FC2ブログ







2015/11/24 ひきつづき更新をお休みさせていただきます。

kamomesanks (1)





kamomesanks (22)

kamomesanks (10)

kamomesanks (6)

20150521pic 460

20150521pic 461

20150521pic 465

20150521pic 469

20150521pic 476

20150521pic 474

20150521pic 480

20150521pic 472

uoi (20)

20150521pic 572

uoi (21)

20150521pic 473

20150521pic 06901



ひきつづき更新をお休みさせていただきます。





あの世この世のニュースなど;




シリアで3人のロシア人ジャーナリスト負傷
2015年11月24日 18:27(アップデート 2015年11月24日 19:35)

シリアで、RTとタス通信社のロシア人ジャーナリストが乗った車が対戦車ロケット砲で攻撃され、3人が負傷、そのうち1人は打撲傷を負っている。ロシア国防省が伝えた。

ロシア国防省は、次のように指摘している―

「23日、ロシアのジャーナリスト・グループが、ダグマシリヤ村地区の戦略的に重要なズアエク高地にあるシリア政府軍の前線基地に向かっていたさい、彼らの車に、移動式対戦車ロケット砲「トウ(TOW)」から砲弾が撃ち込まれ、ジャーナリスト3人が軽傷を負った。1人は、打撲傷を負っている。」

RTの報道では、負傷したロシア人ジャーナリストは、ロマン・コサレフ、サルゴン・ハダヤ、アレクサンドル・ジューコフの3氏。

ロシア人ジャーナリストを狙った迫撃砲の砲撃を捉えた動画をロシアTV「ライフニュース」が掲載。

http://jp.sputniknews.com/russia/20151124/1214488.html




核燃料サイクル政策転換の足音、廃炉へ近付くもんじゅ
2015年11月24日 03:12(アップデート 2015年11月24日 16:50)

sptc243243243
http://jp.sputniknews.com/images/07/86/078629.jpg
© Flickr/ Mad House Photography

今月、原子力規制委員会は、日本原子力開発機構による高速増殖炉もんじゅの運営が不適当だとして、新しい運営主体を見つけるよう、駒浩文部科学大臣に勧告した。もんじゅはかつて日本のエネルギー政策の根幹と見なされていたが、点検漏れや不適切な事例が続き、長らく運転が停止されている。

もんじゅ廃炉に向けて1990年から活動している市民団体「ストップ・ザ・もんじゅ」の代表の池島芙紀子氏は、廃炉に期待を示しながらも、最終的な決定権は文科省にあるとして、楽観的な見方は避けるべきだと指摘している。

スプートニク「原子力規制委員会が機構に対し勧告を決定しました。廃炉に向けての大きな一歩だと思います。」

池島代表「今回の勧告は大きなチャンスです。規制委員会が勧告を出すこと自体、画期的なことです。この勧告だけではなく、会計検査院や行革推進本部による、もんじゅに関連する無駄の指摘も軽視できません。

会計検査院はもんじゅの運転で発生する使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す技術を試験するための施設、RETFについて指摘しています。これは建設費に817億円をかけ、年間3億円もかけて維持されている空き家です。行革推進本部は、使用済み核燃料運搬船『開栄丸』について『ほとんど使用していないのに、維持管理に年12億円も支出している』として、無駄を指摘しました。

これらの指摘は『もんじゅそのものが無駄』と言っているのではありませんが、もんじゅ関連の色々な予算が無駄だということが明らかになっていくことが大事です。マスコミの論調も『もはや廃炉にすべき』という社説が数多く出ています。つくづく時代が変わりました。私たちが運動を始めた当初は、全くそんな論調はありませんでしたから。

ただ勧告の内容は原子力機構という組織への不信感であって、高速増殖炉そのものの危険性、例えばナトリウム制御の困難さ・プルトニウムの猛毒性・地震への弱さ、といった重要な中身には全く触れていません。最終的に廃炉にするかどうかは文科省が決めることです。

