FC2ブログ







2015/06/21 悪魔が来たりて嘘を吹く

20150521pic 034







20150521pic 031



20150521pic 026



20150521pic 020



20150521pic 016



20150521pic 032



20150521pic 136



20150521pic 137



20150521pic 138



20150521pic 142



20150521pic 017



20150521pic 019



20150521pic 013



20150521pic 048



20150521pic 056



20150521pic kabe



20150521pic 037kabe



20150521pic 042kabe



20150521pic 056kabe



micky koizumi hobaku or DNstampR  stamp



micky koizumi dn sanou02stampL


あ、今日もみどりちゃんが居る様子の志村のお部屋であるものです。

ま、今日も相変わらずの世界糞マッチポンプ劇場があちらこちらでお粗末な芝居を続けている様子に変わりはないものでしょうか。

竹中平蔵とか小泉一族とかの侵略強姦魔どもは未だにこの日本国内で空気を偉そうに吸って生きているというお粗末な現状にはヘドが出そうなものなのです。

ま、悪魔が来たりて笛を吹くというドラマや映画の題名を思い出すものですが、これは悪魔が来たりて嘘をつくということを、まるで笛を鳴らす様子にして自然に何のためらいもなく日常の呼吸の様にして嘘を言う、嘘をつくのが悪魔の基本的なスタイルとなっているものなのです。

ま、こういう悪趣味と言われるような、そういうああいう服装や髪型や髪色やね、はたまた自ら家畜宣言鼻ピアスとか、はたまたイレズミとかね。

ま、母上さまから頂いたその体に、どうしてそんな真似ができましょうか亞?

ま、真似とは魔似という漢字のほうが良いような事についてのおはなしであるものですが。

ま、悲惨な知人の娘さんのイレズミ事件などは過去に記事にもした記憶があるものですが。

ま、なんだかね~。

しかし未だにパチンコ屋なんてね。

パチンコ屋なんて侵略者略奪強盗強姦犯罪者が運営しているものですよ。

ようするにカジノとかね、あの辺りにいるのはすべて酷い存在。

今までも今もしてきていることが自らの未来に信じられないくらいの倍返しとなっておとずれることも知らないでいきがってるだけの存在たちであるものですがね。

ま、優しく言っているつもりであるものですが。

とうとう謝罪は一切無いというお粗末な酷い存在たちであるものですね。

しかし、あらためて調べた通州事件など、酷い件のお話しであるものですね。

それも今もまだずっと日本人をそのようにしてきている。

まさにこれは許すことはできないものですね。

パチンコ廃止!!  こんなものいらねッ!

あ、そうそう、マルハンとかいうパチの在日朝鮮人が偉そうにな亞。






今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


米国のロシアに対する脅迫、ますます世界にとって危険なものに
2015年06月21日 14:55(アップデート 2015年06月21日 14:56)

米国とNATOがロシアに対して進める「冷戦2.0」は奈落への道である。脅威はやがて制御不能に陥るかもしれない。中距離兵器について話すことすら世界にとっては危険なのである。このように西側のメディアが報じている。

ロシアがウクライナ紛争について取っている立場のために、西側がロシアに影響力を行使するようになって、はや2年目である。

しかし、このような発言や、具体的行動は、ますます強硬なものとなっている。ザ・クリスチャン・サイエンス・モニターより。
それによれば、「ロシアとNATOの間の連絡は途絶した。

両者とも、互いに境界付近における一連の軍事ゲームを行っている。専門家らは、偶発事故の発生の危険が高まっている、と警告している。

事故あるいは、ロシア側ないしNATO側の艦船または航空機の手違いで、国際的な軍事紛争が起こる可能性がある、というのである」

ザ・クリスチャン・サイエンス・モニターによれば、レトリックは熱度を高め、今や境界付近に常備軍を配備するなどとの脅迫も聞える。

冷戦時代の40年間存在したような状況が作り出される危険もある。米国とソ連の核軍拡に終止符を打つ、あの途方もない努力の結晶たる合意も、廃棄されようとしている。

現段階では、対立は、示威的な性格のものである。各陣営が、対内的に、また相手方に対し、自分は絶対譲歩しないという姿勢を誇示している。

どの国のリーダーも、兵器を配備してもそれは制御可能であり、潮目が変わればまた引き上げればよい、と考えているらしい。しかし、プロセスは自律しはじめ、もはや制御がきかなくなるという恐れも、募る一方である。ザ・クリスチャン・サイエンス・モニターは以上のように記している。

ドイツ誌「シュピーゲル」によれば、核兵器を欧州に配備するという米国防総省の脅迫は、NATOにとっても危険である。

「中距離兵器について議論するだけでもNATOにとっては爆発の危険のあることである」とシュピーゲル。
もし米国が本当に配備を行ったなら、NATOは内部から崩壊する可能性がある。シュピーゲルはそう書いている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150621/481256.html




