FC2ブログ







2014/08/25 その昔、台風一過を台風一家と勘違いしていたわたし。 きっと台風のように荒々しく激しい一家のことだろうと。

20150521pic 001




20150521pic 006


20150521pic 011

20150521pic 008

20150521pic 016


かなり強い風が吹いていたものです。

台風も過ぎ去り、空には青空も見え始める。

道には強風で散乱した草木の中に、秋をつげるかのように栗が落ちていたものです。

まだ台風シーズンは終わっていないものですが、一応一息つけそうであるものです。

学生さんは宿題におわれている様子でしょうか。

与えられた勉強もほどほどにして太陽の下で遊ばないと馬鹿になってしまうものですよ。

美白で太陽光を避けてばかりいる女性も、たまには日向ぼっこしないと骨粗鬆症で後で後悔するものですよ。

別に白が美しいなんて誰も思っていないものですからね。

カルシウム剤で補うのはあんまりね・・・やっぱり体の中で太陽光を浴びて生成する能力を高めるべきであるものですね。

ん~、それにしてもまだまだ読書の秋とまではいかない残暑が続くものですね。

今日は少し涼しいかな。



今日観たYOUTUBEなど;

ROTOBO(ロシアNIS貿易会)代表「日本企業はロシア市場の将来を確信している」
2015年08月25日 05:11(アップデート 2015年08月25日 05:14)

ROTOBOのロシア代表部責任者ナカイ・タカフミ氏は、リア-ノーヴォスチ通信のインタビューに応じた中で「日本企業は、政治や経済をめぐる諸条件が容易でない中でも、ロシア市場の将来性について確信を持ち続けている」と述べた。

日本は、EUや米国に続いて、一連のロシアの官僚や銀行に対し制裁措置を導入し、数多くの合意遂行を凍結させた。
これについてナカイ氏は、次のようにコメントした―

「ロシアに対する日本政府の制裁は、現実的には大きな効果はないが、心理的な効果がかなり大きい。そうした事から現在、政府が導入した制裁に反してロシアに投資しようという企業は少ない。その意味で、ロシア国内の日本企業にとって、今の状況は快いものではない。

とはいえ、例えばインドやベトナムあるいはブラジルと同様にロシアは、経済成長の大きなポテンシャルを持つ巨大な国であり、たくさんの日本企業は、ロシアに将来の市場を見ている。

ルーブル安には、よい面と悪い面、二つの側面がある。自動車輸出メーカーにとっては、ルーブル下落は大きな打撃だが、投資家から見ると、好ましい条件だ。

現在日本側は、製薬・医療産業、食品業、農業そしてインフラ整備といった領域でのロシアとの協力を強化したいと望んでいる。
しかし現在のような政治的外交的関係の諸条件においては、ビジネス協力の活性化実現は困難だ。日ロの政府間関係を一日も早く改善する必要がある。実業界にとって、それが特別に重要なことになるだろう。」

http://jp.sputniknews.com/japan/20150825/800229.html

















[ 2015/08/25 20:01 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する