FC2ブログ







2016/03/28  キジではありません。  茶トラです。  動画像アップロードテストです。





ffffjkjk (4)

ffffjkjk (5)

ffffjkjk (1)

ffffjkjk (2)

ffffjkjk (3)

ffffjkjk (9)

ffffjkjk (10)

ffffjkjk (7)

ffffjkjk (8)

ffffjkjk (6)

ffffjkjk (12)

ffffjkjk (11)

ffffjkjk (13)

ffffjkjk (16)

ffffjkjk (17)

ffffjkjk (18)

ffffjkjk (19)

ffffjkjk (15)

ffffjkjk (23)

ffffjkjk (24)

ffffjkjk (34)

ffffjkjk (37)

ffffjkjk (20)


ただただ今は世界を正すのだ

陸をさえぎるのが母なる海ならば

その深海では父なる大地、すべての大陸が繋がって在るのだから

あなたならできる

カール・ユングの思想を想い出そう

バタフライ

あなたが人々の笑顔が観たくて花の種を蒔いたなら

咲いた花に蝶が舞い 羽ばたくなら

世界を正しく羽ばたかせることができる

悪しき帝国悪魔の城は雛形に成り得ず崩れ去り

あなたたちひとりひとりが世界であり、その温もりの中の雛形なのだと知るのだ







あの世この世のニュースなど;


日本で8人のヤクザが逮捕される
2016年03月28日 16:03(アップデート 2016年03月28日 16:24)



北海道警察は28日、日本最大の指定暴力団「山口組」の地域支部の組員8人を住居に不法侵入した疑いで逮捕した。

逮捕された組員8人は3月18日、「山口組」から昨年8月に分裂した「神戸山口組」に移った元組員の自宅に押し入ろうとした。警察がこの襲撃情報を入手し、元組員に対する制裁を未然に防いだと考えられている。
これは最近日本で頻発している「山口組」と「神戸山口組」の抗争事件の一つとなった。

「山口組」と「神戸山口組」の分裂をめぐっては、殴打や拳銃の使用を含む、すでに20件以上の小競り合いや暴行が発生している。
「神戸山口組」の構成員はおよそ6000人とみられている。「山口組」の構成員数は減少し、今は1万4000人をわずかに超える程度だという。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160328/1857285.html






トランプ氏、日本に自前の核兵器製作を許可。日本はその準備があるか?
2016年03月28日 21:03(アップデート 2016年03月28日 21:07)
アンドレイ イワノフ

c AP Photo Chris Pizzello
© AP Photo/ Chris Pizzello
http://jp.sputniknews.com/images/64/81/648193.jpg


米大統領候補ドナルド・トランプ氏は日本が非核三原則を破ることもあり得るとしたが、菅官房長官は、日本政府はそうしない、とした。

しかし日本では核大国となることへの精神的な準備が向上している、と著名なロシア人専門家のアナトーリイ・コーシキン氏。

トランプ氏が当選しようと、米国が日本にそれを許そうと、日本人の大半は核兵器に反対するだろう、という考えに、 コーシキン氏は同意しない。

「こうした見方は1970-80年代には正しかった。しかし日本の支配層およびメディアの力で日本国民の核兵器に対する気分は変わりつつある。

ある調べでは日本人の50%が北朝鮮の核ポテンシャルおよび中国の軍事力増強の場合は自前の核爆弾保有もあり得るとしている。公に核武装を呼びかける声はないが、個人の会話では日本人も、

「もし朝鮮人がミサイル核兵器を完成させるなら純粋に抑止のみをめざした核を保有するほか仕方がない」と話している。トランプ氏らの声明は日本の支配層と国民に核大国化の可能性を吹き込む」

スプートニク:日本の核保有への精神的な準備に関する日本流プロパガンダの役割とは?

