FC2ブログ







2016/01/05 動画像アップロードテストです。  記事ではありません。

oiye (13)

oiye (12)

oiye (11)

oiye (10)

oiye (9)

oiye (8)

oiye (7)









あの世この世のニュースなど;


米中央軍元司令官「サウジとイランの紛争が、全面戦争に発展する可能性あり」
2016年01月05日 22:20

sptc123321
© AP Photo/ Ebrahim Noroozi
http://jp.sputniknews.com/images/140/58/1405884.jpg

米中央軍元司令官のアンソニー・ジーニー退役海兵隊大将は、Fox Newsのインタビューに答えた中で「サウジアラビアとイランの間の紛争がエスカレートすれば、全面戦争に発展する可能性がある」と警告した。

ジーニー元大将は、次のように述べたー

「今の状況は、地域の経済と安定に無関心ではいられない国々すべての懸念を呼び起こしている。非常に心配なニュースだ。もし、何らかの深刻な形で紛争が先鋭化した場合、それはイランとサウジの間の全面戦争に発展する恐れがある。それは、ペルシャ湾地域に近づくことを不可能にし、船の航行や原油ガスの輸送を制限するものとなる。

またサウジとイランの間の紛争は、ダーイシュ(IS, イスラム国)との戦いから人々の目をそらし、米国政府を支持する地域の国々の国内情勢不安定化を誘発することにつながるだろう。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20160105/1405909.html





ウクライナ語からのGoogle翻訳の結果、ロシアがモルドールに
2016年01月05日 21:28

sptcjpge
© 写真: Pixabay
http://jp.sputniknews.com/images/140/57/1405716.jpeg





Googleの翻訳サービスでウクライナ語からロシア語にいくつかの単語やフレーズを訳した際に大変風変わりな結果が出た。

たとえば、ウクライナ語でロシア連邦と入れるとイギリス人の作家トールキンの作品中に登場する中つ国の東南地域、邪悪な力の王国であるモルドールと変換され、ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフ氏の苗字は「哀れな仔馬」となる。これに加えてウクライナのメディアが報じたところによると、ウクライナ語でロシア人と入力すると「占領者」と変換されるという。

これまでにも2010年に翻訳の際にGoogleの翻訳窓に「アメリカは悪い、ロシアは悪い、オバマは悪い、メドヴェージェフは悪い」(USA isto blame, Russiaisto blame, Obamaisto blame, Medvedevisto blame)と入力した結果が「アメリカは悪くない、ロシアは悪くない、オバマは悪くない、メドヴェージェフは悪くない」と出力されることがあった。去年もこのサービスではロシア語から中国語への翻訳の際にヤヌコヴィッチ氏とユシチェンコ氏を取り間違えるということがあった。

http://jp.sputniknews.com/life/20160105/1405740.html




ルーカス監督「自分より、ソ連の映画監督のほうが自由だった」
2016年01月05日 19:25(アップデート 2016年01月05日 19:28)

sptc4444
© Flickr/ Phillip Shum
http://jp.sputniknews.com/images/140/52/1405270.png

大ヒット映画「スターウォーズ」の生みの親、映画監督のジョージ・ルーカス氏は、チャーリー・ローズ氏のインタビューを受けた中で、創作の自由のなさについて不平を述べた。この記事は、新聞The Wall Street Journalに掲載された。

インタビューの中で、ルーカス監督は、次のように発言したー

「我々が生きている世界、そして我々が自分で自身のために創り出した産業システムの中では、金を失うことは許されない。だから、ある一定の映画を撮るよう強いられる。私は、まだソ連時代に『あなたは。米国で生活していることが嬉しくないのか』と質問されたが、そう聞いてくる人たちに対して常に、私は多くのロシアの映画監督を知っているが、彼らのほうが私よりずっと自由だ、と答えたものだ。彼らにとって必要なのは、政府から批判を受けないよう十分注意深くする事だけで、そうすれば、好きなものを撮る事ができた。」

なお新聞は、ブリストル大学の研究者、ビルギット・ボイマース氏の著書『ロシア映画の歴史』の一部を、こうしたルーカス監督の意見に反論するものとして引用している。

彼女の著作の中では、1967 年から1982年までのソ連のブレジネフ時代、所謂「停滞」の時期のソ連・ロシア映画の映画監督は、一般大衆に受け入れられない自分達の表現方法のために困難を経験し、そのシンボリズムが、時の政治課題に反する可能性がある事で、つらい目にあった、と述べられている。

http://jp.sputniknews.com/culture/20160105/1405297.html





















oiye (6)



oiye (1)



oiye (3)

oiye (2)

oiye (4)

oiye (5)

[ 2016/01/05 22:30 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)