FC2ブログ







2015/08/16 秋を感じはじめる今日この頃

20150521pic 190


20150521pic 189


20150521pic 186


わたしは大手地上波TVを観なくなってから戦後70年となるものですが、今夜の「妻と飛んだ特攻兵」はめずらしく見るに堪えうるドラマであったので、最後までわたしにしては珍しく視聴したものなのです。

ま、丸顔の堀北真希さんが可愛らしいので好きなのもあるものです。

お盆も過ぎてゆくものですが、みなさんはご帰宅なさったりと忙しかった様子であるものでしょうか。

まだまだ大掃除は続く様子。












今日観たYOUTUBE/NEWS記事など;


米国 日本にさらに12の原爆を投下する予定だった
2015年08月16日 15:37

米国は、広島と長崎に原爆を投下した後も、日本への原爆攻撃をやめるつもりはなかった。彼らは、三発目を投下するばかりでなく、さらに12もの原爆投下計画を持っていた。

新聞「The Daily Beast」が、広島・長崎への原爆投下70周年に関連して公表された米国の軍事アーカイヴの資料を引用して伝えた。

1945年8月13日に行われた高位の軍事専門家らによる交渉をまとめた資料は、より強力な三回目の攻撃のための原爆用材料が、マリアナ諸島にほぼ集められ、8月19日に用いられる可能性があった事を裏付けている。

またさらなる12回の攻撃用に原爆製造の準備がなされ、米国は、日本が降伏するまで、原爆攻撃を続ける計画だった。

米国の特別軍事委員会は、京都や横浜、小倉、新潟さらには東京も標的にしていたと見られる。

専門家らは、原爆攻撃の効果を詳しく研究したいと考えていたため、まだ通常爆弾での攻撃により大きな被害を受けていない、諸都市を選んだ。東京は、すでに空襲により著しい被害を被り、10万人もの人々が亡くなっていたが、特別軍事委員会は、標的のリストから除外しなかった。

しかし8月15日、日本が無条件降伏したため、原爆の中身などは、爆弾完成のため米国本土からマリアナ諸島へ送られる準備ができていたにもかかわらず、その生産は中止となった。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150816/753235.html





インドネシアの航空機、パプアニューギニア島付近で消息不明、54人が搭乗
2015年08月16日 18:52(アップデート 2015年08月16日 18:57)

インドネシアのトリガナ航空の旅客機がパプアニューギニア島付近で消息を絶った。ロイター通信がインドネシアの国家捜索救助局(BASARNAS)の発表を引用して報じた。

スカイニュースの報道では消息をたったのはトリガナ国空の旅客機で、センタイ空港を離陸し、オクシビルに向かっていた。乗員乗客54名が搭乗していた模様。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20150816/753854.html




ロンドン警察 市民にテロへの注意を喚起
2015年08月16日 20:00

ロンドン警察は、市民に対し、テロ行為に注意し、疑わしい状況に気が付いた場合、テロ対策ホットラインを通じ警察官にすぐ連絡するよう求めた。

この呼びかけは、過激派武装集団「IS(イスラム国)」のメンバーが、対日戦勝記念日の祝賀行事の際にテロを準備しているとの情報がある事から、なされたものだ。

ロンドン警察のデイヴ・マッカー報道担当官は「我々は、祝賀行事のための安全プランを見直した。今後も我々が、市民の安全を守るためしっかり努力を続けていくことを皆さんに約束する。

すでに大分前に市民及びロンドンを訪れるすべての皆さんにお願いした事だが、何か疑わしい事があれば、テロ対策ホットラインに情報をお寄せ頂きたい。通報者のプライバシーは守られる」と述べている。

対日戦勝記念行事は、ロンドンで催されるが、英国女王エリザベスⅡ世の他、一連の王族、そして第二次世界大戦の元参戦軍人の代表らが多数参加する。

http://jp.sputniknews.com/europe/20150816/754090.html




北朝鮮、「世界が見たことのない兵器」で米攻撃と威嚇
2015年08月16日 18:07

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は「かつて世界が目にしたこともない攻撃手段」で米国を攻撃すると威嚇した。CNNが報じた。

