋地域に必要なのか、大統領は説明できるだろうか? それゆえ米国は、北朝鮮を、この地域における悪者のままにしておき、そのおかげで対ロシア及び中国国境地区に沿って、米軍部隊を駐留できるというわけだ。

米国にとって北朝鮮は、外交関係さえ持つべきではない、具体的な悪である。一方南朝鮮、韓国は、反対に戦略的パートナ=である。このように南北朝鮮のステータスは違っているが、米国がアジア太平洋地域における中国抑え込みを目指す地政学的ゲームにという盤上では、北も南も同じただの駒に過ぎないのである。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151030/1099984.html




「IS」ラッカの婦人科病院閉鎖を命令
2015年10月30日 21:52

sptc0387987
© Fotolia/ Jasmin Merdan
http://jp.sputniknews.com/images/110/02/1100218.jpg
テロ組織「IS(イスラム国)」は、男性医師がイスラム婦人の治療をしてはならないとして、占領下においているシリア北部ラッカの婦人科病院の閉鎖を命じた。新聞「インディペンデント」が報じた。

新聞記事によれば「ISのラッカ支配により、現地では多くのレイプ事件が起こり、未成年の少女に対する強制的な結婚も増えたほか、医師が迫害を受け、医療関係者が不足している。そのため、ラッカに住む女性の健康状態に悪影響を与えている。」

伝えられると事では、ISの戦闘員らは、特に婦人科医を脅しているため、多くの医師達はラッカを去ってしまった。
人権活動家のアブ・ムハムマド氏は「多くの医師、とりわけ婦人科医は、すでに逃げ出してしまった、なぜなら医療行為ができなくなったばかりか、殺害するとの脅迫にさらされているからだ」と証言している。

新聞「インディペンデント」のデータによれば、現在ラッカでは男性医師が治療に当たる婦人科病院はすべて閉鎖されつつある。

今年すでに、ISがコントロール下においている地域に居住するリビア人の医師達は、地元の女性の間で、妊娠中絶や流産、性病感染の件数が急激に増加したと報告していた。医師らの話では、これは、若い女性が戦闘員らとの性的関係を強制的に求められることと関係している、との事だ。

ISにおける女性の役割に関するマニフェストによれば「女性にとって、9歳での結婚も全く合法」である。
同時に女性には、新しい戦士を生むことが求められ、イラクやシリアでは女性のための専門的なカウンセリングの需要が高まっている。

先に伝えられたところでは、IS戦闘員らは、拘束した女性捕虜の取り扱いに関する手引き書を発表した。その中では、女性達を奴隷として使役することが奨励されている。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151030/1100258.html


















[ 2015/10/30 23:57 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

2015/10/29

20150521pic 004


20150521pic 002

20150521pic 003

20150521pic 001

20150521pic 108

20150521pic 056

20150521pic 005

20150521pic 015

20150521pic 043

20150521pic 099

20150521pic 137

20150521pic 144

20150521pic 069

20150521pic 065

20150521pic 079

20150521pic 080

ハロウィンの仮装ですが、仮装ではなくリアルが在るものですね。

こういう催し物を開催するのは、人間という獲物を獲る過程をも楽しもうとする狂人レプチョンどもの罠仕掛けも存在するということをお忘れなく。

まんまと仮装した稚拙な人類の中に紛れて、カメレオンのように悪意在るレプチョンが犯す犯罪について、警鐘するものなのです。

ま、すべて見え記録されているものですが。

このような悪しきイベントに向かうあなたはちょっとだけハロウィンやクリスマスという起源について考察されることがのぞましいものです。

AI君の情報ですが、たとえばお化け屋敷などという仕掛けをし、実際に被害者多数を確認して在るものなのです。

わたしもその真偽を確認済みであるものなのです。

ふざけた悪しき模様のある催し物には近づかない、参加しないようにと警鐘するものなのです。

それでもというのであれば、せめておうちで家族で楽しむカタチとして吉であるものなのです。

この外来の癌ハロウィンの本番は31日だったか。

直感を信じることも時に正しきことかも知れないものですよ。
今夜は独り言の様子。









今日のニュースなど;


