FC2ブログ







2015/02/22 日曜日





















こんばんはー!

今日はお出かけしようと車で、「あっ! ガソリンが・・・」。

お金をおろすのにも日曜日・・・困ったところでいつもお世話になっている自転車の達人さんに三千円お借りすることに。

助かりました!

わたしお金を借りるなんてことは貸すことはあっても生まれて初であるものです。

ま、お金を借りたのですから今度は色をつけて返すのが礼儀であるものです。

基本的にはお金というものは貸し借りはTABOOであるのが信条であるものなのですが、今日は仕方がなかったものです。

それにわざわざ大分市へ行くついでだからと自転車で彼女と来てくれて、それに写真のケーキやスイーツまでいただいて、感謝しているものです。

ん~、このケーキは前にもいただいたのですが、彼女からかな。

おいしいものですよ、コレ。

あと創業安政元年という明石屋というかるかん饅頭に、それとプレミアム桃子なるスイーツ。

ん~、おいしそうだな亞~。

いただきます!!

今日も大分は天気がね~・・・写真のとおりな感じであんまり良くなかったものですよ。

と書き込みしながらお饅頭をパクリと頂いているものです。

おいしい~!

ご馳走様です!

気持ちが萎えているときには甘いものが良いのかも知れないものですね。

わたしはむかしは甘いものはほとんど食べないものでした。

かといって極端に辛いものも苦手。

たとえば台湾ラーメンなどは食べたらむせ返ってしまうものです。

でもいつからか甘いものも好きになっていたものです。

ま、特に白砂糖は体には害であるものですが、わたしはキビの砂糖とか、あとは料理には白砂糖よりは少しだけマシな三温糖。

お塩は今あるのは沖縄のお塩とかかな。

ま、独り者なのであまり消費量もないものなので、この辺は少し高価でも一応気をつかっているものです。

ま、逆に言えば独り者は病気になれば誰も面倒もみてはくれないもので、そういう意味で独り者こそ健康には気をつけなければならないのかも知れないものでしょう。

今日の世界はどうでしょうか。

相変わらず腐った輩が何も知らない日本人にトラウマを植えつけるために犯罪を重ねているものでしょう。

被害にあわれたかた、あなたひとりではないものです。

あなたは堂々と毅然としていればよいものです。
トラウマの正体なんてくだらないものですから。

何があろうとも、あなたはあなたであるものです。

あ、そうそう、この前買ったと言っていた本。

ま、写真の夜の床屋という表紙に黒ネコがさりげなくいたので購入したものです。

ネタバレになるのであまり詳しくはインプレできないものですね。

ま、これは6つの作品がおさめられていて、[夜の床屋] [空飛ぶ絨毯] [ドッペンゲンガーを捜しにいこう] [葡萄壮のミラージュⅠ] [葡萄壮のミラージュⅡ] [眠り姫を売る男]というお話しであるものです。

葡萄壮のミラージュはⅠ・Ⅱなので正確には五話であるものですが。

ん~、少し微妙にストーリーの展開が強引かな? 始めに着想ありきで、それに少し強引に話を展開していくという感じは否めないものですが、ま、こういう三毛猫ホームズとか、短編~長編小説を読むのは大好きであるものです。

わたしがこの中で気に入ったのは空飛ぶ絨毯かな。

ほかにもいっぱい読んだものですが、なにせ他のはイルミナティーだろ、おまえ・・という作者のものが多く、あんまりインプレするには向かない感じの小説ばかりであるものです。

例えるならハリウッドの映画になるようなものはタイトルだけでネタバレ気味なので好きではないものですね。
完成度が高いようにみえて、実は中身はくだらないというものが多いものです。

