FC2ブログ







2015/05/26 火曜日































今日は体調不良のため画像のみの更新とさせていただきます。


今日観たNEWS記事など;

タイ当局 米軍人にプーケット島 からの退去を要請
2015年05月25日 23:24(アップデート 2015年05月26日 01:39)

タイ軍司令部は、プーケット島に基地を起きたいとの米軍当局の求めを拒否し、5日以内に島から航空機と軍人を退去させるよう求めた。新聞Bangkok Postが報じた。

プーケット島に存在する米国の限定兵力は、演習「Guardian Sea」に参加したもので、同演習は20日に終了しているが、米
当局は再三にわたり,タイ軍に対し、プーケット空港にロヒンギャ人の「ボートピープル」救助作戦を実施する基地を置かせてほしいと頼んできた。

ロヒンギャ人は、ミャンマーに住むイスラム系住民で、迫害を受けミャンマーから逃れることを余儀なくされている。

ロシア科学アカデミー東洋学研究所のタイ問題の専門家エレーナ・フォミチョワ氏は「プーケットに基地を置くのを許さなかったのは、米国の側から強まる圧力に対するタイ政府の拒否反応だ」と見ている。

「これは、タイの将軍達が、自分達こそがこの国の主人である」と主張する一つの方法なのです。

タイに軍事政権が誕生してから、米国は、選挙の実施や民主化などを要求し圧力をかけ始めました。

そしてその後、ロヒンギャ人を不法に運んでいるとの非難が現れました。

タイの将軍達はすでに、米国はタイの内政に干渉していると反発しました。プーケットの基地は、全く余計なものです。タイと米国は、長い軍事協力関係を持ち、米国人達は毎年、タイでいくつかの演習を行っています。

その中でも一番大きいのが「コブラ・ゴールド」で、これには他の国々も参加しています。とはいえ米国にとって、プーケット空港はかなりの意味を持っています。

プーケット島は、中東からアジア太平洋諸国に原油や天然ガスを運ぶ戦略的に重要な輸送ルート上にあるからです。

又中国に対抗するという広いコンテキストにおいては、米国人にとってプーケット島の自国軍隊のプレゼンスは、大変重要なことです。

タイ側は、今回の拒絶によって、伝統的な同盟国である米国に対し、内政への干渉と圧力が強まっていることに対する不満を示しているのだと思います。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20150525/376542.html



米国、親ロシア政策とる 日本に圧力
2015年05月25日 22:16(アップデート 2015年05月26日 01:41)

米国のオバマ政権は日本政府の対ロ政策に公然と不満を表明しはじめている。共同通信が今日、そうしたコメントを掲載した。

「安倍首相がロシアのプーチン大統領の訪日に向けて準備を続けていく意向を表明したことをめぐり、米国は日本に圧力をかけている。それはロシアを孤立させようとするG7の政策に一致しないからである」という。

「当初米国は安倍首相の意見を尊重する希望を表明していた。しかし21日になると、立場が急変した。米国の東アジア・太平洋担当国務補佐官ダニエル・ラッセル氏が、日本は現段階ではロシアと平常どおりの接触を続けるべきではない、と語った」と共同。

21日に東京で行われた露日フォーラム「接点:ビジネス、投資、スポーツ」における挨拶文で、安倍首相は「戦略的かつ長期的視点に立脚し、私は、両国の関係を新しいレベルに引き上げる希望で一杯だ」と述べた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150525/377177.html
[ 2015/05/26 17:42 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(2)

Re: タイトルなし

> お大事にしてね。

ご心配おかけいたしましたv-22

元気ダマかな亜~お陰様でずいぶんと回復したものですッv-283
[ 2015/05/27 22:29 ] [ 編集 ]

お大事にしてね。
[ 2015/05/27 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する