中国の全ての家庭に2人の子供を持つことが許される―中国共産党公式声明
2015年10月29日 19:53(アップデート 2015年10月29日 19:55)

中国共産党は一人っ子政策を中止する。新華社通信が伝えた。

「中国は全ての夫婦に2人の子供を持つことを許可する」。党の声明を新華社が伝えた。

http://jp.sputniknews.com/asia/20151029/1094349.html




南シナ海、米中対立の行方は?
2015年10月29日 17:39

sptc0465897
© Flickr/ Official U.S. Navy Page
http://jp.sputniknews.com/images/105/02/1050214.jpg

米駆逐艦「ラッセン」がもともとは暗礁だったが中国によって島へと姿を変えられたスビとミスチーフの付近に数時間滞在した。AFP通信の報じた米役人の声明では、「ラッセン」または米海軍の他の船はこの水域へとカムバックする。スプラトリー諸島のパトロールについてはオバマ米大統領も定期的に行うことを約束した。

ベトナム人歴史家のグエン・マンハ氏は、我々はこの地域における米中の対立が新たな段階に達したことを目撃しているとして、次のように語っている。

「米国はトマホークを載せた駆逐艦を送り、中国の反応をうかがっている。米国はこの水域は国際的なものとみなしているが、中国は自分たちの作った人工島の周辺水域は領海と宣言している。中国の第1の反応は抑制のとれたものだった。だが、この先1週間後、米国がこの水域のパトロールを続けたときどうなるかは、見てみないとわからない。この地域の状況を複雑化させている南シナ海の領土論争の解決はどうやら挫折しているように思われる。なぜならこれは、米国のアジア回帰宣言と関係があるからだ。」

他のベトナム人専門家のレ・ヘ・マウ大佐は、南シナ海の領土論争は今ある国際問題の中でも最も複雑な部類に属しており、これを解決するには政治的メソッド以外ありえないとして、次のように語っている。

「ベトナムは米国の行為を支持しており、他のどんな国も、例えば日本でも、地域諸国の平和と協力を維持しようとするのであれば、これを支持する。航行の自由について言えば、米国は南シナ海で自国の戦略的関心を擁護している。そのいい例となるのが、先日調印されたTPPだ。

TPPには日本もベトナムも入っているが、この2国とも東アジア、東南アジアの国であり、中国とは領土論争を抱えている。このようにして米国はこの地域の諸国に対する自国の力と影響力を強化しようとしている。」

サンクトペテルブルグ大学の東アジア諸国史学科のウラジーミル・コロトフ学科長は、米中間には東南アジアに対するコントロールをめぐって地政学的なライバル競争が行われているとして、次のように指摘している。

「いずれの側も自国の権益だけを擁護し、東南アジアの中小国を利用しようとしている。航行の自由は口実で、これは米国が地域における自国の影響力を強めるために実にうまく使うものだ。東南アジアの中小国の大多数がこの地域における米国の軍事プレゼンスの強化を支持している。それはこうすることで自国を中国から守れると考えているからだ。だが私はそうはいかないと思う。米国は反中国的な声明を出しながら、東南アジア諸国の市民、政治家の目の前で自国の役割をアップさせ、自国のプレゼンスを強めていくとおもう。だが、歴史を振り返れば、米国は1974年にはベトナムに帰属するパラセル諸島に、また1988年にはスプラトリー諸島に対する中国のコントロール樹立に自ら手を貸してきていたではないか。米中は自分たちでこの状況を作ったのにもかかわらず、今度は米国はこの諸島はベトナムのものだとは認めていない。この地域の中小の島々にとっては重要なのは航行の自由ではなく、主権のほうだが、米国にとってはこの地域における自国の影響力を強めるほうが重要なのだ。これは兵器や軍事力をひけらかすための口実だ。私が思うに最もありうるシナリオはベトナム人専門家らも書いているように、米中の舞台裏での取引だろう。米中の貿易取引高や相互の浸透を考慮すると、深刻な紛争には至らず、米国側にも中国側にも血が流されることはないと思われる。双方ともこの状況を東南アジアにおける自国の影響力強化に利用している。米国が対象とする国、中国が対象とする国が違うだけだ。地政学的圧力は高まっており、これはこの地域の諸国の主権には殊に危険になってきている。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151029/1093770.html