「日本には、ヒロシマとナガサキで自ら原爆を経験した日本人は、核の脅威に欧州人や米国人またはロシア人より冷静だ、と考えている人たちがいる。こうした日本人は、原爆は怖い平気ではあるが、核戦争があっても生き残れる、と思っているらしい。

メディアの力により、日本人は、日本の見方では予測不可能な北朝鮮体制のほうがより恐ろしいのだ。個人的に、北朝鮮は良く考えて行動していると思う。危険すれすれだが、何らかの冒険主義的行動を北朝鮮に期待するには及ばない。

が、ふつうの日本人は北朝鮮のミサイルや核実験をおそろしい脅威のように受け止めている。日本流プロパガンダはこうした理解を旺盛に助長している。

一部の日本の勢力にとって北朝鮮のミサイル核防御の構築は有益なのだ。北朝鮮の脅威を撃退するため通常および核兵器の拡大が必要だと日本人に説得する口実になるからだ」

スプートニク:もし日本が自前の核兵器を持ったら、それは日本の安保にどう影響するか。

「間違いなく安保環境は悪化する。現存のパワーバランスが破壊され、全く新たな軍事戦略状況が生まれるからだ。これは軍拡競争激化と北東アジア諸国の緊張と対立をあおる」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160328/1859066.html






ロストフ・ナ・ドヌー旅客機墜落事故 墜落直前パイロットたちに争い
2016年03月28日 16:48(アップデート 2016年03月28日 17:14)

ロシア南部ロストフ・ナ・ドヌーの空港で墜落したボーイング機のブラックボックスを解析した結果、旅客機について2人のパイロットの間で意見が分かれていたことが分かった。この意見の相違が墜落原因となった可能性がある。

ロシア紙コメルサントが、調査に近い関係筋の話として伝えたところによると、ブラックボックスを解析した結果、旅客機のパイロットは滑走路まで6キロの時点で、着陸せずに2回目の旋回をすることに決め、自動操縦装置を解除し、自ら操縦桿を握った。

しかし何らかの理由によってこのパイロットは、ボーイング737-800型機は、手動操縦で着陸体勢から上昇体勢に移行する際、(自動操縦の場合のように)滑らかには上昇せず、戦闘機体勢で急激に上昇するという事実を考慮しなかった。

旅客機があまりにも鋭い角度で上昇した時、速度が低下し始めた。争いはその時に起こった。パイロットは操縦桿を手前に引っ張り続け、別のパイロットは「待て!とんでもない!止めろ!」と叫びながら、自分の操縦桿を前に押し始めた。結果、旅客機のコンピューターは2つの操縦桿から異なる信号を受け取りはじめ、旅客機のコントロールが失われた。

ブラックボックスの記録によると、パイロットたちは旅客機が墜落すると感じた時に互いを理解したが、もうその時には何かを変えることはできなかった。航空機が時速325キロの速さで地面に向かった時、彼らはただ恐怖と絶望から叫んだだけだった。

今のところ、その時に誰が操縦し、ミスを犯したのかは分かっていない。2人の声はとてもよく似ており、会話の中で役職名や名前は述べられていないという。

事故を起こしたのはアラブ首長国連邦の格安航空会社フライドバイFZ981便のボーイング737-800型機。同機はドバイからロストフ・ナ・ドヌーに向かっていた。ボーイング737-800型機は3月19日午前、ロストフ・ナ・ドヌー空港で墜落し、乗客55人、乗員7人の計62人全員が死亡した。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160328/1857408.html
宇宙ゴ





宇宙ゴミが日本のX線天文衛星「ひとみ」を破壊
2016年03月28日 18:56(アップデート 2016年03月28日 19:05)

c FlickrScott Kelly NASA
© Flickr/ Scott Kelly / NASA
http://jp.sputniknews.com/images/185/77/1857767.jpg

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、自国の新しいX線天文衛星「ひとみ」ASTRO-H)について、3月26日の運用開始時(午後4時40分頃)に、衛星からの電波を正常に受信できず、衛星とのコンタクトが失われた、と発表した。科学雑誌「ネイチャー(Nature)」が伝えた。

衛星「ひとみ」の状態について、JAXAのスポークスマンは「今のところ不明」と述べている。

また人工衛星の監視を行っている米国防総省の戦略軍統合宇宙運用センターによれば、「ひとみ」の周辺に複数の物体を確認、「ひとみ」は5個の物体に分解した、との事だ。

こうした事から専門家らは、「ひとみ」は宇宙ゴミと衝突したのではないかと指摘している。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160328/1857791.html






