FC2ブログ







2015/12/09 記事ではありません。 動画像UPテスト中です。



20150521pic 002

20150521pic 003

20150521pic 005

20150521pic 004

20150521pic 048

20150521pic 093

20150521pic 093l

20150521pic 127

20150521pic 132

klo (134)

klo (133)

klo (142)

klo (141)





あの世この世のニュースなど;






沖縄の米軍基地跡地にディズニーランドを建設
2015年12月09日 16:03(アップデート 2015年12月09日 16:09)

ディズニーの正体こそこの世界の悪魔よ!ピース!ブイ!とはしゃぐのはレプティリアン爬虫類侵略エイリアンですが?
© AP Photo/ Koji Sasahara
http://jp.sputniknews.com/images/129/16/1291658.jpg

日本政府は、沖縄・宜野湾市にある米軍普天間基地の跡地に、ディズニーランドのような娯楽アトラクション・パークが建設されるよう全力で支援する用意がある。菅官房長官が、東京での記者会見で明らかにした。

この発言に先立ち、8日、菅長官は、宜野湾市の佐喜真淳(サキマ・アツシ)市長と会談したさい、現在同市内にある米空軍基地が他の場所に移転した後、その跡地にディズニーランドのような施設を誘致したいとの市当局の提案を受け取った。

菅官房長官は、会談の際「政府として、そうした新事業を支持する」とし、東京ディズニーランドやその隣にある東京ディズニーシー(Tokyo Disney Sea)を運営するオリエンタルランド(Oriental Land Co. Ltd)社の指導部を市長に紹介した。

今ある計画によれば、普天間基地は、2019年までに閉鎖されることになっており、そのためにはまず、基地を別の場所に移転しなくてはならない。しかし沖縄県民も、又県当局も、政府が示している移設案には強く反発している。

なお人々の間では、今回政府が、ディズニーランドあるいは同様の娯楽施設の誘致プロジェクトを支持したのは、政府のやり方に反対する沖縄県民の態度を和らげ、反対運動に揺さぶりをかけるためではないかとの見方も出ている。

http://jp.sputniknews.com/japan/20151209/1291546.html


沖縄県民はこのような提案を嬉しく思うのだろうか?

未だに異変に気づかず? また調べようともしないで大手地上波TVマスゴミ報道をTVのリモコンを押す前から信じきっていると?

米軍跡地にロリコン変質者のディズニーランドを誘致?  

ここまでふざけた官豚はみたこともない。

ディズニーの正体を知れば、今回のこのような提案は、ロリコン変質者と人類を侵略してきて在る悪魔が、未だにこのようにして政府中枢から沖縄県民をはじめとする人類を馬鹿にしている様であり、またこのような稚拙なロリコン変質者と侵略トカゲエイリアンの人間狩りテーマパーク構想を企画運営してきている存在どもが、やがておとずれる一斉処刑を免れんとする浅ましき様子がうかびあがったというだけのものです。

ディズニーがそんなに欲しいか?

もしそんなふざけた人類がいるのなら、おまえたちは人類のウラギリモノとして自らトカゲやらに囚われ続けることを選択したというものでしょう。

そんな馬鹿げた選択はありえないものですが。




ガーディアン紙:カナダ先住民族女性1200人の殺害・行方不明事件の調査開始へ
2015年12月09日 19:17

sptc真実は曇らない 雲っていたなら、それはアナタのココロが曇っているのだ。
© 写真: Greenland Travel
http://jp.sputniknews.com/images/129/32/1293265.jpg


カナダのドルドー首相は、ガティノーで開かれたファースト・ネーションズ会議で演説し、カナダの先住民族との関係を「完全に一新する」ことを約束し、先住民族の女性1200人が殺害されたり行方不明になっている事件の調査を開始する計画だと発表した。ガーディアン紙が報じた。

伝えられたところによると、犠牲者の親族、活動家、先住民族のリーダーたちは、5年以上にわたって調査を開始するよう政府に求めてきたが、ハーパー前大統領は調査を拒否した。
トルドー首相は、会議で次のように述べた-

「被害者には正義が必要だ。彼らの家族には、治癒と、(事件の真相を)知る機会が必要だ。我々は、この継続する悲劇に終止符を打つために、一緒に活動しなければならない」。
活動家のクローデット・コメンダ氏は、これは「歴史的出来事」だと強調し、先住民族たちの「声に耳が傾けられる時が訪れた」と指摘した。

ガーディアン紙によると、先住民族の女性がカナダの女性全体に占める割合はわずか4パーセントだが、先住民族の女性は、カナダで殺害された女性の16パーセントを占めている。なおイヌイット民族やメティス民族が暴力を受ける割合は、他の民族の3倍となっている。

カナダの与党・自由党は、先住民族殺害事件を調査するための2年計画プロジェクトに、4000万ドルを拠出すると約束した。プロジェクトは来年春に始動する見込み。

http://jp.sputniknews.com/life/20151209/1293572.html




ブリャート・バレエ劇場芸術監督の岩田さん 孤児のため「サンタクロース」に
2015年12月09日 18:31

sptc sptc
© Sputnik/ Владимир Вяткин
http://jp.sputniknews.com/images/88/29/882972.jpg


現在ブリャート・オペラ・バレエ劇場の芸術監督を務める、ボリショイ劇場の元ソリスト、岩田守弘氏は「マローズ爺さん(ロシア版サンタクロース)」となり、孤児達に、おもちゃの車をプレゼントした。

ロシア極東ブリャート共和国の首都ウランウデのショッピングセンターには、子供達の名前と彼らの願いを書いたカードで飾られたモミの木(ヨールカ)が立てられている。このチャリティーイベントへの参加を望む人は誰でも、プレゼントに子供達の名前を書いて、モミの木の下にそれを置くことができる。プレゼントはすべて、ブリャート共和国内で寄宿舎生活を送る孤児達に渡される。

ブリャート・オペラ・バレエ劇場の芸術監督である岩田守弘氏は、今年、このモミの木の下に贈り物を置いた最初の1人となった。

岩田氏は、次のように述べているー

「これは素晴らしい行事です。なぜなら、どの子供達も、新年にはプレゼントをもらわなくてはならないからです。こうしたイベントが行われていると知ってすぐ、参加して、いいことをしようと決めました。ブリャートに住むすべての人達が『マローズ爺さん』になるよう、皆さんをモミの木のもとに招待します。」

岩田氏は、サーシャという名前の少年におもちゃの車をプレゼントし、カードには「強くなって、君の全ての夢がかないますように」と書いた。

チャリティーイベント「あなたもマローズ爺さんになろう!」は、ウランウデで毎年12月に催されている。

http://jp.sputniknews.com/culture/20151209/1292729.html













































[ 2015/12/09 22:01 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)