FC2ブログ







2015/05/29 5/30地震兵器監視中

pic 189







pic 218



pic 218b



pic 447orisaizuup



pic 447a



pic 158



pic 156



pic 223boke



pic 226boketenai223























pic 215



pic 466



pic 472



pic 470



pic 217



pic 330


今日の大分は晴れであったものです。

ちょっと湿度が高いのかも知れないものですね。

昨日にレモンオイルを滲みこまなくなるまで滲みこませたもので、あれま!?それ足す高湿度で振動が微妙に気持ちの良い手前くらいで水分に奪われているのか亞~などと。

でも少し微妙にこもった音も好きであるものなのです。

なので問題は何も無いものなのに記事にしている志村であるものですね。

色んな感じの音があるものですが、人類が今まで感じたことの無い、ひょっとしたなら物理的には感じる器官を備えていなかったり、精神ココロの方では洗脳されていたり、感じられなく気づかれなく「し~ッ!」とされて、「言うなよバカヤロウ! 日本人やあの存在には絶対に気づかれるなよ!」などという領域について語りたいと思っている志村であるものなのです。

洗脳されている人の目は笑うときでも笑わない。

みなさんご存知でしょうかね。

わたしが幼い頃、母が何かの、今思えば週刊誌みたいなのをみていて、そのどこかのページに女性が全裸で車道をマラソンしている光景が掲載されていたものですよ。

母はわたしに「ゲン、これみてみなさい、・・・・・女性は本当に酷い目に遭ってきたのよ」

その女性は散々と性犯罪者たちに嫌なことをされて、「だったら、んなもん見せてやるよ!」と決心したと記憶しているものなのです。

ま、今思えばその女性は逮捕されたものでしょうね。

逮捕されるべきはその女性ではないものですが。
それよりもだいぶ後、小学生のたしか4年せいかくらいのとき、わたしは父と長崎の祖父のところまで飛行機でね。

そしてその帰りの飛行機。

わたしは左の窓側、父はその横に座り、飛行機の窓から見える小さな島々などをみていたものです。

飽きてきて座席通路側を向いたら、ちょうど真ん中の列の乗客がスチュワーデスさんのおしりをてで触ったところであったのです。

スチュワーデスさんはその瞬間に「いやッ! 何なさるんですか! 何をなさるんですか!」 

するとその触った男は威嚇するような感じで「はあ!!」とそのスチュワーデスさんに。

一部始終をみていた父はいきなり、「きさまこんな場所で○△×○!!!!!いい大人が、子供の前で・・×△○・・・」

わたしの父はわたしも恐れるほどであったので、その男は震えを隠しきれない様子で全乗客に睨まれながらのフライトとなったものでした。

わたしも小学生ながらシートベルトを外し臨戦態勢でそのおじさんを睨みつけて離さない様子を続けていたものです。

そのあと、当時は飛行機内で飴が配られていたものですが、わたしたちの座席に飴を持ったスチュワーデスさんは痴漢された人で、わたしはなんとなく遠慮するように一つだけキャンディーをもらったものです。
そうするとそのスチュワーデスさんが「もっと、・・いいからもっと」とそっと優しく笑みをうかべていたのを想いだしたものなのです。

結局は掴んだ飴は二つで、その味も未だにリアルに覚えているものですよ。

わたしはそんな父を敬愛しているものなのです。

この世界は変わらせなければならない、そう思う瞬間はいつでも、どこにいても、其処に在るものですね。

そしてあるシンガーが唄っていた。 悪に臨む気であればね。





今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;



国連総長補佐官:新たな紛争は武力をともなう平和維持活動を必要とする
2015年05月29日 19:53(アップデート 2015年05月29日 20:08)

平和維持活動の日が祝われている5月29日、国連平和維持局の法秩序・立法機関担当国連総長補佐官ドミートリイ・チトフ氏はリア・ノーヴォスチの取材に応じ、平和維持活動に課せられた課題が変わってきている現状を語った。

チトフ氏は、現在の世界情勢では、新しい地域、新しい環境のもとで、国連が平和維持活動に参加することもあり得る、と述べた。

「平和維持活動は複合的なものになってきている。
紛争構造が変化しているのと同様、平和維持活動も変化している。紛争はいま、より非対称的で、強硬で、犯罪組織や、場合によっては個人の利害が絡むようなものになってきている。
新たな形態の紛争を処するには、今までとは違う力や装置が必要だ。たとえば武力をともなう平和維持が」とチトフ氏。

チトフ氏は、この問題に対しロシアは一義的でない立場を取っている、と述べている。ロシアは、法的側面に注意して、こうした問題には選択的に対処している。

チトフ氏は自らの意見として、初歩的な諜報データなどの情報により広くアクセスが出来れば、紛争の解決法を新たに見出し、強硬な平和維持活動に代わるものを見出すことができるだろう、と語っている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150529/393733.html