FEFU研究所、太平洋の民の歴史を研究
2016年03月28日 22:23

c Sputnik Ramil Sitdikov
© Sputnik/ Ramil Sitdikov
http://jp.sputniknews.com/images/81/12/811237.jpg

極東連邦大学(FEFU)の後援で、数千年前に住んでいた太平洋の人々の歴史を研究する、ネットワークタイプの国際的な考古学研究室が発足する。同大のプレスサービスが発表した。

「新しいネットワークプロジェクトは、ロシア、エクアドル、フィリピン、日本その他一連の太平洋諸国の科学者を結集することを目指している。研究室の枠内で同僚同士がアジア太平洋地域のさまざまな場所における古代の歴史的プロセスの展開の方向性を研究する中で共通のアプローチを開発するためより迅速かつ効率的に研究成果を共有することができるようになる」と声明にある。

FEFU教育科学博物館のアレクサンドル・ポポフ館長によれば、FEFUと沿岸研究工科大学(グアヤキル、エクアドル共和国)の考古学者らによる共同プロジェクトの際に、同様の研究室が設置されたことがある。

得られた結果は、南アメリカと現代の沿海州の海岸、太平洋の反対側における環境変化に対する人間の適応の比較に用いられた。フィールド調査で国際チームは一連のユニークな発見を行なっており、研究が進行中だ。

「太平洋地域のさまざまな部分で同様の問題に取り組んでいる専門家らは、情報の恒常的交換が必要だ。ネットワーク研究所の創設で、過去の歴史的プロセスの包括的な研究のためのコンタクト確立が進む」とのポポフ氏の言葉が報告書に引用されている。

「太平洋の異なる領域でのプロセスが密接に関連していることが明らかになりつつある。東南アジアの人口移動と中国中央部での技術革新は非常に広い地理的範囲に痕跡を残しており、直接的なものではなかったとしても、ほとんど太平洋の全域で感じられるほどのものだった。これらの研究は、独特のスパイラルにそって発展する、将来のプロセスのいくつかを理解し、予測するのに役立つ」と同氏。

文明と原始の境界、共同体や生産経済が形成されはじめ、その後の全人類のアルゴリズムが出揃った、12000から2000年前が調査対象であるという。

ネットワーク研究室のパートナーには既に沿岸研究工科大学(エクアドル)、フィリピン大学が名乗りを上げている。また、北海道および東北地方の日本の二つの大学とも交渉が進んでいる、と報告書にある。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160328/1859559.html








日本の高齢者、極度の貧困により進んで刑務所へ
2016年03月29日 00:35

今後数年間で日本の刑務所システムは、新たな課題に直面することになる。統計によれば高齢者の囚人が着実に増加しており、しかも多くが自ら望んで牢に入るのである。

フィナンシャル・タイムズによれば、商店での盗難の件数が特に目だって増加している。窃盗犯の再犯35%が60歳以上の高齢者で、40%が再犯、中には6回も同じ犯罪を繰り返している人もいる。

法務省の統計によると、全体で、1991年から2013年まで、高齢の犯罪者数は460%増加した。

専門家はこれらの犯罪者が食糧、避難所、医療を無料で手に入れるために故意に刑務所入りを望んでいると考えている。日本の最低年金は年間約78万円で、最低限の生活も不可能であるが、刑務所に入れば国が面倒を見てくれるのである。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160329/1859278.html


























https://www.youtube.com/watch?v=o5buwdUu54s










悪魔の儀式クリスマスにBBCはわざわざバンパイア


















最終更新;2016/03/29 am01:49
関連記事

2016/03/27 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。


20150521pic 240

20150521pic 245

20150521pic 244

20150521pic 119s

20150521pic 104

20150521pic 103

20150521pic 133






あの世この世のニュースなど;



