2017/01/29 今日は29日、[29肉][2+9=11EYE髙鬼] すなわち下衆イルミナチスどもが人肉を必ず喰らう日、人肉祭りであることが確認されて在るが、人類を拉致したり騙して捕獲し虐めて犯して食してきてあるイルミナティー等を極めて被害者が味合わされた超激痛苦痛恥辱等を億兆倍返し問答無用で処刑せよ。

20150521pic 309













美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど









シリア議員ーサウジは我々が市民と政府に反対するよう買収を試み
2017年01月28日 01:48



シリアの議員、ムハンマド・ヘイル・ジャシム・アル・ナディル氏がスプートニクに次のように語った。

「非常に残念なことに、幾つかの部族は反政府側に立ち、シリア北東に去りました。部族のシャイフ(長老)らは自国ではなく自らの財務状況を改善するためにサウジアラビアに向かいました。」

サウジアラビアはナディル氏が祖国に反対し、シリア政府に対立するよう金銭を提案した。ナディル氏は、この提案が、サウジアラビアの首都リアドのシリア大使マフディ・ダハラッラ氏の家で行われたと述べた。

「家や金銭で誘惑されました。自身の政治的転向を宣言すれば好きな額を書き込める小切手が渡されました。しかしよく言われるように、善の中にある者は自国と自国民のために善を行う。自国民から別れられる人はいません。人は祖国を捨てる特性を持ち合わせていないのです。我々はシリアと、我々の大地と、勇敢なシリア軍と共にあります。」

先に伝えられたところ、カザフスタンのアスタナでの2日間にわたるシリア和平交渉で総共同コミュニケでは和平保証諸国らはシリアの国土保全を支持し、シリアのテロと共同で闘う用意が確認された。シリアの反体制武装勢力の代表らは総括合意への署名を拒否。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201701283280595/






家や金銭でそそのかす下衆も、自らの国を売る下衆も新しい世界には在り得無し。
記事コメ;少年ゲリラ




























2月に新しい世界の終わりが割り当て
© Flickr/ Keoni Cabral
2017年01月28日 21:07



NASAの報道担当は、1月末から2月始めにかけて地球軌道上に巨大小惑星「2016 WF9」が現れ、地球を通過すると述べた。とはいえ、陰謀論者たちは、NASALが隠し事をしていて、巨大な天体は「人類共通の家」を殲滅すると確信している。「AOL News」が報じた。

計算によると、小惑星は地球化r数千キロの距離を通過する。一方、自称天文学者デーミン・ダミール氏は、小惑星が地球雨に向かっており、衝突の結果は大災害になると断言する。
西側メディアが報じる同氏によると、2016 WF9の地球衝突は津波と海上の水沸騰を引き起こし、核兵器爆発の可能性もある。

NASAの報道担当は一方、このような仮定を「何の根拠もないネットの噂」だと述べた。
それより前にNASAの科学者が人々は地球規模の大惨事を引き起こしうる大隕石の突然の落下に対し準備ができていないと発表した。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701283281930/





























ロシア南部に出現した「光の柱」は一体何?【写真】
2017年01月28日 22:12

3282076 (1)

ロシア南部の町ロストフ・ナ・ドヌーの住民は、昨夜、ソーシャルネットワーク上に、市上空に「立ち昇った」光の柱(ライトポール)の写真を投稿した。

地元マスメディアの情報では、ロストフ市で見えた光の柱は複数で、市民の中には驚いて通報した人もいた。

ロシア科学アカデミー南部科学センターのステパニャン副責任者は、市民を驚かせた今回の現象を、次のように説明している-

「おそらく『柱』が生じた原因は2つ考えられる。一つは、光学的な理由によるものだ。我々が何かの柱として受け止めているような、よくある発光(グロー)だ。それらは大気中のプロセスと関係している。二つ目は、町の照明と関係しているものだ。市内の垂直な明かりと大気中の所謂『氷埃』が組み合わさってできたものだ。私が見るところ、ロストフで観察されたのは、これだろう。雲が、ああした反射効果を創り出したのだ。」

また最近、ソーシャルネットワーク上には、しばしば、ビデオ・カメラがとらえた隕石の動画が投稿されている。

https://jp.sputniknews.com/russia/201701283282097/


























キジ生息、市全体に拡大 捕獲追いつかず、農作物被害増
日八重山毎日新聞社

 
キジやクジャク、イノシシなど有害鳥獣の農作物被害が頻発しているのを受け石垣市農政経済課(多宇弘充課長)が生態把握に向け前年度、実施した「石垣島における有害鳥獣調査」が終了。その結果が報告書にまとまった。本年度は、その調査結果に基づき、実際に鳴き声や目視などに基づく島内の生息分布状況を確認。種類に応じたより効果的な駆除方法を検討することにしている。  調査はキジ(コウライキジ)、クジャク(インドクジャク)、イノシシ、カラスの4種類を対象に実施。市の委託を受け(財)沖縄県環境科学センターが、県猟友会八重山支部や日本野鳥の会石垣支部、JAおきなわ八重山支店などへの聞き取り調査や過去の捕獲実績、農作物への被害状況などの資料に基づき島内の実態をまとめた。  それによると、キジの分布は「石垣島全体」(野鳥の会)。特にイモ畑や野菜畑、パイン畑、サトウキビ畑に多く、被害が多い。同猟友会では「50~60年前に害虫駆除用に導入した」としている。  クジャクも島内全域で見かけられ「特に万勢岳、牛舎近くで多い」。カラスも石垣島全域におり、フルスト原遺跡周辺にねぐらがある。イノシシは、特に北部に多いという。  一方、捕獲実績は2007年度から11年度までの5年間でキジ1266羽、クジャク425羽、カラス2987羽、イノシシ1644頭。キジ、クジャクの捕獲は11年度から大幅に増加。特にキジは07年度に北部のみの捕獲だったが、08年度以降は全域に拡大。11年度は南部での捕獲が増えているという。  被害は、キジで野菜や甘しょ、パインアップル等で被害が発生。全域で増加傾向にある。クジャクは水稲等の農作物や家畜飼料に被害が出ている状況。カラスはパインアップルや熱帯果樹、野菜等に被害が出ている。  イノシシは台風による山間部のエサの減少で西部地区(屋良部半島)と北部地域(平久保)を中心に島内全域の畑に出没し、サトウキビなどの農作物を食い荒らしている状況がある。  市では、農家からの被害申請に基づき同猟友会に依頼し有害鳥獣の駆除を行っているほか、箱わなを使い、クジャクやキジを捕獲している。今後は、JAと協力し、卵の買い取りも検討することにしている。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/22275/










国鳥キジを狩猟対象へしてある国は日本だけである。

桃太郎と従事し悪魔鬼イルミナチスを退治したキジ様を厭らしくも狩猟して自ら経営するこれまた悪の巣である六本木[66鬼]でフランス [腐乱巣] 料理店で売りさばいている悪の田から侵入してきた人類へ成り済ましてある下衆鉤鼻夫婦が地上波TVでこれまたアクター[悪の田から侵入してきた下衆鬼役者]として得意気に猟銃を撃ちまくって在る極めて人類日本人へとって極めて不快な番組が放送されてあったのである。

番組中で仕留めた蝦夷鹿は自らさばかず食肉加工会社へ委託し、後日宅配で送られて来た蝦夷鹿の肉とされる解体されたあばら骨つきの肉は、果たして本当に蝦夷鹿の肉、骨格だろうか。
思い出そう、悪鬼は息をするようへして嘘を吹くこを。

