FC2ブログ







2015/05/13 5.14監視中 アルシオン・プレヤデス最新27の①~②はTOPページに追加更新されています。






pic 022







pic 024



pic 132



pic 502



pic 154



pic 155



pic 169



pic 153



pic 153oklook



pic 490



pic 489



pic 497



pic 495



pic 506



pic 500



pic 508



pic 507




昨日は~、お眠してしまったものですよ~。

ま、春ウララ、ウララウララウラウララという唄もあったような記憶があるものですが。

ま、なんともね絵~。

ん~。

今日はね~。

ん~。

みなさんのブログに行くのが楽しみな今日この頃であるものですよ~。

ま、はじめからその様子であるものですが。

ま、ひとりものの日常の中で一番目にするのが天井?

ん~、ま、ゴロンと横になれば天井が目に入るものですね。

ま、わたしの場合は、横になっても本を読んだりするものなので、特に一番目にするのが天井とはならない様子であるものなのです。

ま、部屋の壁は亞~、わたしは白は嫌!

ただ石膏とか、そういう地肌の素の色が白いのはOKであるものです。

なので壁紙などは白は嫌!

茶系や緑系の落ち着く感じの壁紙がよろしいと感じる様子のわたしであるものです。

ま、この地球、星ね、ん~、ま、色んな星から来てるのがもう把握されているものですね。

そのなかでまともなのは少ない様子?

何がまともかというと、これはね、自分がされたら嫌なことを人に犯すような存在は一切をその存在そのものを滅ぼすものでしょうか。

いやですね。

日本の家族を犯して蹂躙して、麻薬や催眠術や、もうグチャグチャにしてるヤツラをね、処刑したいものなのです。

想像は絶しても、妄想を絶することは無い

これはわたしの諺であるものです。

変でしょ?

でもね、妄想を絶するような愛にて、この極東からわたしは・・・・・。

わたしはだあれ?

わたしはだあれ?

あなたはだあれ?

あなたは?

今日はそんなこんなあんなでね絵~。






今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


米長距離鉄道アムトラックが脱線 5人死亡、けが人多数
朝日新聞デジタル 5月13日(水)11時27分配信

 米ペンシルベニア州フィラデルフィア市近郊で現地時間12日午後9時45分(日本時間13日午前10時45分)ごろ、全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車が脱線した。同市などによると、脱線をしたのは首都ワシントンからニューヨークに向かう旅客列車で、5人が死亡し、けが人が多数出ている。

 現場で記者会見をした同市によると、列車には243人が乗っていた。50人以上が病院に運ばれ、6人が重体という。7両が完全に脱線しており、現場からの映像では横転して原形をとどめぬほど大きくねじ曲がった車両もある。消防士らによる救出活動が夜を徹して続けられている。

 脱線した車両にいた乗客が、事故直後の状況についてツイッターで写真を載せており、大きく傾いた車両内で頭から血を流した乗客が消防士らに救出されている様子が分かる。米メディアの取材を受けた乗客は「けが人も多くいて、みんな動揺していた。まるで悪夢です」と話した。

 首都ワシントンとニューヨーク間は全米で最も鉄道の利用が多い区間の一つ。在ニューヨーク日本総領事館は、事故に巻き込まれた日本人がいないかどうか、調べている。(ニューヨーク=中井大助、真鍋弘樹)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000023-asahi-int




ABC News Videos | ABC Entertainment News

http://abcnews.go.com/US/amtrak-train-crashes-philadelphia/story?id=30997124




プーチン大統領、ケリー米国務長官の会談、4時間にもわたる
2015年05月13日 04:48(アップデート 2015年05月13日 21:03)

プーチン大統領、ラヴロフ外相、ケリー米国務長官は予定時間の1.5時間をはるかに上回る4時間以上にもわたる会談を終えた。ウシャコフ大統領補佐官が記者団に明らかにした。

ウシャコフ大統領補佐官は、会談の一部分は非公式的な雰囲気の中で行なわれたことも指摘している。プーチン大統領はケリー長官にクリミア産ワイン「ウサージバ・ディヴノモルスコエ」を振舞った。

大統領との会談の前にケリー長官とラヴロフ外相との2者会談が実施されている。ロシア外務省の公式的な情報では、両外相は「相互の関心となっている広範囲の諸問題を胸襟を開き、長い間、話し合った。」

タス通信の報道では、ロシア側は露米間の隔たりの責任はロシア側にはなく、ロシアは平等な立場での二国間協力の再開を行う準備があると明言している。

ロシア外務省はすでに、ラヴロフ、ケリー両外相はウクライナの政治的正常化に代替案はないという点で一致したと明らかにした。

ケリー長官はプーチン大統領、ラヴロフ外相との1時間半にわたる会談の第1幕の結果について自身のミニブログに「交渉は胸襟を開いたものだった」と書き込んでいる。会談ではイランの原子力問題、ウクライナ、シリア情勢が話し合われた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150513/327339.html



