FC2ブログ







2016/02/08 雪男は雪女の親戚ではありません。 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。

20150521pic 093

20150521pic 092

20150521pic 031

20150521pic 112

20150521pic 121

20150521pic 111

20150521pic 125



20150521pic 030

20150521pic 028





あの世この世のニュースなど;

日本 防衛などに関する約2万件の情報流出の疑い
2016年02月08日 17:36(アップデート 2016年02月08日 17:37)

sptcanoman
© Pixabay
http://jp.sputniknews.com/images/157/13/1571353.jpg


NHKは7日、日本年金機構へのサイバー攻撃で使われたのと同じタイプの特殊なウイルスに企業や団体が感染し、先端技術や防衛に関する情報など2万件以上が流出した疑いがあることが取材で分かったと報じた。

NHKによると、1000を超える企業や団体が特殊なウイルスに感染したという。

NHKは、流出した疑いのある情報の中には、「防衛関連のメーカーが、防衛装備品の輸出を進める際の方針について確認した打ち合わせメモや、政治家の行動予定、自治体の全国組織のメールを閲覧するためのIDとパスワードなどの情報」が含まれていると報じた。

なお感染したウイルスは、昨年5月の日本年金機構へのサイバー攻撃で31台のパソコンが感染し、125万件の個人情報が流出した際に使用されたウイルス「エムディビ」と同じタイプの特殊なウイルスだという。

日本年金機構がサイバー攻撃を受け、125万件の個人情報が流出した問題は、日本で大きなスキャンダルとなった。専門家たちは、中国のハッカーが関与している可能性があると主張しているが、それを裏付ける具体的な証拠は見つからなかった。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160208/1571321.html





NY近郊の原発で放射性物質漏れ
2016年02月07日 15:55(アップデート 2016年02月07日 17:59)

sptcatomic
© Flickr/ Mad House Photography
http://jp.sputniknews.com/images/07/86/078629.jpg

ニューヨーク北郊にあるインディアン・ポイント原発周辺の地下水に放射性物質が見つかった。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事の言葉をAPが伝えた。

地下水からトリチウムが検出された。しかし、人体への影響はないという。環境保護課が調査を行う、とのこと。
原発側はコメントを出していない。

インディアン・ポイント原発は出力2000メガワット超。ニューヨークから北へ50㎞のビュケネン市にある。ニューヨークおよびその近郊の電力需要の4分の1をまかなう。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160207/1566957.html





インド人 隕石が原因で死亡した史上初の犠牲者に
2016年02月08日 20:08

sptc愛はすべてをぬくもりでつつむだろう
© Fotolia/ James Thew
http://jp.sputniknews.com/images/105/31/1053164.jpg

南インドのヴェルールにある工科大学の校舎の近くに隕石が落下し、男性1人が死亡した。この男性は、隕石が原因で死亡した史上初の人物とみられている。インドの新聞「ヒンドゥ」が報じた。

なお男性は、隕石が落下した際に起こった爆発が原因で死亡したという。この男性は大学でバスの運転手として働いていた。

男性がいた建物の近くでは、救助隊が、隕石の落下によってできたクレーターや隕石の破片を発見した。

なお隕石が落下したのは2月6日だが、マスコミはその2日後にこの事件に注目した。

伝えられたところによると、これまで地球に落下した隕石(あるいは他の天体)によって死亡した人はいなかったという。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160208/1573243.html






スペインの雪男の動画 インターネット上で「爆発的な」話題に
2016年02月08日 19:20(アップデート 2016年02月08日 19:37)



最近インターネット上に、雪に覆われたスペインの山の中を歩く猿のような生き物が写っている動画が掲載された。

この動画は、スキーヤーたちに衝撃を与えた。スキーヤーたちは、スキーをするのを怖がっており、スペインのスキーリゾートの経営陣は、ピレネー山脈の一部を調査するために捜索隊の派遣を余儀なくされた。

なお、謎が明かされることはなかったが、リゾートの経営陣は、スキー客たちに、捜索の結果サルのような生き物はみつからなかったため、心配する必要はないと主張したという。

http://jp.sputniknews.com/videoclub/20160208/1572186.html


雪男はひょっとして雪女の兄弟か親戚か亞~。






現代技術の助けによりプチャーチン使節団の「ディアナ」号引上げは可能
2016年02月08日 18:05(アップデート 2016年02月08日 18:17)

sptc55555titan
© Sputnik/ B. Manushin
http://jp.sputniknews.com/images/157/15/1571566.jpg

