FC2ブログ







2015/06/18 666666999999

20150521pic 013



20150521pic 011



20150521pic 002







pic 338











pic 017







pic 363



pic 362



pic 404



pic 402



pic 401



pic 501







777123321777










カンタンサー・ロード01





ん~、みどりちゃんと一緒に替え歌していたものです。

今夜も雨がランランと降る様子は、天使の涙か亞~? はたまた雷帝の寝小便か亞~?などとね。

あ、今日で4日目だから今までの記録更新のみどり保育園の様子であるものなのです。

みなさんのまわりでは変化は感じられるものでしうか?

ま、雨降りはね、メグミの雨とも言われるものですのでね。

雨は好きですか亞~?

ま、雨はわたしは好きであるものです。

雨が降ればね。

ま、飴が降ってきて欲しい時もあったりはするものですけどね。

ま、でもあんまりお砂糖はね。

しかしオバマってのは、まー、たぶんクローンだと思うものですが、なんだかヒラリーバ

バ亞もな亞~・・・。

こんなやつらに魂を売ったひとたちは何を考えているものでしょうかね。

一時の欲望や快楽のために、全てを失い消えうせることになっても良いという思考をするような存在たちであるものでしょうけどね。

いばりたいとか、チヤホヤされたいとか、独りじめしたいとかいう強欲な恥ずかしい存在たちが、ま、今も糞TVのなかで気持ち悪いレザーフェイスで扮装しながら犯罪を重ねてる様子はね。

疑わしいヤツラばっかりがメインストリートで偉そうにね。




今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


芳賀大輔氏:日本は正しい日露関係を構築するために欧米とは違う政策をとるべきだ
2015年06月18日 18:35(アップデート 2015年06月18日 19:38)

ロシアの北の都サンクトペテルブルグで18日、「ロシア版ダボス会議」と呼ばれるサンクトペテルブルグ国際経済フォーラムが開幕した。

米国とその同盟国がロシアを孤立化させようとしているものの、フォーラムには、米国のBCG、McKinsey & Company、ドイツのMetro AG 、 TUI AGなどの世界の大手企業の代表者や、著名な政治家たちが参加している。

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムには、日本からも代表団が参加している。また鳩山由紀夫元首相も演説する予定だ。

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム組織委員会のコビャコフ副委員長は、鳩山氏を、ノーベル経済学賞の受賞者クリストファー・ピサリデス氏と並んで、今回のフォーラムで最も興味深い演者の1人だと述べた。

鳩山由紀夫事務所の芳賀大輔(ハガ・ダイスケ)所長は、ラジオ「スプートニク」の独占インタビューで、鳩山氏の演説のテーマは移民政策だと述べ、次のように語ってくださった。
― 世界は移民の歴史などが違います。

戦争によって難民が増えてそれを受け入れるということで、その国の中の秩序など、いろいろな問題が起きていますが、日本は御承知のように、超少子高齢化で、お年寄りがとても多いですから、働く人口が極端に少なくて、外国人がたくさん入って労働力を確保しないと国が成り立たないという状況の中で、そのような日本の特殊な仕組みをお話しようと思っています。

「スプートニク」:演説では、ロシアの労働市場についても評価されますか?主に日本の状況についてだけお話されますか?

- 与えられた時間が10分しかないので、まず日本の話をして時間はリミットだと思いますが、聞かれれば、ロシアでも移民の問題が起きていることは聞いていますし、また鳩山は東アジア共同体という構想を持っていて、中国や韓国、ASEANも中心にいろんな国が、いろんな文化とか、いろんな形で共同体をつくったほうがいいのではないか、どこかに移民してその問題が起きるのではなく、みんなで一つの友愛という理念を中心に、国を共有していこうという考え方を持っていますので、そういう話もできれば有難いと思っています。

「スプートニク」:鳩山氏は1年間の経済制裁の状況の中で、日露経済関係の発展をどのように評価していますか?

― EUがロシアに対する経済制裁を6ヶ月また延ばしたというニュースを聞いて非常に残念に思っています。日本がEUなどに追随して一緒に経済制裁を行っているのは、全く間違いだと思います。

なぜならば、日本とロシアの関係は別であって、欧米の方が逆に経済制裁によって被るロスもありますが、いままで日本が経済制裁をすることによって、日本のロスはあまりないと言われていたのですが、現実に今月ロシアの下院で、200カイリ内のサケとかマスとかの流し網漁を2016年から禁止する法案を可決しました。

ロシアのサハリン州などでも、このような地域経済の問題が出ており、これが必ずしも日本の経済制裁に対してのロシアからの反対かは分かりませんが、もしこのサケ・マス流し網が禁止されることになると、日本にとっては死活的な大変な影響が出ます。

