FC2ブログ







2015/12/02 テスト投稿です。   ひきつづき記事ではありません。

khju (16)

khju (17)

khju (12)

khju (10)

khju (30)

khju (13)

khju (20)

khju (31)

khju (39)

khju (32)









この世あの世のニュースなど;

このままでは戦争に…トルコの愚かな一歩を制止できるのは日本だけ?
2015年12月02日 05:06

sptcabcba
© Sputnik/ The press-service of the President of Russian Federation/ Sergey Guneev
http://jp.sputniknews.com/images/125/94/1259443.jpg

シリア上空でロシアのスホイ24がトルコの戦闘機F16によって撃墜された後、世界は一気に緊張し、ロシアとトルコの間で戦争が勃発するのではないかと息を殺して見守った。この状況を緩和しようと安倍首相はパリでの国連の気候変動会議でトルコのエルドアン大統領と会談し、ロシアとトルコの間の関係正常化に助力する構えを表している。

モスクワ国際関係大学、国際調査研究所の上級研究員、アンドレイ・イヴァノフ氏は、この件に関して次のような考察を表している。

「まず、露土関係に起こった危機の調整に日本がまさに何を持って助力できるのかという問いに答える前に指摘して起かねばならないのは、エルドアン氏はパリのサミットの場を対露関係正常化における第一歩を踏み出すために利用しなかったという点だ。エルドアン氏はロシア機破壊に対する謝罪を行なわなかった。

それどころかパリでエルドアン氏はまたしても、トルコは全て正しく行動した、なぜならロシアの爆撃機はあたかもトルコの領空を侵犯したからだと繰り返した。思い起こしてほしい。ロシア宇宙軍の客観的なコントロールデーターでは、スホイ24はトルコの領空境界線を侵犯していないのに、トルコのF16によってシリアの上空で撃墜されている。

だが百歩譲って、仮にエルドアン氏が正しくて、スホイ24が偶然トルコの領空に侵入してしまったとしても、それがトルコによって殲滅されたというのはあまりに野蛮な行為に思える。それどころか、ロシア軍機はトルコにとっていかなる脅威も与えてはおらず、シリア領内にある「IS(イスラム国)」の拠点を破壊するという課題を遂行していた。繰り返すが、ロシア機はテロリストと戦っていたのだ。

ところがトルコはNATOのメンバーとして、つまり同じようにISと戦う組織のメンバーとして少なくともロシア軍機の行動を邪魔してはならないはずだった。ところがそうする代わりにトルコはこれを撃墜したのだ。トルコのF16は卑劣にもスホイ24が課題を遂行し、シリアの基地に向けて戻るためリターンしようとしている最中に後尾から攻撃を行った。今、これがロシアを罰した行為であったことは明らかだ。ロシアがシリアでの反テロ作戦のなかで、トルコの国益でもなんでもない、この国の、テロリストを支援する一定の者らの利益を空爆したからだった。

昨日、11月30日パリの記者会見でプーチン大統領が声明に表したように、

トルコが国際テロリストの保養および訓練施設として使われてきた事実について、ロシアは長年にわたりトルコ側に幾度も注意を喚起してきた。その中には北カフカスでロシアに対抗して戦っているテロリストらも含まれている。ところがこのロシアの訴えには何の注意も払われなかった。

しかもトルコはここ数年、シリアでアサド体制と戦うために全世界からやってくるテロリストの主たるスポンサーのひとつとなった。今、トルコがシリアで戦うテロリストに武器を供給していることを裏付ける証拠が多く溜まってしまっている。この中には化学兵器も弾薬も含まれているようだ。それだけではない。トルコはISの採掘した石油を運ぶキャラバン隊に自分の領域を通ることを許し、その輸出に参加していた。

ロシアは空爆によって、このトルコに多大な利益をもたらしてきたビジネスに事実上終止符を打った。ロシアはまた、中東領域にカリフ制をしき、オスマン帝国を復活させるというエルドアン氏の夢の実現を脅威にさらした。これこそが、なぜトルコ大統領がロシアに軍機撃墜を詫びたくない最たる理由なのだ。


