FC2ブログ







2015/02/13 Нибиру гэдэг= DEVIL ניבירו































こんばんはー。

ん~、昨日のニビル人はリアルと言っても実は過言ではないものです。

あのようにふざけた低次元の傲慢と独占欲と性欲しかない輩によって、わたしたちは長い間に侵略蹂躙されてきているものです。

昨日の動画の中に、主人たちは・・・色んなジャンルの・・・というくだりも、あれも本当であるものでしょう。

なぜなら、とんでもないことにわたしたちはあのような下衆なニビル人とそれらに忠誠を誓う替わりに代行支配してきている地球の雇われマダム率いる組織されたカルトのネットワークによる囚われの身状態にあってきて、それが今も続いている世界支配であるものです。

みなさんは赤十字社ときいて何を連想するものでしょうか。

おそらくは大病や大きな手術を必要とする人たちのための愛の献血であるものでしょうか。

そんな献血が必要な大事など、病気も含めて本当はほぼ皆無であったにもかかわらず、むしろ病気というものを創作され、さまざまな呼び名の病名や感染症が次から次へとまるで用意されていたかのように現れるのは、本当に正常な世界でしょうか?

実はガンは治せるし、予防できるし、完全に根絶できるのに、もうずっと前からそれらを隠蔽し、そしてこともあろうか、逆にガン細胞が増殖するようにわたしたちの足元から、また知識から奴らは工作し、洗脳し、またはマインドコントロールして騙して、そしてその治療費やその保険・・・の永続的な利権のシステムを構築してきているものです。

リセット戦争詐欺、デタラメ医療詐欺、デタラメ宗教詐欺、デタラメ教育・・・デタラメデタラメ・・・・・あらゆる分野でデタラメ・・・・デタラメ赤十字偽天皇・・・。

その証拠はみなさんのもうすぐ目の前にも存在しているものです。

ミチコさんはクリスチャンでしたか・・・。

ま、もう、アレですね。

このくだらない世界マッチポンプ劇場は今夜も続けられている・・・その舞台の足場からグラグラし始めてきていても、未だに目を覚まさない羊たちを今日も生贄としながら。

やつらから言わせればそれはまぎれもない家畜でしょう。

どうせ世界はこんなものだからと、諦める人は諦めたらいい。

それを選択するのはその本人に他ならないのだから。

わたしは諦めない。

なぜならこんな世界のままなら嫌だから。

ということで、今夜も志村のお話はぶっ飛んでいる様子?であるものでしたね。


今日観たYOUTUBE/HP/ニュース記事など;





クジラ200頭打ち上げ=NZ南島の天然「わな」
時事通信 2月13日(金)15時25分配信


. 【シドニー時事】ニュージーランド南島の北岸にあるゴールデン湾で13日、200頭に上る大量のゴンドウクジラが浅瀬に打ち上げられ、動けなくなっているのが見つかった。地元メディアによると、20頭以上が既に死んでおり、環境保護局のスタッフやボランティアらが協力して救助を急いでいる。
 
ゴールデン湾の上部には釣り針状に突き出た岬があり、その周囲に浅瀬が広がっているため、クジラが身動きをとれなくなりやすい。専門家は自然に作られた「クジラのわな」と呼んでおり、過去にもクジラの打ち上げが何度も確認されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000103-jij-asia
[ 2015/02/13 23:04 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する