FC2ブログ







2015/08/27

20150521pic 011


今日は暑さがぶり返した感じで暑い大分となったものです。

今現在は外に出ると少し涼しいかな亞という感じであるものです。




今日観たYOUTUBEなど;


岸田外相の訪露キャンセル理由の報道はマスコミの解釈、ロシア外務省
2015年08月27日 23:35

日本外務省は、メドヴェージェフ首相がクリル諸島のうちの1島を訪問したことによって岸田外相のロシア訪問があたかも取りやめとなったかのような公式的な声明を出しておらず、これはマスメディアの解釈であるという声明をロシア外務省のマリヤ・ザハロヴァ報道官が表した。

ザハロヴァ報道官は「この件についての日本外務省の公式的な声明は目にしていない。これは完全に何らかの消息筋の情報を引用したマスコミの解釈だ」とブリーフィングで語った。

ザハロヴァ報道官は「訪問についての合意は現時点でも、あの時点でもなかった。時期、フォーマットについては合意が取れていない」と語り、「このことから我々としては、条件が規定されてもいないことについて、それをキャンセルすることもできないという帰結を出している」と述べた。

これまでの共同通信の報道では、日本政府は、メドヴェージェフ首相がクリル諸島のうち1島を訪問したことを受け、岸田外相のロシア訪問を取りやめたと されていた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150827/815380.html




露上院議長のNY行き、ビザが原因で成立せず
2015年08月27日 20:21(アップデート 2015年08月27日 20:22)

ロシア上院のマトヴィエンコ議長はニューヨークで開催の列国議会同盟の会議への招待状を受領後、26日、長期の沈滞を経てようやく米国ビザを取得した。ところが、ロシア外務省によれば、ビザに書かれた制限要項によってマトヴィエンコ議長の米国行きは不可能になってしまった。ロシア上院は、マトヴィエンコ議長に同行するはずだった代表団の他の議員も米国へは行かないことを明らかにしている。

米国はマトヴィエンコ議長を制裁リストに加えていることから、入国は禁止され、資本や私有財産も封鎖されることになる。

ロシア外務省の声明では、米国ビザには一連の「容認しがたい」制限が含まれている。時にこのビザでは列国議会連盟のラインでの会合や行事には参加できない。外務省の声明には「こうした条件下でのマトヴィエンコ議長を団長とするロシア議員団のニューヨーク訪問は不可能」と書かれている。

ロシア外務省は、米国はマトヴィエンコ氏に不完全なビザを交付することで国際法に違反しており、米国政権の行為は多方面が参加するフォーラムを組織する国の義務に真っ向から矛盾するという内容の声明を表した。

「民主主義と言論の自由を世界で第1に擁護する者かのように自らをポジショニングする米国の行為は事実上、米国の政治的構造や優先順位とは異なるアプローチを申し述べる可能性を封じている。」
このほかロシア外務省は米国が国際的な行事を自国内で行なう道徳上の権利に対し、疑問を呈した。

「これほど遠慮もなく国際問題における見解の多元主義を奪おうとし、自らが組織したものでもないこんな最重要な行事に、誰は参加でき、誰は参加できないと不躾にも決める国がほかにあろうか?この先、自国内でこうした行事を行いたいと挙手するモラル上の権利はこの国にはあるのだろうか?こうした疑問を禁じえない。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20150827/813631.html





武藤貴也議員に新疑惑 議員宿舎で19歳少年買春
スポニチアネックス 8月27日(木)7時1分配信

未公開株をめぐる知人との金銭トラブルが報じられ、自民党を離党した武藤貴也衆院議員(36=滋賀4区)にまたしてもスキャンダルだ。今度は19歳の少年が、27日発売の「週刊文春」に“未成年買春”を告白した。1回2万円前後で性行為を繰り返したとしている。武藤氏は26日、都内で金銭トラブルの釈明会見を行ったが、自民党記者クラブの記者ら“担当記者”のみを会場に入れ、それ以外は閉め出した。

 事務所関係者や警備員らに囲まれた武藤氏は午後1時の会見開始直前に会場入り。閉め出された記者からは「入れないのはなぜだ」「あんたこそ利己的だ」などの怒号が飛んだ。会見を取材できたのは、武藤氏が所属していた自民党の記者クラブと、武藤氏の地元・滋賀県の県政記者クラブの記者だけ。

 安保法案の反対デモを行う学生に対し「戦争に行きたくないのは、利己的個人主義」と批判し騒動になった武藤氏。先週の週刊文春では未公開株による「議員枠集金術」が伝えられて、自民党を離党。この日は、19歳の少年が同誌最新号に「武藤貴也議員は議員宿舎で僕を奴隷にした」と告白したことが判明。

