FC2ブログ







2016/01/30 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。

monariza (49)

monariza (13)

monariza (12)












あの世この世のニュースなど;

広島・長崎両市 G7サミットに向け原爆展を計画
2016年01月30日 09:41


sptcotom aetom
http://jp.sputniknews.com/images/59/93/599377.jpg
© AP Photo/

広島と長崎両市は、今年5月に主要7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開かれる場所に近い伊勢市で、1945年8月の米軍による原爆投下に関する展示会を組織する計画だ。共同通信が伝えた。

報道によれば、原爆展は、サミット会場に近い三重県伊勢市で8日間にわたり組織される。

伊勢志摩サミットには、英国、ドイツ、イタリア、カナダ、米国、フランスそして地元日本の合計7カ国の指導者達が出席する。

G7参加者らは、伊勢市での原爆展に招待されることになる。

http://jp.sputniknews.com/business/20160130/1516475.html





CIAからのプレゼント:招来のイスラム主義戦闘員らへのビザ―元職員への独占インタビュー
2016年01月30日 00:27

sptcicaci
© Fotolia/ weim
http://jp.sputniknews.com/images/89/52/895225.jpg


CIAに対して強い非難がなされている。うちのひとつが、テロ組織と関わり合いをもつ可能性のある人たちへのビザの発給をスタッフらに強制した疑いである。政治学者で著述家のマイケル・スプリングマン氏が自著『アルカイダ向けのビザ:世界を震撼させたCIA文書』の中で述べた。

スプリングマン氏は1987―1989年、サウジアラビアのジッダにある米国領事館査証部長だった。つい先日のニューヨークタイムズでも米国とサウジアラビアが1970年から秘密の協力を行なっていたことが報じられ、氏の所説が裏書きされている。

先日行なわれたスプートニクによる独占インタビューの中でスプリングマン氏は、将来的にテロ組織に勧誘される可能性のある人々へのビザ発給を指導部から強要されていた、と語った。

「米国で何をする気なのかはっきり説明できないような申請者には、ビザ発給を拒んでいた。ジェイ・フレレス総領事はそのことで私を譴責し、ビザを発給しなければ免職する、と言われた」とスプリングマン氏。

査証部職員は、申請者に無用な質問をしない限りにおいて、地位を維持した。法を厳守し、不法なビザ発給を拒んだ者は、「不適任」とされ、あっさり首を切られた。

スプリングマン氏は違法なビザ発給の具体例を挙げている。あるとき氏は、「自動車部品展のために米国に行く」と主張するパキスタン人2人へのビザ発給を拒否した。

「彼らはイベントの正確な名称も言えず、どの都市で開催されるかも言えなかった。当然、ビザ発給を拒否した。1時間後、CIAシークレット・サービスのエージェント、ポール・アーヴィッド・トヴェイトから電話が入り、ビザを出すよう要求された。それをするための法的根拠がない、と私。するとトヴェイトは領事部長に直接働きかけ、のち、申請者にビザが渡された」

イスラム主義エージェントらはビザを取得後、米国内の訓練所で訓練を受けた。国内にはそうした訓練所は52箇所あり、中心的なのはニューヨークのブルックリンにある訓練所だ。

スプリングマン氏によれば、1980年代、米国は、ソ連と戦わせるために、アフガニスタンでイスラム主義エージェントらを雇い、訓練していた。

のちCIAはそうしたエージェントらをアフガニスタンから旧ユーゴスラヴィアに配置換えし、その後にはイラク、リビア、シリアに投入した。米国は戦闘員らを支援し、訓練した。のち彼らはアルカイダの一員となった。

スプリングマン氏は20年にわたりビザの不正発給と戦い、政府機関の上層部に訴えたが、訴えも抗議も聞き入れられなかった。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160130/1515476.html





月は地球とテイア惑星の正面衝突で出来た
2016年01月30日 08:35

sptcgalaxy999
http://jp.sputniknews.com/images/38/51/385144.jpg
© Flickr/ davejdoe