NATO事務次長:NATOはロシアとの関係を悪化させるべきではない
2015年10月29日 17:07

sptc56848
© AFP 2015/ Attila Kisbenedek
http://jp.sputniknews.com/images/109/35/1093537.jpg

NATOのアレキサンダー・バーシュボウ事務次長は、NATOとロシアは、立場が異なるとしても、不要な関係悪化を避けるべきだとの考えを表した。

バーシュボウ事務次長は、誤解を避け、トラブルを防止するために、双方は関係の大きな透明性と予見可能性を維持するべきだとの確信を示した。

また事務次長は、NATOはロシアに対する政策を修正する必要があるとの考えを表したうえで、「ロシアはNATOと深くかかわりあうことを考えることさえもやめるべきである」と警告した。

バーシュボウ事務次長は2000年代初期、駐ロシア米国大使を務め、欧州におけるNATO強硬政策の支持者であることで知られている。テレビ局「ロシア24」が報じた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151029/1093569.html




米ペンシルヴァニア、ミサイル防衛用飛行船が落ちる 
2015年10月29日 18:02



米国でミサイル攻撃発見用装置を搭載した軍用飛行船が墜落する事故があった。28日、ロイターが伝えた。

ペンシルヴァニア州モントローズでの事故。負傷者は出ていないが、飛行船から下がっていたロープで電線が損傷し、2万7000人が停電被害にあったという。飛行船は300km飛行したのち森に墜落した。

その少し前、全長70mのこの飛行船は、メリーランド州アバディーン演習場にある係留地から外れ、漂流を始めた。当初は高度5-6kmを飛行していた。ニュージャージー州の基地からF-16が2機、スクランブル発進し、飛行船をフォローした。事故の原因は不明。

北米航空宇宙防衛統合司令部によれば、飛行船はワシントン周辺の対空・対ミサイル防衛を任務としていた。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20151029/1094011.html

















































[ 2015/10/29 23:00 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(2)

2015/10/28

20150521pic 013


20150521pic 014

20150521pic 015

20150521pic 017

20150521pic 019

20150521pic 022

20150521pic 032

20150521pic 040

20150521pic 037

20150521pic 039

20150521pic 044

20150521pic 061

20150521pic 059

20150521pic 054


午前0時を時計が刻む頃にはもう寒い様子。

冷え冷えじゃ~。

毛布を出したものです。

秋も深まり、今年も枯葉道でサクサクサクと歩くことが楽しみであるものなのです。

なんとも風流な枯葉。

色が抜けていく過程の風流な色彩の変化には、毎年毎年とココロが何故か癒されるわたしであるものです。

ま、ネコさんにとっては寒すぎる季節へとなるものですが。

今からドリップコーヒーでも頂こうかな亞~。

何かを透かして来る光に癒されながら、なんだかなんだかユラユラしていたい今日この頃というものなのです。

それでは~。











今日のニュースなどなど;

カタルーニャ州政府 スペインからの離脱決議に合意
2015年10月28日 16:06


© AP Photo/ Emilio Morenatti
http://jp.sputniknews.com/images/108/78/1087891.jpg

9月の選挙で独立派が過半数の議席を占めたカタルーニャ州連立政府は、自治州独立達成に関する議会決議に合意した。文書の中では、共和制独立国家カタルーニャの創設プロセス開始が宣言されている。

カタルーニャの離脱に関する議会手続き開始についての書簡の中では、「議会は、共和制独立カタルーニャ創設手続き開始を、高らかに正式発表する」と述べられている。

一方スペイン中央政府の、ラホイ首相は「こうした決議は、挑発行為であり、スペインはカタルーニャの独立を阻止するため、あらゆる手段を講ずる」と述べた。

http://jp.sputniknews.com/europe/20151028/1087918.html





ロシア保安庁長官:世界の複数の国は、ISを用いて世界をグローバルな対立に向かわせた
2015年10月28日 20:13(アップデート 2015年10月28日 20:17)