私たちとしては勧告が出たからと言って、『もうこれで廃炉になる』とは思えません。過去に何度もあったように、機構のトップや看板を変えて組織維持をし、なんとかごまかして継続するという方向に事態が進まないか懸念していますし、今こそ廃炉を確定させなければならないと思っています。」

スプートニク「もんじゅが廃炉ということになれば、日本の核燃料サイクル政策の大転換になります。それを日本政府として認めたくないということでしょうか。」

池島代表「今の安倍政権は、日本を戦争しやすい国へと導いていこうとしています。それと関連し、もんじゅの位置づけは非常に重要です。文科省は、原子力機構が駄目なら次の運営主体をなんとか見つけ出して核燃料サイクル政策を続行したい、と既に表明しています。福井県の西川知事も、勧告の報道が出てすぐに上京し、経済産業大臣に核燃料サイクル政策の続行を要望しています。それに加えて原子力産業で儲けたいメーカーや電力会社の意図もあります。それらを受けて現政権の意図がどう働くかです。このままの政策を続けたら日本はいずれ破滅してしまいます。市民運動で頑張るだけではなく日本の各界・各層の人に訴えて、目先の利益に走らずに核燃料サイクル政策を問い直し、やめさせなければなりません。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151124/1212551.html




公務員2人集団強姦容疑 1人否認
河北新報 11月24日(火)14時38分配信

宮城県警岩沼署は23日、集団強姦(ごうかん)の疑いで、宮城県角田市角田、宮城県丸森町町民税務課主事佐藤秀貴容疑者(22)と、宮城県岩沼市たけくま1丁目、岩沼市消防署警防課の消防士目黒了裕(あきのぶ)容疑者(21)を逮捕した。
 
逮捕容疑は、共謀して10月17日午前1時ごろから同2時ごろまでの間、目黒容疑者のアパートで、20代の女性に性的暴行を加えた疑い。同署によると、女性は佐藤容疑者の知人で、佐藤容疑者が高校の同級生だった目黒容疑者のアパートに誘った。3人で一緒に酒を飲んでいて犯行に及んだという。
 
目黒容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているが、佐藤容疑者は「酔っぱらっていて記憶にない」と否認している。
 
職員の逮捕について丸森町の保科郷雄町長は「事実であれば誠に遺憾で被害者の方や町民に対して申し訳ない。職員の綱紀粛正を徹底したい」と話した。岩沼市消防本部の相原照義総務課長は「市民にご迷惑をお掛けして申し訳ない。事実が確認されれば厳正に対処し、信頼回復に努めたい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000016-khks-soci




野々村元県議、初公判を欠席=「精神的に不安定」―政務活動費詐取事件・神戸地裁
時事通信 11月24日(火)15時13分配信

日帰り出張を多数繰り返したなどとする虚偽の収支報告書を作成し、政務活動費などをだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の初公判は24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれる予定だったが、野々村被告は欠席し、この日の公判は中止された。
 
 
弁護人によると、野々村被告は出廷する予定だったが、約10日前から精神的に不安定になり通院していた。22日昼ごろから、マスコミ関係者とみられる人物が大阪市内の居所を訪れ、呼び鈴を鳴らされるたび警察に通報するなど、さらに精神的に不安定になった。
 
24日早朝、出廷しようと玄関を出たところ、マスコミ関係者とみられる人物と鉢合わせして家に戻り、午前8時半ごろ、「精神的に出廷できる状況にない」とのメールが送られてきた。弁護人は説得を試みたが、本人の意向が強く欠席となったという。佐茂裁判長は、延期後の日程について「検察、弁護人と協議する」として退席した。
 
野々村被告は24日更新したブログで「私に取材する等接触、追い回しや脅迫などの全ての行為を固くお断り申し上げる」などとコメントした。
 起訴状によると、野々村被告は2011~13年度の政務調査費や政務活動