北朝鮮の威嚇は韓国が米国と毎年行う軍事演習に関連して出されたもの。米韓合同軍事演習は共同声明によれば「地域防衛および朝鮮半島の安定維持」を目指したもの。

北朝鮮国家国防委員会の報道官は、米韓演習で軍事力が強化されたため、「最も強力な朝鮮民主主義人民共和国の軍事力で反撃」を加える必要にせまられているとする声明を表した。

米国務省はこれに対し、軍事演習は完全に透明性をもったものであり、国防強化を目的としたものと指摘。

北朝鮮国防省側は、隣国の韓国でこれから行われる軍事演習は脅威であり、「核兵器や銃ではなく、これまで世界が目にしたことのない攻撃、防衛手段を使ってこれに対抗する」と威嚇している。

http://jp.sputniknews.com/asia/20150816/753765.html




学術研究、「セルフィー」によって人物特徴が特定できる
2015年08月16日 04:16(アップデート 2015年08月16日 04:19)

888電気鼠悪魔

ガジェットを使ったセルフィー(自分撮り)はそれを行う人の性格、気分に左右される。シンガポールの国立南洋(ナンヤン)理工大学で教鞭をとるリン・キユー氏のこうした理論を英「インディペンデント」紙が掲載した。

キユー氏はソーシャルネットにセルフィーを公開している中国人ユーザー120人を対象にテストを行い、心理的特徴を調べ、その後、100人を超す大学生に集めたセルフィーを見せて、被写体の容貌から性格別に仕分けさせた。

その結果、例えば周囲の人間に友好的に接する人はセルフィーに写るときもよくにっこり微笑んだり、笑っており、カメラを下から構える傾向にあることがわかった。こうしたポジティブなセルフィーを撮影する人には他に、「新しい物事にオープンな性格」の項目で高得点を集めた人も入った。

責任感の強い人は、セルフィーによって自分のいる場所が相手に知られてしまうため、あまり行わないことがわかった。また唇をアヒルのように突き出したり、ダークフェイスに構える人は感情の起伏が激しかったり、神経に異常をきたしている傾向がある。

こうしたテスト結果を発表しつつもキユー氏は、セルフィーとそれを行う人物の心理的性格の関係に確固とした法則性があるというには証拠不十分であると告白している。

キユー氏の調査に呼応する形で米オハイオ州大学からも同様のテーマでの調査結果が明らかにされた。それによるとセルフィーに夢中になる男性にはナルシズムや精神病を病む傾向があることがわかった。

http://jp.sputniknews.com/life/20150816/750430.html


酷いねずみたちは自我撮りが好きな自己愛間違いねずみだけに自己チュウの類似点が在るものですね。
「やあ! そこのあなた! 自分を写したいんでこのカメラでお願いします」
「はい、チューチュー! パシャッ」
「酷いミッキーさんたち、首洗っとけよ」






小鳥がドロンを撃墜
2015年08月16日 04:27



オジロワシは怪我なし。でも無人飛行機のほうは修理が必要。
豪州で猛禽がドロンを撃墜。その様子を納めたビデオはYouTubeに公開されている。

ビデオへのスクリプションによれば、ドロンは森林地帯の上を飛行している。するとこれにオジロワシに接近し…、そのあとは落下するドロン。オジロワシはドロンを敵だと思い込み、撃退に出たというわけだ。

ビデオへのコメントには、ドロンを飛ばすときは、まわりに猛禽がいないかどうか、注意しましょうと書き込まれている。

http://jp.sputniknews.com/videoclub/20150816/752411.html




クリントン前国務長官 「IS」誕生の責任はブッシュ大統領にあり
2015年08月16日 20:33

来年の米大統領選挙に共和党から出馬の名乗りを上げているジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は「IS(イスラム国)」誕生の責任の一部は、ヒラリー・クリントン前国務長官にあると発言したが、彼女は、この非難を斥けた。ロイター通信が伝えた。

アイオワ州で演説した中で、クリントン前国務長官は「イラクでの状況尖鋭化は、ジョージ・ブッシュJr.政権の行動が原因で生じた」と述べ「ジェブ・ブッシュ氏は、自分の兄の行動を擁護し、それによって起った事の全体像を隠そうとしている」と指摘した。

