FC2ブログ







2015/07/17 本日は記事はお休みさせていただきます。













20150521pic 064



20150521pic 061


今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


軍事専門家、マレー機のルートは「受難の子ヤギ」のごとく仕組まれた
2015年07月17日 21:15(アップデート 2015年07月17日 21:58)

CNNテレビが、オランダの予審判事の最終報告書に目を通した消息筋からの情報として伝えたところによると、報告書では2014年のウクライナでのマレーシア航空機MH17墜落事件の真犯人は義勇軍と航空会社にあるとされている。
情報提供者によれば、報告書にはMH17機を撃墜したミサイルの型およびその飛行ルートが特定されている。

ロシアの地政学問題アカデミーの副会長で軍事専門家のウラジーミル・アノヒン氏は、CNNの報道した専門家らによる事故原因の追究結果は事実に全く即していないとする見解を表している。

アノヒン氏はラジオ「スプートニク」に出演した中で、次のように語っている。

「CNNが、オランダが証明したとして報じた帰結はくだらないものだ。たとえば、飛行機が『ブーク』によって撃墜されたというのであれば、彼らの言う弾頭部分は機体から5メートルのところで爆発したことになる。言っておくがこれは70キロもの爆発物だ。そうなれば機体はばらばらに分解されて当然なはずだ。」

アノヒン氏はMH17機事件の罪は義勇軍ではなく、ウクライナ側にあるとの見方を示している。

「事件の責任はウクライナ側にある。思うに『ブーク』に関する話はもやがかかっており、真相まで行き着くことを許さない。ここでは棺の上で政治ゲームが行なわれているにすぎない。死者たちを使った曲芸が始まっている。あまりにひどい話だ。欧州友好の完全なる退廃を意味している。」

アノヒン氏は事件当時、戦闘行為の行なわれていた地域上空が閉鎖されていなかったことは偶然ではないと指摘している。

「これは仕組まれたことだったと思う。空域回廊は20キロだ。航空管制センターが突然MH17機をまさに戦闘ゾーンへと誘導し、14キロ北に向かわせたということは、子ヤギを受難に向かわせるよう、ルートが仕組まれていたということだ。つまりこれは正真正銘の殺人に他ならない。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20150717/594017.html



マレーシア航空MH17便事件、未だに残る5つの疑問
2015年07月17日 18:27

なぜ通常の飛行ルートを外れたのか?

ドネツクまでは通常の航空ルートをたどっていたMH17機は、その後、ルートを外れて北に向かい、激しい戦闘行為が行なわれていた地区へと飛んだ。しかもこの際、国際回廊空域の境界線からは最高で14キロも離れていた。

その後、当機は回廊に戻ろうとしたが、乗員は試みを完了できなかった。回廊を出たのは乗員のナビゲーション上のミスか、またはウクライナ側の航空管制がそうした指示を出したのか。その原因はフライトレコーダーの読み取りによって解明できるが、レコーダーのデーターは未だに公表されていない。

なぜ捜査の資料がすべて公開されないのか?
2015年4月、オランダ法務省は世論の圧力に屈し、MH17機事件の捜査に関する569の文書を公開。ところが残る147の文書は未だに機密扱いのまま。またスキャナ公開された文書も一部の情報は隠されている。



なぜウクライナは事件当日のMDの配置、および空軍の飛行状況について資料を公開しなかったのか?
事件から1年たった今でもウクライナ側はこの情報の公開に踏み切っていない。しかもロシア国防省は2014年7月21日、MH17機の事件の前のドネツク州領内の状況を客観的に管理したデーターを発表している。そのデーターでは事件当日、MH17機はウクライナ軍の高射砲ミサイル「ブーク」の行動範囲に入っており、まさにこの日、ウクライナのレーダー活動の集中度が高まっていたことがはっきりしている。ロシア軍のデーターでは事件の前、MH機から3-5キロの地点でSu25とみられるウクライナ軍の攻撃機が飛行していることが確認されている上に、軍の航空管制センター職員のやりとりもウクライナ側は公開していない。


なぜ米国諜報機関は義勇軍が撃墜した証拠を持つとしながら、それを公開しなかったのか?
事件から数日後、米国は事件が義勇軍の仕業であることを裏付ける諜報機関の資料を公開するという声明を表した。米諜報機関は人工衛星のとらえた写真、無線傍受のデーター、ソーシャルネットに公開された証拠を所持すると公言したが、それらの証拠は未だに公開されていない。


なぜオランダの調査結果の裏づけに目撃者の証言が使われていないのか?
マレー機の地対空ミサイル「ブーク」撃墜説は目撃者の証言で容易に裏づけ、または覆すことが可能。高射砲が発射されれば、大爆音だけでなく、燃料から出る煙、舞い上がる土ぼこりなどのビジュアル効果が必ず発生する。これだけのシーンは誰の目にも触れないわけにはいかない。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150717/593101.html






[最近大分に来ているAKBメンバー]
一瞬を撮り逃がさないキャノンのイクシー3はコンデジにしては優秀だ。

ハイブリッド レプティリアン akb48

エイゾウショリ










[ 2015/07/17 23:00 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する