とはいえ謝罪だけではロシアには足りない。ロシアが必要としているのはエルドアンが中東だけでない、ユーラシア全体にも及ぶ平和と安定を脅威に陥れる悪い構想を退けることだ。まさにトルコが欧州に難民の波を差し向けたのであり、そうした難民の中には今、欧州の特務機関が発見して戦慄を覚えているように、テロリストとして養成され、戦闘経験を持つ人間が何千人も紛れ込んでいた。

だからこそ独仏では、シリアで戦うテロリストに対抗するためにロシアと緊密な協力が必要だという声がますます声高に語られるようになってきている。あの米国までもが今やトルコに対し、テロリスト、兵器、麻薬、石油、生きた奴隷や臓器のトランジットを封じるため、シリアとの国境を閉鎖するよう要請した。

これが、日本が露土関係の正常化を助けるために何が出来るかという回答だ。日本は独仏米に続いてエルドアン氏にテロリストと手を組み、カリフ制やらオスマン帝国といった自分の空想を実現する試みが死や破壊を約束するものであるから、文明世界には絶対に受け入れられないものであることと分からせることができる。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151202/1259472.html




今日、露国防省がエルドアンとISの関係を暴露か?
2015年12月02日 16:34(アップデート 2015年12月02日 17:03)

sptc5555555555
© Sputnik/ Natalia Seliverstova
http://jp.sputniknews.com/images/121/80/1218077.jpg

ロシア国防省は12月2日、モスクワ時間で15時(日本時間21時)にロシア連邦防衛管理センターにおいてロシア内外のマスコミを対象に「国際テロリズムとの闘争におけるロシア連邦軍。新たなデーター」というテーマでフリーフィングを行う。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151202/1259847.html




お天気お姉さん本番中に泣き出す NHK山形、画面切り替わる
産経新聞 12月1日(火)22時40分配信

 NHK山形放送局の1日夕のローカルニュース番組の天気予報コーナーで、気象予報士の女性が泣き出して原稿が読めなくなるハプニングがあった。

 
番組は午後6時10分~59分の「NHKニュース やまがた6時」。天気予報は6時半からで、担当は気象予報士の岡田みはるさん。様子を再現すると…。

 
「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう。冷たい北西の風が…」と紹介したが、画面に映ったのは新庄市。



 
傍らから「新庄、新庄」とのディレクターらしき声。「え、現在の新庄市の様子です」と言い直した。ここで動揺したようだ。

 
この日の県内の最低気温を読み上げている途中、「酒田6度1分、新庄3度9分でした…」と完全に涙声になった。

 
うつむいて涙をふく姿が映し出された。「低気圧はオホーツク海に…。グス…」。画面は、お天気カメラが映し出す街の映像に切り替わった。この後もすすり泣き、予報にならなかった。


 男性キャスターが「失礼しました。では、ニュースを続けます」とニュースに移った後、番組の最後で「お天気コーナーでお見苦しい点がありました」と謝罪した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00000594-san-soci


性犯罪作成放送局犬HK及び下請けby illuminati

処刑!


朝からエロい情報番組 真矢ミキAV特集にタジタジ 有働アナ意味深トークに騒然

 
朝の情報番組が、何ともエロい。過去にも「セックスレス」などを取り上げたNHK「あさイチ」が今度は“閉経”をテーマにお騒がせだ。まじめなテーマなのだが、「潤滑ゼリー」などを出してネットで大うけ。TBSの「白熱ライブ ビビット」では女性向けのAVを取り上げるなど、朝からいったいどーなってるの。
 