またクリントン前国務長官は「当時のイラク政府との間で、2011年末までに米軍撤退について合意したのは、他でもないブッシュ大統領だ」とし「その事が、あの地域で『IS』が勢力を強める原因となったのだ」と強調した。

先にジェブ・ブッシュ氏は「オバマ現大統領の誤った行動が、イラクの状況不安定化を招き『IS』の勢力強化をもたらした」と批判し「そうした事は、クリントン氏が国務長官であった時代になされた」と指摘している。

http://jp.sputniknews.com/us/20150816/754219.html





池袋で車が歩道に突っ込む 5人はねられ、1人は重体に
朝日新聞デジタル 8月16日(日)22時34分配信

池袋で車が歩道に突っ込む 5人はねられ、1人は重体に
店舗の入り口付近に突っ込んだ自動車=16日午後10時13分、東京都豊島区東池袋1丁目、竹花徹朗撮影
 16日午後9時40分ごろ、東京都豊島区東池袋1丁目の歩道に乗用車が突っ込んだ。警視庁によると、5人がはねられ女性(41)が頭を打ち重体、25~71歳の男女4人も頭や足にけがを負った。同庁は同日、運転していた男を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。



 池袋署によると、男は東京都北区王子3丁目、医師金子庄一郎容疑者(53)。同乗者はいなかった。調べに対し、「ラーメンを食べ終えて駐車場を出るところだった。運転していたのは間違いないが、歩道上に突っ込んだ記憶はない」などと話しているという。

 現場はJR池袋駅前の家電量販店や衣料品店などが立ち並ぶ繁華街。

 事故を目撃した男性会社員(22)は「乗用車が時速60~80キロぐらいのスピードのまま反対車線に突っ込んできた。『キャー』という悲鳴が聞こえた。車から男性が1人降りてきたが、足元がおぼつかない様子だった」と話した。女性会社員(24)は「近くで信号待ちをしていた男性があっという間に宙に吹き飛ばされた。警察官が到着後、男性が車から引きずり出されるように出てきた。言葉にならない、大きな奇声を上げていた」と振り返った。



この金子庄一郎っていう在日半島人、何か臭う!

















覚書;


以下ウィキペディアから抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A3%E7%A9%BA%E8%BB%8D



