FC2ブログ







2016/01/19 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。

20150521pic 003

20150521pic 004

20150521pic 001







20150521pic 017

20150521pic 016

20150521pic 022













この世あの世のニュースなど;



トルコ、シリア領に攻撃
2016年01月18日 19:49(アップデート 2016年01月18日 20:02)

sptctorukohuro http://jp.sputniknews.com/images/145/17/1451700.jpg
© AP Photo/ Lefteris Pitarakis

トルコ軍がシリアからトルコ南部キリス県の学校に砲弾が撃ちこまれたことを受けて、シリア領の陣地へ報復攻撃を行った。18日、NTVテレビが軍部の消息筋の情報として報じた。

これより前、トルコ政権はシリア領から撃ちこまれた砲弾が爆発した結果、死者1名、負傷者1名が出たことを明らかにしていた。砲弾は学校の校庭で爆発し、職員1名が死亡、女子生徒1名が負傷している。

これまでのロイター通信の報道では、砲弾はシリア領内にあるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の陣地から発射されている。

NTVテレビの報道では、トルコ軍の報復は一斉射撃システムで行なわれた模様。トルコ軍は砲弾が撃ちこまれた地点を特定し、それに対して砲撃を行なっている。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160118/1451607.html





日テレ・新谷アナ、セクハラ自宅謹慎 制作会社女性に

処刑66666666666666666

 日本テレビの新谷保志アナウンサー(39)が、セクハラ行為をしていたとして自宅謹慎中であることが19日、分かった。新谷アナは1999年入社で箱根駅伝の実況をはじめスポーツ中継などを担当。スポーツ局に勤務する制作会社所属の女性に対し、しつこく食事に誘ったり交際を迫るメールを送ったりしたという。新谷アナは2011年、現在フリーアナウンサーの女性と結婚した。同局広報部は「事実であり、誠に遺憾です。既に厳正な処分を行いました」としている。(朝日新聞デジタル)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6188103





ターミネーターが現実に、科学者が警鐘
2016年01月19日 06:32

sptcvvvvvv
http://jp.sputniknews.com/images/11/36/113602.jpg
© Sony Pictures Releasing CIS

自己完成的な人工知能は自分がそれを望むのであれば、人間を奴隷化し、殺害することもほぼ可能。科学者アムノン・イデン氏は高度に高い知能と自由な思考能力を持つ人工的な創造物の出現はあまりにハイリスクだと危惧し、「今、人工知能の管理問題に取り組まなければ、明日はもうないかもしれない」と警告を発している。

英国のニュースサイト「エクスプレス」の報道によれば、人類は映画「ターミネーター」の筋書きを現実化してしまう「不可逆的な地点」に立っている。イデン博士セは人工知能が及ぼしうる破壊的影響の分析プロジェクトを率いる存在で、人工知能の開発がもたらす結果を正しく理解しない場合、人工物はカタストロフィーを起こしかねないとの見解を持っている。

「今日、社会は人工知能が持ちうる影響力について学界で持ち上がっている論議についてあまり知らされていない。2016年、こうしたリスクは政府、大企業、政治家など、決定を下す人物らが物を考える際に、より広く知られていなければならない。」

http://jp.sputniknews.com/science/20160119/1452820.html





TTIP、米国に利益になるようにEUの法制を修正し始める
2016年01月18日 23:55(アップデート 2016年01月18日 23:56)

sptcakumanoutage baka obama
http://jp.sputniknews.com/images/145/37/1453788.jpg
© REUTERS/ Fabrizio Bensch

環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)反対派の危惧はとうの昔に実現している。米国企業は、欧州の法律を発効前に修正するために、交渉を利用している。

多国籍企業のロビー活動に反対する国際的な組織であるロビー・コントロールおよび非政府組織コーポライト・ヨーロッパ・オブサーヴェイトリー(CEO)は以上のような結論を出した。

「企業の利益を代表するロビー勢力は、何らかの提案が政治家の目に触れる前に、決定採択プロセスに自由に介入できるようになる」とロビー・コントロールのマックス・バンク代表。

http://jp.sputniknews.com/business/20160118/1453903.html






































[ 2016/01/19 22:00 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)