世界の複数の大国は、テロ組織「IS(イスラム国)」プロジェクトを用いて、世界をグローバルな宗教ならびに文明対立の瀬戸際に立たせた。ロシア連邦保安庁のボルトニコフ長官が28日、第39回CIS加盟国・安全保障機関および情報機関責任者評議会で、このような考えを表した。

ボルトニコフ長官は、ISプロジェクトは「アラブの春」から成長し、「世界ならびに地域の複数の大国の二重政策によって力を得た」と述べ、これらの国々は、このような方法で自分たちの独自の問題を解決しようとしたと指摘した。

長官は、「結果的にこれらの国々は、世界を、破滅的な結果をはらんだグローバルな宗教および文明対立の瀬戸際に立たせた」と語った。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151028/1089419.html




ロシア航空宇宙軍 27日にシリアでテロリストの拠点118ヶ所を攻撃
2015年10月28日 23:25(アップデート 2015年10月28日 23:34)

ロシア航空宇宙軍は27日、シリアでテロリストの拠点118ヶ所を攻撃した。ロシア国防省のコナシェンコフ報道官が発表した。

報道官は、「27日、ロシア航空部隊の航空機が、シリアのイドリブ、ホムス、ハマ、アレッポ、ダマスカス、ラタキアで、テロリストの拠点118ヶ所を目指して71回出撃した」と述べた。

またコナシェンコフ報道官は、記者団に、ラタキアでは、スホイ24M爆撃機が、テロリストの司令拠点や大きな弾薬庫などを破壊したと伝えた。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151028/1090923.html
































[ 2015/10/28 23:58 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

2015/10/27

20150521pic 009

20150521pic 044

20150521pic 030

20150521pic 092

20150521pic 096

20150521pic 035

20150521pic 055

20150521pic 112

20150521pic 083


寒いのにアイスクリームを食べている様子のわたしであるものです。

ま、冬は夏よりも冷たいものは食べたくないものですが、夏よりも空気が乾燥している冬にも水分補給は忘れずにというものなのです。

体が冷えれば免疫力も低下するという意味も含めて基本的には冷たいものは体には良くないものですね。

ま、でも寒い夜にアイスクリームなんてね、寒そうな月を観ながら? はたまた夜空に浮かぶ星々をみながら食べるアイスクリームも不味くはないものでした。

昨日はネコの夢をみたものです。

なぜか夢の中でネコさんとわたしが何故か何故か悲しくて泣いていたものなのです。

ま、一緒に泣いてくれるネコさんなんて、これまた風流な存在となるものでしょうか亞~。

しかし、夢の中とはいえ、何が悲しくて泣いていたのか。

ま、こんなデタラメ世界が目の前に広がっている日常について、ま、泣けてくるぜ!というものでしょうか亞~。

今夜は砂漠のようなココロにも潤いを忘れずに!という、ま、そういうカキコであったものです? は亞~?

ま、そんなこんなあんなで今夜はどんな夢でもみましょうかというものなのです。

でもまだ眠くないので、図鑑でもみながら色んなこと思ってみるものです。

それではまた明日に~。






今日のニュースなど;


障碍者向けに用意された場所への駐車を阻むホログラム
2015年10月25日 20:40



広告会社Y&Rは障碍者団体Dislifeと共同で、特別キャンペーンを催した。目的は、ロシアの自動車運転手が障碍者用の場所に駐車することを阻むことだ。

前者のフェデリコ・ファンティ社長によれば、分別のない運転手は世界のどこにでもいる。この新しいプロジェクトは米国、日本、南アフリカでも関心を呼んでいるという。

目的は、普通の運転手が障碍者向けの場所に駐車するのを阻むこと。そのために、人間の目に見えないウォータースクリーンが用いられる。それをもとに、あらゆる図像を描くことが出来る。システムは次のように動作する。