フェアリイ空軍(フェアリィくうぐん、Fairy Air Force FAF)は、神林長平のSF小説『戦闘妖精・雪風』シリーズ及び関連作品に登場する架空の軍隊である。
フェアリイ空軍[編集]
フェアリイ戦争初期、国際連合にて地球防衛機構が結成されたが、フェアリイ星が発見されると、通路の管理を如何するかで各国がもめ、戦いの主力だった大国が独占管理することは宇宙天体条約を盾に反対された。それによって地球防衛機構は国連から独立、超国家組織フェアリイ空軍を設立する。なお、強大な軍事力を持つFAFが独立する事を防ぐために、フェアリイ星で食料を自給する事は禁じられており、食料は地球側の食糧管理機構を通じて地球から輸入されている。
基地[編集]
フェアリイ星側の超空間通路を中心とした半径200キロの同心円状に、童話の妖精の名を冠したシルヴァン、ブラウニィ、トロル、サイレーン、ヴァルキア、フェアリイの六つの大型基地が設置されている。この中でもフェアリイ基地には全軍の中枢部であり、最も規模が大きい。これらの六大基地の地下には巨大な地下空洞が広がっており、その内部には一つの地方都市ほどの規模がある居住エリアが存在している。六大基地の他にも補給基地や戦略拠点として用いられるSAB(Strategical Air Base、戦略基地)や、前線基地であるTAB(Tactical Air Base、前線戦術航空基地)など複数の基地を持つ。TABはTAB-1~TAB-16までの16つが存在している。SABの総数は不明。
また、地球側のFAF及び地球防衛機構の本部はオーストラリアに置かれており、同地にはFAFの訓練施設も存在する。また、この他にも世界各地に出張機関を持つ。
組織[編集]
FAF全軍に対する意思決定権を有しているのは、フェアリィ基地に存在する統合参謀本部であり、その指揮下に各軍団と監理部が存在する。各軍団と監理部、及びその下部組織は以下の通り。
戦術空軍団
総司令官はシェーナー大将、後にギブリール・ライトゥーム中将。指揮下の部隊に戦術戦闘航空団と戦術開発団がある。後述する特殊戦も、戦術戦闘航空団内の一部隊である。
航空宇宙防衛軍団
防衛戦闘航空団と防衛偵察航空団を指揮下に置く。戦術空軍団とはライバル関係にある模様。また、空中移動基地として2隻のバンシー級原子力空中空母を保有している。
航空支援軍団
補給センター、通信管制団、航空救難団を指揮下に置く。
システム軍団
FAFの各種装備の開発を手掛ける軍団。飛行試験センター、基礎技術センター、技術開発センターを指揮下に置く。基本的には実戦には参加しない。なお、装備の設計は機械知性隊群によって行われている。「グッドラック」では本軍団内に、ジャムによるコピー人間の可能性のある人を集めた「再教育部隊」が編成されている。
気象軍団
気象管理センターと気象観測センターを指揮下に置く。
整備軍団
航空整備団と施設整備団を指揮下に置く。施設整備団は基地の除雪などを担当している。
情報軍団
情報収集団と解析センターを指揮下に置く。対ジャム戦だけではなく、FAF内部や地球相手の諜報活動をも行っている。総司令官はハインリッヒ・リンネベルグ少将だが、実際の指揮権は解析センター司令のアンセル・ロンバート大佐にある。
教育軍団
航空教育団と技術教育団を指揮下に置く。
医療軍団
戦闘心理研究所、航空医療研究所、医療センターを指揮下に置く。特殊戦に赴任してきたエディス・フォス大尉は、戦闘心理研究所に所属している。
監理部
経理局
各部隊の会計関係全てを管理する部署。各部隊に会計係を置いている。
人事局
各部隊の人事を担当する部署。入隊者の管理もこの部署が行う
厚生局
各部隊の衛生/生活管理や福祉、慰安関係の準備を行う部署。医療軍団と密接な関係にある。
装備局
建設資材や各部隊の装備などを調達、管理する部署。
施設局
基地などの各施設の保全や管理を行う部署。
保安局
FAF内での警察や司法を管轄する部署。憲兵隊などを指揮下に置く。
広報局
FAF内外への広報を担当する部署。
階級制度[編集]
惑星フェアリイに暮らすすべての人は軍属扱いとされ、実際に基地で軍務に従事する軍人はもちろんのこと、文官や技官、市街地で商業に従事する者、地球からフェアリイに出向しているサラリーマンなどにも全て階級が与えられている。また、最下級の階級は少尉であり、「将校のみで編成された軍」という、他国の軍隊から見れば極めて異質な制度が敷かれている。少尉という階級であっても一軍隊の中で最下級であることには変わりないため、およそ将校がすべきではない業務(除雪業務など)についている者も数多く、実質的には一般的な軍隊の下士官・兵卒としての扱いを受けている者も少なくは無い。 しかしながら、逆に階級にそぐわぬ大きな任務にあたる者も多い。一例を挙げれば、特殊戦第5飛行戦隊のジェイムズ・ブッカー少佐は各パイロットの出撃管理や作戦立案などにあたっているが、実質的には大佐クラスが行うべき業務である。また、戦隊の責任者であるリディア・クーリィ准将は、戦隊の性格上、一軍団長クラスの発言力を有する。このように、現場レベルにおいては階級が「上官と部下を区別するための記号」としての意味でしか扱われない場合も多く、ある程度の柔軟性を有すると推測される。
FAF語[編集]
フェアリイ空軍では、地球から離れた環境と正体不明の知性体との戦闘が行われていることからか、英語を基礎に徹底的に無駄を省いた言語が話されている。 この言葉は形容詞も少なく、簡素で高速に情報を伝えることが可能な、合理的であるが非人間的な語感がある。このことから、この特殊な言語をFAF語と称する場合もある。
特殊戦[編集]
特殊戦とは、『戦術空軍団・フェアリイ基地戦術戦闘航空団 特殊戦第5飛行戦隊』の事を指す。制式の部隊略号はSAF-Vとなっているが、FAF内では基本的にSAFのみで通る。