マケイン氏、FIFAに対する軍事作戦の開始を呼びかけ
2015年05月29日 20:51

米国の諷刺家アンディ・ボロヴィツ氏がニューヨーカー誌上で、攻撃的な発言で有名なジョン・マケイン上院議員を皮肉ってみせた。

テーマはFIFAをめぐるスキャンダル。
マケイン氏の視点では、オバマ政権がFIFAに対してとっている措置は「脆弱で、非効率」であろう、とボロヴィツ氏は考えた。

「力というただひとつのことしか理解できない人がいる。FIFAは懲罰力というものを、我らが軍事力の猛威を、感じ取らなければならない」。

上院におけるマケイン氏の発言をボロヴィツ氏はこのように想定した。
「小物を逮捕しても、FIFAの長がのさばっているようでは意味がない。私はゼップ・ブラッターを地獄の門まで追跡する」とマケイン氏の名を借りて、ボロヴィツ氏。

同氏は、マケイン氏はさらに、FIFAの穏健派支持のために40億ドルを支出するよう求めるだろうとか、米国がスイスに軍隊を送る用意があることを宣言するだろう、などと皮肉ってみせた。

http://jp.sputniknews.com/us/20150529/394138.html




ロシアのスポーツ相、FIFAは米国につりを返せ
2015年05月29日 18:47

ロシアのヴィターリー・ムトコ・スポーツ相は、FIFAの会長選挙でロシアは現会長のブラッター氏の再選を支持していると語った。

ムトコ・スポーツ相はFIFAに対し、米国が火をつけた収賄スキャンダルにつりを返し、組織を守り抜くよう呼びかけている。
「FIFAは最も大規模な、最も開示性の高い、最も透明性の高い組織だ。

こうしたすべてが、なぜ会長選挙を目前に控えて起きたのか、それに対する帰結は各人が出すだろう。」

http://jp.sputniknews.com/sport/20150529/393605.html




米欧の大手銀行、FIFAの汚職構造に関わっていた
2015年05月29日 16:44

JPMorgan Chase、Citigroup、HSBC、Bank of America、UBS、Julius Baerといった金融機関の関与が疑われている。
「容疑者およびその他の犯罪的共謀に加担した者たちは米国の金融システムを活発に利用していた。彼らはそれを大規模かつ不断に行っていた。これが、彼らが犯罪を行い、かつ隠すのに用いた、主要な方法のひとつだった」。ヴェードモスチ紙が伝えた。

米国の治安機関は現在銀行への調査を行っている。しかしニューヨーク東部管区検事ケリー・ケリー氏は、これら銀行が疑わしい行為をしていたかどうかについて話すのは時期尚早である、と述べている。

米国法務省は、多くの振込みが100万ドルを超えていた、と指摘している。
疑惑のかかる銀行各行はコメントを控えている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150529/392912.html




ドイツの政治学者:FIFAスキャンダルは米国にとって都合がいいのかもしれない
2015年05月29日 13:24

FIFA(国際サッカー連盟)のスキャンダルは、ドイツでの米国家安全保障局(NSA)とのスパイスキャンダルから関心をそらすために、米国にとって都合がいい可能性があるが、米国にはずいぶん前から同問題における「占有権」はない。ドイツの政治学者アレクサンドル・ラル氏が28日、リア・ノーヴォスチ通信に語った。

ラル氏は、「もちろんたくさんの陰謀説が存在している。論理的観点から見た場合、FIFAスキャンダルは、いま米国にとって都合がいいのかもしれない」と述べた。

4月中旬、ドイツでまたスパイ・スキャンダルが勃発し、ドイツのマスコミは、NSAがフランスとオーストリアの政治家や、欧州の大手企業を監視するために、ドイツ連邦情報局(BND)の技術的可能性を利用したと報じた。

ラル氏によると、昨年のウクライナ危機は、事実上、エドワード・スノーデン氏の暴露を社会の記憶から排除したが、現在のスパイ・スキャンダルでは、「それほど強くはないスノーデン氏だけでなく、ウィキリークスのサイトやその他のシステムの欠陥などから」新たな事実が発覚し続けているという。

ラル氏はまた、今回のFIFAのスキャンダルも非常に規模が大きいが、スキャンダルは現在マスコミによってつくられており、「FIFAをめぐるスキャンダルは、1週間後にはもはや切実ではなくなる可能性がある」と指摘している。

ラル氏は、そのため米国にはこれ以上、世論の管理における「占有権」はないとの見方を示している。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150529/392250.html


[ 2015/05/29 23:59 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(2)

Re: タイトルなし

そうかも~v-22


すこしでも備えて憂いを軽減したいものですねv-283


[ 2015/05/30 23:50 ] [ 編集 ]

ゲンさんの勇敢さは、お父様の影響があるのかナー。
(^o^)v
こちらは雨でした。
この前の地震の 余震みたいのが、夜中にありました。
うちは3だったけど、4位に感じました。
[ 2015/05/30 02:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する