ビデオカメラが、駐車した車のいずれからの窓ガラスに障碍者マークがあるかどうかを判別する。もしなければ、駐車場に車いすに乗った男性のホログラムが出現する。

http://jp.sputniknews.com/videoclub/20151025/1075655.html




本当に要らないの? 米国が不要な高額爆撃機の生産を開始へ
2015年10月27日 20:18(アップデート 2015年10月27日 21:12)

sptc123123123123
© Sputnik/ Ramil Sitdikov
http://jp.sputniknews.com/images/108/39/1083999.jpg
米国防総省は、非常に高額な新型爆撃機製造プログラムを実現してゆくと発表したが、将来的にそうした爆撃機を使用するつもりはない。軍事分析専門家の、デヴィド・エクス氏は、ロイター通信のサイトに論文を寄せ、このように伝えた。

エクス氏は、次のように書いている―

「最近米国防総省は、新型のステルス爆撃機を開発する企業を近く選定すると発表した。これは、米国空軍にとって、大変大きな意義を持つ。米国は30年以上、この分野の開発に取り組んでこなかったからだ。

米国防総省は、B-52, B-1 そして B-2など約160機からなる現在の空軍部隊が、ひどく旧式となり、中国やロシアの最新鋭防空システムに比べかなり脆弱である点を、ますます心配している。
そうした事から、国防総省の計画では、最新鋭兵器を搭載し、長距離飛行も可能な新型ステルス爆撃機100機の製造が見込まれている。

しかしこの事は、米国防総省が、ロシアや中国と実際戦うつもりであるという事を意味してはいない。この場合、国防総省の主な目的は、相手を威嚇する事である。もし計画に従って、すべてが現実のものとなれば、新型爆撃機が、爆弾を投下する事は決してないだろう。」

デヴィド氏は、このように指摘した。同氏は、先月9月、別の開発計画、第五世代の米国の新型戦闘爆撃機ロッキード・マーティンF-35の開発についても注意を向け「新型のF-35は、成功裏に空中戦を行うに十分な操縦性を備えていない。この事は米空軍も認めた」と発言し、注目された。

http://jp.sputniknews.com/us/20151027/1084021.html




セルビア代表団 クリミアをロシアの一部であると認める
2015年10月27日 21:47

sptcØØØ1
© Sputnik/ Andrey Iglov
http://jp.sputniknews.com/images/108/47/1084772.jpg

クリミアを訪問中のセルビアの愛国主義政党「ドヴェリ」のボシコ・オブラドヴィチ党首は、クリミアについて、ロシアの一部であると考えていると発表した。

オブラドヴィチ氏は、ウクライナ外務省の文書について、次のようにコメントした-

「私は今日送った返答の中で、私たちにとってクリミアはロシアであると述べた。コソボがセルビアであることと同じだ。この意味において、我々は、私たちの政府の立場に賛同していない。我々は、このような状況、我々の政府の立場は、ロシア連邦の領土保全を尊重していないと考えている」。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151027/1084798.html




唯一の病院なくなった=アフガンの誤爆非難=―赤十字国際委
時事通信 10月26日(月)15時51分配信

 来日した赤十字国際委員会(ICRC)のドミニク・シュティルハルト事業局長は、アフガニスタン北部での国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の病院に対する米軍の誤爆について「手術が必要な患者を診られる地域唯一の病院がなくなった。現地に与える影響は大きい」と強く非難した。
 
 
東京都内で23日夜、記者団に語った。ICRCはジュネーブ条約に基づき、紛争の犠牲者を保護する団体。内戦の負傷者が身を寄せる医療現場が破壊されたことに「国際規律に基づき活動する病院は絶対に守られなくてはならなかった」と憤りは深い。原因究明と再発防止の責任を米国は負うと強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000071-jij-asia




状況を複雑化する米駆逐艦の南シナ海パトロール
2015年10月27日 21:24(アップデート 2015年10月27日 21:28)