カムチャツカでクマが人を襲う
2015年06月21日 20:02

カムチャツカでは、釣りをしていた男性を襲ったとみられるクマの捜索が行われている。ハンターたちが捜索に当たっている。ロシア内務省カムチャツカ支部のバカエワ報道官が伝えた。

バカエワ氏は、「6月19日に、ウスチ・ポリシェレツキー地区のプロトニコヴァ川の近くで事件が起こった。犠牲者は、ペトロパヴロフスク・カムチャツキーから釣りをするために現地に訪れた旅行者の一人だった」と語った。

犠牲者の仲間たちによると、場所を確保するために川岸に沿ってそれぞれが移動した時、叫び声が聞こえたため、助けに向かったところ、クマを目撃したため、警察に通報したという。

バカエワ報道官は、「内務省の職員が現場に到着し、獣の爪や牙の痕跡のある男性の遺体をみつけた」と語った。
今年カムチャツカでクマに人間が襲われたのは、今回が初めて。カムチャツカでは昨年、クマに襲われて2人が死亡している。

http://jp.sputniknews.com/russia/20150621/483459.html




ベルギー政府 ロシアの口座凍結一部解除へ
2015年06月21日 19:51(アップデート 2015年06月21日 20:14)

ベルギーでロシアの銀行口座が凍結された問題で、ベルギーは、口座の凍結解除を決めた。マスコミが、ベルギーのレンデルス外相の発言を引用して伝えた。

マスコミ報道によると、レンデルス外相は記者団に、ベルギーにあるロシアの在外公館などの口座凍結が解除されたと伝えた。外相によると、その他の口座の凍結は、22日に解除される。

ベルギー外務省の報道官は、「まず大使館業務のために、口座の凍結を解除するための解決策が見出された」と語った。「残りの凍結解除も、順次続く」という。リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

また報道官によると、はじめに、在ベルギー・ロシア大使館や、NATOおよびEUのロシア常駐代表部が使用していたING銀行の口座凍結が解除される。

レンデルス外相はまた、在外公館の口座が凍結の対象とならないために、裁判所法典に修正を加えることで合意に達したと述べ、ベルギーはこのような形で、自国の国際的な義務を果たすことができた、と伝えた。

ブリュッセルにあるロシア大使館や、EUおよびNATOのロシア常駐代表部、またその他のロシアの機関の口座が凍結されたことを受け、ロシア外務省は数日前、ベルギー大使を呼び、抗議を表明していた。

http://jp.sputniknews.com/business/20150621/483331.html




ロシア 日本への農作物輸出を望む
2015年06月21日 14:41(アップデート 2015年06月21日 17:47)

ロシアのアレクサンドル・トカチェフ農相は、リア-ノーヴォスチ通信のインタビューの中で「ロシアは、自国の農産物の販路を中国や韓国、日本、トルコさらにはアラブ世界に広げたいと望んでいる」と述べた。

トカチョフ農相は、次のように伝えた―

「まず第一に、農作物を輸出したいと考えているのは中国と韓国で、一部は日本にも、そしてもちろんトルコやアラブ世界にも売りたい。これらが重要な輸出先だ。
穀物以外にもロシアは、ヒマワリ油や菜種油、大豆油を輸出する事ができる。また我々は、積極的に魚類を販売できるだろうし、鶏肉や豚肉の積極的供給も可能だ。」

http://jp.sputniknews.com/business/20150621/481167.html




マスコミ報道、対露核ミサイル配備計画に独で非難の声
2015年06月21日 19:03(アップデート 2015年06月21日 19:07)

独シュピーゲル紙いわく、独市民が政治問題のために大規模な抗議運動を展開することは稀。ところが新たな軍拡競争の開始に市民が憂慮し始めたことは明らかだ。

シュピーゲル紙の記者らは、ドイツの諸都市の中心街に35年前の冷戦時の様相が展開することもありうると書いている。

大規模な抗議行動に30万人の市民が集まったということは、NATOのいわゆる二重決定、NATOの枠内の軍事戦略状況およびソ連の中距離弾道ミサイル「ピオネール」SS-20に関して、市民が反対の声を上げたことを示す。

NATO諸国は西ヨーロッパに米の中距離ミサイルシステムを展開することを決めた。現在米国が憤慨を示しているのは、ロシアの実験用中距離巡航ミサイルR-500および弾道ミサイルRS-26。