「あさイチ」は22日、「女のホケン室」という新コーナーで「閉経」を取り上げた。ゲストはタレントの益子直美、演歌歌手の城之内早苗、そして女優の杉本彩。
 
MCの有働由美子アナ(46)とゲストで、尿漏れやにおいや痛みといった悩みにトークが進むも、「性交痛には潤滑ゼリー」「尿漏れには膣に指を入れて吸い込みトレーニング」と朝とは思えない露骨な内容に。有働アナの「(潤滑ゼリーは)どこにつけるんですか?」といった“意味深”な発言も飛び出し、ネット上でも「有働さん、知ってるくせに」「すげえなNHK」と話題を集めた。

 「コーナー名をホケン室とカタカナにした時点で何だか意味ありげ。杉本彩がゲストなのもそう。固いテーマのようですが、しっかり話題になるように考えています」と民放関係者は指摘する。
 
「ビビット」は今月11日、女性向けAV特集として、AVを見たことのない主婦を集め、観賞会を行い、そのリアクションを放送。さらにはAVの製作現場に密着まで。「MCの女優、真矢ミキの戸惑う表情をワイプでぬいて話題になりました。人気AV男優を“エロメン”と称して紹介したり、恥ずかしそうに見る主婦の顔を映したりと、低視聴率を打開したいという狙いがあけすけ」とテレビ誌記者。
 
さらに「朝は視聴率激戦区とあって、どの局も必死です。セックスネタは、週刊誌や女性誌でも確実にヒットが取れます。各局、今後もエロ路線は狙ってくる」とも。
 夫が仕事に精を出しているとき、妻は家で…あまり考えたくないが。

http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/150625/ent15062521300034-n1.html



犯罪TV放送局犬HK

処刑




アフガン病院誤爆、不可解な米軍の説明 専門家が批判
AFP=時事 12月2日(水)16時19分配信

【AFP=時事】アフガニスタンで起きた米軍機による病院誤爆について、専門家らは、米軍による原因調査で挙げられたミスはあまりにも「無謀」なものであり、旧支配勢力タリバン(Taliban)掃討に必死になるあまり規則を意図的に破ったのではないかという不穏な疑問を浮かび上がらせていると指摘している。


アフガン病院誤爆の原因は「人為的ミス」 米軍が調査結果発表
 
アフガン北部クンドゥズ(Kunduz)で国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」が運営していた病院は、10月3日に米軍の爆撃を受け、30人が死亡した。タリバンはこれに先立つ9月末、クンドゥズ州の州都である同市を一時制圧し、2001年に政権を奪われて以降、最大となる軍事的勝利を収めていた。
 ジョン・キャンベル(John Campbell)・アフガン駐留米軍司令官は先週、誤爆は「人為的なミスが主因で、システムの故障や手順の誤りがそれに重なった」との調査結果を発表した。
 
だが、AC130対地攻撃機による誤爆を招いた要因としてキャンベル司令官が挙げた一連のミスについて、独立系政策研究機関「アフガニスタン・アナリスツ・ネットワーク(Afghanistan Analysts Network)」のケイト・クラーク(Kate Clark)氏は、「長い間、標準の行動手順とされてきた」防止策に反すると指摘。「こうした手順の軽視が意図的だったのかどうかという疑問が残る」とし、独立機関による調査の必要性を強調した。
 
専門家らは、米軍が爆撃を行っている間、アフガンの治安部隊は何をしていたのかなど、説明されていない点が複数あると指摘。また、要因として挙げられたシステム故障の一部は理解不能なものだとしている。

■穴だらけの説明
 
キャンベル司令官の発表内容のうち、専門家らが不可解だとしているものの一つに、AC130攻撃機がミサイルの標的となっていることを検知し進路を変更した後に照準システムが「劣化」したという説明がある。これによって乗員は、AC130攻撃機のシステムが示す攻撃目標に「最も近い大型の建物」を探すことを強いられたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151202-00000039-jij_afp-int


少女A: why puzzling answer?

少年G:Your head is " loofah "? Because it's an illuminati job!





































khju (8)

khju (15)

khju (46)
[ 2015/12/02 23:32 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)