月は、今から1億年ほど前、地球が誕生した後、惑星「テイア」と正面衝突した結果、出来上がった。という説が1月29日発行の科学雑誌「サイエンス」に発表された。

「アポロ12号」、「アポロ15号」、「アポロ17号」によって月から地球にもたらされた7つの土壌サンプルが地球化学的に分析された結果、判明した。

研究者らはアリゾナ州、ハワイ諸島の火山からのサンプルも分析した結果、月の土壌サンプルと同じ酸素の同位体も発見されている。

研究者らはさらに、この衝突が地球上の数箇所で水が消失したことに影響したかどうかを調べる計画。

http://jp.sputniknews.com/science/20160130/1516396.html





さらば友情!トラのアムール、はじめてヤギのチムールを強打(動画)
2016年01月29日 19:25

sptctomodachihaerabanakutehanaranainoda
© Sputnik/ Vitaliy Ankov
http://jp.sputniknews.com/images/130/61/1306199.jpg







ヤギのチムールが茫然自失状態で獣医に運び込まれた。複数の引っかき傷がついていた。トラのアムールが襟首をつかみ、坂から投げ落としたのだ。沿海地方サファリパークが発表した。

「アムールは長時間チムールの敵対的行動を耐え忍んだ。まる一時間も苦しめられたのだ。チムールは角でひっかけたり、襲い掛かったりした。トラはついにしびれをきらした。えりくびをつかみ、たたき、坂から投げ落とした。

殺したいならとうの昔にそうしていたはずだ。傲慢になったチムールをあれほど長時間へりくだって観察していたアムールの忍耐力に驚いている」とドミートリイ・メゼンツェフ園長。リア・ノーヴォスチが伝えた。

同園指導部は、チムールをアムールの檻に返すべきかどうか悩んでいる。付属獣医によれば、今回の負傷はかなり重度で、抗生物質で治療することになる。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160129/1513014.html





三菱重工 国産初のステルス戦闘機の飛行実験機を初公開
2016年01月29日 16:46(アップデート 2016年01月29日 17:24)

sptcmituimitubisihitachitakamagahara123
© AFP 2016/ Toshifumi Kitamura
http://jp.sputniknews.com/images/151/16/1511604.jpg

28日、三菱重工は、愛知県豊橋市にある小牧南工場で、国産初のステルス戦闘機の飛行実験機を公開した。

共同通信の報道では、日本国産初のステルス機は、早ければ来月2月中旬に最初の飛行実験を行う。名古屋空港から、岐阜の航空自衛隊基地までの飛行が計画されている。
同機は、全長14,2m、全幅9,1m、高さ4,5である。

同機の実験モデルの開発は、2009年に始まり、総額394億円を費やした。レーダーに探知され難い飛行機、つまりステルス機は、電波を吸収し、その発見を妨害する炭素繊維を利用して製造されている。

実験モデルの完成によって、日本政府は、2015年までに、今後も日本で開発を続けるかどうか、それとも自衛隊で現在使用しているF-2の後継機を国際共同開発するかについて、決定を下せることになる。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160129/1511395.html





フィンランド、難民数十人に強姦容疑
2016年01月30日 05:28

sptc難民に紛れるイルミナティーこと、人類に扮装した酷いエイリアンの数多の所業、これ処刑す
© AFP 2016/ Aris Messinis
http://jp.sputniknews.com/images/115/97/1159730.jpg


フィンランド警察は、難民数十人が強姦容疑をかけられている、と発表した。フィンランド国営放送が29日報じた。

難民22人が性的いやがらせで捜査を受け、25人が強姦容疑をかけられている。
セッポ・コレフマイネン警視総監は、難民に礼儀正しく接するよう求めている。

彼らの多くが苦境にあい祖国をあとにしてきた人々であり、フィンランドは文明的な法治国家として、彼らを助ける義務がある、と同氏。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160130/1516306.html





カムチャツカでM7.3の地震
2016年01月30日 15:21

sptcmountainteacofee
© Sputnik/ Valeriy Melnikov
http://jp.sputniknews.com/images/151/69/1516974.jpg

カムチャッカで30日、マグニチュード7.3の地震が起きた。ロシア科学アカデミー地球物理学局カムチャッカ支部サイトより。

地震は15時25分発生。震源はジュパノフスキー火山とカルィムスキー火山の中間地点、ペトロパヴロフスク・カムチャツキーから北へ93㎞、地下187㎞の地点。
では震度6。室内の家具が揺れ、棚の本が落ち、住民は住む家を飛び出すほどだった。インターファクスが伝えた。

マグニチュード2.0から4.8の余震が少なくとも7回発生している。
ロシア非常事態省カムチャッカ地方支部によれば、犠牲者や、建物の損壊は報告されていない。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160130/1517026.html







The Descent





















































覚書;

以下ウィキペディアから抜粋;