そして悪鬼はさも偉そうへ道徳を語り、人々を欺きながら公衆の面前で厚顔にして人肉を料理して騙して食べさせて、わざわざ何も知らず同じ人類の肉を大金を払ってまでおいしそうへ食す人類の姿を見て嘲笑ってきて在ることを。

もちろんこのようなイルミナチスどもが経営する店へは、人肉と知っていて食事へ来る同類イルミナティーどもも客として訪れて在るのだ。
3悪魔の田から侵入してきて在る3羽烏3爬烏、3本足の下衆8田烏を一掃することが決定された。

記事コメ;少年ゲリラ





























駐トルコ露大使殺人犯 単独行動ではなかった?
2017年01月29日 12:21

3170498 (1)

トルコの複数のマスメディアが報じたところでは、首都アンカラでロシアのアンドレイ・カルロフ大使を殺害した犯人、警察官のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ容疑者のメールが、12月19日の犯行後2時間半後にすべて何者かにより消去されていた。

捜査結果によれば、容疑者のパスワードは、他のSIMカードを使って破られていた。そうした事から、共犯者がいた事は確実と見られている。

アルトゥンタシュ容疑者自身は、トルコの治安機関により射殺されている。なおロシア外務省は、この事件をテロと位置づけ、ロシア連邦捜査委員会は「国際テロ事件」として刑事告発した。

https://jp.sputniknews.com/politics/201701293282725/






犯人彼奴等はわかって在る。
あとは超酷いことしやがった彼奴等をどういう方法で処刑しへ行くかである。

記事コメ;少年ゲリラ





















(朝鮮日報日本語版) 【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない
朝鮮日報日本語版 1/29(日) 6:10配信


「朴大統領ヌード風刺画」事件は、芸術の話とはいえない。あれは、政界の現実を示す政治スキャンダルだ。問題の作品は、芸術と呼ぶのが恥ずかしくなるほど粗悪なものだ。風刺とユーモアではなく、女性性を突きまわす敵意に満ちている。あれを国会という公的な舞台に引っ張り出したのが、政治だった。闘争心に燃える一議員が、政治を荒れた場にした。質の悪い風刺も、荒れた政治も、正気の沙汰ではない。

先週、サムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の拘束令状を棄却した判事に「電話テロ」が殺到した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、会員制交流サイト)は、ありとあらゆる悪口と人身攻撃であふれかえった。大衆の暴走が攻撃性を帯びて暴力化するのは、今に始まったことではない。

少し前、改憲の報告書を批判した最大野党「共に民主党」所属の議員に対しても「文字テロ」が行われた。数千通の中傷メールや、後援金額より事後処理費用の方が高くつくといわれる「18ウォンの後援金」が殺到し、電話番号を変える議員が続出した。

攻撃を主導したのは、文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」前代表の熱烈な支持者らだった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に「紅衛兵」役を果たした「ノッパ(盧武鉉支持者)」部隊が復活したかのようだった。

驚くべきは文・前代表の対応だった。文氏は支持者に自制を訴えるどころか、文字テロをかばった。「政治の公人であれば、メッセージを受け取ることもあるだろうと理解しなければならない」と、被害に遭った議員を訓戒した。易地思之、立場を変えて考えてみる。文・前代表は、反対者に自分の携帯電話の番号を公開していても、そう言うだろうか。数千人が電話をかけてきて悪口を浴びせても、笑っていられるだろうか。
 
今の時点で、文・前代表は大統領に最も近い人物だ。しかし大統領というポストの重みから考えると、危なっかしく思う部分は一つや二つではない。公務員の雇用を80万人分つくるという公約がそれだ。この構想には「元祖」が存在する。デフォルト状態に陥ったギリシャだ。
 
ギリシャの悲劇は、およそ30年前にポピュリズム政権が成立したことで始まった。「官製雇用」政策が始まったのもこの時期だ。

ギリシャは数十年にわたり、国が借金までして公務員の給与の支払いに苦しんだ。その結果、コメディーのようなことが起こった。人口1100万人のギリシャで、国営放送局の職員の数はCNNテレビより多かった。鉄道当局の赤字があまりに多額で、いっそ乗客をタクシーに乗せて運んだ方が安くつくというほどだった。そもそも持続不可能な政策だった。

全く同じ狂気の沙汰を、韓国でもやろうと言う。それも、次期大統領の可能性が最も高い候補が公約をして掲げたのだから、絶句する。公務員を80万人雇おうとすると、どんなに少なくとも年に30兆ウォン(約2兆9000億円)以上はかかる。カネを都合する奇跡のような方法でもあるというのか。

今、韓国は国が理性を失いつつあると感じる。大統領になるという指導者らは、権力欲に目がくらんでいる。政治家は扇動し、大衆は集団狂気を噴出させている。理性が行方をくらまし、憤怒と感情、アブノーマルがのさばる国になった。全てが滅びようとしているかのようだ。

その頂点には、昨今の事態を招いた朴槿恵(パク・クンへ)大統領がいる。国中がこんなめちゃくちゃなのは、大統領が引き起こした事態だからだ。一日も早く混乱を収拾できるようにする最大の責任は、大統領にある。にもかかわらず、朴大統領は疑惑の実体について沈黙したまま、国の混乱をほう助している。真実を明らかにするのではなくメディア戦を繰り広げ、時間稼ぎという印象を与えている。

大統領は、国政介入疑惑が「うその山」だと主張した。しかし、明白なうそが明らかになったのは大統領側だ。ミル財団・Kスポーツ財団の設立経緯についてうそをつき、ブレーンらとでっち上げを謀議したという証言まで登場した。こんな大統領が首脳なのか。韓国人が見ている大統領は、本当に「国と結婚した」と言っていた大統領その人なのか。

しかし、朴大統領は「過去」にすぎない。より大きな問題は「未来の大統領」たちだ。大統領の座をめぐる競争に参加した大勢の候補が、皆そろって無責任な方向へ疾走している。軍服務期間を短縮し、ソウル大学をなくすという。韓国国民全員に130万ウォン(約12万7000円)ずつ分配すると言う候補もいる。みんな理性を失った。まともではない。

問題は、国全体が非正常に慣れ、あまりにも無感覚になっている点だ。無責任な公約が守られるだろうと信じる人もいない。むしろ、自虐的・扇情的であるほど、大衆の人気も高まる。大衆は近視眼的な利己主義に走り、政治家は迎合する。誰も冷静に国の未来を考えない。

国は「他殺」されないという。これは、外敵が来る前に、内部の矛盾のせいで自滅するという意味だ。古今東西、人類史において国が「自殺」する原因は共通している。利己主義とポピュリズムだ。大衆が目前の利益に駆られ、支配エリートが迎合するとき、国は衰亡する。韓国は今、そんな状態にある。

トランプ台風に中国の脅しと、国外の心配事は多い。しかし本当に心配すべきは外ではなく、韓国そのものの問題だ。非理性と大衆の暴走、近視眼的利己主義と魂なきエリートが、韓国を衰退の道へと引きずり込んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000596-chosun-kr






まともな記事がかける正気を維持することができる韓国人が少しはいることをはじめて確認したコラムである。

記事コメ;少年ゲリラ



























世界の終わりが今日にもー無数の鳥が米国の町を攻撃 【動画】
2017年01月29日 18:48



数千の黒い鳥が米テキサス州の高速道路状を回っている恐ろしい動画が公開された。

動画は数日前にヒューストン市で撮影された。カメラには、高速道路を進む車たちを攻撃する鳥の巨大な群れが映った。

Huge Flock of Birds Take Over City


大量の鳥が自動車のスタンドガラスに文字通り急降下した。ジャーナリストらが語るに、鳥類のこのような行動は、芳しくない気候状況によって引き起こされる可能性がある。YouTubeに公開された動画では、暗い嵐雲が見て取れる。

ネットでは、テキサス州の「終末的な」景色がヒッチコック監督の名作映画『鳥』を思わせると指摘したものもいる。
先に、米南部諸州を襲った竜巻に、テキサス州スミスレンドの女性が巻き込まれた。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701293283357/

































千代田区長 石川雅己の悪行【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 文部科学大臣 2017/01/27





内田 茂と石川雅己と菅原やすのり一族とこれら下衆狂悪犯罪者らへもたれかかって利益を得てきてある彼奴への天誅が決定された。
動画コメ;少年ゲリラ





New Hollywood War Movies 2016 Full English Action Movies 2016




Best Crime Action Movies 2016 / Hollywood FULL MOVIE HD 1080p




트럭19




최고의 영화 두 명의 시간 지배자! 막으려는 자와 부수려는 자의 숨 막히는 대결!




