FC2ブログ







2015/12/12 動画像アップロードテストです。  記事ではありません。

erwq (9)



erwq (4)

erwq (6)

erwq (5)

erwq (3)

erwq (7)

erwq (8)

erwq (11)

erwq (12)

erwq (14)

erwq (13)

erwq (15)

erwq (10)

erwq (17)

erwq (16)

erwq (18)










あの世この世のニュースなど;






「それは当社のジャンボ機」=貨物会社名乗り-マレーシア
時事通信社更新日:2015/12/12



【クアラルンプール時事】マレーシアのクアラルンプール国際空港にジャンボ機のボーイング747-200F型機が3機放置されている問題で、同国の新興航空貨物会社スイフト・エアカーゴは11日までに、「当社が持ち主だ」と名乗り出た。

ただ、ニュー・ストレーツ・タイムズ紙によると、空港運営会社は「正当な所有者に必要な情報提供を働き掛けている」と説明。スイフト社の所有権を認めていないもようだ。

スイフト社は声明で、経営陣は空港運営会社が持ち主を探しているとの報道を見て「ぼうぜんとした」とコメント。今年6月8日から所有していることを証明する書類があると指摘し、「空港にある3機を忘れていない」と訴えた。(2015/12/12-00:57)

https://gunosy.com/articles/R5HBq





クアラルンプール国際空港に放置の3機のジャンボ、所有者が名乗り出る
2015年12月11日 8:59 pm Traicy編集部



クアラルンプール国際空港に、ボーイング747-200F型機3機が放置されている問題で、マレーシアの貨物航空会社のスイフトエアカーゴが所有者として名乗り出た。

スイフトエアカーゴは声明で「所有権を放棄していない」と、各報道を引用しながらコメント。2015年6月に香港の会社から購入したと主張し、スイフトエアカーゴが所有していることは明らかだと述べ、困惑しているとしている。

この問題は今週、マレーシアの現地紙に空港運営会社が3機のボーイング747-200F型機の持ち主に対して引取りを求める広告を掲載し、持ち主が名乗りでない場合は機体を処分すると警告していた。

http://www.traicy.com/20151211-swiftair





SWIFT’s press release as The “Missing Owner” of the (3) B747’s Parked at Kuala Lumpur International Airport, Malaysia.

SWIFT Air Cargo
Currently called Splunk n’ Dash Sdn Bhd until the change of name to SWIFT Air Cargo is approved by the Malaysian DCA (Department of Civil Aviation) and SSM, the Companies Commission of Malaysia.
SWIFT

A new cargo airline, based in beautiful Kuala Lumpur, Malaysia, a warm, wonderful country located in the exotic Far East.
Malaysia is a land of rare opportunity and SWIFT sees a niche it can develop as a logistics airline, but with a unique twist implying SWIFT is without a competitor in the market.

SWIFT has been under development for a period of 10 years and will be flying shortly.
SWIFT will initially open flights with (2) B747F’s, which will fly from the

Far East to Africa and South America. By starting out small and growing organically, SWIFT will be able to open new markets and develop a strong niche for its services.
SWIFT: The Easiest Way to Fly a Parcel


http://swiftaircargo.com/Home.html




December 10, 2015
The owner of the (3) B747’s parked at KLIA is SWIFT Air Cargo and SWIFT has not abandoned the aircraft!


SWIFT’s management was stunned to read the following excerpts:
Quoting CNN, “SOMEONE ABANDONED THREE B747’S AT KUALA LUMPUR INTERNATIONAL AIRPORT IN MALAYSIA.”

The Star newspaper article quoting MAHB (Malaysia Airports Holdings Berhad)“‘exhaustive steps’ were taken to find a contact person but its efforts had not been successful.”

The Malay Mail Online summed up the situation perfectly in their headline “Will the owner who forgot his three Boeings please collect them from KILA before they are sold!”

Except SWIFT Air Cargo, is the owner and SWIFT very much has not forgotten its (3) B747’s parked at KLIA!

SWIFT is a Kuala Lumpur based, Malaysian company and the owner of the (3) B747’s. SWIFT has in its possession, original supporting documents to show ownership of the (3) Boeings, which were signed by the previous owner, then signed by SWIFT as the new owner, followed by Syed Amir Ibrahim of Syed Ibrahim & Co., solicitors of KL, Malaysia who was a witness to the Bill of Sale; effective June 8, 2015.

Liu Chan and Lam, solicitors in Hong Kong signed the Statutory Declaration for the previous owner while Cheung Ka Wai Francis signed as a Notary Public of Hong Kong followed by Othman Abdullah, who stamped the Statutory Declaration as the vice consul of the Consulate General of Malaysia in Hong Kong.


All the many various supporting documents, clearly state that SWIFT is the owner of all (3) B747‘s!

SWIFT is understandably very concerned when MAHB (Malaysia Airports Holdings Berhad) declares to the world that “exhaustive steps” were taken to find a contact person, yet SWIFT has been meeting with MAHB on a consistent basis.

The first meeting with MAHB was on June 17, 2015 with the Senior General Manager - Operations Services and with his supporting staff also present. Multiple meetings followed with each request for documentation supplied as requested.