ルーヴェン・カトリック大学
ルーヴェン・カトリック大学(オランダ語: Katholieke Universiteit Leuven)は、ベルギーのルーヴェンにある大学。1425年設立。フランデレン地域政府管轄で、よってフラマン語(オランダ語)が主言語である(1968年に分離されたフランス語話者のためのルーヴァン・カトリック大学は、現在ルーヴァン=ラ=ヌーヴに移転している)。略称はKULeuven、KULなど。
パリ大学、ケルン大学、ウィーン大学をモデルとし、中世において既に主要な大学の一つとして有名であった。16世紀には人文主義者として著名なエラスムスが教え、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語を学ぶカレッジを設立したことで知られる。[1]現代人体解剖学の創始者とされるアンドレアス・ヴェサリウスもここで教鞭をとった。[2] 
また、三角測量を発展させたゲンマ・フリシウスや、メルカトル図法のゲラルドゥス・メルカトルらもここで学びまた教えた。[3]
なお、世界最大のビールメーカーであるアンハイザー・ブッシュ・インベブは、ここルーヴェンに本社を構える。[4] 大学とは寄付講座など通して密接な関係を保っている
1425年にローマ教皇マルティヌス5世によって創立され、現存するカトリック系大学では世界最古である。また低地地方(ネーデルランド)において最古の大学である。

教育
1985年に設立された、欧州各国の総合大学で、国際的に高い水準と認められている大学間における協力体制作りを推進する組織である「コインブラ・グループ」において中心的な存在であり、また2002年に設立された欧州研究重点大学の同盟(League of European Research Universities)(ヨーロッパ研究大学連盟)にもベルギー唯一の大学として加盟している。EU域内の大学との学生交流にも力を入れており、エラスムスなどのプログラムを利用して多くの学生が学んでいる。さらには、その他の地域とも関係強化を進めている。
Times Higher EducationのWorld Universtiy Ranking 2012-13によると、世界で58位[7]、また欧州においては13位(大陸ヨーロッパでは5位)[8]に位置している。またFortune 500社に占めるCEOの数を基準とする Alma Mater Index: Global Executives 2013においては世界で53位[9]にランクしている。
学部
学部は3つの分野に分けることができる。
· 人文・社会学系統
· 神学・宗教学部
· 教会法学部
· 哲学会
· 法学部
· 経済・経営学部
· 社会科学部
· 人文科学部
· 心理・教育科学部
· 科学・工学・技術系統
· 科学部
· 工業科学部
· 生物化学部
· 科学技術学部
· 建築・現代デザイン・地域設計学部
· 生物学部
· 土木工学部
· 化学部
· 情報科学部
· 地球環境学部
· 電子技術学部
· 生物科学系統
· 薬学部
· 調剤科学部
· 運動リハビリ学部
· 循環科学部
· 細胞分子医学部
· 臨床・実験学部
· 人類遺伝子学部
· 病理学部
· 運動機能学部
· 細菌免疫学部
· 神経科学部
· 腫瘍学部
· 口腔保健学部
· 公共衛生学部
· 調剤薬科学部
· 繁殖・発達・再生学部
· リハビリ科学部


カレッジ
特にルーヴァンの街の中心部に点在している。現在のルーヴァンにおいては教育の主体としてでなく、建物としてのカレッジをさすことが多い。主なカレッジとして以下のものがある。
· De Valk College (College of Falcon:1434年設立):Law
· De Lelie College (College of Lily):Arts Faculty
· De Burchat College (College of Fortress):Arts Faculty
· Het Valken College (College of Pig):Arts Faculty
· Pauscollege (Pope's College:1523年設立): Faculty of Theology and Religious Studies
· Maria Theresia College(1778年設立): Faculty of Theology
· Koningscollege (King's College:1579年設立):Zoological Institute
· Premonstratensian College(1571年設立):Institute for Physics
· Atrechtcollege (Arras College:1508年設立):Study Advisory Centre and Chinese Studies
· Van Dalecollege (Van Dale College:1569年設立):Student Facilities Department
· Heilige Geestcollege (College of the Holy Spirit):Student Residence
· Hogenheuvelcollege (High Hill College): Faculty of Economics and Applied Economic Sciences


キャンパス
ルーヴァンの街全体にキャンパスが点在している。学生数も多く、キャンパスも多いため、通勤・帰宅時間にもなると学生たちの大移動を見ることができる。またフランダース西部のKortrijkにもキャンパスを持つ。