それから北方領土ビザなし交流が行われていますが、これも若干いまロシア側から許可が下りなかったり、いろんな問題が出ています。これはやはり経済制裁の大きな影響が出ていると思います。

ですから日本は、一日も早く経済制裁を止めて、北方領土もありますけれども、正しい日露関係をもう1回構築するために、欧米とか米国とは違う政策をとるべきだと思っています。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20150618/470073.html





ベルギーを発端に一部欧州諸国でロシア国有資産の差し押さえが始まる
2015年06月18日 19:29(アップデート 2015年06月18日 20:35)

ベルギー当局は国内のロシア系機関(外交代表部除く)の持つロシア連邦国有資産の差し押さえをかけた。

裁判所はブリュッセル地区に登録されているベルギー系およびロシア系さらには多国籍の47企業・団体に対し、ロシア連邦に帰属する資産・資金をどれだけ保有しているか、そのリストを作成し、15日以内に提出するよう通知した。

裁判所によれば、英国マン島に登記されているYukos Universal Limited社がブリュッセルの弁護士を通じ、ハーグ常設仲裁裁判所の2014年7月8日の決定に基づき借金の強制徴収を行うよう、裁判所に求めた。

原告は、ロシア連邦は国際裁判所の決定を度々無視している、と訴えている。原告によれば、ロシアが「自発的に合意を遵守する意思を持たない」ことは明らかであり、そのため裁判所は第三者の保有する債務者の資産を差し押さえることを決めた。債務の総額は16億ユーロ超であるという。

ハーグ常設仲裁裁判所は7月18日、元ユコス社の株主である3企業による訴訟で、ロシアに対し、キプロスのHulley Enterprises社およびGMLの子会社Yukos Universal Limited(あわせてユコスの株式の51%を保有していた)にそれぞれ399億ドル・18.5億ドルの賠償金、ユコスの年金基金であるа Veteran Petroleum Ltd.には82億ドル、合わせて500億ドルを支払うよう命じた。

これに対し、ロシアのアンドレイ・ベロウーソフ大統領補佐官は、木曜の会見で、国外のロシア資産の差し押さえに関する今回の決定には議論の余地があり、またその決定が非常に政治的なものであるため、ロシアは法廷で反論を展開する、と述べた。

「予期していた事態で、意外性はない。我々は、これら全ては違法であると考えている。法的に、裁判所を通じて、国益を守るための一連の行動を取る」とベロウーソフ氏。

氏はまた、「ロシアは、ベルギーに続いて、一部欧州諸国でロシア国有資産の差し押さえが始まることを予期している」と述べた。

ユコスに対する納税請求と欧州人権裁判所
税務当局は2003年の監査により、ユコスが脱税を行っていたことを突き止め、同社に対し、7000億ルーブルの納税請求を行った。

同社に債務の支払い能力がなかったため、破産手続きがとられ、資産は売却され、同社は解体された。ユコスの株主はこれを不服とし、ハーグ仲裁裁判所に訴え、賠償金支払い訴訟を起こした。2014年7月、欧州人権裁判所は、ロシアに対し、元株主らに18.6億ユーロの賠償金支払いを命じた。ロシア法務省はこれに対し、ユコス元職員に犠牲者というステータスを付与する決定は法的論理の観点からは説明不可能だ、と反論した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150618/470203.html




日本に米国海軍最強のミサイル巡洋艦が展開
2015年06月18日 16:28

米国海軍のミサイル巡洋艦チャンセラーズビルが米軍横須賀基地に到着した。以後常駐する。
同巡洋艦は多目的追跡・照準システム「イージス」を搭載している。
日本へは2017年までにさらに2隻、同種の軍艦が配備され、MDを構成する。

横須賀基地司令部によれば、イージス・システム搭載艦3隻の追加配備は、中国・北朝鮮抑止のための、米国政府の進めるいわゆる「アジア太平洋地域回帰」戦略の一環をなすものである。

今秋、日本に原子力空母ロナルド・レーガンが送り込まれる。この空母をリーダーにして、横須賀エリアには合計14隻の米国艦が展開することになる。横須賀基地に、第二次世界大戦終結以来最強の船団が出現するわけである。

チャンセラーズビル巡洋艦は長さ172m、定員は350人。トマホークやハープーンなど、様々なタイプのミサイル、さらには速射砲、魚雷、対艦ヘリ2機を搭載する。

空母グループの一員として機能するもので、対空・対ミサイル複合作戦を遂行し、水上・水中の標的を撃滅することが出来る。
これほど強力な船が米国の国外に配備されることは初めて。

http://jp.sputniknews.com/japan/20150618/469875.html




マケイン上院議員「キエフ当局への武器供与拒否は米国史上最も恥ずべき1ページ」
2015年06月17日 23:59(アップデート 2015年06月18日 04:03)

