FC2ブログ







2015/12/10 引き続き記事更新をお休みさせていただいています。 投稿テストです。 記事ではありません。

kamomesanks (404)

kamomesanks (406)

20150521pic 005

20150521pic 001

20150521pic 022

20150521pic 034m

20150521pic 042

20150521pic 042o

klo (31)

klo (34)

klo (111)

klo (135)

klo (136)

klo (137)

klo (103)

klo (112)

klo (113)






あの世この世のニュースなど;

ロシア外務省:トルコ軍のイラク進駐は深刻な国際法違反
2015年12月10日 18:15(アップデート 2015年12月10日 19:35)

ロシアは、トルコ軍のイラク進駐は深刻な国際法違反である、と評価している。ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官が述べた。

「安保理メンバーの一部のリアクションを見ると、トルコ軍の行動はその近しい同盟国にとってさえ不意の出来事だったようだ。もっとも、例の悪名高い同盟内結束により、国際法を深刻に侵害した行為について、トルコに対して批判的なコメントを行うことは控えているが」。記者会見での発言。

イラク当局の情報では、4日、トルコの戦車隊がイラクのナイナワ州に進駐した。テロリストらと戦うクルド人民部隊戦士らの教練がその口実だ。イラク外務省と国防省はトルコ軍の駐留を当局との合意なき「敵対的行動」と規定している。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151210/1298070.html




なぜ米国は韓国を恐れているのか?
2015年12月10日 20:10(アップデート 2015年12月10日 21:03)

米国が新型戦闘機開発用の秘密情報の韓国への提供を拒んだことは、米国と韓国、両軍事同盟国の間の信頼関係が不十分であることを示している。この問題は航空部門にとどまらない。

技術供与の拒否で米国は韓国に苦渋を味わわせた。韓国は戦闘機KF-Xの開発計画が頓挫した。もっとも米国は、それをも含め、軍用部品について、今後も韓国と協力を進めていく約束を行なった。双方首脳ともに同盟関係は不滅であり、パートナーシップは重要だと言ってはいるが、両国間には明らかな不一致と不信感がある。軍事アナリストのウラジーミル・エフセーエフ氏の意見では、米韓間同盟は極めて条件的なものである。その理由はこうだ。

「韓国は非常に原爆を開発したがっている。米国はそれを抑制しようとしている。なぜか。米国は、ある時点でおさえがきかなくなり、韓国が本当に核爆弾を開発することを恐れているのだ。また、韓国が自らの利益を追求して、米国に伺いを立てることなしに、朝鮮半島に戦争を起こす危惧もある。米国ものちにこの戦争に巻き込まれることになる」

同氏によれば、韓国も米国も、国益が緊密に一致してはいない。一方では米国には朝鮮半島に緊張を維持することが必要なのだ。なぜなら、地域における軍事プレゼンスが正当化されるからだ。しかし他方、米国は、韓国が戦争を始めた場合、それに参加しなければならなくなる、という事態を望んではいない。ゆえにこそ米国は、韓国により新式の軍事技術を提供するのに消極的なのだ。

これに対し、韓国では、国防部門における米国への一方的依存からの脱却について、声高に叫ばれるようになっている。韓国は既に代替的な技術調達先を探し、ゆくゆくは全く兵器の購入へのアプローチを見直すことをにおわせ、間接的に米国を圧迫した。こうした戦術はまだ米国により慎重に軍事技術を共有することを強制してはいないが、それによって米国は少しずつ韓国への圧力を弱めるようになっている、とエフセーエフ氏。

それはまず、弾道技術について明らかだ。当初米国は非常に厳しく韓国弾道弾の飛距離を167kmに制限していた。これはちょうど平壌までの距離である。しかしのち、300kmまで飛距離を延ばすことを許された。現在はさらに緩和されて、既に800kmが可能になっている。韓国は核の運搬手段を着実に手に入れている、という印象だ」

韓国が軍事技術部門でより自立を目指しているのは、何も平壌の政策を恐れてだけのことではない。日本の矛盾した行動も、そこに与って力ある。一方では、日本は国連総会で核兵器の全廃を呼びかけている。しかし他方、一部専門家によれば、日本自身もひそかに核武装を望んでいる。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151210/1298070.html




福島第1原発 地下トンネル汚染水の放射線物質の濃度が4000倍に
2015年12月10日 14:32(アップデート 2015年12月10日 21:23)

福島第1原子力発電所の地下トンネルにたまった汚染水の放射線物質の濃度が一年前のおよそ4000倍になった。

12月初めに福島第1原発の廃棄物処理建屋周辺にある地下トンネルにたまった汚染水を採取し、分析したところ、放射性物質の濃度が、1年前のおよそ4000倍になっていることが分かったという。

東京電力のプレスリリースによると、1リットルあたりの放射性セシウム137は約39万ベクレル、1リットルあたりの放射性セシウム134は約9万2000ベクレル検出された。ベータ線を出す放射性物質の濃度は、50万ベクレルに上昇した。

福島第1原発の地下トンネルにたまった汚染水の放射性物質の濃度は、1年前と比べて4000倍-4100倍に上昇した。NHKが報じた。

http://jp.sputniknews.com/japan/20151210/1297312.html





LIVE






















































20150521pic 034

[ 2015/12/10 23:11 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)