FC2ブログ







2015/04/08 水の曜日 GENZITU NO NAKANO GENSOU NO HANA HANA





































































like an interact with the Luciferian










ある春の午後

木陰に立つ君がいた

君はこの世の人ではないけれど

現実はもはやどうでもよかった

ただそこに君がいて

わたしは君をずっと見つめていた

ただ幻でも 花の仕業だとしても

それはどうでも良かった

ただ君がそこに立ち

そしてわたしも君に向かって立っていた

君が見えなくなったのに気づいたとき

わたしの目にはサクラの花びらが一枚、ユラユラと舞っていた

花びらが地面に滑り込んだ瞬間

わたしはまた歩き始めた

新しい世界を

未だに実現されたことも観たことも聴いたことさへ無い世界を

創るために

君と再び逢うために

君は再び創られる

君が生きるために

君が存在するために

君が笑うために

君が咲くために

それはかなうだろう

なぜならわたしは君を覚えて離さないからだ

絶望も、デタラメの真実も現実も

君を忘れさせることはできなかった

わたしから







今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;

ニシキヘビ 猫を飲み込もうとして自分が死ぬ

2015年04月08日 21:05
オーストラリアのクイーンズランド州で、悲しい事件が起きた。地元に住むフランシス・ベクウィスト氏が朝の散歩に出た時、ひどい悪臭を発する巨大なニシキヘビが草地にいるのを見つけた。
氏が驚いて蛇の身体を注意深く見ると、自分の飼い猫タイガー(オス)が蛇に飲み込まれ、身体が消化されず、どこかに引っかかって、蛇が死んでしまった事がわかった。Gulfliveが伝えた。
ベクウィスト氏は、ジャーナリストに対し、悲しげに次のように話した-
「その時初めて、すでに3日間行方知れずになっていたタイガーがどこに行ってしまったのか理解しました。死んだ蛇がどこにいるか、匂いですぐに分かりました。私は死んだ蛇を日の当たる所に引き出し、注意深く観察したんです。するとびっくりするじゃありませんか、蛇はバラバラになり始め、目を凝らすと、蛇の胃の中に飼い猫タイガーを見つけたんです。それは恐ろしいものでしたよ。タイガーは、もう年寄りで、時折奇妙な事をしましたが、一度も病気をせず、全く手がかかりませんでした。それが、こんな風になってしまって、もういないのです。」

http://jp.sputniknews.com/world/20150408/169632.html



両陛下は巡視船に宿泊、慰霊にかける強い気持ち
4月8日(水)19時27分配信
 

両陛下のこの後の日程ですが、パラオ同様に当時、日本の統治下にあったマーシャル諸島、ミクロネシア連邦の大統領夫妻らと懇談するほか、晩餐会に出席されます。

 そして、今回注目されているのが両陛下の宿泊先です。パラオの沖合には、海上保安庁が所有する世界最大級の巡視船「あきつしま」が停泊しています。今回、両陛下はこの巡視船に宿泊する予定になっていますが、決して快適とは言えません。巡視船は多少の揺れもあり、船内は海水の浸入を防ぐための仕切りも多く、転倒するリスクもあります。

 宮内庁は、ヘリなどの移動を伴うため、日程を円滑に進めるためと話していますが、ホテルの少ないパラオの観光業などへの影響を最小限にするために、当初から巡視船での宿泊が検討されていました。ある宮内庁幹部は、快適とは言えない巡視船での宿泊を決めたのも、今回の慰霊にかける強い気持ちの表れだと話しています。

 両陛下は9日、この船から激戦地ペリリュー島に渡り、戦没者を慰霊されます。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150408-00000045-jnn-soci

覚書;
747 → 777
遠隔操作 123 911 CG
ボーイング




[ 2015/04/08 22:50 ] 少年ゲリラ / Guerrilla bøy [私的カテゴリ] | TB(-) | CM(-)