레드아이 - Red I (공포영화)




AN/PVS-14 Night Vision Drive Driving with Night Vision





第一世代とか第4世代とか、めんどくさいことしてるよな。
動画コメ;少年ゲリラ




[기타] 마지막 여름, 2013 - 공포




토리하다 극장판1




9-9-81 (2012) Sub. Español




EL FANTASMA DE MAE NAK. LA MEJOR PELICULA DE TERROR ASIATICO.¡¡




Película de terror: Still 1 (Tailandesa) Subtitulada español.




Película de terror: Apartamento 1303 Subtitulada español.







Death Ship 1980 720p BluRay x264 GECKOS




The Horror at 37,000 Feet (1973)123321








最終更新;2017/01/29 pm22:33
記事追加
[ 2017/01/29 16:00 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

2017/01/27 作成してうp昨日分です。  記事作成してUP忘れてスリープしてしまいました。  今日分けは今夜UP予定です。

20150521pic 023




















美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど









『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ、反トランプ活動中に逮捕
2017年01月27日 09:58
https://jp.sputniknews.com/images/327/63/3276370.jpg



映画『トランスフォーマー』等で知られる俳優のシャイア・ラブーフさんが、米ニューヨークで反トランプ大統領活動中に逮捕された。米メディアが報じた。 ラブーフさんはトランプ大統領の就任を真剣に受け止め、まずは大統領就任期の4年間、「ボイコット」を続けることを発表し、その後、直接行動に映った。

ラブーフさんは、ニューヨークの映像美術館で「He Will Not Divide Us(彼に我々を分断させない)」というパフォーミングアートをライブストリームで展開。壁にスローガンを大書し、その前で人々が歌い踊りながらスローガンを繰り返すというもの。

25日夜、ある男がラブーフさんにしがみつき、「ヒトラーは間違ってない!」と絶叫。ラブーフさんが男を突き飛ばして乱闘騒ぎに発展。ラブーフさんはこの男を強打したため逮捕された模様。26日未明には自己誓約で保釈された。

なお先に伝えられたところ、歌手のマドンナさんがワシントンで21日に開かれた女性を中心にトランプ大統領に抗議するデモに参加し、トランプ大統領に対して無遠慮な発言を行った。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701273276410/







下衆鉤鼻11悪魔のイルミナチスのアクター[悪田A]がとうとう公衆の面前で逆ギレ火病で逮捕か?「ヒトラーは間違ってない!」というおまえの同志が抱きついて来たのだから抱擁してやればよかったではないのか。
それに善人演じてデモを煽って火つけてアメリカ分断させてる張本人がおまえたち下衆鉤鼻i11u血族って顔に描いてあるぞ。
それへしてもハリウッドのアクターってのは本当の芝居となると鉤鼻糞芝居しかできない大根役者だよな。
まさに下衆の極みってところだ。

記事コメ;少年ゲリラ



















RTの記者、反トランプの情報戦争の一部にされる
2017年01月27日 13:07



およそ100人の拘束者が出たワシントンでの抗議行動でロシアのテレビ局RTのアレクサンドル・ルービンシュテイン記者も捕らえられた。

こうした拘束が起きた場合、ロシア、欧州では短い事情聴取の後、解放されるのが通常だが、ワシントンで拘束された記者らは解放されず、それどころかショーウィンドーのガラスを割り、警察に襲撃した市民と同等に立たされ、刑事責任が追究されることになった。

この結果、記者らにはプロとしての職責を果たしたがために最高10年の禁固刑および2万5千ドルの罰金が科される恐れがある。

RTは公式的な声明を表し「こうした行為は報道の自由の揺るしべからざる侵犯であり、報道の自由を世界で最も尊ぶとする立場をとる国でこれが発生したことは殊更驚きを禁じえない」との立場を明らかにした。
ルービンシュテイン記者に対しては欧州安全保障協力機構(OSCE)もジャーナリスト保護委員会も支持する立場を表明している。

先に、RTのマルガリータ・シモニャン編集長は、TV予算に関する米国のサマンサ・パワー国連大使の発言にコメントし「そうした発言が、オバマ政権によるRTに関する最後のウソになるよう希望する」と述べた。

https://jp.sputniknews.com/russia/201701273276854/







RTの記者を解放し、代わりへCNNの下衆な人へ化けて在る鉤鼻アクター記者らを牢獄へ放り込め。
ま、アメリカポリスも多くが下衆鉤鼻アクターだけどな。
記事コメ;少年ゲリラ
















人間の細胞含むブタ胎児、作製成功…臓器作りへ
読売新聞 1/27(金) 2:06配信



【ワシントン=三井誠】人間のiPS細胞(人工多能性幹細胞)をブタの受精卵などに入れ、人間の細胞が入ったブタの胎児を作ることに初めて成功したとする研究成果を、米カリフォルニア州のソーク研究所などのチームが発表した。

ブタの体内で人間の臓器を作り、移植する医療の実現につながる成果だが、倫理的な問題もはらんでおり、議論を呼びそうだ。論文は26日の米科学誌「セル」に掲載される。

研究チームは、人間のiPS細胞を注入したブタの受精卵など1466個を、41匹のブタの子宮に戻し、3~4週間成長させた。このうち186個が成長して胎児となり、67匹の胎児で人間の細胞が見つかった。ただし研究者によると、数はブタの細胞10万個あたり人間の細胞1個以下で、ごく少ないという。

最終更新:1/27(金) 2:07
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00050035-yom-sci






くだらねえ。
これら命を玩具の茶茶茶へしてきて在る下衆イルミナチスどもは全て跡形も無く消滅するだろう。
記事コメ;少年ゲリラ














Evolúció Teljes Film Magyar !!




Átkozottak harca (Teljes film)




Dzsungelháború teljes film magyarul




Star Wars a Sithek Bosszúja teljes film



Sztálin - Teljes film (HUN)




Third Contact [HD] Full Movie ~ SciFi Mystery Thriller



Best Action Movies 2016 ♥ Hollywood Full Movies 2016




American Thriller Movies 2016 - Action Scary Movies 2016 Full Movie English [HD]




[Horror Movie] The Zodiac Mystery - Shi er xing zuo li qi shi jian




[Chinese Horror] Under The Bed 2 - Thriller Subtitles - 床下有人 2014




HAUNTERS 2010 Korean Best Psychic Crime Thriller Movie [Eng Subbed]




Confession Of Murder korean full movies




Memories of Murder 2003 with English subtitles




New Korean Movie with English subtitle -2017 uploaded




The Doll Master - Korean Movie [Eng sub]




Best Action Movies 2016 Full movie English ♣ Action Adventure movies full Length




Horror Movies New 2016 - Full English - Full Movie #02




【閲覧注意】日航機墜落事故の衝撃画像集!!心臓の弱い方はご遠慮ください。




The Horror at 37,000 Feet (1973)




millennium 1989




Deadly Invasion The Killer Bee Nightmare 1995 [Horror-Sci-Fi-Thriller]




Trilogy of Terror II (1996)




The Darwin Conspiracy 1999 Sci-Fi




Strays 1991 Horror




The Curse 1987 [Horror] Will Wheaton + Claude Akins




The Unseen 1980 [Horror]




UFO映像集③ 地球製UFO TR-3B ワープ移動の瞬間!