費について、虚偽の収支報告書を作成。県が同被告に支出した計1684万円のうち、約913万円をだまし取ったとされる。
 この日は、傍聴席80席に対し、605人が並び、関心の高さをうかがわせた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000072-jij-soci




自宅前の道路に植木、77歳夫婦を往来妨害容疑で逮捕
TBS系(JNN) 11月24日(火)12時40分配信
 
大阪府堺市で自宅前の道路に植木やプランターなどを置いて通行を妨害したとして、往来妨害の疑いで77歳の夫婦が逮捕されました。

 
往来妨害の疑いで逮捕されたのは、堺市西区の無職・平野保生容疑者(77)と妻の美知子容疑者(77)です。

 
警察によりますと、平野容疑者らは自宅前の幅3メートルほどの私道に植木やプランターなどを置き、通行を妨げた疑いが持たれています。この道路は建築基準法上の一般道路にあたり、私道であっても一般の通行を妨げてはいけないことになっています。


Q.ここ通りにくいですね・・・
 「分かる分かる、あんたの言っている意味は。もうちょっと空けたほうがいいという意見も分かるが、しかし、ここを空けたら一般の自転車が来て植木をむちゃくちゃにする。どういうふうに改造しようが、どういうふうに利用しようが、所有者の権利や」(平野保生 容疑者)

 
平野容疑者らは道路の通行をめぐって近隣住民とトラブルになっていて、警察は犯行が悪質だとして逮捕に踏み切りました。(24日11:41)
最終更新:11月24日(火)17時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151124-00000020-jnn-soci




ロシアのネコ科の希少な動物
2015年11月24日 21:59



アムールヒョウは、絶滅の危惧に瀕しており、生息数は世界全体で50頭未満。

オーストラリアのシドニーで2014年11月、第6回世界国立公園会議が開かれた。同会議では、アムールトラやアムールヒョウなど、ロシアのネコ科の希少種の保護がテーマの一つとなった。

この動画は、ネコ科の希少種に関する「円卓会議」で上映された。ロシアに生息する希少種の動物たちの情報は、会議に参加する大勢の人たちにとってサプライズとなり、これらの動物の保護に特別な関心が向けられた。

アムールヒョウは、絶滅の危惧に瀕しており、生息数は世界全体で50頭未満。その全てが、ロシアの沿海地方に生息している。
沿海地方にある国立公園「ヒョウの森」は、アムールヒョウの保護と個体数の増加を目的に設置された。

http://jp.sputniknews.com/videoclub/20151124/1216808.html




日本人妻や子供の売買が普通に…戦後の引き揚げで起きた悲劇〈週刊朝日〉
11月20日(金)11時39分配信
 
戦後の引き揚げに関する資料が、抑留とともにユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。編集部に届いた100通を超える手紙からは苦難の歴史がにじみ出る。旧満州や朝鮮半島、フィリピンの地で、九死に一生を得て生還した人たちの記憶をたどりたい。


◆「もらわれた」子供

 
ソ連と朝鮮の国境に近い、満州(現・中国東北部)の琿春(こんしゅん)にある琿春西本願寺。戸川史朗さん(78)は、同寺住職の賢乗さんの長男として生まれた。敗戦後、日本人住宅は中国人や朝鮮人に略奪、破壊され、家も奪われた。父は出征したまま戻らない。母と二人で郊外の琿春寺に、20余りの日本人家族と身をよせた。

 
寺といっても本堂の仏像や仏具はむろん、窓は枠ごと外され、障子や風呂釜、果ては便器まで奪われ廃墟同然の場所である。

 
誰もが栄養失調に苦しんだ。野草を摘み、コーリャンの粥と、大豆の滓(かす)を固めた馬の飼料で命をつないだ。

 
中国人にもらわれる子供が出てきた。支配階級であった日本人の子供を育てているのだと自慢し、見せびらかして歩く中国人もいた。

 
その年の秋、ふっくらした血色のいい8歳くらいの男の子が、琿春寺に姿を見せた。原色がきれいな満服(中国服)を着て、「中国人の養父の家でおいしい物を食べている」と自慢した。だが、数カ月過ぎた寒い日、中国人宅の庭先で、石臼で穀物をひく牛と男の子の姿を目にした。


