FC2ブログ







2015/01/04







陰謀の彼方へ01







みなさんこんばんはー!


今日の大分は比較的に暖かい一日となったものです。

みなさんの方はどんな日和だったものでしょうか。




日本人女性を3週間監禁し暴行、観光ガイドの兄弟を逮捕 インド2015年01月04日 09:40 発信地:パトナ/インド

インド・ムンバイで女性を標的とした性犯罪に抗議するデモに参加したインド人女子学生たち(2014年12月10日撮影)。(c)AFP/INDRANIL MUKHERJEE 写真写真拡大をみる 写真購入のお問合せはこちら .【1月4日 AFP】インドの警察当局は3日、同国ビハール(Bihar)州の仏教聖地ブッダガヤ(Bodh Gaya)近郊で日本人女性観光客(22)を3週間にわたり監禁・強姦した容疑で、インド人の兄弟2人を逮捕したと発表した。

 ブッダガヤはビハール州の州都パトナ(Patna)の南方110キロにある古い仏教聖地で、世界的に人気の観光名所となっている。初動捜査によると、被害者の女性は仏教徒の巡礼地付近にある地下室に銃で脅されて監禁されていたという。

 地元ボードガヤ(Bodh Gaya)警察のアロック・クマル・シン(Alok Kumar Singh)副本部長はAFPの電話取材に対し、観光ガイドの32歳と25歳の兄弟を2日に逮捕したと語った。

 捜査員の一人が匿名でAFPに語ったところによると、被害者の女性は繰り返し性的暴行を受けたことと劣悪な生活環境により健康状態が悪化したため、昨年12月20日にガヤ(Gaya)の医療機関に連れて行かれた。その際、女性は逃亡に成功。バラナシ(Varanasi)までたどり着いたところで出会った日本人観光客に助けられ、コルカタ(Kolkata)の日本総領事館に連絡を取ったという。女性は大学生で、11月からコルカタのホテルに滞在しており、ガヤを旅行中だった。

 インドでは2012年にニューデリー(New Delhi)で、走行中のバスで女子学生が集団レイプされ死亡する事件が起きて以来、女性に対する暴力が問題となっている。外国人女性が襲われるケースも複数報告されており、観光客数の減少にもつながっている。(c)AFP



http://www.afpbb.com/articles/-/3035585


世界各地で現在進行形で、ずっとおきている凶悪な犯罪の影には、あの組織が関わっているものです。

これらはこの日本各地でも実際に犯行されているものです。

世界はもとより、ここ日本も平和ボケしていたならばすぐさまいつ餌食になっても不思議ではないものです。

奴らは扮装します。

時には牧師であり、教師であり、医師であり、警備員や警察官であり消防隊員であり、役人であり、学校の校長でもあり、少年野球の監督やボーイスカウトやガールスカウトの役に就いているものも存在するものです。

ディズニーランドに未だに大切であろうお子様をお連れになる人が多いことは、まことに残念な現実のひとつであるものです。

この戦後という大嘘の平和に見せかけた戦争継続状態という異常な状態の中で、わたしたち世界の何も知らされない一般の市民たちは、いつまであの酷い存在たちの操る糸に絡まれているものでしょうか。

操るその糸を目覚めることで自ら断ち斬るその時まで、できる限り辛抱強く執念深くわたしはわたしにできることを継続していくものです。

この時という概念が許すその時まで。





[ 2015/01/04 21:06 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する