【UFO】地球製のUFO TR3Bが攻撃と機体の回収?その他の動画も





[ 2017/01/28 14:14 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

2017/01/26 アルシオン・プレヤデス51:秘密計画、モントーク、ブルーバード、マネキン、 DARPA、CERN、スターゲート


アルシオン・プレヤデス51:秘密計画、モントーク、ブルーバード、マネキン、 DARPA、CERN、スターゲート




20150521pic 005





20150521pic 006ug


空


20150521pic 015














美居子さまは今日も来られました。









あの世この世のニュースなど
















大迷惑携帯レンタル会社の経営者逮捕
2017年01月26日 11:20(アップデート 2017年01月26日 12:14)
警視庁は26日までに、携帯電話不正利用防止法違反容疑で携帯電話レンタル会社社長の男(32)を逮捕した。




逮捕されたのは、携帯電話レンタル会社の社長・露木正夫容疑者(32)。
露木容疑者は2015年6月、振り込め詐欺グループの幹部の男に携帯電話のSIMカード3枚を本人確認をせずに貸し出した疑いが持たれていて、調べに対し、「今は言えません」と供述しているという。
露木容疑者の会社からは、本人確認の際に提出する運転免許証のコピーおよそ1,200人分見つかったが、ほとんどは偽造で実在する人物は2人だった。
貸し出したSIMカードは、振り込め詐欺で悪用されたことが確認されていて、被害額はこれまでに21都府県で約7億6千万円に上るという。共同通信が報じた。
https://jp.sputniknews.com/incidents/201701263274886/






















サウジ国王が3月訪日へ
2017年01月26日 11:56(アップデート 2017年01月26日 11:57)



日本とサウジアラビアの両政府が、サルマン国王の3月の日本訪問を調整していることが26日分かった。外交筋が明らかにした。
サウジ側は国王と安倍晋三首相らとの会談を通じ、石油依存からの脱却を図るサウジの経済構造改革に協力を要請する見通し。日本政府は安全保障面も含め、サウジとの交流拡大を目指す。
サウジ国王による日本訪問は46年ぶりとなる。国王は訪日と合わせ、アジア各国を歴訪する見通し。
サルマン国王の息子で経済と軍事の実権を握るムハンマド副皇太子は昨年8月に日本を訪問し、安倍首相らと会談、脱石油の経済構造改革「ビジョン2030」に協力を求めていた。
サウジは日本の最大の原油供給国。原油価格の低迷を背景に脱石油依存を急ぎ、大掛かりな構造改革に乗り出している。共同通信が報じた。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201701263274962/





蛆虫を迎え入れる現日本支配者とはどのような下衆野郎だろうか。
王子ならぬ汚蛆が日本へ来たら日本が穢れるではないか!
下衆は滅されるからサウジの汚蛆が訪日しても意味は無い。
血税の無駄遣いだ。

記事コメ;少年ゲリラ

















専門家:ロシアはコソボと引き換えにクリミアを獲得するか?
2017年01月26日 11:30



西側メディアのコラムニストで討論クラブ「ヴァルダイ」のメンバーでもあるメリー・デジェフスキー氏は、ロシアは米国との新たな関係を構築する文脈でコソボの独立を承認することができるはずだと考えている。
デジェフスキー氏の記事が雑誌Tabletに掲載された後、セルビアの主要紙の一つ、ブリッツ紙は、表紙にプーチン大統領の肖像画と「コソボ、それはプーチン氏が犠牲にする雑魚」という短い説明を付けた新聞を発行した。
専門家らも「米国はロシアのクリミアを承認し、ロシアはコソボの独立に同意する」というシナリオを議論している。ロシア戦略研究所所長顧問のイーゴリ・プシェニチニコフ氏は「スプートニク」のインタビューで、ロシアがコソボを承認するのは不可能だと述べ、少なくともプーチン大統領のもとでは不可能だとし、「ロシアにはクリミアがロシアであるために米国の支持は必要ない」と語った。
「ヴァルダイ・クラブ」のプログラムディレクターで、研究機関「外交政策」の責任者を務めるアンドレイ・スシェンツォフ氏は、「ロシアと米国が領土の承認・非承認で『取引』を開始すると述べても始まらない。少なくともロシアはこのような手段を使わない」と述べた。
クリミアは住民投票の結果、自主的にロシアの一部となった。一方コソボは米国やEUの支援を受けて一方的にセルビアから分離した。

https://jp.sputniknews.com/politics/201701263274293/
























ブラジルの刑務所で暴動が起こり、囚人の遺体でバーベキューをする
2017年01月26日 03:39



ブラジルのアルカクズ刑務所で暴動を起こした囚人たちが、同房の囚人たちの遺体でバーベキューをしているおぞましい動画がネット上に投稿された。

刑務所では10日間にわたる暴動で26人が死亡した。暴動は特殊部隊によって鎮圧された。Mirrorが報じた。

ネットに投稿された動画では、囚人たちがライバルグループのメンバーの遺体をたき火で焼いている。

死亡した囚人たちの親族は、引き渡された遺体には頭部、腕、足などがないと訴えている。
現在、囚人22人の遺体が確認されている。複数の情報によると、死亡したのは衝突していた麻薬カルテルのメンバーたち。

なお刑務所側は、刑務所内でカニバリズムがあったことの確認を拒否している。
伝えられたところによると、メキシコで非常に低額の整形手術に釣られ、女性たちが「胸肉屋」というニックネームのアマチュア外科医に身を任せた。。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201701263273973/




















菅直人元首相は3 11直後、イスラエルのネタニヤフ首相の脅しの電話を世界中に発信していた!




もうすぐ911・311は暴露され、やっと悪い奴らが退治される!朝堂院大覚・ベンジャミンフルフォード・水沢美架




恐怖!小泉進次郎の「日本人削減計画」発言はイルミナティ、人口削減計画推進者の手下か?