高度な中枢制御体を搭載したスーパーシルフが配備されており、通称ブーメラン戦隊の名で知られている。 特殊戦第五飛行戦隊は、戦術航空軍団・フェアリイ基地戦術戦闘航空団に所属する一部隊に過ぎないが、実際には独立した司令部を持つ軍団レベルの存在である。
あらゆる電子情報の収集を任務とし、その中でも主なものは戦術分析の為の戦闘のモニタリングである。配備されている13機が全て発進することは先ず無く、大抵は一機、多くても二機が他戦隊機の後についていく。特殊戦のパイロットに課せられた至上命令は「必ず生還しろ」であり、たとえ味方の戦隊が全滅しようとそれを援護することなく、味方機が危険な状態であろうと警告を発する程度でそれ以上の支援は一切しない。FAF内でも「最強の機体を持ちながら味方を見殺しにする冷血人間の集団」と忌み嫌われており、実際「他人に一切関心を持たない」という性向の人間ばかりが集められている。
使用機体[編集]
詳細は戦闘妖精・雪風#登場兵器を参照。
FFR-31MR シルフィード/スーパーシルフ(Sylphide/Super Sylph)
通常のシルフィードを戦術偵察向けに改良したモデル。原型の格闘戦用機型シルフィードからベントラルフィンが省略され、より高性能なコンピュータを搭載している。特殊戦の主力機体。
FFR-31MR/D シルフィード/スーパーシルフ
スーパーシルフを戦略偵察向けに改良を施したモデル。通常はラムジェットブースタを装備しているが特殊戦に配備されているD型には装備されていない。
FRX-99 レイフ(RAFE)
無人戦術偵察機。開発目的は乗員を前線の脅威から退けるためではない。卵のように脆弱な人間のことを考慮せず、高機動を発揮させることを目論んだものである。
FFR-41MR メイヴ(MAVE)
FRX-99を有人機に改造したモデル。開発ナンバはFRX-00。機体の無人化により戦術がパターン化してジャムに付け込まれる事を恐れた特殊戦出撃管理仕官ブッカー少佐の要請により製作された。現在FAF内に「雪風」一機のみしか存在しない。
フェアリイ戦争[編集]
フェアリイ戦争とは、突如南極に出現した超空間通路を通じ、謎の異星体ジャムがファーストコンタクトと共に地球へと侵略をはじめたことにより勃発した戦争。
フェアリイ戦争初期、人類は地球防衛機構を結成する。この侵略に対抗するため、地球防衛軍の偵察部隊が<通路>を潜り抜け、その先で未知の惑星を発見することとなる。人類はその惑星をフェアリイと名づけ、フェアリイ側の通路を中心に六つの基地を建設、フェアリイ空軍を設置した。フェアリイ戦争は開戦から既に30年が経過している。
フェアリイ星[編集]
現在フェアリイ戦争が行われている惑星「フェアリイ」についてはその位置、生態系、地理など未だに詳しいことは分かっていない。フェアリイ星の太陽は近接連星であり、その一方から吹き出したガスが高空では赤い帯となって目視でき、ブラッディロードと呼ばれる。連星はその形成過程で惑星系の材料をすべて取り込むか蹴散らしてしまうため、フェアリイ星は自然の惑星ではないと考えられている。また、その周囲は強力な磁場と放射能帯に包まれている。フェアリイ星側の通路の周囲には六大基地が設置されている。密林や砂漠、山脈などが確認されており、とりわけ密林は様々な木々が折り重なり、非常に分厚い層のようになっているため、開拓は困難を極める。フェアリイ星に空軍しか置かなかったのはそれが一因であるとも言われる。また、ここには「原住恐竜」と呼ばれる恐竜のような生物が生息していて、撃墜された機体の乗員が被害に遭うこともある。原住恐竜の他にも、密林の上層部を歩く動物などが存在しているという。
超空間通路[編集]
超空間通路は、地球南極点から1000km、西経約170度、ロス氷棚の一点に存在する。最大直径は約3km、高さは10kmを超え、紡錘形をした巨大な霧の柱である。これにより地球とフェアリイ星は繋がれている。航空機で突入することで通過することができるが、自動車や徒歩などでも通過できるのかについては触れられていない。一般には<通路>と呼ばれているが、詳細は不明であり超光速航法の一種ともその中にフェアリイ星があるとも言われている。
ジャム[編集]
ジャムとは、超空間通路を通じ地球へと侵略してきた謎の異星体である。小説では、ジャムの機体にはまるで空間を切り取ったかのような黒のカモフラージュがされており、その黒さは立体感や距離感が得られないほどである。カモフラージュの中は銀色。OVAでは銀色の機体に目まぐるしく変化する縞模様が浮かび上がり、さらに常に振動(?)しているため、パイロットの目にかなりの負担をかける。
ジャムについては殆どわかっておらず、姿も現さないため、機体そのものがジャムではないか、フェアリイ星自体がジャムではないかなどとも言われている。ジャムを目撃したと証言する者によると黒い細かな金属片の塊のような形をしているとのことであるが、それがジャム本体であるという証拠は何もない。
ジャムは人間側が新しい兵器や機体を開発しても通常では考えられない短期間で対抗手段を打ち出しており、こちら側の技術レベルに合わせて手加減をしているのではないかとも思われている。またジャムに空戦兵器しか見られないのも同様の理由と考えられており、そのためFAFは陸戦兵力の投入に慎重になっている。
現在ではジャムは「人間」を認識しておらず(知覚出来ておらず)、実際に戦うFAFの戦闘機やコンピュータ群だけを知覚していると推定されている。これはジャムという存在が物理的・時限的性質上、人間を知覚できる領域に存在しないためとする説が有力である。ジャムと結託しクーデターを起こした情報軍大佐アンセル・ロンバートも、ジャムが人間を捕捉するために人間的な身体を有するジャム人間、“ジャミーズ”を作ったのであるという見解を示している。