これより前、米国は、必要な事態となった場合、ロシアの軍事ポテンシャルに打撃を加えるために欧州に地上型ミサイルの配備の可能性を検討していることを明らかにしている。

この声明の出された後、欧州では冷戦時代に戻るのではないかとささやかれ始めた。シュタインマイヤー独外相は言動両面で
紛争のエスカレートが急展開すると予測している。

これに対し、ロシア国防省のアントーノフ次官は、NATOはロシアを軍拡競争へと駆り立てているという見方を表している。

シュピーゲル紙によれば、ベルリンでは米露対立となった場合、独が戦略本部と姿を変えるのではないかとの危惧感が高まっている。

米国は、ロシアからの攻撃に備え、独に重兵器および5千人規模の兵力を配備し、東欧およびバルト諸国の防衛に備える計画を立てている。

http://jp.sputniknews.com/europe/20150621/483153.html




画期的な性格を有する露日エネルギープロジェクト
2015年06月21日 17:57(アップデート 2015年06月21日 18:16)

ロシアの水力発電会社「ルスギドロ」は、日本の三井物産と国際協力銀行を、サハリンと北海道を結ぶエネルギー・ブリッジ建設プロジェクトの最も適切なパートナーとして検討している。

「ルスギドロ」のエヴゲーニー・ドド社長が、明らかにした。ドド社長によると、「ルスギドロ」は、多くの企業と活発に協議を行っているが、三井物産と国際協力銀行を、優先的なパートナーとして検討しているという。

「ルスギドロ」傘下の「東部エネルギーシステム」社のセルゲイ・トルストグゾフ社長は、西側による対ロシア経済制裁にもかかわらず、サハリンと北海道を結ぶエネルギー・ブリッジ建設プロジェクトは、日本企業の関心を呼んでいる、と指摘している。トルストグゾフ社長は、「2014年秋のある時期には、経済制裁の影響が感じられた。

会談では、プロジェクトへの関心が表されただけだった。しかし今年は、プロジェクトへの関心が強まっている。私たちの日本のパートナーたちが、自らコンタクトをとってくる。これは良い前進だ」と語り、次のように述べている-

「ロシア極東のエネルギー企業は、日本企業と協力することに『運命づけられて』いる。また私たちの協力は、幅広い方向性を持っている。日本から機器や技術を単に購入していた時もあった。しかし私たちは今、投資の面で協力しており、技術的に画期的な性格を持つプロジェクトもある。

例えば、サハリンー北海道エネルギーブリッジの建設だ。このプロジェクトはまさに画期的な性格を有している。これは、多くの生産力、技術や資材などの開発を伴う。

同プロジェクトの実現は、極東のエネルギーインフラに、2017年末までにおよそ10億ドルの投資を誘致し、平時とピーク時における必要な量の電力供給の確保を可能とする。」

サハリンと北海道を結ぶエネルギー・ブリッジ建設プロジェクトは、2000年から検討されている。トルストグゾフ社長によると、経済的合理性の高さに関連して、プロジェクトに関する作業は積極的に行われている。サハリンと日本で、専門家グループが、それぞれ作業を行っているという。

これは、ケーブルの敷設、経路の選択、電力の受け入れに関する技術的な特徴などに関連した作業を実施するための裏付け作業だ。またトルストグゾフ社長によると、まずは北海道に、そして、そのあと日本の多くの地域へ電力を供給するための、コストの決定も行われている。

さらにもう一つ、大規模な共同プロジェクトがある。それは、マガダン州の液体水素製造工場に関するプロジェクトだ。同プロジェクトの合意は、2013年に締結された。パイロットプロジェクトは、2019年に始動する予定だ。現在、ロシアのエネルギー経済の専門家と、その日本のパートナーたちが、プロジェクトを詳細に研究している。液体水素は、日本へ供給される予定。

トルストグゾフ社長は、「これは、ついこの間まで夢物語だと考えられていたが、私たちは今、日本のパートナーたちと一緒に、実現に近づいている」と締めくくった。

http://jp.sputniknews.com/business/20150621/482817.html




ロスコスモス、ISSの米コンピューターが故障、露米協力で見事解決
2015年06月21日 21:54

21日、ロスコスモスのブレンコフ公式報道官は声明を表し、国際宇宙ステーション(ISS)の米国セグメント内のキャビン・コンピューターの故障は確かに起こったものの、露米の飛行管理センターは不測の事態を解決したことを明らかにした。

ISSでは20日、米国セグメントのキャビン・コンピューターが故障し、クルーの間には緊張が走ったものの、同日3時には問題は解決され、コンピューター作業は元通りになった。

ブレンコフ報道官は「米国セグメントのコンピューターに不具合が起きたのは事実だ。ロシア人クルーたちは困難な状況で米国人クルーを手伝った。

これこそ本当の協力だ。現在全てのシステムは平常通り機能している。モスクワおよびヒューストンの飛行管理センターは見事な協力を行った」と語った。

http://jp.sputniknews.com/science/20150621/483790.html








[ 2015/06/21 23:42 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する