ん~、やっぱりわたしがよく出合う小説には何故かネコさんが多々登場するものですね。

ネコ繋がりか亞~。

ロシア文学とか、ロシア人の小説とかも今度読んでみたいような気がするものですよ。
なんだかお国柄、ネコさんがいっぱい登場してそうな気がするからであるものです。

ま、わけあって姫ちゃんとも住むことはかなわなかったものですが、ま、小説の中のネコさんであればそれも叶うものでしょう。

そうそう、このまえ道を塞いでいたネコさんがいて、頑なに道を塞いでいたので仕方なく車に乗せて例のおいしいラーメン屋さんへ。

ご主人いわく、けっこう根性があるネコさんで、今はラーメン屋さんご夫妻が飼っているものです。

毛の色とかがタヌキみたいなネコさんで、それはそれは珍しいネコさんであったものです。

しかし何故にわたしの行く手に立ちはだかったのか・・・ひょっとしてラーメン屋に連れて行け!ということだったのかも知れないものですね。

一人で生きていく俊敏さや軽快さをもちながらも、ネコもひとりでは寂しかろうて~。

ネコさんもけっこう縄張りみたいなものがあって、その場所のボスネコさんにこてんぱんにやられているネコさんもいるそうであるものです。

野良の世界も伊達では生きてはいけない、そんな厳しい世界があるものでしょう。

ま、そんなかんなで今夜はまた小説でも読みながら眠るものですよ。

それでは~。




今日観たYOUTUBE/ニュース記事/HPなど;

米国の研修者 火星で恐竜の頭蓋骨を発見

研究者たちは、米航空宇宙局(NASA)のサイトに掲載された画像で、恐竜のものである可能性のある頭蓋骨を発見した。「ロシア新聞」が報じた。

拡大すると、砂に埋まっている頭蓋骨と、鼻の穴が見える。なお、NASAの画像では、生き物のからだの他の部分は見当たらない。

画像にうつっているものが石ではなく、生き物の頭蓋骨である証拠となったのは、歯だった。

古生物学者たちは、歯について、形と大きさから、草食動物のものであるとの見方を示している。

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_21/kasei-kyouryuu/



英国、未発表のシャーロック・ホームズが発見


英国で以前発表されていなかったシャーロック・ホームズの短編が見つかった。著者コナン・ドイルはスコットランド地方の都市セルカークにかかる市営の橋の復興資金のために、この小説を書いたものと考えられている。テレグラフ紙が報じた。

セルカーク市にかかる橋は1902年に起きた洪水で流された。地元民は橋の復興資金を集めることを決意し、支援の希望者は1編ずつ文学作品を書いた。この結果編まれた48ページに及ぶ選集は完売され、復興資金が集まり、橋は蘇った。コナン・ドイルによる1300単語の短編もこの選集に掲載された。シャーロック・ホームズとワトソンがセルカークに行く道中である事件に遭遇するという内容。

この本を見つけたのは歴史家で詩人のウォーター・エリオット氏(80)。本は30年以上前に友人から贈られていた。

ただし、選集に掲載のシャーロック・ホームズの話にはサインがない。これが理由で誰の筆によるものかは謎に包まれている。選集の最後にコナン・ドイルが名誉市民として慈善事業に参加していた事が書かれている。

RT (ロシアテレビ)

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_22/eikoku/


[ 2015/02/22 19:36 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(2)

Re: タイトルなし

おこちゃんさんこんばんはー!

お陰さまで~v-290

今日は少しラーメン屋さんにも顔を出したのですが、拾ったタヌキみたいなネコはミチと名づけられたものです。

もうすっかり他のネコと仲良く遊んでいるものですよ。

10匹飼ってますからね。

わたしが拾ってきたので9匹が10匹にv-283
[ 2015/02/23 19:17 ] [ 編集 ]

回復して良かったー。
調子や気分が優れなそうだと心配です。
自転車の達人さんカップルにお菓子いたただいて
元気が出たのかな。私も年取ってきてから、甘いものを
少し食べるようになりました。頭の疲れにはいいですね。

またまた、😸にゃんこ発見ですか~。
ラーメン屋さんもかなりの愛猫家で優しい方デスネ。
[ 2015/02/23 01:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する