著名な卒業生
· ヘルマン・ファン・ロンパウ - 政治家(ベルギー王国議員・首相。欧州理事会議長)
· ゲラルドゥス・メルカトル - 地理学者
· コルネリウス・ヤンセン - 神学者
· フェルディナント・フェルビースト - 宣教師
· エミール・ヴェルハーレン - 詩人
· オットー・フォン・ハプスブルク - 政治家
· アブドル・カディル・カーン - パキスタンの技術者
· 翁文灝 - 中国の地質学者・政治家(中華民国では首相に相当する行政院長もつとめた)
· ジョルジュ・ルメートル - カトリック司祭、天文学者


リーフェン・ヘファールト

Lieven Gevaertリーフェン・ヘファールト
生誕 1868年5月28日 ベルギー アントウェルペン
死没 1935年2月2日 (満66歳没) オランダ デン・ハーグ
職業 実業家・慈善家
著名な実績 「リーヴェン・ゲヴァルト商会」創立


リーフェン・ヘファールト(Lieven Gevaert, 1868年5月28日 - 1935年2月2日)は、ベルギー・フランドルの実業家・慈善家である。ドイツとベルギーの多国籍企業、アグフア・ゲバルトの前身の1社リーヴェン・ゲヴァルト商会(フランス語: Lieven Gevaert & Cie.)の設立者であり、日本ではリーベン・ゲバルト、リーヴェン・ゲバルトとも表記される[1]。



人物・来歴
1868年(慶応4年)5月28日、ベルギー・フランドルのアントウェルペンで生まれる。
満3歳のころに父親を失い、満21歳になる1889年(明治22年)に母親とともに写真感光紙製造の個人事業を始める。1894年(明治27年)、同事業を行う企業「リーヴェン・ゲヴァルト商会」(リーフェン・ヘファールト商会)としてアントウェルペン市に登録する[1][2]。従来の写真湿板に代わる「カルシウム感光紙」を開発、感光紙に写真乳剤を塗布するシステムを半オートメーション化し、1897年(明治30年)にはアントウェルペン州モルツェル(英語版)に工場を建設する[1]。1905年(明治38年)には、新たに工場を建設する[1]。
ローマ教皇レオ13世が1891年(明治24年)5月15日に出した回勅『レールム・ノヴァールム』、およびローデウェイク・デ・ラート(英語版)の著作の影響を強く受けた考えを持っていた。フランドルの主権をめぐる運動に加担したが、自らを政治の外側に置き続けた。オランダ語を商業の言語に導入することに尽力し、フランドル人のエリートを生み出すためのオランダ語教育に力を注いだ。
1926年(大正15年)、フランドル商工会議所(英語版)を創設、初代会頭に就任する。
1935年(昭和10年)2月2日、オランダのデン・ハーグで死去する。満66歳没。
没後29年の1964年(昭和39年)6月1日、「リーヴェン・ゲヴァルト商会」の後身「ゲヴァルト写真製造」(オランダ語: Gevaert Photo-Producten N.V.)はアグフアと合併し、現在のアグフア・ゲバルトを形成する[1]。合併前の同社は、映画用フィルム等の業務用に注力する写真技術の企業に成長していた[1]。アグフア・ゲバルト本社は、2012年(平成24年)4月現在も、ヘファールトが工場を定めた地に存在する[1]。
ルーヴェン・カトリック大学との協力の下に、その名を冠した「リーフェン・ヘファールト写真研究所」があり、同大学の出版部門がその名を冠した「リーフェン・ヘファールト叢書」を刊行している。2005年(平成17年)には、「主要なベルギー人(オランダ語版)」フランドル版で33位に選ばれた。

フィルモグラフィ
リーフェン・ヘファールトに取材したドキュメンタリー映画が存在する。
· 『大フランドルはわれらの滑走路である リーフェン・ヘファールト』 Een groot Vlaming is ons ontvallen: Lieven Gevaert : 監督クレメンス・デ・ランツヘール(オランダ語版)、1935年
· 『最初の労働者リーフェン・ヘファールト』 Lieven Gevaert, eerste arbeider : 監督リック・キュイペルス(英語版)、製作リーフ
ェン・ヘファールト財団、1968年

[参照URL]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%A4%A7%E5%AD%A6


[参照URL]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88


[参照URL]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%AE%E3%83%AB


http://www.lievengevaertcentre.be/

monariza (50)

monariza (51)

monariza (4)

monariza (3)

[ 2016/01/30 20:31 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)