イルミナティに特別攻撃 第一弾                 『新・霊界物語 第百五十一話』




【日本人は全員観るべき】ドイツ公共放送の番組「フクシマの嘘」紹介




Best Demonic Possession Horror Movies / Hollywood Thriller English Movie




「石川雅己区長」の「黒い人脈」「山田慶一」について【NET TV ニュース.報道】裏・週刊金曜日ちゃんねる 2017/01/26




Russia Sniper Army Meilleur Film d'action Complet en Francais 2014




New American Sniper Full Movie 2015 English Subtitles Best Action Movies Sniper Legacy HD




Best War Movies 2016 - THE SNIPER - New Sniper Movies Full English HD




Horror Movies 2016 Full Movie English New Action American English Scary Movie




Best Horror Movies 2015 Movie English | Thriller Movies, Angelo Pippin




New Horror Movies 2016 ❖ action movies full movie ❖ new action movies 2016 full english





Alien vs Ninja 2010 Full Movie(HD)-No Links(YouTube)




Horror Movies 2016 Full Movie English - Scary Movies 2016 Hollywood HD Full Length - rea Pro




Horror Movies 2016 Hollywood English Thriller Full Movie




Action Movies 2016 Full Movie English - ASSASSIN'S MEMORIES - New Best Action Movies




Horror movies 2016 full movie english ❃ hollywood movies 2016 ❂ action movies 2016 hollywood




Horror movies 2016 full movie english - sci fi movies 2016 - action movies 2016 hollywood




New Horror Movies 2016 Full Movie English - Best Hollywood Scary Action Movies - HD




American Thriller Movies 2016 - Action Scary Movies 2016 Full Movie English [HD]




Zombieworld Zombies Of Mass Destruction Horrorfilm, ganzer Film




Zombie Películas Collection - ZOMBIE LAKE 2014 películas de terror 2014




Decay Zombie Film - Horror Movie




The Rise Of Neo-Nazism In Russia (2004)




Israel's Unbelievable Neo-Nazis




British Neo Nazis Amazing Documentary)




Aryan Brotherhood of Texas | Full Documentary HD




RUSSIAN PRISONS: Marked Pure Evil Tattoos - World Documentary Films




Russia's Toughest Prison - BBC Documentary HD 2016




[Good Movie]Assassin Kill The Sniper killer




File125 都市伝説、プレアデス星人編 人間の脳は、9割が使えないようにスイッチが切られている














覚書;

聖マクシミリアン・コルベと彼の民兵Immaculatae
Maike Hickson Maike Hickson 2016年6月22日1コメント
411
SharesFacebook405Google + 4Pinterest2TwitterPocket
Kolbe-1

2016年5月には、ドイツのサン・マクシミリアン・コルベとその民兵Immaculatae(MI)の精神性について、仲間の恵みがありました。退職師は、2000年にポーランドで元のカリスマ主義でMIを再開し、伝統的なカトリック信仰の中でMIを再開するのを手伝った聖ピオ十二世協会のカール・ステリン父親でした。

私は自分自身ではなかったので、私は退職の最も重要な側面のいくつかを私に与えるために私の親戚に尋ねた。その後、私は近年、伝統的民兵Immaculataeによって出版されたように、いくつかの小冊子を読んだ。伝統的なMIの公式ウェブサイトもあります。そこから私は以下の引用符をすべて引いてきました。

私はMIの歴史とMaximilian Kolbeがそれを設立した理由についてもっと学ぶために触れられました - ここで私は広範囲に引用します:

1917年はロシアの10月革命の年でしたが、ファチマの聖母の姿が現れた年でした!ローマでは、フリーメーソンは創立200周年を迎えました。あなたが見ているところでは、聖マイケルの大天使を描いた旗やポスターがルシファーの足元に征服され踏みつけられているのを見ることができました。

長い行列が永遠の都を通って聖ペテロの広場に向かった。 marchersは、冒涜の歌を歌い、バナーを運んだ。「サタンはバチカンに君臨し、教皇は彼の召使いになる」というようなスローガンを掲げた。

それと同時に、若いポーランドのフランシスカンがローマにも起こった。グレゴリオ大学の神学校のマクシミリアン・マリア・コルブ兄弟。彼はこれらの脅迫的なデモを目の当たりにした。 「可能なのか」と彼は自問自答しています。「私たちの周りをラップして何もしないうちに、私たちを倒すためには、敵がそのような力を発揮しなければなりません。結局のところ、私たちはもっと強力な武器を持っていないのですか?私たちは天国の全て、特にImmaculataの人たちに数えられませんか? "

若い宗教的な兄弟は聖書、教会の父親、偉大なマリアの聖人の教え、例えばセントルイス・マリー・グリニオン・ド・モンフォールの教えを瞑想しました。彼はまた、無原罪懐胎の教義とルルドの聖母の姿の意味を熟考しました。

確かに、これらの真理と謎のすべては霊的な意味を持つだけでなく、社会的関連性のために極めて実用的です。 "すべての異端者たちを納得させている汚れていない聖母は、彼女に向かって頭を上げる敵の前に退くことはありません。彼女は彼女の命令に従う忠実な僕を見つけると、想像以上に新しい勝利を勝ち取るでしょう。

1917年、ローマはImmaculataの勝利の一日を迎えました:1842年、ユダヤ人のAlphonse Ratisbonneの瞬間的な転換、奇跡的な勲章によって得られた恵みのおかげで。この偶然の一致はBrをもたらした。 MaximilianはImmaculataのKnighthoodを創設する考え。その紋章は奇跡の勲章となるでしょう。

1917年10月16日、ファチマでの太陽の奇跡の3日後、Br。彼の上司からの許可を得てマクシミリアンは、ローマのセラピックカレッジの礼拝堂で聖母の祭壇の前でひざまずいている間に、6人の仲間と共に民兵Immaculataeを創設しました。

「ファチマでは、Immaculataが効果的な精神的武器を与えました。ほぼ同時に、彼女はMIの創設によってこの反撃を組織するために、彼女の忠実な召使Maximilian Kolbeを選んだのです。教会と世界の現在の危機に関して、ファチマの3つの秘密の重要性を示しているので、私はここで勉強する価値があります。

ファチマの聖母がファチマの子供たちに教えたことは、私たちのためにも意味されていたことをはっきりと示しています。

それゆえ、彼女が教えたことのすべての側面を密接に研究することは非常に役に立ちます。例えば、茶色の肩甲骨、ロザリオ、そして5つの第一土曜日の重要性に次いで、父親が与えている例の一つは、贖罪の側面です。

祝福された母は、ファチマの子供たちに、自分自身の贖いの手段を求めないように教えました。しかし、むしろ、神が彼らの生活の中にもたらす苦しみと苦しみを受け入れ、提供します。

セントマクシミリアンが1917年に書いたように、MIの目的は以下の通りです:

すべての人の神への改宗のために働くためには、彼らは罪人、異端者、分裂主義者、ユダヤ人、特にメーソン人です。すべてが聖人となり、後援のもとで、無垢な聖母の仲介によって得られます。

マクシミリアン・コルベは、メディアの影響とフリーメーソンの影響を含めるために、彼の時代に起こったスピリチュアルな戦争を非常によく知っていたので、特に1917年に太陽の奇跡の後にこの三つの日、それは私にHoly Mothを助ける最も効果的な方法の1つと思われる。


聖マクシミリアン・コルベと彼の民兵Immaculatae
Maike Hickson 2016年6月22日1コメント
411
株式
405 4 2

2016年5月には、ドイツのサン・マクシミリアン・コルベとその民兵Immaculatae(MI)の精神性について、仲間の恵みがありました。退職師は、2000年にポーランドで元のカリスマ主義でMIを再開し、伝統的なカトリック信仰の中でMIを再開するのを手伝った聖ピオ十二世協会のカール・ステリン父親でした。

私は自分自身ではなかったので、私は退職の最も重要な側面のいくつかを私に与えるために私の親戚に尋ねた。その後、私は近年、伝統的民兵Immaculataeによって出版されたように、いくつかの小冊子を読んだ。伝統的なMIの公式ウェブサイトもあります。そこから私は以下の引用符をすべて引いてきました。
私はMIの歴史とMaximilian Kolbeがそれを設立した理由についてもっと学ぶために触れられました - ここで私は広範囲に引用します。

1917年はロシアの10月革命の年でしたが、ファチマの聖母の姿が現れた年でした!ローマでは、フリーメーソンは創立200周年を迎えました。あなたが見ているところでは、聖マイケルの大天使を描いた旗やポスターがルシファーの足元に征服され踏みつけられているのを見ることができました。

