FC2ブログ







2015/03/05 木曜日































あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
ん?・・・なんとなく五十音が書きたくなったものです。

みなさんは今夜はどんな風にお過ごしであるものでしょう。

明日は雨かな亞~。

とカキコしつつも天気予報をみると、なんと明日あさってはくもりで降水確率はどちらも40%という予測。

日曜日はくもりと晴れのマーク。

今日の大分県の上空は大々的にケムトレールが噴霧されていたものですね。

普通は航空機の機体には、ま、船もそうですが識別番号を塗装やプリントしなければならないはずであるものです。

ですが、何の識別番号もない真っ黒なつや消しブラックのヘリコプターやジェット旅客機タイプの航空機が日本の空を何の規制もなく飛び交っているものです。

これらの識別できない航空機はいわば未確認飛行物体か、侵略者や犯罪者の乗り物なので、撃ち落してもOKであるものです。

飛んではいけない、そこに在ってはならないはずの航空機が、領空を侵犯し、さらには軟金属の微細な粒子や細菌ウイルスやら他の化学物質を人類を駆除したり、ワクチン販売準備OKのサインとともに、そのワクチンが効く特定の狙ったウイルスなどをばら撒いて、はたまたわざわざ製造するワクチンの何%かのワクチン剤に別の病気になるように何かを入れて殺したり、苦しめたり、儲けたり、農作物を枯らしたり、ミツバチを弱体化させたりしているというくだらない空が広がってからどれくらいの歳月が過ぎたことでしょうか。

こういった明らかなテロをそのまま放置している日本政府の正体は、初めから考える余地もなく、決まっているものではないでしょうか亞~。

医者が儲かる世界とは亞?

まさにマッチとポンプ、自分でマッチで火を放ち放火してから消防服に着替えてサイレンを鳴らして消火しにくる。

「奥さん! 大丈夫ですか! いますぐ消します!」

「子供が中に二人!! 助けてあげて!」

「奥さん落ち着いてください! オレがたすけにいきます!」

そして子供は助けられたが重症と、もう一人は死亡。

それでも奥さんは「本当にありがとうございます! アナタが救助してくれなかったらわたしやわたしの娘は今頃死んでいました。」

と、その消防士に涙を流しながら感謝する。

変質者のコスプレ消防士はもう興奮が抑えきれない!

「こいつ、おれが火をつけてこいつの娘のひとりを焼き殺したのに、オレに感謝してるよ!」と心の中で爆笑している。

マッチポンプ、自作自演、涙腺が塞がれても唾液で涙を作り出す酷い存在たち。

マララをよく映像で観察するのは有意義なことだ。

息を吐くように平気で嘘をつく存在の特徴が露骨にでているから感じるように学べる。

嘘を見破る能力は在るに越したことはないものですね。

それにこの類の存在の波長には共通した特徴を感じ取れる。

だから感じられるまで観察するのは有意義だ。

それを感じ取れたなら、もう大嘘吐きの詐欺師はどんなに上手に扮装演技しても無駄、画面に映った瞬間にOUT!

こういう今になって露骨に表舞台に出てきた醜く酷く残虐残忍な存在たちを目にするのは不快極まりないものですが、これらの特徴を感じるように把握することはとても有意義であるものです。

直感は正しいことのほうが圧倒的に多い。

よく対峙する相手の目を見れば、その奥に得体の知れない何かが隠れていても、それを切開しないで露呈させることだってできる。

やつらは気づかれたらこの世界には存在してはいけなくなる。

やつらを見破るのは実に楽しく、また有意義なことだ。




今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;
NATO、黒海域の軍艦の数を2倍増

黒海水域に3月5日、NATOのミサイル駆逐艦2隻が入る可能性がある。インターファクス通信が軍事外交筋からの情報を引用して報じた。
情報筋はカナダ海軍のフリゲート艦「フレデリクトン」とイタリア海軍のフリゲート艦「アリゼオ」が黒海に向かっていることを明らかにしている。
イタルタス通信がロシア海軍総司令部筋の情報を引用して伝えたところでは、フレデリクトンとアリゼオが黒海に入る前にすでにNATOの他の4隻の船が黒海水域に控えている。現時点で黒海には米国のミサイル巡洋艦「ビックスバーグ」とトルコのフリゲート艦「トゥルグーチレイス」が待機している。
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_05/283196228/

米軍事衛星 軌道で爆発

米国の軍事気象衛星DMSP 5D-2/F13が、電源システムの故障による過熱で爆発した。Spacenewsが、米軍当局の情報を引用して伝えた。
事故が起こったのは2月3日。マスコミは2月末にDMSP 5D-2/F13の爆発について報じたが、米空軍は3月初旬になって事故の詳細を発表した。DMSP 5D-2/F13は、約20年間運用されていた。
伝えられたところによると、爆発した際に43個の宇宙ごみが発生したという。
なお2004年にも同シリーズのDMSP 5D-2/F11が爆発し、56個の宇宙ごみが発生している。
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_04/283188013/



[ 2015/03/05 23:47 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する