FC2ブログ







2016/02/07 キジではありません。 白鳥です。 動画像アップロードテストです。 記事ではありませんか。



iuy (3)

iuy (2)

iuy (4)

iuy (1)

iuy (5)





あの世この世のニュースなど;




我々は機械の反乱に備えるべきか?
2016年02月06日 21:38

sptcmeatel
© Fotolia/ Jim
http://jp.sputniknews.com/images/156/48/1564897.jpg

フェイスブック社のAI(人工知能)主任研究者トム・ミコロフ氏がスプートニクのインタビューで、AIの未来、その長所と脅威について語った。

同氏によれば、超知性を持つ機械がある日蜂起し、周囲の全てを破壊しだすというシナリオは、信ぴょう性に乏しい。

技術進歩は長足の歩みではあるが、AIの完成に向けた歩みはそれほど速くなく、人間知性を機械が凌駕する日は近い将来には訪れない。一つのミスで機械が人間の10倍賢くなるなどという事態はあり得ない。

AIに対する恐怖心は現代文化の産物だ。AIが無慈悲で周囲の全てを破壊するようなものとして描かれた映画は多い。

専門家によれば、潜在的な脅威のひとつは、個人情報の安全をめぐる問題。「賢い」プログラムが個人秘書の役割を果たすようになると、問題も生じ得る。しかし、それも恐らくは次世代の問題である。

AI構築にとっての最大の障害は、知性の本質そのものへの理解である。知性は我々に多くのことを理解させてくれる。知性は長い進化の結果形成されたものであるため、機械の知性について語ることはどうしても出来ないのだ。

http://jp.sputniknews.com/science/20160206/1564920.html






スイス:毎月2250ユーロのベーシックインカムは、実行可能なアイデアか?
2016年02月04日 18:45(アップデート 2016年02月07日 02:36)

sptcdevilpay
© Fotolia/ Gourmetphotography
http://jp.sputniknews.com/images/130/02/1300245.jpg

スイス国民は、有職か無職かにかかわらず国が 国民一人一人に対し毎月2500スイスフラン(約2250ユーロ)を支給するという案を議論することになる。なお子供には625フランの支給が提案され ている。インディペンデント紙によると、スイス連邦政府は同件に関する国民投票を6月に行うことを決めた。

もし同案が国民投票で承認された場合、スイスは、いかなることにも関係なく国民に最低限の収入が保証された初の国となる。

国が国民に対して生活に必要な最低限の額を無条件で支給するベーシックインカムという構想は、あまり裕福な暮らしを送っていない住民が向上するための可能性を与える。

ベーシックインカムの支持者たちは、基本所得が保証されても、大多数の住民が仕事を続けると考えている。

ただ給与の高い仕事ではなく、より自分に合った仕事をすると予測されている。またベーシックインカムは、貧困層向けのたくさん補助金を処理する手間も省くことを可能とする。補助金は廃止され、その代わりに固定された金額が支給される。

一方で理解する必要があるのは、スイスの生活費は非常に高いということだ。そのため他の国と比較した場合、ひと月2250ユーロ(2500スイスフラン)という額は、スイスで生活する人たちにとってはそれほど大きいものではないのだ。なおスイスの税引き前の平均給与は、およそ6500フラン。

一方で、ベーシックインカム導入に反対する人々もおり、反対の根拠もたくさん存在している。その一つは、資金調達についてなにも述べられていないというものだ。スイスに本社を置く食品・飲料会社「ネスレ」の金融アナリスト、

ヴェンセント・アルレタズ氏は、通信社「スプートニク」のインタビューで、次のように語っている‐

「基本所得を保証するためには、2000億から2500億スイスフランの予算が必要になります。これは国内総生産(GDP)の3分の1以上です。私たちがこの資金を調達することはできないでしょう。」

またベーシックインカムは、社会に否定的な影響を与える可能性もある。アルレタズ氏は、次のように指摘している。

「人々は働かず、税金の支払い額は減ります。もし、ある人々に対する税金が引き上げられた場合、彼らは単に経済の一部と一緒に国から去ってしまうでしょう。そうなったら残った人たちのために資金を調達するのは難しくなるでしょう。」

またベーシックインカムに反対する理由として、道徳的な根拠もある。現在、給付金は一定の条件の下で支給されている。年金は、年金の積み立てを行った場合に支給され、社会保障給付は、何らかの特別な状況にある人々に支給されている。アルレタズ氏は、次のように語っている‐

「ベーシックインカムは全く別のシステムをつくり出すでしょう。人々は、それを必要としているか否か、また積み立てを行った否かにかかわらず、支給を受けることができます。

道徳的観点から見て、ベーシックインカムは、仕事の価値を失わせます。この資金はスイス人を単に怠けものにしてしまうでしょう。またこれは、実際に支援を必要としている人たちや、積み立てを行った人たちに対して不公平でもあります」。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160204/1551279.html






「ロシアがシリアで民間人を殺戮している」との非難は情報戦争の単なる一部
2016年02月07日 12:15

sptc屑ケリーv
© AP Photo/ Pool photo via AP
http://jp.sputniknews.com/images/70/90/709087.jpg


米国のケリー国務長官は「ロシア航空宇宙軍は、テロ集団『ダーイシュ(IS,イスラム国)』に対する作戦の過程で、無誘導爆弾を使用し、そのことで民間人の中に、多くの犠牲者が出ている」と述べた。
またCNNテレビは、ケリー国務長官の発言を引用し「米国には、長官の言葉を確認する信頼にたる証拠がある」と伝えた。

政治学者のヴィクトル・オレヴィチ氏は、テレビRTの取材に対し、こうした報道をコメントして「以前同様、いかなる信頼すべき証拠も示されないだろう。

なぜなら、ああした非難は、ロシアに対する情報戦争の一部だからだ」と指摘し、次のように続けた-

「当然ながら、ああしたものは、ロシアに対する情報戦争の一部に過ぎない。中東に対するロシアの影響力を弱め、アラブやイスラム世界でのロシアの評判を貶めるための、ロシアを悪者に仕立てるキャンペーンだ。

米国とその同盟国は、中東地域で、2011年のシリアでの紛争の当初から、過激なイスラム主義者達を支援してきた。

ケリー長官の発言は、ロシアの行動が、シリア国内不安定化を目指す自分達の活動に、損失を与えるのではないかという彼らの不安感を反映したものだ。」

http://jp.sputniknews.com/politics/20160207/1566475.html


こんなデマを未だに水を飲むように信じている人があるものでしょうか。
シリアはもとより世界中で人類を虐殺してきて在るのは日本と同じようにその国の中枢から武力と脅迫で、ときにはトロイの木馬のように静かに乗っ取られてきて在るアメリカの阿呆な殆どの軍人やNATOTAN側などであるのは明かな真実だ。
それら悪魔の所業を企画運営してきて在る酷い存在どもは、過去のすべての戦争を企て、今現在も世界中の国々や団体企業を侵略し、その国々のマスコミュニケーションメディアを支配し、その国々の市民を騙し、欺きながらその手を赤く染めるように仕向けてきて在るんだ。

















































覚書;
ワニみたいなエイリアンには銀でなく金の銃弾でしとめましょう。
通常のナマリや銅などでは急所を外せば効果が無いに等しい。
銃でなく斬り刺すのであれば竹ヤリでも木のヤリでも日本刀でもナイフでもよろしい。
しとめた後は食べましょう。
白身で美味しいそうです。


過去の[少年ゲリラ]より抜粋。


ATM洞窟
生贄
金融
関連
呪縛
マヤ
悪魔

[ 2016/02/07 20:50 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)