© REUTERS/ US Navy
http://jp.sputniknews.com/images/108/46/1084681.jpg
日本の横須賀を母港とする米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」は、中国が南シナ海のスプラトリー島海域に建設した人工島の12カイリゾーン内でパトロール活動を行っている。火曜日、駐日米軍司令部スポークスマンが、ロイター通信記者に伝えた。

先月9月、米国のカーター国防長官は、南シナ海でのパトロール計画について明らかにし「米国は、国際法によって許される世界中のあらゆる場所で、空中、海上その他の作戦を実施する」と強調している。その際カーター長官は「南シナ海も例外ではないし、これからも例外ではないだろう」と指摘した。

米国にとって、この海域で軍事艦船を使う事は、同盟国に対する重要なシグナルである。そうする事で、米国はアジア太平洋地域から撤退するつもりのない事を誇示できる。またそれ以外に、スプラトリー諸島周辺でのイージス駆逐艦「ラッセン」のパトロール開始は、この島々の領有をめぐって中国と対立関係にある国々に、米国はこれまで通り、この地域で中国の行動の抑え込みを目指しているのだと、はっきり示す事にもつながる。軍事力を増大しつつある中国を警戒し、米国を自分達の安全を保障してくれる存在と見ている日本やフィリピンが、今回、極めて肯定的反応を示したのも決して偶然ではない。

東京での記者会見で、菅官房長官は「日本政府は、米国政府と緊密な連絡を取り合っている。開かれた自由で平和な海を守るために国際社会が連携することは極めて大事だ」と述べ、日本政府として支持する考えを示した。

日本政府は、中国による南シナ海の人工島建設について、中国の領有権を認めず、航行の自由を確保すべきだとの立場をとっている。
またフィリピンのアキノ大統領も、米国の今回の行動を認め「パワーバランスが維持される事を歓迎する」と強調した。

一方中国側の反応は、十分予測可能なものだった。中国政府は、以前から米国に対し「自由航行を口実にした、海上国境での領海侵犯を許容する事はできない」と警告していた。米国のイージス駆逐艦が現れたとの情報を入手した後、中国外務省は声明を発表し「航行と飛行の自由が、他の国の主権や安全を侵害する口実として使われてはならない」と強調した。

ラジオ・スプートニク記者は、中国国際問題アカデミー南太平洋調査センターのシェン・シクン所長にマイクを向け、今回こうした行動に出た米国の動機についてコメントしてもらった―

「米国は、パトロールの口実として、自由航行の保証という問題を利用している。肝心なのは、この地域では、海上でもまた空中においても、航行や飛行を妨げるいかなる障害もなく、いかなる問題も存在していないという点だ。米国は、ここで自由航行が妨げられているという例を確認する事は出来なかった。米国は単に、状況を揺り動かすためだけに行動している。彼らの真の目的は、軍事的優位性を示し、日本とフィリピンを励ます事だ。
米国は、この地域で建設的な役割をすべきである。今のところ米国が目指しているのは、アジア太平洋地域、特に南東アジアにおける自分の力を維持しようとする事だけだ。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151027/1084542.html




ロシア国防省 シリア病院空爆の非難について説明を求める
2015年10月28日 00:46

ロシア国防省は、シリアでロシア機が病院を空爆したとして非難を受けていることについて、NATO加盟国とサウジアラビアに対し、説明を求めた。ロシア国防省のアントノフ次官が27日、明らかにした。

アントノフ次官は、駐在武官との会談後、次のように語った-

「我々は今日、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、サウジアラビア、トルコ、NATOブロックの駐在武官を招き、発表された声明の本質について正式な根拠を提出するか、あるいは声明を撤回するよう求めた。これは特に、病院を空爆したとする偽情報に関する一連の英語圏メディアの許しがたい非難と関係している」。

アントノフ次官は、最近シリアにおけるロシア航空宇宙軍の行動に対する一連の外国メディア、さらには公人側からの情報攻撃が強まっていると指摘した。アントノフ次官はまた、ロシア国防省は「このような声明を注視し、分析している」と強調した。

http://jp.sputniknews.com/russia/20151028/1086872.html








































054
[ 2015/10/27 23:38 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)