長い行列が永遠の都を通って聖ペテロの広場に向かった。 marchersは、冒涜の歌を歌い、バナーを運んだ。「サタンはバチカンに君臨し、教皇は彼の召使いになる」というようなスローガンを掲げた。

それと同時に、若いポーランドのフランシスカンがローマにも起こった。グレゴリオ大学の神学校のマクシミリアン・マリア・コルブ兄弟。彼はこれらの脅迫的なデモを目の当たりにした。 「可能なのか」と彼は自問自答しています。

「私たちの周りをラップして何もしないうちに、私たちを倒すためには、敵がそのような力を発揮しなければなりません。結局のところ、私たちはもっと強力な武器を持っていないのですか?私たちは天国の全て、特にImmaculataの人たちに数えられませんか? "
若い宗教的な兄弟は聖書、教会の父親、偉大なマリアの聖人の教え、例えばセントルイス・

マリー・グリニオン・ド・モンフォールの教えを瞑想しました。彼はまた、無原罪懐胎の教義とルルドの聖母の姿の意味を熟考しました。確かに、これらの真理と謎のすべては霊的な意味を持つだけでなく、社会的関連性のために極めて実用的です。

"すべての異端者たちを納得させている汚れていない聖母は、彼女に向かって頭を上げる敵の前に退くことはありません。彼女は彼女の命令に従う忠実な僕を見つけると、想像以上に新しい勝利を勝ち取るでしょう。


1917年、ローマはImmaculataの勝利の一日を迎えました:1842年、ユダヤ人のAlphonse Ratisbonneの瞬間的な転換、奇跡的な勲章によって得られた恵みのおかげで。この偶然の一致はBrをもたらした。 MaximilianはImmaculataのKnighthoodを創設する考え。その紋章は奇跡の勲章となるでしょう。

1917年10月16日、ファチマでの太陽の奇跡の3日後、Br。彼の上司からの許可を得てマクシミリアンは、ローマのセラピックカレッジの礼拝堂で聖母の祭壇の前でひざまずいている間に、6人の仲間と共に民兵Immaculataeを創設しました。


「ファチマでは、Immaculataが効果的な精神的武器を与えました。ほぼ同時に、彼女はMIの創設によってこの反撃を組織するために、彼女の忠実な召使Maximilian Kolbeを選んだのです。教会と世界の現在の危機に関して、ファチマの3つの秘密の重要性を示しているので、私はここで勉強する価値があります。

ファチマの聖母がファチマの子供たちに教えたことは、私たちのためにも意味されていたことをはっきりと示しています。それゆえ、彼女が教えたことのすべての側面を密接に研究することは非常に役に立ちます。

例えば、茶色の肩甲骨、ロザリオ、そして5つの第一土曜日の重要性に次いで、父親が与えている例の一つは、贖罪の側面です。祝福された母は、ファチマの子供たちに、自分自身の贖いの手段を求めないように教えました。

しかし、むしろ、神が彼らの生活の中にもたらす苦しみと苦しみを受け入れ、提供します。
セントマクシミリアンが1917年に書いたように、MIの目的は以下の通りです。



すべての人の神への改宗のために働くためには、彼らは罪人、異端者、分裂主義者、ユダヤ人、特にメーソン人です。すべてが聖人となり、後援のもとで、無垢な聖母の仲介によって得られます。



マクシミリアン・コルベは、メディアの影響とフリーメーソンの影響を含めるために、彼の時代に起こったスピリチュアルな戦争を非常によく知っていたので、特に1917年に太陽の奇跡の後にこの三つの日それは私の苦痛の中で聖母教会を助ける最も効果的な方法の1つと思われます。騎士団の仲間に加わります




無原罪のマリアの汚れなき御心に自分自身を完全に奉献させ、彼女に案内して私たちを戦いに導かせることによって、私たちは道徳的な強さと信頼に満ちていることが分かります。聖マクシミリアンは、無原罪の騎士になることによって、敵を追い払うことに専心していると強調しました。

私たちは祝福された母親が蛇の頭をぶつけることを知っているので、私たちの時間の危機に対処するために頼む必要があるのです。
(祝福された母親を魔王のように見せているパワフルなマニフィカートもここにあります!)これはコルベが言ったことです:Immaculataの民兵は守備力としてだけでなく、特に攻撃として存在します。

私たちにとっては、宗教を守るだけでは不十分です。私たちのすべての力と私たちの女王に信頼を置いて、私たちは魂を捜してImmaculataのために彼らを獲得するために、敵のキャンプに進んでいきます。世界のどこかで打ち負かすすべての心と、世界の終わりまで打ち砕かれるすべての心は、Immaculataのために捕らえられなければなりません。それが私たちの目標です!これをできるだけ早く達成したいと考えています。
(Letter、April 23、1929)。

騎士は、非常に多くの魂がメアリーの名前を聞いたことさえしていないという考えによって悩まされています。彼は彼女のために全世界で優勝したいと思っています。彼女を豊かな恵みで啓発し、彼女の母親の心の愛で暖かくし、愛情の炎を扇動するように、彼女は太陽の下のあらゆる鼓動する心臓、神のために、イエスの神聖な心のために。 (1938年6月10日、ドイツ語の最初の回文)。

Kolbeに続くStehlin父は、無原罪の騎士の役割を果たすための簡単な方法を提示しています。無原罪の奉献の後、ナイトは自分自身を常に祝福された母のインスピレーションに開放します。毎日ロザリオを祈り、生活の中で自分の国の義務を果たすことによって、奇跡の勲章を身に着けて普及することによって、この霊的な敵との闘いにおいて、私たち自身の特定の役割を分別するための基礎が定められています。

ステリリン父親は、コルベの霊性に関する彼自身の発言でも、従順の重要性と人生における自分の国の義務の履行を強調する。私たちの上司に謙虚に従うか、私たちが変えることができないものを受け入れて、それゆえに神の意志として受け入れなければならない(つまり、コルベの理解では、Immaculataの意志として) - 神を喜ばせ、自分自身。

加えて、Kolbeは常に私たちの職務の遂行に多くの注意を払った。小さな子供の場合のように私たちの仕事が慎重に行われれば、私たちは神を喜ばせます。 Stehlin父親は、このような充実感は、特別な祈りをするよりも重要だと言います。

マクシミリアン・コルベが我々が想定しているこの新しい役割を提示した方法は、実際には美しいものです。彼はそれが非常に少ないと言いますが、私たちはぬるぬるカトリック教徒から霊的に鮮やかなカトリック教徒に完全に変容し、常に行動して祈る準備ができています。

この霊的な目覚めの手段は、日中、私たちが行うすべてのものを提供する準備が整っていることです。それは、マリアの汚れなき御心に、キッチンの清掃や法案の記入だけです。

私たちの一番の贈り物は、彼女と彼女の聖なるものによって神様への大きな贈り物に変わります。日々の小さな射精によって、愛の贈り物を天国に送り、常に魂を救うための助けを借りて、私たちは天国と私たちの生活の中での絶え間ない存在をより深く認識しています。 「イエスとマリア、私はあなたを愛している、魂を救う」や「罪なしで妊娠したメアリー」のような小さな祈りは、あなたに頼る私たちのために、またあなたに頼ることのないすべての人々のために、特に石工と、あなたに賞賛されるすべての人たちのために、 "無垢な者の使徒たちへと私たちの心がますます変わります。

(ここで、父親Stehlinは、罪の80%において、このような即時の射精がその罪を避けることを強調しています)。私たちはツールとして自分自身を提供していますが(Kolbeは手のほうきや布のイメージを使用します)この世の中の悪の影響に対する彼女の闘いのために、私たちは神聖で有用な道具を使います。


