FC2ブログ







12/10

section31
覚書:
section31
California:NO.31 11111
Mary Wollstonecraft Godwin Shelley:Frankenstein
Augusta Ada King, Countess of Lovelace:computer programs
[ 2012/12/10 20:26 ] 覚書等 | TB(0) | CM(2)

おこちゃんさんコメントありがとうございます。

ナンバーはわたしの前を走る車のものです。
意識的ではなく偶然を超えた確率でその日、その時のナンバーが現れるものです。
上段の尾張小牧550やひらがななどは数字偽装したりして陸運局職員や探偵でもナンバーから所有者を特定できないよう配慮してプライバシーの保護をしているものですが、大きい数字はすべてそのままなものです。
わたしが動くとわたしをとりまく存在が敵味方入り混じって回転しながらわたしを取り囲むようにして動いてくるものです。
たとえばここ宮崎県に始めて来て住むことになった借家の敷地内にある電信棒のナンバーがわたしの誕生日であったり、まるでわたしがむかしからこの地に縁があるかのようにして他にもいろいろな数字や文字がわたしの潜在意識に影響を与えているものです。
おこちゃんさんも信号待ちの前の車のナンバーをふと見て見れば、かなりの確率でこれは偶然ではないというようになると思うものです。
どちらかというとおこちゃんさんも不思議系ですからねッ!

商店街の易者に手相を何度か見てもらったことはあるものですが、言われた内容を不思議に覚えていないものです。
[ 2012/12/11 00:25 ] [ 編集 ]

ゲンさんへ。 
今日の、写真、車のナンバー31ですが、今までの車の写真のナンバーの多くに、3がついてますね。あとは1.
それから66.自衛隊は例外でしたが。
意識的なのですか?

それらをみていたら、銀杏の葉のときの写真ありましたねー。 
手相で、感情深く、仏眼(指のしわ)を持っているのですね。
と、占いに観てもらったことはありませんか?

老眼鏡をかけていたので、細かいところまでみてしまいました。
あいすみませんッス。
[ 2012/12/10 22:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/tb.php/248-c766c629