FC2ブログ







123=321 911=311 2016/01/10 記事ではありません。 大切な人への記念日です。 意味も記事もありません。 動画像アップロードテストです。


http://036t851star11tw56.seesaa.net/

hulou (2)

hulou (3)

hulou (4)

hulou (5)

hulou (7)

hulou (6)














あの世この世のニュースなど;


ドイツ司法相:ケルン大晦日女性襲撃事件は計画されたものだった
2016年01月10日 18:07

sptcilluminatiilluminazinohankou
© AFP 2015/ Roberto Pfeil
http://jp.sputniknews.com/images/141/71/1417167.jpg


ドイツのマース司法相は、同国西部ケルンで大晦日に大勢の女性が襲撃された事件について、事前に計画されたものだったとの見方を示した。

1月初旬、ケルン警察には、大晦日の夜に「アフリカ系やアラブ系の外見」をした移民とみられる男たちから性的嫌がらせを受けたとして、約90人の女性から被害届が出された。現在、被害届はすでに350件にのぼり、その数はさらに増え続けている。

伝えられたところによると大晦日の夜、ケルン大聖堂の前に年齢が15歳から35歳くらいまでの およそ1000人の男たちが集まった。目撃者たちの証言によると、酔っ払った移民の集団が女性たちを取り囲み、財布や携帯電話を奪い、止めようとした人たちは、残酷な仕打ちを受けることになると脅迫されたという。

マース司法相は、ドイツの新聞ビルド・アム・ゾンタックに、次のように語った-

「犯罪を行うためにこのような群集が集まる時、それは何らかの形で組織されたものであったりする。これが合意によるもの、あるいは準備されたものだったと私に言える人は誰もない。我々は、このような不快な犯罪の経緯を早急に明らかにしなければならない」。

マース司法相はまた、「群集」による数多くの襲撃が「同じ日」に行わることとなった関係も明らかにする必要があると指摘した。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160110/1417187.html




ショーン・ペンさん 麻薬王「ショーティ(ちび)」にインタビューをして取調べを受ける
2016年01月10日 18:36(アップデート 2016年01月10日 18:39)

sptcmog
© Flickr/ Juanky Pamies Alcubilla
http://jp.sputniknews.com/images/141/72/1417258.jpg


米国の俳優ショーン・ペンさんとメキシコの女優ケイト・デル・カスティージョさんが、「ショーティ(ちび)」の異名で知られる脱獄していた麻薬王ホアキン・グスマン受刑者にインタビューを行っため、取調べを受けている。ABC ニュースが報じた。

グスマン受刑者は10月8日に拘束された。メキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領が、国民向けの演説で明らかにした。なお、今回ペンさんが雑誌ローリングストーンのために行ったインタビューが、グスマン受刑者の拘束に貢献したという。

ペンさんは、グスマン受刑者にインタビューを行うため、同受刑者が身を隠していたメキシコの密林地帯地を訪れた。グスマン受刑者は、自伝映画を制作するために、俳優やプロデューサーらと接触したという。
ペンさんによると、カスティーリョさんは今回の企画を手助けし、インタビューにも参加した。
インタビューは7時間に及んだほか、電話でも何度か話をしているという。

http://jp.sputniknews.com/life/20160110/1417278.html




「スターウォーズ」ファン、ジョージ・ルーカスの監督復帰を要望
2016年01月10日 10:50

sptcfree are
© 写真: kinopoisk.ru
http://jp.sputniknews.com/images/136/87/1368729.jpg
© 写真: kinopoisk.ru


映画叙事詩「スターウォーズ」のファンたちは、新作をシリーズ創始者のジョージ・ルーカス氏が撮影することを望んでいる。ネット上で、シリーズ第9作の監督に内定しているコリン・トレヴォロー氏をルーカス氏に替えるよう求める署名が行なわれている。テレグラフが報じた。

既に9500の署名が集まっている。署名はウォルト・ディズニー社とルーカスフィルム・スタジオに送られる。
「コリン・トレヴォロー氏を否定するのでは全くない。ただ、最終作となる第9作は、シリーズ創始者のジョージ・ルーカスが撮らねばならないと考えるのだ」と嘆願の起草者。

ルーカス氏当人はコメントを出していない。しかし、先に同氏はディズニー社に対し、「スターウォーズ」のコンセプトを強く歪曲したとして、かなり軽蔑的な批判を行なった。
次の第8話は2017年の公開。監督はライアン・ジョンソン氏が務める。

http://jp.sputniknews.com/culture/20160110/1415692.html































































hulou (1)

覚書;

在る時は難民・・そしてまた在る時はサラリーマン・・


果たしてその正体は!!!


コスプレが好きなイルミナティーというオチが、あまりにも残酷で酷く。

ドイツ国の一般女性たちへの事件もイルミナティーの舞台装置の中の犯罪であるものなのです。


それらは人類に扮装して在る様子。


日航機123便のオスタカヤマのくだんをもしもすべて真実としてリアルに映画に再現したならば、その映画は結果的にオカルト映画のジャンルに分類されるだろうものです。

わたしはゆるさない。




123=321
911=311



123便の乗客は偶然に居合わせたのではない。

搭乗前から工作され誘導され集められた。

もちろん選ばれて。

あの飛行機に導かれた乗客は全員が商品として悪魔に売り渡されたものですね。

誰が誰に?

もうみなさんご存知の売国奴やそれらを買収したり取引したイルミナティーやら。

彼らは選ばれて、そして生贄として喰われたり、性奴隷として、あるものは科学者として利用されたり、あるものは汚れた医者として人類の裏切り者たちによって悪魔に売買されたのだ。

乗客は全員無傷であった。

なぜならそれは商品だからだ。

死んでしまえば苦しむ顔も麻薬でおかしくなる顔も反応も楽しめないからだ。

核爆弾も陰謀フェイク。

自衛隊機の誤射説やアメリカ軍機によるウンヌンはすべてフェイク。

なぜならどんなジャンボジェット機でもまるでトンボや鳥を捕獲するようにして捕獲し、強制的に着陸だってさせられるテクノロジーを持つ悪魔どもが、売国奴の許可のもと、自由気ままに何の問題もなくそれらをやってのけたからだ。

あとはみな記憶を消されたか、脅されて仕方なくか、はじめから搭乗していなかったエキストラだろう。

子役も含めてね。

最近では記憶に新しくマレーシアの321のくだんがあった。

悪魔は逆をなぞることを踏襲してきている。

123で、次は321でってやってみても、おまえたち悪魔の所業はすべてばれて記録されているだろう。


もちろん坂本九さんの搭乗も偶然ではない。


坂本九さんが唄う[上をむいて歩こう]は亜米利加では[スキヤキ]として親しまれてきた。

もちろんこの[すき焼き]には悪質な意図が公然と屈辱的に秘められている。

それは日本人全員に対してのみならず、全人類に対して屈辱的な皮肉が込められているんだ。


わたしは許さない。

少年ゲリラは必ず約束を果たすことを知れ!



最終更新2016/01/11am04:20
[ 2016/01/10 20:34 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)