米アリゾナ州選出・共和党のマケイン上院議員は「ウクライナへの武器供与拒否決定は、米国の歴史における最も恥ずべき1ページだ」と述べた。インターネット・リソースBuzzFeedが伝えた。

マケイン上院議員は、ラジオ番組The Cats Roundtableに出演した中で「プーチン大統領がウクライナをバラバラにしようとしている時に、この人々に武器を保障できない事は、米国史における最も不名誉な一章だと、どうか言わせてほしい」と述べた。

またマケイン上院議員は「米国にとって、そうした振る舞いは、恥ずべきものだ」と指摘し、次のように続けた―

「第二次世界大戦後初めてあのような事が起きている。ウクライナの人々は、米国人が彼らの土地を踏む事を頼んでいるのではなく、単に自分達を守るための武器を頼んでいるだけだ。これは、米国人にとって倫理的義務の問題だ。」

先にマケイン氏を含め、米国の10人の上院議員が、ウクライナ当局に武器を供与するよう提案した。マケイン上院議員は「この法案を上院に持ち出す。そのテキストは、もしオバマ大統領がウクライナへの武器供与に踏み切らなければ、そうした措置を大統領に要求するものになる」と述べた。

ベトナムの刑務所で何年も過ごした経験を持つ参戦軍人である元米軍パイロット、マケイン氏の口から、米国の歴史における恥ずべき1ページといった言葉が聞かれるのは、いかにも奇妙だ。

米軍が使用した砲弾や爆弾により障害を負った多くの国々の人々、世界の憲兵となった米国の行動を我が身に体験した人々は、全く別の出来事を米国史の恥ずべきページと考えるのではないだろうか?そうしたリストには、今も新しい出来事が加わり続けている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150617/468370.html




「プーチン大統領への答え」として、米海兵隊が欧州へ
2015年06月18日 05:40

米海兵隊数百人が、ロシア側からの行動に備えるための即応部隊として、英国やその他の欧州諸国の艦艇に乗り込んで、地中海へ行く可能性がある。雑誌The Timesが伝えた。

The Timesによると、中東諸国への関心の高まりによって、米国には、欧州に米海兵隊の上陸部隊を常駐配備する可能性がないため、米国は欧州の同盟国を信頼することになった。

米海兵隊は、スペイン、フランス、オランダの艦艇などに乗り込む計画。
The Timesの情報によると、海兵隊第1陣は、過去10年間で最大規模となる9月のNATO演習に参加する予定だという。

先に、「ロシアからの脅威」に備えて、NATOが東欧に戦車やその他の重火器、また兵士を配備する計画だと報じられた。そのほか米国のデボラ・リー・ジェームズ空軍長官は15日、米国は欧州に配備される戦闘機の数を増やすと発表した。またジェームズ長官は、ロシアを「最大の脅威」と呼んだ。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150618/468557.html




フランスでロシア資産の差し押さえ始まる
2015年06月18日 20:32

ユコス社の元株主らの訴えにより、ハーグ仲裁裁判所がフランス国内のロシア資産の差し押さえを決定した。この決定に基づき、フランスで強制執行が始まった。フランス国内の複数のロシア企業および代表部がその旨の通知を受け取った。

また複数のロシア代表部が、不動産の差し押さえという形態による債務の返済に関する通知を受け取った。
先にベルギーがロシア資産の差し押さえを決めた。

ロシアのアレクサンドル・コノワロフ法務大臣は6月初頭、ロシアはロシアの法律に適合しない在外国有資産の差し押さえを阻止する準備を行っている、と述べた。

ユコスに対する納税請求と欧州人権裁判所
税務当局は2003年の監査により、ユコスが脱税を行っていたことを突き止め、同社に対し、7000億ルーブルの納税請求を行った。

同社に債務の支払い能力がなかったため、破産手続きがとられ、資産は売却され、同社は解体された。ユコスの株主はこれを不服とし、ハーグ仲裁裁判所に訴え、賠償金支払い訴訟を起こした。

2014年7月、欧州人権裁判所は、ロシアに対し、元株主らに18.6億ユーロの賠償金支払いを命じた。ロシア法務省はこれに対し、ユコス元職員に犠牲者というステータスを付与する決定は法的論理の観点からは説明不可能だ、と反論した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150618/470595.html











記事訂正;2015/06/19 am06:15

カンタンサー  →  カンタンサーロード
[ 2015/06/18 22:16 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する