 少年は「彼は僕をお金で買った」とし、基本的に1回2万円で性行為に応じ、議員宿舎にも呼ばれたとしている。少年に対し、武藤氏とみられる人物が記事になるのを止めようと送った無料通信アプリ「LINE(ライン)」も掲載されている。

 売買春は同性の場合、違法行為とならない。しかし、議員宿舎へ部外者を呼び寄せ、金銭を支払って性行為に及んだとしたら、モラルの面から問題視されるのは間違いない。

 会見終了後、会場に入れてもらえなかった記者から通路で「疑惑は本当ですか?」と声が飛ぶと、武藤氏は無言で振り返り、後を追ってきた報道陣をいちべつ。質問が続くと、事務所関係者が「共用のスペースは取材が禁止されているので」と制止し、武藤氏は足早に迎えの車に乗り込んだ。

武藤氏の事務所は、会見の入場を一部の記者にしたのは「会場のスペースの都合上、混乱を避けるため」と説明した。
政界関係者は「スキャンダルのあった政治家が記者を限定して釈明する会見なんて記憶にない」と首をひねった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150827-00000017-spnannex-soci




寺社への油かけ事件、医師の男に旅券返納命令へ
TBS系(JNN) 8月27日(木)12時8分配信
 
千葉県の神社に油のような液体をまいた疑いで逮捕状が出ているアメリカ在住の男に対し、外務省が近くパスポートの返納命令を出す方針を固めたことが、JNNの取材で明らかになりました。

 この事件は今年3月、千葉県の香取神宮に油のような液体をまいた建造物損壊の疑いで、千葉県警がアメリカに住む男の逮捕状を取ったもので、県警は外務省にパスポートの返納命令を出すよう要請していました。

 外務省は男への接触を試みましたが同意が得られなかったため、近く旅券法に基づいて官報に掲載する形で、パスポートの返納を命じる手続きを進めていることが明らかになりました。

 返納命令が官報に掲載されてから20日間が過ぎても男が応じない場合には、一定の期間をおいて男のパスポートは失効することになります。(27日10:44)
最終更新:8月27日(木)20時27分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150827-00000024-jnn-soci




天津爆発 警察が12人を逮捕
2015年08月27日 17:11

中国の天津市で発生した爆発事件に関与した疑いで、警察が12人を逮捕した。新華社通信が中国公安部の発表を引用して伝えた。

警察によると、逮捕者には、爆発が起こった倉庫を所有していた瑞海国际物流有限公司の会長や副会長のほか3人の幹部が含まれているという。

中国国務院はこれより先、爆発事故を厳格かつ綿密に調査すると発表した。
8月12日、天津市で大規模な爆発があり火災が発生した。この事故で139人が死亡、さらに30人が行方不明となっている。
爆心地となった倉庫には、およそ700トンのシアン化ナトリウムが保管されていたという。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20150827/812848.html




韓国でゴールドマン・サックス・コリア元執行役が逮捕、証券価格操作の疑い
2015年08月27日 19:10

韓国政権は投資銀行「ゴールドマン・サックス・コリア」の元執行役を証券価格を操作していた罪で逮捕した。27日、聯合ニュースが報じた。

逮捕された米国系韓国人のキム容疑者(49)は2011年、つり上げた価格で証券買いを行なうためのブローカーの機関投資家探しに便宜を図っていた疑いがもたれている。

検察は、キム容疑者は今年5月に逮捕された3人の人物から金を受け取り、中国のドンヤン社の証券価格を操作していた疑いを確証している。

これに対し、ゴールドマン・サックス・コリア社はキム容疑者の行為への企業の関与を否定しており、キム容疑者はこれを単独で行なったとしている。

http://jp.sputniknews.com/business/20150827/813392.html




日本はこれからウクライナに3億ドルを払う
2015年08月27日 22:49

ウクライナ政府と世界銀行は27日、キエフ当局に対する5億ドルの借款合意に調印した。

合意に調印したのは世銀側はチミャオ・ファン理事ベラルーシ、モルドバ、ウクライナ問題担当とウクライナ側はアイヴァラス・アブロマヴィチュス経済発展貿易相。

25日、世界銀行理事会はウクライナに5億ドルの借款を行なうことを承認した。ウクライナのヤツェニュク首相は、この資金は経済改革に充てられると発表。ウクライナ側は9月9日までには借款を受け取れるものと期待している。

世銀のこの決定によって、ウクライナは日本政府から3億ドル、またノルウェー政府からも2400万ドルのいわゆる平行支援金を受け取ることが許可されることになる。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150827/814629.html





























[ 2015/08/27 23:54 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する