Stehlin父によると、マリアの汚れなき御心の勝利は霊的になります。彼女が空に現れるのではなく、むしろ、神のために一つの魂を獲得し、それを悪魔の罠から救うことです。つまり、無垢の騎士団に自分自身を提供するという簡単な行為によって、彼女は私たちを有効な道具に変え、今の時代、自分の場所でこの特定の瞬間。この努力の中で、奇跡的な勲章は非常に重要です。奇跡的な勲章の使徒になって、私たちがどこに行くにしても、私たちが出会う人にでも出させてください。私はいつもメダルを



私はいつもメダルを私たちが普及している小さな種子と考え、祝福された母親は自分のタイミングで成長すると思っています。私たちはとても貧しくて弱いので、単に祝福された母親を援助するだけです。彼女は残りをする。私はこのような霊的戦いを刺激的で爽快に描くことができます。 Stehlin父親は、2000年に修復された基盤以来、MIの巨大な成長を目の当たりにしています。(当初はKolbe自身によって設立されたMIはまだ存在していますが、残念ながらその名前を「ImmaculateのMission同様に、コロンビアの精神は、バチカン2世後の雰囲気に軟化し、適応しているようです。」

多くの魂が奮闘し、多くの魂が変わった。 2017年が到来して以来、ファチマの聖母の奇跡の100周年を迎えて以来、民兵Immaculataeの重要性と重さはさらに増しています。カッパラ枢機卿が最近シスター・ルチア自身を引用して言ったように、主とサタンの間の最後の戦いは結婚と家族に関するものであることを知っているので、彼女の戦いを助けるために祝福された母親彼女の息子の敵。

彼女はまた、「異端者の征服者」とも呼ばれています。カトリック教会のすべての命令のなかで、それは残酷な攻撃を受けたのはフランシスカンの聖母の兄弟(FFI)その後、彼がピーターの王位に昇った直後に、フランシスコ自身によって不当に扱われました。 FFIは、セントマクシミリアンコルベの指導に従って、それ自身の霊性の中で、完全に心をこめています。その美しい秩序の破壊が始まった後、私は彼らの公式サイトを見ました。自分のカリスマ性をキリストの十字架に結びつけているビデオを見たとき、私は私の目に涙があり、私の夫に言った:「彼らは今、私たち全員のために十字架を運ぶ!」私たち一人一人、他の人たちも同じことをしていることを知り、マリアの汚れなき御心を信じて、私たちは多くの良いことをすることができると信じています。

聖マキシミリアンコルベ自身の指導の下、民兵Immaculataeは急速に成長し、特に東ヨーロッパでは10万人以上のメンバーを抱えていました。 100人以上の聖者と殉教者がそれから勃発し、殉教者は東ヨーロッパの共産主義キャンプで死にました。 1960年代初めまでに、MIには300万人のメンバーがいました。第二バチカン公会議の余波でMIの残念な弱体化の後で、今度は再び湧き出てImmaculataの強力な手段になることが私の希望です。これらは、Stehlin父親の感動的な後退に私の親戚が祝福されて参加したことによって、私にはより明確で感動的になったいくつかの洞察と側面です。

私はより多くを学び、今後このトピックについて書いていきたいと思っています。サン・マクシミリアン・コルベの使徒職が最も重要なのは、メディアの使徒職でもあったという事実は、私たち自身の出版物で信仰のために戦おうとする私たち全員にとって非常に魅力的であるはずです。

個人的に私は個人的に、これは実際には最も純粋な人の手の中で有用で効果的な道具になるために、わたしたち自身の小さな道で、私たち全員にとって最高かつ最もアクセス可能な方法と思われる使徒です神の母。セントマクシミリアンコルベ、私たちのために祈ってください。マリアの汚れなき御心、私たちのために祈り、私たちを導きます。


Saint Maximilian Kolbe and His Militia Immaculatae


In May of 2016, a relative of mine was blessed to participate in a retreat in Germany about the spirituality of Saint Maximilian Kolbe and his Militia Immaculatae (MI). The retreat master was Father Karl Stehlin of the Society of St. Pius X, who himself helped to re-start the MI with its original charism and within the traditional Catholic Faith in the year 2000 in Poland.
Since I was not myself present, I asked my relative to give me some of the most important aspects of the retreat. Subsequently, I read some of the booklets as they have been published by the traditional Militia Immaculatae in the recent years. There is alsothe official website of the traditional MI, from which I have drawn all the following quotes.
I was touched to learn more about the history of the MI and why Maximilian Kolbe founded it – and here I quote extensively:
1917 was the year of the October Revolution in Russia, but also the year of the appearances of Our Lady in Fatima! In Rome Freemasonry was celebrating their 200th anniversary.
Everywhere you looked you could see flags and posters depicting St. Michael the Archangel being conquered and trampled underfoot by Lucifer. Long processions winded their way through the Eternal City toward St. Peter’s Square. The marchers sang blasphemous songs and carried banners with slogans such as: “Satan will reign in the Vatican and the Pope will be his servant.”
At that same time a young Polish Franciscan happened to be in Rome also: Brother Maximilian Maria Kolbe, a theology student at the Gregorian University. He was compelled to witness these menacing demonstrations. “Is it possible,” he asked himself, “that our enemies should make such a display of force in order to defeat us while we fold our hands in our laps and do nothing? After all, do we not have much more powerful weapons; can we not count on all of heaven, and especially on the Immaculata?”
The young religious brother meditated on Sacred Scripture, the Fathers of the Church, the teachings of the great Marian saints, for example, those of St. Louis-Marie Grignion de Montfort; he also pondered the dogma of the Immaculate Conception, as well as the meaning of the appearances of Our Lady in Lourdes. Indeed, all of these truths and mysteries not only have spiritual significance but also are extremely practical because of their social relevance. “The spotless Virgin, vanquisher of all heresies, will not retreat before the enemy who raises his head against Her. When She finds faithful servants who obey Her command, She will win new victories, greater than we can ever imagine.”

In 1917 Rome was celebrating another anniversary, however, a day of victory for the Immaculata: the instantaneous conversion of Alphonse Ratisbonne, a Jew, in the year 1842, thanks to graces obtained through the Miraculous Medal. This coincidence gave Br. Maximilian the idea of founding a Knighthood of the Immaculata. Its emblem would be the Miraculous Medal. Three days after the miracle of the sun in Fatima, on October 16, 1917, Br. Maximilian, with permission from his superior, founded together with six confreres the Militia Immaculatae while kneeling before Our Lady’s altar in the chapel of the Seraphic College in Rome.

As Father Stehlin himself once put it: “In Fatima, the Immaculata gave us an effective spiritual weapon, and, almost at the same time, She chose Her loyal servant Maximilian Kolbe to organize this counterattack by the founding of the MI.” The link I gave here is worth studying because it shows the importance of the three Secrets of Fatima with regard the current crisis in the Church and in the world. It shows very clearly that what Our Lady of Fatima taught the children in Fatima was meant also for us. It is therefore very helpful to study closely all the aspects of what she taught. One of the examples that Father Stehlin gives – next to the importance of the Brown Scapular, the Rosary and the Five First Saturdays, for example – is the aspect of penance. The Blessed Mother taught the children of Fatima not to seek their own means of penance, but, rather, to accept and offer up those penances and sufferings that God brings into their lives.
The purpose of the MI, as St. Maximilian put it in 1917, is as follows:
To work for the conversion to God of all men, be they sinners, heretics, schismatics, Jews, etc., in particular the Masons; and that all become saints, under the patronage and through the mediation of the Immaculate Virgin.
Since Maximilian Kolbe was very much aware of the spiritual warfare that took place in his time – to include the influence of the media as well as of Freemasonry – and especially since he providentially founded this apostolate only THREE DAYS after the Miracle of the Sun in 1917, it seems to me one of the most effective ways of helping Holy Mother Church in her distress – by joining the ranks of the Knights of the Immaculate. By consecrating ourselves completely to the Immaculate Heart of Mary and by asking her to guide and to lead us into the battle, we might find that we are growing in moral strength and trust.