1855年2月7日、伊豆・下田の長楽(チョウラク)寺で、ロ日両国間の外交関係樹立と国境線確定を規定した、ロシアと日本の間の初めての条約が調印された。ロ日和親(あるいは通好)条約である。この調印式に、ロシア全権代表として出席したのは、エフィーミイ・プチャーチン海軍中将、日本側(江戸幕府)の全権代表は、筒井政憲(ツツイマサノリ)と川路 聖謨(カワジトシアキラ)だった。

ロシアの使節団を乗せたフリゲート艦(三本マスト軽帆走軍艦)「ディアナ」号は、日本到着後、下田港に錨をおろし停泊していたが、1854年12月23日、安政の大地震にともなう津波に襲われた。津波は、下田沿岸の家々をのみこみ「ディアナ」号も流され、損傷を受けた。そのため幕府の許可を得て「ディアナ」号は、修理のため伊豆半島西岸の戸田(ヘダ)湾に向かった。しかし航海の途中「ディアナ」号は嵐に襲われ、現在の富士市沖で座礁、沼津沖で沈没してしまった。

軍艦「ディアナ」号は、ロ日和親条約調印から161年たった今も、駿河湾の海底に眠っている。1954年と1976年、それぞれ海底から「ディアナ」号の錨が発見され引き上げられた。一つは戸田造船郷土資料博物館に、もう一つは富士市の公園に大切に保存されている。

なお「ディアナ」号が沈没した場所、その海底の深さについては、著名な歴史学者、岡山大学の保田孝一(ヤスダコウイチ)名誉教授、そしてサンクトペテルブルグのヨットの専門家コンスタンチン・ボイコフ氏らの調査により特定されている。彼らは、サンクトぺテルブルグ市海軍アーカイブに保存されている「ディアナ」号の航海日誌を丹念に調べた。

スプートニク日本のアンナ・オラロワ記者は、サンクトペテルブルグ「ロ日」友好協会のメンバーで画家のナターリヤ・マクシモワさんに話を聞いた。マクシモワさんは、2010年に旭日章を受けている。彼女は「船は、深海に沈んでいるが、現代の技術をもってすれば、海底から引き上げることは可能だ」と考えている―

「もし何らかの海軍学校が、それに取り組むなら『ディアナ』号の引上げは可能だ。ただそのための資金と技術が必要だ。今はソナーという優れたものがある。それを使えば、深海を調査し、沈んでいる物体の形を特定できる。コンスタンチン・ボイコフ船長の努力により、船が沈んている大体の場所は分かっている。彼は、潮の流れ、風、天候条件を考慮しつつ、水路学の知識も参考に沈没場所を割り出した。『ディアナ』号の引上げは、国家的な課題になると思う。しかし今のところ、残念ながら成果はない。」

「ディアナ」号の捜索には、岡山大学の保田名誉教授や、富士市の郷土史家奈木隆雄(ナギモリオ)氏、そして下田の歴史家達も積極的に参加してきた。また下田の石井直樹(イシイナオキ)市長や、防衛庁長官を務めた経験を持つ斉藤斗志二(サイトウトシツグ)衆議院議員も、調査に対し援助を惜しまなかった。現在「ディアナ」号の捜索活動は一時休止となっているが、マクシモワさんは「それが再開され、伊豆半島の海岸部に「ディアナ」号博物館が作られ、
スウェーデンの首都ストックホルムにある「ヴァーサ」号博物館に、勝るとも劣らない人気スポットになるよう期待している―

「ストックホルムには、素晴らしい博物館がある。私も訪れたことがある。そこには1628年の処女航海でストックホルム港に沈没した王室の軍艦『ヴァーサ』号が展示されている。『ヴァーサ』号は、沈没から333年後に、奇跡的に極めてよい状態で引き上げられ、特別の博物館が作られて、そこに展示されている。この博物館は、北欧で最も多くの来場者を集める人気スポットだ。」

最後に、スプートニク日本のオラロワ記者は、マクシモワさんに「ディアナ」号の博物館が作られるとしたら、日本のどこにできるだろうか、と聞いて見た―

「おそらく下田か戸田だろう。どちらも、とても素晴らしい場所だ。富士山のふもとにある富士市もいいかもしれない。しかしこれは、日本の方々が決める事だ。すでにこれらの場所、下田、戸田、富士には博物館があり、そこではプチャーチン使節団の歴史に大きな注意が割かれている。でもまず『ディアナ』号の引上げが実現するよう願ってやまない。
あの船をロシアと日本が共同で引き上げることになれば、両国の協力と友好、相互理解の強化に、必ずや役立つに違いないと思う。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160208/1571612.html








https://www.youtube.com/watch?v=DwGIICevE7A





























[ 2016/02/08 23:51 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)