「服はボロボロで目は落ちくぼみ、顔も体も痩せこけている。寺に来たあの子に似ていました。私に気づくと、恥ずかしそうに、だが懐かしそうに何か言おうとした。しかし、養母らしき女性が怒鳴りながら鞭を打ち、私は追い払われました」(戸川さん)


 後に、男の子は別の家に売られたと人づてに聞いた。至るところでこうした光景を目にしたという。


「いまの人は、子を手放した親を薄情に思うかもしれない。しかし夫は出征して行方知れず。仕事もなく、5人の子供を連れて物乞いをする母親も珍しくない。餓死させるよりは、預ける道を選んだのです」(同)


 戸川さんと母親は48年夏に帰国。1年後、厚生省から、父の遺骨箱が届いた。同封された書類に、47年にシベリアのコムソモリスクの収容所で死亡したとあった。「遺骨箱」を開けると、「戸川賢乗」と書かれた紙が1枚入っていた。


◆「豆腐と日本人妻を交換しろ」

 佐野浪子(なみこ)さん(94)は、長男の隆三さんを通じて編集部に手記を寄せてくれた。

 
浪子さんは、日本内燃機(現・日産工機)で車の設計技術者として働く夫の常彦さんとともに、満州国奉天市(現・遼寧省瀋陽市)へ移住。そこで敗戦を迎えた。ソ連兵や中国人が日本人の女性を連れていき、自宅に押し入っては銃で脅し略奪を繰り返した。常彦さんが食料を調達し、浪子さんは息を殺しながら社宅の床下に潜む毎日だった。

 
ある日、ひとりの中国人が、天秤棒に桶いっぱいの豆腐を担いで社宅へ現れた。浪子さんと豆腐を交換しろと迫った。誰もがロクに食べていない。数日は、飢えをしのげる量である。

 
常彦さんは突っぱねたが中国人は、「買ったあとは、不自由させない」としつこかった。浪子さんは手記で当時をこう回顧している。


<妻を売ったり攫(さら)われたりする事が、珍しくもないようになっていた中、夫はよく私を守ってくれた。隠れて、売られて行く奥さんを見た事がある。その奥さんの、絶望の色を浮かべた目を、今でも忘れられない>


 翌46年夏、引き揚げ列車が出ると知らせが入り、他の社宅の家族と駅へ向かった。中国人の村を通過すると、物陰から視線を感じた。薄汚れた満服を着ているが、日本人女性だった。浪子さんは、次のようにつづった。


<哀しい目をしていた。私たちにはその人を連れて帰る力はない。その人も分かっていた。ただ黙って私たちが通り過ぎるのをじっと見つめていた>(手記から)

※週刊朝日 2015年11月27日号より抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151120-00000005-sasahi-soci




山伏集落800軒確認 国内最大規模、調査で初確認 九州の英彦山
西日本新聞 11月22日(日)7時40分配信
 
日本三大修験道場の一つ、福岡、大分県境の英彦山(1199メートル)に800軒超の建物跡があることを、福岡県添田町がレーザー測量で確認した。英彦山は江戸時代、「英彦山三千 八百坊」とうたわれるほど栄え、その数字は人口3千人、800坊を意味するとされてきたが、詳細は不明だった。今回の調査で国内最大規模の山伏集落の姿が初めて克明になった。

測量は山頂から中腹までの約6・9平方キロで実施。上空から40センチ四方ごとにレーザーを照射して地表の高低差を測定し、山伏が暮らした宿坊や仏堂などがあったとみられる平たん面を800余カ所確認した。集落に通じる古道や「窟」と呼ばれる修行場の岩穴も見つかった。
 