国連で、米国の人権状況が痛烈批判
2015年05月12日 23:11

国連が米国の人権状況を辛らつに批判。ロシア外務省のサイトが明らかにした。

ロシア外務省のサイトによれば、ファーガソン、バルチモアをはじめとする米国諸都市で警察の黒人市民に対する強硬な圧力への抗議行動の高まりを受け、国連加盟国は米国の「警察の横暴、人種差別および外国人嫌悪の拡大」を協議。

このほか、国連の協議ではテロとの闘いの旗印のもとに米国で人権が侵害が行なわれている事実が非難された。

ロシア外務省のサイトは「過去10年、米国はグアンタナモの軍事基地内の刑務所の閉鎖を約束しながらも、それを行なっていない。

グアンタナモ刑務所では裁判、捜査もなく、裁判所へのアクセスも閉じられるという法的に真空の状況で多くの人間が拘束されている。」

このほか、米国特務機関が個人情報を秘密に収集している事実および米国の攻撃用ドローンによる一般市民の死亡事故も槍玉に挙げられ、米国が未だに児童権利憲章に加盟していない事実も非難を浴びた。

ロシア代表団は米国政権に対し、養子縁組の児童に対する暴力および警察の横暴に関連する事件の全ての真相について、偏見を排除した捜査を行なうよう呼びかけた。

ロシア外務省はサイトで米国に対し、「訓戒的なアプローチおよび事実から遠い自らの排他性の状況を退ける」べきだとの声明を表している。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150512/326704.html



NATO、準備態勢を高める
2015年05月13日 21:48

トルコ南西部のアンタルヤで13日、NATO外相級会合が開始。会合の最大テーマには、あたかもロシアが原因で発生したウクライナ危機の脅威を背景にしたNATOの増強が挙げられている。

ロシア産ガスをウクライナを迂回し、トルコ経由で欧州に供給する「トルコ・ストリーム」プロジェクトの作業が続いているにもかかわらず、トルコの政治家らはウクライナ危機の原因はロシアにあると分析している。

NATO外相級会合開始の前にトルコのチャヴショグル外相は声明を表し、「ロシアの隣国への行為は弁解の余地がない」と述べ、2008年のグルジア、クリミア、ウクライナを引き合いに出した。

これより前にトルコのエルドガン大統領は同様の件でロシアを非難している。

エルドガン大統領はトルコ人によるアルメニア人大虐殺から100年の慰霊祭でプーチン大統領が行った演説で「ジェノサイド」という言葉が用いられたことに不快の念を抱いている。

一方でトルコにおけるロシア批判の高まりは、この他にトルコ指導部に米国が圧力をかけていることにも一因がある。

13日の会合でダヴトグル首相は、トルコはNATO緊急対応軍の一員として緊急対応グループ編成を担うと宣言している。

一方でこうしたグループは具体的な国に対するものではなく、ロシアはグループ編成に注意深く対応すべきと指摘されている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150513/330817.html



沖縄県知事 普天間基地の撤去について自ら米国人を説得する意向
2015年05月13日 21:46

沖縄県の翁長知事が、米軍普天間基地の移設に関する問題を話し合うために、5月末に米国を訪問する。

「ロシースカヤ・ガゼータ(ロシア新聞)」が東京特派員の情報として伝えたところによると、翁長知事は、米軍の沖縄駐留に関する沖縄の民意を米国側に伝えることを試みるという。

沖縄の民意は、沖縄には普天間基地のための場所はないとする知事の意見と主に一致している。沖縄県と沖縄県民は、普天間基地の撤去を求めている。

翁長知事と会談した安倍首相でさえも、知事の立場を変えることはできなかった。

なお翁長知事は安倍首相に、米軍基地に対する沖縄県民のネガティブな反応を伝えるよう要請したが、今度は知事が自ら米国を訪問する。

http://jp.sputniknews.com/japan/20150513/331104.html



マッケイン米上院議員、オバマはアラブ諸国の買収に走ると非難
2015年05月13日 19:51

ジョン・マッケイン米上院議員は、米国は湾岸協力会議のメンバーを買収しようとするはずとの確信を表した。

ラジオ「スプートニク」が報じた。マッケイン議員によれば、こうすることで米大統領府はイラン核プログラムの合意が成立にこれらの諸国の支持を取り付けようとする目論見。

マッケイン議員は「オバマ政権はいかなる買収手段にも訴えるだろうが、この件で成功が望めるとは思えない。なぜならペルシャ湾願諸国はイランとの合意を脅威と受け取っているからだ」と語っている。

これより前のロイター通信の報道によれば、オバマ大統領はサミット開催を目前に控え、サウジアラビアのムハメド・イブン・ナイエフ、ムハメド・イブン・サルマン両王子とそれぞれ会見を行う。

オバマ大統領派当初はサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード国王とのみ交渉を行うつもりだったが、国王は訪米を退けた。

イランと六カ国協議参加国が前提合意を結んだ後、ペルシャ湾岸諸国はイランがこの地域で勢力を伸張することを憂慮している。オバマ大統領の発案はこの地域における自国の連合国をなだめることを目的としたもの。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150513/329856.html










誤字訂正;2015/05/14am01:05
創造×→想像○
[ 2015/05/13 23:03 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する