FC2ブログ







2015/12/25 動画像アップロードテストです。 記事ではありません。



meatelkuukai (1)

meatelkuukai (2)

meatelkuukai (3)

meatelkuukai (4)

meatelkuukai (5)

meatelkuukai (6)

meatelkuukai (7)

meatelkuukai (9)

meatelkuukai (10)

meatelkuukai (11)

meatelkuukai (12)

meatelkuukai (13)

meatelkuukai (14)

meatelkuukai (17)

meatelkuukai (16)

meatelkuukai (15)

meatelkuukai (20)

meatelkuukai (21)

meatelkuukai (18)

meatelkuukai (19)



安田なんていう日本人は存在しない。
サーカスでもして芝居なしでリアルに死ね。

世界はマッチポンプ♪

不様なマッチポンプ♪

見苦しいマッチポンプ♪

恐怖が欲しいか?

だったら人類様に「恐怖をください!お願いします!」と土下座つくのが筋では吾。

悪魔、もういいよ、飽きたよ、悪魔・・・

酷いエイリアンはすべて処刑となる。

「ふざけるな!」に唾を吐いた存在は全て処刑となる。

ミクロノマクロ

マクロノマクロ

ドコヘデモデカケテショケイスルベシ








あの世この世のニュースなど;


ロシア軍参謀本部 シリア原油の新たな密輸ルートを公表
2015年12月25日 21:38

sptc55555555555555555555
© AFP 2015/ Youssef Karwashan
http://jp.sputniknews.com/images/135/48/1354854.jpg

金曜日、ロシア軍参謀本部は、シリア原油の新たな密輸ルートの一つを明らかにした。これは、テロリストらが不法に採掘した原油を輸送するためのもので、トラック隊は最短ルートで、まずイラクに入り、その後トルコに至る。

今日、ロシア軍参謀本部機動総局(作戦総司令部)の責任者セルゲイ・ルツコイの陸軍中将は、記者団に対し「テロリストらは、ロシア軍機の攻撃を避け、輸送ルートを変え、原油密輸の新しいルートを開きつつある」と述べた。

ルツコイ中将によれば、輸送ルートは、ダーイシュ(IS,イスラム国)のコントロール下にあるシリア東部のデイル-エッゾル県から国境の村グナ及びテル-スフク(シリア)を通り、イラク北部のモスル及びザホ(クルディスタン自治区)に向かうものだ。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151225/1371354.html




日露ビザ撤廃の鍵は日本側にあり
2015年12月25日 01:21(アップデート 2015年12月25日 18:28)
徳山 あすか


FREE 吾 GATE 露日FREE A GATE ロシアと日本にビザは必要ない
© Flickr/ John Gillespie
http://jp.sputniknews.com/images/95/66/956657.jpg
© Flickr/ John Gillespie

日露間の査証(ビザ)が撤廃される可能性が出てきたことについて、関係者が期待を示している。アファナーシエフ駐日ロシア大使は、22日に日本記者クラブで会見し、両国間の査証制度を完全撤廃まで緩和する用意があると述べた。これについて日本を代表するロシア専門旅行会社である「ジェーアイシー旅行センター」の杉浦信也営業部長に、お話を伺った。

ジェーアイシー旅行センターは、ヤクーツク弾丸4日間やカムチャッカ・アヴァチャ山登頂など、ユニークなツアーも多く手がけている。

杉浦氏「これまで、ビザが観光のネックになっていたことは間違いありません。観光ビザが撤廃されれば、旅行者の拡大が見込め、非常に喜ばしいことだと思います。ビザを取らないと行けない国というのは、日本人にとってもう数えるほどしかありません。しかし現行の制度では、旅行者はビザを取得するためにパスポートを旅行会社に預けなければいけません。これは旅行者にとって大きな精神的負担となります。」

しかし杉浦氏は以下のようにも指摘している。「ロシア側が日本人に対して無査証にするということは、比較的容易でしょう。しかし日本側がロシア人に対して無査証にできるかどうかが問題です。相互ビザ撤廃に関しては、日本側のハードルの方が高いと思われます。」