倒れた男女、血だまりも=興奮し怒鳴る車の男―池袋事故
時事通信 8月17日(月)1時2分配信

 歩道に突っ込んできた車は歩行者を次々とはね、店に衝突した。
 東京・池袋で16日夜、5人が重軽傷を負った事故。大破した車の近くには複数の人が倒れ、血だまりも。救急車やパトカーが次々と駆け付け、お盆中の繁華街は騒然とした。
 JR池袋駅の北東約100メートル。シルバーのセダンが歩道に乗り上げ、衣料品店「ZARA」にぶつかって止まっていた。前方がくの字に曲がったりボンネットが跳ね上がったりしていた。
 近くの商業施設にいた男性(40)が駆け付けると、衣料品店の前に男女2人が倒れていた。付近には「血だまりがいくつもできていた」。
 女性には知り合いとみられる男性が覆いかぶさって何か話し掛けていたが、反応はうかがえない。あおむけに倒れていた男性は「顔面が真っ白」だった。警察官が付き添って後頭部にタオルを当て、動かないように体を押さえていた。
 練馬区に住む50代の男性会社員は車を運転していた男を目撃した。興奮した様子で、警察官に何か怒鳴っていた。間もなく6人ほどの警察官にうつぶせに取り押さえられ、パトカーに乗せられた。
 近くでは女性が倒れており、血を流しているように見えた。その隣には男性が地面に座り込み、天を仰いでいたという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000004-jij-soci

悪知恵で罪にならない確信をもってこういう殺人を事故にみせかけ故意に犯す性癖、変質者的で下衆な臭いがするな!
[ 2015/08/16 23:12 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(4)

Re: タイトルなし

了解しました~v-283
[ 2015/08/20 21:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/20 03:35 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

それは興味深いものですv-283

731と言えば悪魔の飽食という小説がむかし在ったものです。

真実はかなりはぐらかされてはいるものの、わたしとわたしのなかまたちはこれらがどのようなことがおこなわれてきているのか、そして今現在も、規模やカタチをかえたデズニーランドのイッツア・スモール・ワールドの地下では何がおこなわれてきているのかを把握して在るものです。

この世界の残虐なるデタラメ支配に臨むならば、真実はゆるぎない真実として白日のもとにさらされる日がもうすぐ来るものでしょう。


[ 2015/08/20 00:33 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/19 09:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する