FC2ブログ







226 PC不調の為、投稿テストです。記事ではありません。 Nibiru=Nouvelle=illuminazi源氏[GENZI]

226 6618





覚書;

gen z i /e nazi/Extra-Terrestrial NAZI
/i z gen /I am a generation of the Z/nibiru alias Z I yuri 百合





葛西臨海水族園でマグロ謎の大量死、死因特定できず

東京の葛西臨海水族園でマグロが大量死しているのが見つかったのを受けて、研究者らは死因の特定作業に急いでいる。25日も新たに3匹の死亡が明らかにされており、これまでに水族館で残ったマグロはたった2匹をだけとなった。

2014年11月1日の段階で水族館にはクロマグロやカツオが159匹生息していた。

水族館指導部は、マグロへのストレスを軽減するため、夜間の照明をやめ、余計な振動、騒音を避けるため、修繕作業を停止したものの、何の効果もなかったことを明らかにした。

調査では死んだ魚の体内から、何らかのウイルスが発見されたことが明らかにされたが、詳細はわかっておらず、直接の死因も未だ不明なまま。

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_25/283072774/

日本人専門家、日露平和条約締結は世界の安定に多大な意味

日本とロシアの平和条約締結は東アジアと世界全体の平和と安定に大きな意味を持つ。露日関係の専門家として知られる成蹊大学法学部の富田武名誉教授はタス通信の記者に対し、こうした見解を表した。このインタビューは、日ソ基本条約批准90周年を記念して行なわれたもの。同条約によって二国の外交関係が樹立された。

富田教授は、両国の国益を考慮し、東アジア、また全世界の平和と安定の立場からも平和条約締結に向けた交渉は続けていかねばならないと強調。

また教授は、両国間の領土問題および平和条約締結を討議する際には、双方が柔軟性を発揮する構えでなければならないとし、共同宣言がスタート地点になりうるが、4島全島返還ないしはその返還を行なわないことが問題の唯一の解決策となるとは限らず、互いに国益に合致するような妥協的解決を図らねばならないと語った。

日ソ基本条約は1925年1月20日に締結し、同年2月25日に発効した。これによりソ連と日本は外交、協議関係を結び、公式的な経済協力を開始した。

タス通信
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_25/283072189/



二・二六事件

ウィキペディア参照;

二・二六事件(にいにいろくじけん)は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。事件後しばらくは「不祥事件(ふしょうじけん)」「帝都不祥事件(ていとふしょうじけん)」[1]とも呼ばれていた。
算用数字で226事件、2・26事件[2]とも書かれる。

大日本帝国陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら(旧制中学校から士官学校に進み任官した、20歳代の隊付の大尉・中尉・少尉達)は、かねてから「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに、武力を以て元老重臣を殺害すれば、天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗と考える政財界の様々な現象や、農村の困窮が収束すると考えていた。彼らはこの考えのもと、1936年(昭和11年)2月26日未明に決起する。

将校は近衛歩兵第3連隊、歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊らの部隊を指揮して、岡田啓介内閣総理大臣、鈴木貫太郎侍従長、斎藤實内大臣、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、牧野伸顕前内大臣を襲撃、総理大臣官邸、警視庁、陸軍省、参謀本部、東京朝日新聞を占拠した。

そのうえで、彼らは軍首脳を経由して昭和天皇に昭和維新を訴えた。しかし軍と政府は、彼らを「叛乱軍」として武力鎮圧を決意し、包囲して投降を呼びかけた。反乱将校たちは下士官・兵を原隊に復帰させ、一部は自決したが、大半の将校は投降して法廷闘争を図った。事件の首謀者は銃殺刑に処された。

ウィキペディア参照;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
[ 2015/02/26 02:13 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する