これまでもロシアは、ビザを免除するなら、一方的にではなく、相互でなければならないと主張してきた。例えばロシアは韓国と、2014年1月から相互に観光ビザを撤廃した。杉浦氏は、今年ウラジオストク自由港連邦法が成立したことに期待を示している。これは2016年1月1日から許可される予定のシステムで、指定された地域に限るが、8日間のビザなし渡航を可能にするものだ。

杉浦氏は「これが日本人にも適用されて、空港で簡素な方法でビザを取得できるのならば、大いにメリットがあると見ています。」と述べている。

また、ルーブルの下落は、日本人観光客にとって必ずしも魅力的とは言えなかったようだ。杉浦氏によると、旅行費用が下がり、行きやすくなったことは確かだが、そもそも日本では「ルーブルが大幅に下落して、今ロシアへ行くとお得だ」ということがなかなか知られていないという。

いっぽう、ロシアから日本に来る場合、つまりインバウンドについては、ルーブル安は影響をもたらしている。日本はインバウンド政策に大きく力を入れており、今年1月から10月までに1500万人が日本を訪れ、既に2014年全体での合計を超えた。しかし、ことロシアからとなると話は別だ。今年、ロシアから
国外へ旅行する人の数は30パーセント以上減った。ジェーアイシー旅行センターもインバウンド旅行を手がけているが、桜の季節である4月頃でも、予約の入り方が例年より鈍いということだ。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151225/1367329.html




露保安庁 エジプトのロシア機墜落事件に関与した組織を推定
2015年12月25日 02:45

sptc123123123123123321321321321321
© Sputnik/ Maxim Grigoryev
http://jp.sputniknews.com/images/111/39/1113967.jpg

エジプトのシナイ半島で墜落したロシア機A321型機の事件に関与している可能性のある組織が推定された。ロシア連邦保安庁のボルトニコフ長官が24日、発表した。

10月31日、ロシアおよびソ連の航空史上最大の事件が起こった。エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていたロシアの航空会社「コガルィムアヴィア」のエアバスA321型機がシナイ半島で墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。犠牲者の大多数はロシア人だった。ボルトニコフ長官は、テロだったと発表した。

長官は、「作業は続けられている。まだ何か具体的なことを皆さんにお伝えすることはできない。この事件に関与した可能性を持つ組織のおおよその属性がある。(行わなければならない)作業は、たくさんある」と語った。

ボルトニコフ長官は、それは事件に関与した人物をまだ特定できていないということか?との質問に対し、「そうだ、まだだ(まだ特定できていない)」と答えた。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20151225/1367400.html




露印、今後も戦略パートナーシップを着実に発展させていく
2015年12月24日 22:43(アップデート 2015年12月24日 22:44)

sptc5555555555555555555555555555555555555
© Sputnik/ Sergey Guneev
http://jp.sputniknews.com/images/136/69/1366948.jpg

ロシアとインドは今後も戦略パートナーシップを着実に発展させていき、また、政治、経済で行動を調整していく。プーチン大統領がモディ首相との会談で述べた。

「我々は一貫して、着実に、印露間の特恵的戦略パートナーシップを発展させていく。関係は全方位的に発展させていく。政治的性格の問題についてもそうだし、外交的努力の調整についてもそうだし、経済や、人道分野の共同行動についてもそうだ」。クレムリンにおけるモディ首相歓迎の辞として、プーチン大統領が述べた。
両首脳は、露印は互いの政府同士の連絡を発展させており、政府間委員会も活発に稼動している、と指摘した。

プーチン大統領は、経済情勢は困難であり、両国の特別な注意を要求する問題群もある、と強調した。「首相の訪問は非常に時宜を得たものである。計画されてのことではあるが、我々の相互行動の主要な各方面に関して<時計の針を合わせる>必要性を考えれば、時宜を得たものだ」とプーチン大統領。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151224/1366972.html




































































[ 2015/12/25 23:35 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)