FC2ブログ







2016/02/05 アルシオン・プレヤデスビデオニュースの最新No.49が更新されました。 真の神々が動き出す。 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。





oerp (1)

oerp (2)

oerp (4)

oerp (3)

oerp (5)

oerp (6)

oerp (7)

oerp (8)

oerp (9)

oerp (10)

oerp (11)

oerp (12)

oerp (13)

oerp (14)

oerp (15)

oerp (16)

oerp (17)

oerp (18)

oerp (19)







あの世この世のニュースなど;

国連作業グループ:ジュリアン・アサンジ氏の自由は不法に制限されている
2016年02月05日 17:57(アップデート 2016年02月05日 18:37)

国連の作業グループは、2012年以降ロンドンのエクアドル大使館にいるWikiLeaks創始者ジュリアン・アサンジ氏の自由は不法に制限されている、と認めた。リア・ノーヴォスチが伝えた。

アサンジ氏はスウェーデン治安機関の要請により、2010年にロンドンで拘束された。スウェーデンでは2010年、氏が2人の女性に性的いやがらせを行なったとして捜査が開始されており、スウェーデン治安機関は身柄の引渡しを求めていた。

アサンジ氏は2012年以降ロンドンのエクアドル大使館にいる。WikiLeaksの活動に関連してスウェーデン当局から米国に引き渡される恐れから、エクアドル政府に政治亡命を求めたのだ。

http://jp.sputniknews.com/life/20160205/1557182.html






日本の航空会社、北朝鮮のミサイル打ち上げ予告でルートを変更
2016年02月05日 19:32

sptc321123真実を
© AP Photo/ Michael Dwyer
http://jp.sputniknews.com/images/138/77/1387787.jpg

日本の航空会社、JAL(日本航空)とANA(全日空)は、月曜以降、5つの空の便で飛行ルートを変更した。北朝鮮が2月8~25日にミサイルを発射する計画を発表したためだ。フジテレビが報じた。

ミサイルの二段目はちょうど東京―マニラ便と東京―ジャカルタ便のルート上に落ちる可能性がある。航空会社は危険地帯を迂回するルートを編み出した。フライト時間は5―10分長くなる。

北朝鮮は2月8~25日に人工衛星を打ち上げる計画を発表した。日本はこれを弾道ミサイル実験の口実に過ぎないものと見ている。ミサイルは沖縄県先島諸島上空を通過する見込み。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160205/1557638.html







地球にチェリャビンスク隕石の「双子」が接近中
2016年02月05日 01:07(アップデート 2016年02月05日 01:30)


sptcfutago25 55
© Flickr/ NASA Johnson
http://jp.sputniknews.com/images/155/39/1553920.jpg

2013年2月にチェリャビンスク上空で燃焼した小惑星によく似た小型の小惑星が3月初頭、地球に接近する。NASAが発表した。

2年前、直径30mの小惑星2013 TX68が、高度200万㎞で地球上空を通過した。今回は地球から1万4000-1万7000㎞のところを通過する。その日は3月5日と見られている。
小惑星は2016年、2017年、2046年、2097年に地球を通過する。

2017年9月に地球とぶつかる確率は2億5000万分の1で、これ以外のケースでは衝突確率はほぼ無視できるという。

2013 TX68が大気に入ってきた場合、爆発で、直径20mのチェリャビンスク小惑星の融解時の2倍のエネルギーが生まれる、とNASA。

http://jp.sputniknews.com/science/20160205/1553445.html






ロシアのバターが日本の食卓にのぼる日は来る?
2016年02月04日 21:41(アップデート 2016年02月05日 02:07)
徳山 あすか

sptcバターください
© Flickr/ Veganbaking.net
http://jp.sputniknews.com/images/155/23/1552344.jpg

日本におけるバターの品薄問題はなかなか解決しない。農林水産省は2016年度、バターを7000トン輸入すると発表した。しかしこの数字は増える可能性がある。

前年度は当初2800トンのみ輸入するとしていたが、途中で大幅に在庫が不足すると判断し、追加で一万トンを輸入することになったのだ。バターは国内の酪農家を保護する目的で、事実上国が輸入を一元管理している。

農畜産業振興機構が2月2日に発表したデータによれば、有塩バター200グラムの平均価格は395.8円となっており前年同期比で9.4円高くなっている。

一方のロシアでは、欧米からの経済制裁を受けて乳製品の輸入が大幅に減った。乳製品の
ニュースと分析を専門とする「ミルクニュース」によれば、ロシア乳業連合の統計で、2015年1月から11月までの間にロシアの乳製品の輸入は25パーセント減少した。しかし国内での乳製品の生産は伸びており、品不足にはなっていない。

ロシア農業省畜産・繁殖部のラビノフ部長は、ロシアの大・中規模の酪農団体では、乳牛一頭あたりの生乳の生産量が2015年に前年比5.3パーセント増になったことを評価し、当局の支援が安定的な畜産業発展の助けになっているとしている。

ロシアではバターを筆頭に乳製品は日本以上に生活に浸透しており、種類が豊富で価格も手ごろだ。ロシアで主流の無塩バターは約180グラムでおよそ120円程度で買える。ロシアから、バターを日本に販売することができるのだろうか。農畜産業振興機構・畜産需給部の石橋部長にお話を伺った。

スプートニク「日本はバターを輸入するにあたって輸入元の国を限定せず、入札で決めているということですが、ロシアが経済制裁を受けていることで、入札に不利になることはあるのでしょうか。」

石橋部長「ありません。条件を満たせばロシアの乳業メーカーも日本の商社を通して入札に参加できます。輸入にあたっては日本の指定商社が海外から輸入入札に参加するという仕組みです。今、指定商社は30社あります。

商社によって、ニュージーランドが得意な会社、ヨーロッパ、アメリカが得意な会社など色々ありますから、こちらから輸入元の国を指定・限定することはありません。

商社が海外の乳業メーカーと色々調整してくれる形です。当機構が直接海外メーカーと交渉するよりも商社に委託する方が効率的です。」

ロシアのバターが日本の食卓に並ぶ可能性があるかどうかは、一にも二にも品質次第だという。

石橋部長「商社は海外のサプライヤーと日本のユーザーの間をとりもつような形です。当然、日本は食料品の品質に厳しい部分があります。ざっくばらんに言えば、国産に近いようなバターを求めるユーザーが多いのです。日本の品質の厳しさは世界の中でも特別で、そういうユーザー側の要望にサプライヤーが答えられるかどうかがポイントです。

ユーザーにとっては『バターの品質が国際基準を満たしているからOK』 というわけではありません。日本のメーカーは、国際基準よりも厳しい社内基準を設けているところがあります。」

一般社団法人・日本乳業協会によれば、日本のスーパーマーケットの店頭で有塩バターが多いのは、料理に使うよりもパンに直接塗るというニーズが高いため、消費者の嗜好に合わせているからだということだ。

http://jp.sputniknews.com/business/20160204/1552387.html


来る


























[ 2016/02/05 20:46 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)