The last meeting occurred on October 12, 2015 with both the Chief Operating Officer and the General Manager present. Since then, SWIFT and MAHB have been communicating with letters and we were waiting for yet another meeting to present more documentation and information as requested by MAHB, when instead MAHB announced to the world that the owner of the (3) B747’s was missing.

Based on this evidence, SWIFT is unable to fathom the reason for MAHB’s declaration that it has taken “exhaustive steps” without being able to find a “contact person” when all along, SWIFT was fulfilling its obligations.

Worldwide Coverage of the Missing Aircraft Owner
In no particular order

CNN The Guardian Straits Times South China Morning Post CNBC Sydney Morning Herald Telegraph FirstPost India Times The Verge The Week Flying Albany Daily Star Financial Spots Telegraph Leader Stuff 3 News


Malaysian Coverage of the Missing Aircraft Owner
In no particular order
The Star The Malaysian Insider The Malay Mail

For further information, please contact SWIFT’s solicitors.

Syed Ibrahim & Co
Syed Amir Syakib Arslan bin Syed Ibrahim
Email: Amir
Phone: +60 3 2692 7797

Address:
Bangunan Loke Yew,
Jalan Mahkamah Persekutuan
50050 Kuala Lumpur
Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
Malaysia

To Contact SWIFT:
SWIFT

http://swiftaircargo.com/Newsroom.html




大富豪イーロン・マスク氏、敵対的人工知能と戦うためのNPO設立
2015年12月12日 16:33

sptc meatel69
© Fotolia/ Carloscastilla
http://jp.sputniknews.com/images/130/81/1308179.jpg

TeslaおよびSpaceX社の設立者イーロン・マスク氏は古くから、人間に敵対する本物の人工知能、思考する機械が創られる可能性があることに警鐘を鳴らしていた。今日マスク氏は、自律学習するコンピューターの開発に伴う問題に取り組むNPOの設立を宣言した。

団体名は「OpenAI」で、10億ドル規模の資金を得ているという。ポータルサイトMashableが伝えた。主な目的は、人類に無害な人工知能(AI)の開発だ。

「我々の考えでは、AIは人間の個別的意思の延長でなければならず、自由と平等という理念に合致していなければならず、共同体の全メンバーの間に広く、かつ特権なく普及せねばならない。人類の発展レベルに合致したAIがどれほど人類に有益なものとなるか、また不正に開発され、利用されるAIがどれほどの損害をもたらすか、計り知れない」。OpenAIサイトの設立声明より。

OpenAIがこれから行うあらゆる研究の成果はNPOの刊行物やオープンパテントを通じて広く公衆に開示される。

http://jp.sputniknews.com/science/20151212/1308203.html




米国最新軍艦、出港直後に故障
2015年12月12日 16:57

sptc not sleep mcat
© 写真: US Navy
http://jp.sputniknews.com/images/130/84/1308404.jpg

米国の軍艦ミルウォーキーが11日、カナダのガルファクスを発ちフロリダのメイポート海軍基地経由でカリフォルニア州のサンディエゴ港に向かう途中、公海上で故障した。ネイヴィ・タイムズが報じた。

同船は20日前の11月21日に進水したという。
同船はタグボートでヴァージニア州の米海軍基地に曳航され、乗組員や技術班が事態の解明に取り組んでいるという。

中間報告では、潤滑油フィルターに金属片が入り、エンジンが故障した可能性があるという。
心臓部の装置が故障したのはガリファクスを出た直後だったという。故障の恐れありとコンピューターシステムが警報を鳴らしたという。

米国政府は既にこのことを関知しており、議会上院のマケイン議員は、この一件を「非常に警戒すべき」ものとしている。あわせて議員は、米海軍が原因を入念に調査し、責任者を摘発することへの期待を示した。

http://jp.sputniknews.com/us/20151212/1308447.html




イラク、国連安保理に対しトルコ兵の即時退去勧告を求める
2015年12月12日 15:19(アップデート 2015年12月12日 15:20)

sptc 当たり前だ! トカゲ臭いから出て行けトルコ風呂!
© AP Photo/ Seth Wenig
http://jp.sputniknews.com/images/130/78/1307820.jpg

イラクは国連安保理に対し、トルコ兵のイラクからの即時退去を命じるよう求める書簡を送った。イラクはその書簡の中で、トルコ兵の駐留は国連憲章の甚大な侵害であり、国際法規にもとる行動である、とした。ロイターが土曜伝えた。

「我々は安保理に対し、トルコが即時兵員を退去させ、今後イラクの主権を侵さないよう命じることを求める」という。

「これは国連憲章の原則に対する嘆かわしい侵害であり、イラクの主権と領土一体性への侵害である」。

イラク当局によれば、4日、トルコの戦車部隊がイラクのナイナワ地方に進駐した。テロリストらと戦うクルド人民部隊の訓練のため、とのことだった。イラク外務省と国防省は、トルコ軍の駐留は当局との合意なき敵対的行動であるとした。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151212/1307780.html





























































erwq (2)

erwq (1)
[ 2015/12/12 19:45 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)