<女子中学生保護>2年前から不明 本人が110番 警視庁
毎日新聞 3月27日(日)15時54分配信

警視庁は27日、2014年3月から行方不明になっていた埼玉県朝霞市の女子中学生(15)を東京都中野区内で保護した。

 
警視庁によると、27日午後、女子中学生が中野区のJR東中野駅近くの公衆電話から「助けてほしい」と110番。警察官が保護した際、女子中学生は「一緒にいた男がいなくなった隙(すき)に電話をした」などと話しているという。

 
女子中学生は中学1年だった14年3月10日から行方不明になっていた。

自宅の郵便受けに「家も学校もちょっと休みたいです。しばらく友達の家です。探さないで下さい」という手書きのメモがあるのを家族が見つけ、埼玉県警朝霞署に届け出た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000019-mai-soci






トランプ氏 「ダーイシュ」とアサド大統領と同時に戦うのは愚かなこと
2016年03月27日 17:30(アップデート 2016年03月27日 17:31)

c AFP 2016DOMINICK REUTER sptc
© AFP 2016/ DOMINICK REUTER
http://jp.sputniknews.com/images/185/33/1853351.jpg

米大統領選挙の共和党指名争いに出馬している大富豪のドナルド・トランプ氏は、テロリストはシリア大統領よりもはるかに大きな問題であるため、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」とシリアのアサド大統領と同時に戦うのは愚かなことだとの考えを表した。

トランプ氏は、26日付のニューヨーク・タイムズ電子版に掲載されたインタビューで、「私はアサド氏ならびに『ダーイシュ』と戦うというアイデアは狂気の沙汰であり、愚かなことだと考えている。彼らは互いに闘っており、私たちは彼らの両方と戦っている」と述べた。

トランプ氏によると、「ダーイシュ」は米国にとってアサド大統領よりもはるかに大きな問題だという。トランプ氏は、「ダーイシュ」との戦いにおける主な戦略は、「ダーイシュ」が石油にアクセスできないようにすることだとの確信を示し、「私は、彼らから石油を奪えと何年も言ってきた。しかし彼らはまだ石油にアクセスすることができる」と指摘した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160327/1853370.html







国防総省 最新の人工衛星との通信が途絶えたと発表
2016年03月27日 18:37

c 写真NASA Goddard Space Flight Center
© 写真: NASA Goddard Space Flight Center
http://jp.sputniknews.com/images/185/37/1853745.png


米空軍宇宙軍団(AFSPC)は、軌道上で約2年間稼動していた新たな気象観測衛星「フライト19」との通信が途絶えたと発表した。「スペース・ニュース(Spacenews)」が報じた。

「フライト19」との通信が途絶えたのは2月11日。AFSPCは、衛星のオペレーション機能が回復することには期待していないと指摘した。

「フライト19」は、ロッキード・マーティン社の注文によって製造された防衛気象衛星で、2014年4月に打ち上げられ、軌道で5年以上稼動する予定だった。「フライト19」は、米国防総省の宇宙プログラムの一環で、軍事作戦を計画するための天気予報を任務としていた。

http://jp.sputniknews.com/science/20160327/1853770.html











































20150521pic 121

20150521pic 218

20150521pic 224


最終更新;2016/03/28 am03:17
関連記事
[ 2016/03/27 23:57 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)

2016/03/26 記事ではありません。  動画像アップロードテストです。

20150521pic 077ll



20150521pic 048kkk

20160324l (2)22

20150521pic 0835






あの世この世のニュースなど;



モンテネグロ警察 「オウム真理教」のロシア人55人日本人5人を拘束
2016年03月27日 03:05(アップデート 2016年03月27日 03:46)

26日モンテネグロ警察は、55人のロシア人と、彼らと一緒にいた日本人5人を拘束し、取り調べた。

現地警察によれば、拘束作戦は、保安庁との合同作業の枠内で行われた。モンテネグロ国内に、外国領内での「暴力行為」に以前関与した外国人グループがいるらしいとの非公式情報が、今回の拘束の理由となった。

現地の新聞「ヴィエスティ(Vijesti)」の報道では、モンテネグロの2つのホテルで拘束された日本人とロシア人全員は、日本の宗教団体で、ロシア国内では活動が禁止されている「オウム真理教」のメンバーだった。彼らを拘束するため、警察の特務部隊が投入された。隊員らは、セクトのメンバーが滞在していたホテルを急襲した。