St. Maxilimilian stressed that by becoming a Knight of the Immaculate, one is dedicated to strike back at the enemy. Since we know that the Blessed Mother will crush the head of the serpent, it is to her that we have to have recourse in order to combat the crises of our time. (We also remember here the powerful Magnificat which shows the Blessed Mother as a mulier fortis!) This is what Kolbe said:

The Militia of the Immaculata exists not only as a defensive force, but especially as an offensive. For us it is not enough just to defend religion. With all our might, and trusting in our Queen, we advance even into the enemy camp, in order to hunt down souls and to win them for the Immaculata…. Every heart that is beating somewhere on the world and every one that shall beat until the end of the world, must be captured for the Immaculata: that is our goal! And we want to accomplish this as quickly as possible. (Letter, April 23, 1929).
The Knight is haunted by the very thought that so many souls have not even heard the name of Mary. He would like to win the whole world for Her. To bring Her to every beating heart under the sun and to every heart that shall ever beat, so that She may enlighten these hearts with abundant graces and warm them with the love of Her maternal Heart, and enkindle in them and fan the flames of love for God, for the Sacred Heart of Jesus. (First circular letter in German, June 10, 1938).

Father Stehlin, in following Kolbe, presents a simple way of how to live out that role of the Knight of the Immaculate. After the consecration to the Immaculate, the Knight makes himself always open to the inspirations of the Blessed Mother. By wearing and spreading the Miraculous Medal, praying the Rosary daily and by fulfilling the duties of one’s state in life, the foundation is laid down for discerning our own specific role in this spiritual fight against the evil forces.
In his own remarks about Kolbe’s spirituality, Father Stehlin also stresses the importance of obedience and the fulfillment of the duties of one’s own state in life. In humbly obeying our superiors or by accepting those things in our lives that we cannot change – and thus, have to accept as God’s Will (or, in Kolbe’s understanding, as the will of the Immaculata) – we may better please God and thereby sanctify ourselves. Additionally, Kolbe always paid much attention to the fulfillment of our duties. If doing carefully what our tasks are – also as in the case of little children – we please God. Father Stehlin says that this sense of dutifulness is even more important than saying some extra prayers.

The way that Maximilian Kolbe has presented this new role which we are to assume is, indeed, beautiful. He says it is very little we do, but we will be fully transformed from a lukewarm Catholic into a spiritually vivid Catholic who is always ready to act and pray. The means for this spiritual awakening is our readiness, throughout the day, to offer everything we do – and be it just a cleaning of the kitchen or the filling out of bills – to the Immaculate Heart of Mary. The smallest gift on our part will be turned by her and her holiness into a great Gift to God. By our little ejaculations throughout the day – sending little gifts of love up to heaven and always with the intention to help to save souls – we make ourselves more and more aware of heaven and its constant presence in our lives.

A little prayer, such as “Jesus and Mary, I love you, save souls,” or “O Mary, conceived without sin, pray for us who have recourse to Thee, and also for all those who do not have recourse to Thee, especially for the Masons and for all those who are commended to Thee” will turn our hearts more and more into apostles of the Immaculate. (Here, Father Stehlin stresses that, in 80% of occasions of sin, an immediate ejaculation like this could avert that sin.) While we offer ourselves as the tools (Kolbe uses the image of a hand broom or a cloth), she makes us holy and useful instruments for her struggle against the influence of the evil one in this world. The triumph of her Immaculate Heart of Mary, according to Father Stehlin, will be spiritual. It will not be that she appears in the sky, but, rather, that she wins one soul after another for God and rescues it from the snares of the devil.

That is to say, by our simple act of offering ourselves to the Immaculate as Her Knights, she turns us effectively into useful tools, doing what she knows needs to be done now – in this time of history, at our own place, and at this specific moment.

In this effort, the Miraculous Medal has a great importance. Let us become apostles of the Miraculous Medal, giving it out wherever we go and to whomever we meet. I always like to think of the medal as little seeds that we spread and that then the Blessed Mother makes grow – at her own timing. Since we are so poor and weak, we are just to assist the Blessed Mother by simply giving the medal to others. She does the rest.

I can picture this kind of spiritual warfare to be exciting and exhilarating. Father Stehlin himself can give witness to the immense growth of the MI since its restored foundation in 2000. (The MI originally founded by Kolbe himself is still in existence, but has unfortunately changed its name into “Mission of the Immaculate,” which diminishes the sense of spiritual combat. Similarly, the
Kolbean spirit seems to have been softened and adapted here to the post-Vatican II atmosphere.) Many souls have been enkindled, many souls have converted. Since 2017 is coming up – and with it the 100th anniversary of the apparitions of Our Lady of Fatima – the Militia Immaculatae might gain even more in

importance and weight. Since we know that the last battle between the Lord and Satan is about marriage and the family – as Cardinal Caffarra has again recently told us, by quoting Sister Lucy herself – it seems only fitting to turn to the Blessed Mother in order to help her fight the enemies of her Son. She has also been called the “vanquisher of heretics.”

I also do not consider it an accident that, of all orders in the Catholic Church, it was the Franciscan Friars of the Immaculate (FFI) who were the first to be cruelly attacked, and then unjustly treated by Pope Francis himself almost as soon as he ascended the Throne of Peter. The FFI, in its own spirituality, is fully and whole-heartedly, following the guidance of St. Maximilian Kolbe. I remember how after the destruction of that beautiful order started, I looked at their official website. When I saw a video describing their charism as uniting themselves with the Cross of Christ, I had tears in my eyes and said to my husband: “They now carry the Cross for all of us!”

If we all, each one of us, carry each of our little crosses in this same spirit, united with one another in love, knowing that others are also doing the same, and trusting in the Immaculate Heart of Mary, I believe we will be able to do much good.

The Militia Immaculatae, under the guidance of St. Maximilian Kolbe himself, had grown quickly and had more than 100,000 members, especially in Eastern Europe. More than 100 saints and martyrs sprang from it, martyrs dying in the Communist camps in Eastern Europe. By the early 1960s, the MI had three million members. After a regrettable weakening of the MI in the aftermath of the Second Vatican Council, it is my hope that it may now once again spring up and become a strong instrument of the Immaculata.

These are but a few insights and aspects that came to be clearer and more inspirational to me simply through the blessed participation of my relative in Father Stehlin’s inspiring retreat. I hope to learn more and to continue writing about this topic in the future. The fact that Saint Maximilian Kolbe’s apostolate was most importantly also an apostolate of the media should be very appealing to all of us who try to fight for the Faith with our own publications. To me personally, this is, indeed, an apostolate that seems the best and most accessible way for all of us, in our own little way, in order to become useful and effective tools in the hands of the most pure – the Immaculate – Virgin Mother of God.

St. Maximilian Kolbe, pray for us.
Immaculate Heart of Mary, pray for us and guide us.


[参照URL]http://www.onepeterfive.com/saint-maximilian-kolbe-militia-immaculatae/

[ 2017/01/27 01:51 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)