宿坊の確定には柱の配置から間取りを調べたり、古文書と照合したりする必要がある。これまで300近く確認した。町まちづくり課の岩本教之副課長は「レーザー測量で森林の中にある建物跡も確認できた。現地調査や分析を進め、全容を解明したい」と語る。
 
町は、英彦山の国史跡指定に向けて2010年から5年間、民俗、歴史、古文書、美術工芸、考古、建造物の6部門で調査。1万点を超える古文書なども調べた。研究報告書をまとめ、16年中の指定を目指す。
 
一連の調査にあたった西谷正・海の道むなかた館長など8人の専門家が23日午後1時から同町のオークホールで研究成果を発表する。町まちづくり課=0947(82)5965。
西日本新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00010000-nishinp-sctch





トルコの戦闘機が軍用機を撃墜 ロシア機か
11月24日 18時06分

トルコのメディアは、トルコ軍の戦闘機が24日、シリアとの国境付近で領空を侵犯したとして軍用機を撃墜したと伝えました。ロシアの国防省はロシアのメディアに対して、撃墜されたのはロシアの爆撃機だと明らかにしました。

トルコのメディアによりますと、現地時間の24日午前9時(日本時間の午後4時)すぎ、トルコ軍の戦闘機が、シリアとの国境付近で領空を侵犯したとして軍用機を撃墜し、軍用機はシリア北西部ラタキアの近郊に墜落したということです。

トルコのメディアが伝えた現地からの映像では、軍用機とみられる機体が空中で激しく炎上しながら急速に降下していて、墜落したとみられる山岳地帯の場所からは黒煙が上がっています。また、パラシュートが落下する様子も映っており、トルコのメディアはパイロットが脱出したもようだと伝えています。

ロシア国防省は24日、ロシアのメディアに対し、シリア上空で撃墜されたのはロシアの爆撃機スホーイ24だと明らかにしました。
トルコ政府による公式の発表はありませんが、ダウトオール首相は外務省に対して国連やNATO=北大西洋条約機構、シリア問題の関係国とシリアとの国境で起きた問題について協議をするよう命じたということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010317891000.html




中央道SAのコーヒー店にトレーラー突っ込む
11月24日 11時01分



24日朝、長野県岡谷市にある中央自動車道下り線の諏訪湖サービスエリアでコーヒーチェーン店に大型トレーラーが突っ込み、店の従業員が足などにけがをしたほかトレーラーの運転手もけがをしました。いずれも命に別状はないということです。

24日午前7時前、岡谷市湊にある中央自動車道下り線の諏訪湖サービスエリアで、大型トレーラーが駐車場から歩行者用の敷地に乗り上げ、「スターバックス諏訪湖サービスエリア店」に突っ込みました。

この事故で、店の30代の女性従業員が足や顔にけがをしたほか、トレーラーを運転していた40代の男性も足にけがをしました。2人は諏訪市内の病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。
警察によりますと、店は営業時間前で客はおらず、女性従業員は開店の準備をしていたということです。
警察はトレーラーの運転手から話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010317381000.html





邦人女性准教授が事故死か=米シカゴ
時事通信 11月24日(火)15時58分配信

 【シカゴ時事】米紙シカゴ・トリビューンは23日、日本人の女性准教授がシカゴで21日、バスにはねられて死亡したと報じた。
 在シカゴ日本総領事館が確認を急いでいる。
 
報道によれば、死亡したのは米コーネル大(ニューヨーク州)の細野ひろみ客員准教授(42)。観光で訪れていたシカゴで21日午前、美術館に行くために横断歩道を渡っていたところ、右折してきたトロリーバスにはねられた。細野さんは農業経済が専門で、東大准教授を経てコーネル大に移っていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000077-jij-soci





















































酷いレプティリアンは処刑するぞ!






sfmothex




最終更新;2015/11/25am01:05
[ 2015/11/24 23:09 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)