新聞によれば「オウム真理教」のメンバーがモンテネグロ領内にいるとの情報は、外国の特務機関から、もたらされたものだとの事だ。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160327/1852140.html






感染症対応の「司令塔」検討=サミット宣言に明記へ―G7
時事通信 3月20日(日)2時38分配信

 5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で議題となる感染症対策で、国際機関と各国政府、民間団体などの調整の「司令塔」となる組織の創設を先進7カ国(G7)が検討していることが分かった。


 関係者が19日、明らかにした。エボラ出血熱やジカ熱といった感染症に機動的に対応することが狙いで、議長国の日本が各国に呼び掛けた。サミットの首脳宣言に明記する方向だ。

 感染症の封じ込めが遅れ、国境を越えて拡大するような場合には、医療の提供や物資の補給など、官民のさまざまな主体が関与する大規模な支援が必要となる。世界保健機関(WHO)だけでは限界があるため、新たな調整機関が必要と判断した。国連の傘下とするかどうかや、具体的な組織の構成などについても検討を進める。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-00000005-jij-pol






ベルギー、核テロの脅威:何者かが原発警備員を殺害、通行証奪う
2016年03月26日 21:19(アップデート 2016年03月26日 21:25)


ベルギーのチアンジュ原発の警備員が死体で発見された。通行証は盗まれている。土曜、デルニエレ・ホイレ紙が警察発表をもとに報じた。

「木曜日の夜、シャルルロワ市で犬の散歩中、警備員が殺害された。通行証は盗まれている」。死因は明らかにされていない。
電子カード型の通行証なので、犯罪が露見したのちすぐに無効化されたという。
先に地元メディアによって報じられているように、ベルギーの原子力発電所は、3月22日のブリュッセル連続テロ犯らの優先標的となっていた。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160326/1850187.html






「心配するな、引け!」 メディア、フライドバイ機パイロット墜落前の会話の詳細を手中に
2016年03月26日 15:29(アップデート 2016年03月26日 16:48)

ロストフ・ナ・ドヌ空港で墜落したボーイング機の機長は、上昇中に自動操縦装置をオフにし、その後、同機は急速に高度を失い始め、墜落した。墜落数秒前の機内の会話を解析して判明した。「Vesti」が報じた。

当時の状況は次のように再現される。
「50上昇する」とパイロットは言う。ボーイング機は、通常モードで15度角で上昇。40秒間上昇が続いた。しかし所定の高さに到達する前に、機長が自動操縦を切断し、その後ボーイング機は落下しだした。
コックピットに響いた最後の言葉は次の通りだった。「心配するな、引け!」

旅客ボーイング737-800型機は3月19日、ドバイを発ち、ロストフ・ナ・ドヌに墜落した。視界不良の中で着陸を試み、滑走路の左側に落ちた。調査委員会は次の三つの可能性を考えている。技術的な不具合、厳しい気象条件、乗組員のミス。55人の乗客と7人の乗員は全員死亡した。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160326/1847942.html

これがほんとうならパイロットはあのくらいの事故衝撃で普通に死なないレプティリアンイルミナティー臭いな。






メルケル首相、ベルギー自爆テロ犯との友情を疑われる
2016年03月26日 21:30

1850065sptc
© REUTERS/ Francois Lenoir
http://jp.sputniknews.com/images/185/00/1850065.jpg


sptcnews

ソーシャルネットワークのユーザーらが、ブリュッセル空港の自爆テロ犯に似た難民がドイツのメルケル首相と写真に写っている、と指摘している。

昨年9月、メルケル首相はベルリンの難民キャンプを訪問した。外国から来た難民らは首相と記念写真をとった。その中に自爆テロ犯ナジム・ラシュラウイと思しい若者がいる。
ラシュラウイはブリュッセル連続テロのコーディネーターと見られている。

http://jp.sputniknews.com/life/20160326/1850115.html























































最終更新;2016/03/27 am06:04
関連記事
[ 2016/03/26 23:53 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)