FC2ブログ







2015/06/03 ミロク  メーテル ミエテル 

pic 013b







pic 380



pic 381



pic 444



pic 413



pic 405



pic 415



pic 416



pic 414



pic 443



pic 391



pic 389



pic 388



pic 387



20150521pic 054



ai wo  sotonimomukete


pic 370kabegami55



わたしはなにものだろう

そう考えてきた

でも今は誰でもいい 

何の存在であれ 今確かに此処に在るのだから

むかうは暗黒

暗闇の存在たちとの戦い、闘い

自らの内にも敵を内在し

それを愛した

だから涙で消えた

涙を透かして映る風景には
はっきりと悪魔の正体が映されていた

麻薬と催眠術、入り口はヨガやエステやスピリチュアルな占いだとか

はたまた整体師やほねつぎまで

人生相談が麻薬で解決するだろうか?

それは絶対に無い

悪魔

人の皮を本当に着ている様子

人間ではない

悪魔見~つけたッ!   ウフフフフ~




今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


ブラッター会長が辞任表明 日本サッカー協会の副会長は驚きを表す
2015年06月03日 17:13(アップデート 2015年06月03日 17:22)

国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が突然の辞任を表明したことを受け、日本サッカー協会の副会長でFIFAの理事を務める田嶋幸三氏は、驚きと疑問を表した。

田嶋氏は、NHKの取材に対し、「次の会長が決まるまで続けるという微妙な言い回しだ。先日の総会や理事会のあと、会長は信任を得て非常に自信に満ちあふれていたが、この2日、3日でどう変わったのか不思議でならない」と語った。NHKが伝えた。

また田嶋氏は報道陣に対して、「総会や(会長選後の)理事会でも自信たっぷりだった。それから2日間で変わったのが驚いたし、疑問です」と語った。産経新聞が伝えた。

NHKによると、田嶋氏は、辞任の理由についてブラッター会長は世界やサッカー界に説明する責任があるとの考えを表し、「サッカー界全体が会長をイエスと言ってないのは、ずっと変わらないことで、辞める辞めないに関しては理由がなければいけない。

会長には、それをしっかりオープンにして、われわれや世界の人たちが知るために説明責任がある」と述べたという。

http://jp.sputniknews.com/sport/20150603/412106.html





東京で液体状の覚醒剤押収 闇値で7億円相当
2015年06月03日 17:32(アップデート 2015年06月03日 17:34)

日本の警察庁によれば、3日、東京で香港製の、いわゆる液体麻薬が押収された。闇値では、7億円相当するという。
麻薬は、しかるべき方法で着色され、中国料理で伝統的に使用されるラー油に偽装されていた。成田空港で、液体状の覚醒剤が入った瓶40本が見つかった。これらは航空便で送られていた。

警察は、すでに東京在住の59歳の中国人を逮捕した。彼は、特別の技術を用いて「ラー油」から禁止薬物(覚醒剤)を取り出していたという。取り調べによれば、この中国人はすでに2012年11月から昨年の11月までの2年間、こうしたやり方で覚醒剤を密輸していた。

彼の自宅からは、覚醒剤製造に必要な器具などが押収されたほか、香港からの液体麻薬の送り先となった彼が経営している台湾料理店の家宅捜索も行われた。

日本で、こうしたタイプの覚醒剤が押収されたのは、今回が初めてだった。

http://jp.sputniknews.com/japan/20150603/412248.html




スノーデン氏「米国当局は大衆を監視するためテロとの戦いを口実にした」
2015年06月03日 16:57

元CIA職員のスノーデン氏は、人権擁護組織Amnesty Internationalがロンドンで開いた会合にモスクワからビデオ・メッセージを送り、その中で「米国当局は、大衆を監視するという実践に戻るために、所謂『テロ・カード(テロ撲滅という名の切り札)』を切ったのだ」と述べた。リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

[メッセージの中で、スノーデン氏は次のように指摘した]

「問題は、具体的な法案の中にあるのではなく、米国当局のあらゆる組織が、大衆監視プログラムなど不法で効果的ではないと認めているにもかかわらず、テロの脅威について語り、新たに『テロ・カード』を切って、そうした実践に戻る事を支持している事にある。

大衆監視は、何の成果もない公的資金の無駄遣いであり、自由を制限し明らかにネガティヴな影響を残す。

米国当局は、巨大インターネットサイトや検索エンジンのおかげで、各個人の情報を得ることができる。
政府は、人々を自分達から離反させ、その後、扉を閉めて『我々は今あなた達のために決定を下すだろう』と言うのだ。」

http://jp.sputniknews.com/life/20150603/412003.html
















[ 2015/06/03 21:38 ] ▽メーテル▽Artemether-Maetel | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する