FC2ブログ







2015/11/18 引き続き更新をお休みさせていただきます。

20150521pic 116


20150521pic 119

20150521pic 039

20150521pic 032

20150521pic 027

20150521pic 025

20150521pic 028kabe

20150521pic 012

20150521pic 022

20150521pic 046kabe


引き続き更新をお休みさせていただきます。




この世あの世のニュースなど;


ラヴロフ外相、A321機搭乗のロシア人殺害はロシアに対する攻撃に等しい
2015年11月18日 19:26

シナイ半島上空でのロシア機A321破壊テロでロシア人を殺害したことはロシアに攻撃を仕掛けたに等しく、ロシアは自国の保護のためあらゆる策を開始する。18日、ラヴロフ外相はこうした声明を表した。

「我々の(テロ犯人の捜索、処罰に関する)行動については、プーチン大統領も力説したように国連憲章第51条に基づいて行われる。この条項はあらゆる国家に対して自国が攻撃された場合の個々のまたは集団的な自衛権を与えている。シナイ半島上空でのテロ行為はまさにロシア国民に対する攻撃であり、国家に対する攻撃に等しい。」 ラヴロフ外相はレバノンのバシル外相との会談を総括した記者会見の席でこう力説した。

ラヴロフ外相は「国防の権利はあらゆる可能な手段で実現される。政治的手段、軍事的、また特務機関、諜報機関などのラインもそうだ」と語った。

10月31日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていた航空会社「コガルィムアヴィア」社のエアバス321型機がエジプトに墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。国際的な委員会が実施した調査の結果、ロシア機墜落の原因は、機内で爆発物が爆発したテロであったと断定された。

http://jp.sputniknews.com/russia/20151118/1183669.html




トルコのサッカーファン パリ連続テロの犠牲者へ黙とうを捧げている時に「アッラーは偉大なり!」と叫ぶ(ビデオ)
2015年11月18日 21:15

sptcトルコ温泉ネズミエイリアン
© REUTERS/ Osman Orsal
http://jp.sputniknews.com/images/118/57/1185711.jpg



トルコのイスタンブールで開かれたサッカーのトルコ代表とギリシャ代表の親善試合が始まる前に、パリ連続テロ事件の犠牲者へ黙とうが捧げられたが、一部のファンたちが沈黙を破った。

デイリー・メール紙によると、両チームの選手がフィールドの中央に並び、黙とうが呼びかけられたとき、トルコのサッカーファンたちがブーイングを始め、「アッラー・アクバル(アッラーは偉大なり)」と叫び始めた。
客席には、ギリシャのツィプラス首相とトルコのダウトロール首相がいた。

試合後、トルコ代表監督のテリム氏はファンたちの行為を非難し、「ファンたちはこのような行動を取るべきではなかった」と述べた。
なお試合は0対0の引き分けだった。チケットの販売枚数は1万7000枚だった。

http://jp.sputniknews.com/life/20151118/1185733.html




アサド大統領:ウラジーミル・プーチン氏はキリスト教文明の唯一の擁護者
2015年11月18日 18:41

シリアのアサド大統領は、フランス紙「ヴァリー・アクチュエル」のインタビューで、大統領の座を退く可能性について検討するのは、シリア国民と議会が望んだ場合のみだと述べた。

アサド大統領は、国際会議でもこの問題は提起されなかったと指摘し、「私の退陣の問題は、シリアの国民と議会の要望にのみかかっている」と述べた。

またアサド大統領は、ロシアのプーチン大統領について、キリスト教文明の唯一の擁護者だと考えていると指摘し、「世界情勢について考える時、私は、ウラジーミル・プーチン氏が、キリスト教文明の唯一の信頼できる擁護者であることを理解する」と語った。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151118/1183352.html




ロシア海軍艦艇 フランス海軍の空母艦隊を軍事援護へ
2015年11月18日 21:11(アップデート 2015年11月18日 22:32)

sptc5555555
© Sputnik/ Vitaliy Ankov
http://jp.sputniknews.com/images/118/56/1185612.jpg

ロシア海軍の艦艇は、フランス海軍の空母艦隊が、シリアでテロ組織「IS(イスラム国)」に対する作戦を実施する際に、軍事援護を行う。ロシア海軍参謀本部筋が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

17日、ロシア軍最高司令官のプーチン大統領は、ロシア軍参謀本部とロシア国防省に、シリアに関する海および空での共同行動計画を、フランス海軍と策定するよう指示した。

プーチン大統領はまた、ロシアの軍人たちは、空母「シャルル・ド・ゴール」でシリア沿岸に近づくフランスの軍人たちと一緒に、同盟国として活動しなければならないと指摘した。

消息筋はリア・ノーヴォスチ通信に、次のように語った‐
「地中海でのロシア海軍機動艦隊の船舶の重要な任務は、戦闘の安定性の確保、すなわち対空、対艦、対破壊、その他、あらゆる種類の防衛の保障となる」。

消息筋はまた、ロシア海軍の艦艇は、航空機が故障あるいは地上から打撃を受けるなどの緊急事態が起こった場合に、パイロットの救出作戦に参加する可能性があると指摘した。

その他にもロシア海軍の艦艇は地中海で、ISの貨物を輸送している疑いのある船舶の検査も実施する可能性がある。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151118/1185641.html
































































[ 2015/11/18 23:16 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する