FC2ブログ







2015/11/05




2015octinoita (77)

2015octinoita (80)

2015octinoita (72)



2015octinoita (63)

2015octinoita (115)

2015octinoita (84)

2015octinoita (85)

2015octinoita (81)

2015octinoita (141)

それにしても民間ロシア機へのロシア人に対する悪の所業であるものです。

こんなことして何の為に成るものでしょうか。

トカチョンがトカチョン由来のトカチョン基地外祭りでも興しているものでしょう。

トカチョンやらレプチョンやら、やたらに特に日本に巣食う寄生虫はチョン繋がりであるものでしょうか亞。

差別と区別の使い方さえ覚えない、覚えたとしてもその区別さえ差別に置き換えてあわよくば銭儲けの酷い連中について、このようなやつらを野放しにしておくべからずというものなのです。

大掃除はまだ続く様子であるものですね。

それにしても今回のロシア機321とオスタカヤマ123は酷いよね。

もしわたしが神なら乗客を全員生き返らせるものですよ。

これらがサクリファイスであってもね。


ということで、今夜は午前様に間に合わず~か亞?という感じの更新の様子~。





今日のニュースなど;

雄猫よ、3Dプリンターの甲冑を着て大志を抱け
2015年11月05日 18:45

sptc5555
© Flickr/ ~~SuPeRnOvA~~
http://jp.sputniknews.com/images/38/74/387418.jpg

雄猫用のすごい甲冑が登場。デジタルメディア「マッシャブル」が報じた。甲冑を作ったのはポータル「シングヴァース(Thingverse)」のユーザー「プリントザットシング(PrintThatThing)」さん。彼のデザインはダウンロードし、3Dプリンターで印刷することができる。

「もうハロウィンも終わってしまったが、この甲冑、飼い猫を最大限強靭にしたいと願う飼い主であれば、手を伸ばさないではいられないとマッシャブル。
メディアサイトCNetも「飼い猫を、猫本人もそう思っているように勇敢な戦士として扱う時代が到来した」と書いている。

この甲冑を最初にあつらえたのは雄猫「ボボ」。ボボの甲冑は黒いプラスチック製。CNetは、バットマンのユニフォームとテレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出てくる甲冑を足して二で割ったような仕上がりと評している。

http://jp.sputniknews.com/life/20151105/1124632.html




オランダ 英国に続いてシャルム・エル・シェイクからの航空便の運航を停止
2015年11月05日 22:15

オランダは5日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからの航空便の運航を11月8日まで停止すると発表した。オランダの安全保障局と法務省が、このような決定を下した。

またオランダ外務省のエジプトに関する渡航情報も変更され、シャルム・エル・シェイクへの飛行機による渡航は、追って通知があるまで見合わせを勧めるとされた。なお現在シャルム・エル・シェイクには、オランダ人408人が滞在している。

4日、英国は、シャルム・エル・シェイクへの航空便の乗り入れを全て停止した。英国のハモンド外相は、この決定について、ロシアの旅客機エアバス321型機について、機内で爆弾が爆発したことが墜落の原因となった可能性があるという情報に関連していると説明した。

現在、英国の専門家はエジプトの専門家と合同で、空港と航空機の安全対策の強化に取り組んでいる。また英国は6日、シャルム・エル・シェイクからの英国人観光客の移動を開始する意向。

ハモンド外相は6日、次のような声明を表した‐

「我々は、シャルム・エル・シェイクにいる英国人観光客の帰国を可能とする、安全保障のための緊急対策を適用するために、航空会社やエジプト当局と活動している。我々はこの計画が11月6日に開始されることに期待している。そのため、昨日あるいは今日飛行機で飛び立つ予定だった人たちは、明日飛行機で出発を開始する」。

http://jp.sputniknews.com/europe/20151105/1126295.html




ロシア非常事態省の救助隊 ロシア機A321型機の犠牲者捜索のため無人機を出動させる

2015年11月05日 22:32(アップデート 2015年11月05日 22:33)


sptc123123123123
© REUTERS/ Mohamed Abd El Ghany
http://jp.sputniknews.com/images/111/09/1110996.jpg




ロシア非常事態省の救助隊は、ロシア機エアバス321型機の墜落現場での活動範囲を40キロメートル四方に拡大した。

救助隊は無人機を使って、地上で捜索活動を行っている部隊をサポートしている。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20151105/1126394.html


































[ 2015/11/05 23:59 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する